「シェイクスピア」とは?

関連ニュース

【映画】ケネス・ブラナー他“超豪華”キャストで贈る『オリエント急行殺人事件』12月公開決定! - 05月19日(金)13:17 

ケネス・ブラナー他“超豪華”キャストで贈る、映画『オリエント急行殺人事件』12月公開決定! http://www.hollywood-news.jp/news/movie/75662/ 2017.05.18 18:00 “ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの小説をベースに描かれる『オリエント急行殺人事件』の日本公開が2017年12月に決定した。 本作は、青列車、ゴールデン・ロー、ノース・エクスプレスのような象徴的な名称を持つ豪華列車で、ヨーロッパ各地を網羅し、進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていたオリエント急行を舞台に繰り広げられる。物語は、トルコ発...
»続きを読む
カテゴリー:

ジョニー・デップら豪華キャスト集結!『オリエント急行殺人事件』12月日本公開決定 - 05月18日(木)18:00 

 ミステリー小説家のアガサ・クリスティーが生み出した『名探偵ポアロ』シリーズのベストセラー小説をベースとし、ジョニー・デップら豪華出演キャストが出演する映画『オリエント急行殺人事件』の日本公開が2017年12月に決定した。【関連】シドニー・ルメット監督作『オリエント急行殺人事件』フォトギャラリー 本作は、ヨーロッパ各地を網羅し進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていたオリエント急行を舞台に、突然発生した殺人事件の謎を世界的な名探偵エルキュール・ポアロが追う姿を描いた推理ミステリー。物語はトルコ発フランス行きのオリエント急行が発車後すぐに、客室で男が刺殺されてしまうことから始まる。ポアロは殺人者が再び人を襲う前に、事件を解決しなければならない…。 ポアロは、シャーロック・ホームズなどと同様に 、時代を越え現在に至るまで支持を得ている名探偵の一人。クリスティー作品の最も有名な登場人物の一人で、「カーテン―ポアロ最後の事件」が出版された際、ニューヨーク・タイムズが、一面で彼の死亡記事を掲載するほど、愛されたキャラクターだ。またクリスティーの描いた原作は、現在までに多数の映画化やドラマ化が行われている。 本作でメガホンを取るのは、数々のシェイクスピア劇で名を馳せ『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を手掛けたケネス・ブラナー。ブラナーは、監督だけでなく、ポアロも自身で演じる。さらに『エイ...more
カテゴリー:

『オリエント急行殺人事件』超豪華キャストで12月日本公開決定! - 05月18日(木)18:00 

"ミステリーの女王"ことアガサ・クリスティの小説をベースに描かれる『オリエント急行殺人事件』の日本公開が2017年12月に決定! クリスティは、ギネス世界記録によると史上最高の20億冊以上が出版されたベストセラー作家。同小説は、現在までに多数映画化やドラマ化されている。本作は、青列車、ゴールデン・ロー、ノース・エクスプレスのような象徴的な名称を持つ豪華列車で、ヨーロッパ各地を網羅し、進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていたオリエント急行を舞台に繰り広げられる。物語は、トルコ発フランス行きのオリエント急行が発車後すぐに、客室で男が刺殺されてしまう。世界的な名探偵エルキュール・ポアロは、殺人者が再び人を襲う前に、事件を解決しなければならない。そんなポアロは、シャーロック・ホームズなどと同様に 、時代を越え、現在に至るまで支持を得ている名探偵の一人。クリスティーの最も有名な登場人物の一人で、「カーテン―ポアロ最後の事件」が出版された際、ニューヨーク・タイムズ紙が、一面で彼の死亡記事を掲載するほど愛されたキャラクターだ。メガホンを取るのは、数々のシェイクスピア劇で名を馳せ、『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を大ヒットに導いた名匠ケネス・ブラナー。監督だけでなく、ポアロも自身で演じる。さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『スターダスト』のミシェル・ファ...more
カテゴリー:

Gwyneth Paltrow (グウィネス・パルトロウ) が Condé Nast (コンデナスト) に参画、ライフスタイルマガジン『Goop (グープ)』を創刊へ - 05月16日(火)08:00 

『セブン』や『恋におちたシェイクスピア』などを代表作に持つ女優の Gwyneth Paltrow (グウィネス・パルトロウ) が手掛けるライフスタイルブランド Goop (グープ) が米国の大手出版社 Condé Nas […]
カテゴリー:

市村正親、蜷川幸雄さん一周忌公演での熱演誓う「魂を背負ってやりたい」 - 05月15日(月)14:26 

 俳優の市村正親(68)が15日、埼玉・彩の国さいたま芸術劇場で行われた舞台『NINAGAWA・マクベス』囲み取材に出席。昨年5月に亡くなった演出家の蜷川幸雄さん(享年80)の一周忌追悼公演にあたる同作で、マクベスを演じるが「(2015年の上演の際に)蜷川さんからたくさんのダメ出しをもらって、それを台本に書き留めていた。今回もそれを読み返して、蜷川さんの魂を背負ってやりたい」と熱演を誓った。  2年前の公演を終えた後に、蜷川さんから書いてもらったという「頑張った。蜷川幸雄」とのサイン入り台本をうれしそうに取り出した市村。「これは僕の宝物。台本のセリフ一つひとつに、蜷川さんの思いが乗っているので、それにしっかりと応えて『よく頑張った』って言わせたいですね」と天国の蜷川さんに笑顔で呼びかけた。  1980年の東京初演時から色あせない、同作の魅力についても「今やっても全然古くなくて『NINAGAWA・マクベスってスゴいな』って思う。若々しい頃のニーナ(蜷川さんの愛称)を見た時に、誇らしい気持ちになりました」と力説。「この役をやらせてもらうことは、俳優冥利につきるし、蜷川さんの魂が盛り込まれているので、うかつなものは出せないなって思っています」と気持ちを引き締めた。  囲み取材の前には、同所で行われた蜷川さんの一周忌を弔問。蜷川さんとの別れから1年が経過したが「ほかの芝居をしている時...more
カテゴリー:

ハリウッドスター版『オリエント急行殺人事件』12月日本公開 - 05月18日(木)23:53 

 “ミステリーの女王”アガサ・クリスティーの小説をベースに描かれる映画『オリエント急行殺人事件』の日本公開日が12月に決定した(全米公開は11月10日)。 【画像】「スター・ウォーズ」出演のデイジー・リドリー  日本でもおなじみの原作は、ヨーロッパ各地を網羅し、進化する鉄道網を100年以上に渡り駆け巡っていた超豪華列車「オリエント急行」を舞台に繰り広げられるミステリー。トルコ発フランス行きのオリエント急行の中で、発車後すぐに一人の男が客室で何者かに刺殺される。偶然乗り合わせた名探偵エルキュール・ポアロは、殺人者が再び人を襲う前に、事件を解決しようと捜査に乗り出す。  ポアロは、クリスティーの推理小説に登場するキャラクターの一人で、シャーロック・ホームズと並んで世界的に有名な名探偵の一人。『カーテン―ポアロ最後の事件』が出版された際、ニューヨーク・タイムズが一面で彼の死亡記事を掲載するほど愛され、現在に至るまで支持を得ている。  本作のメガホンを取るのは、数々のシェイクスピア劇で名を馳せ、『シンデレラ』や『マイティ・ソー』を大ヒットに導いた名匠ケネス・ブラナー。ブラナーは、監督だけでなく、ポアロも自身で演じる。さらに、『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズのジョニー・デップ、『バットマン リターンズ』のミシェル・ファイファー、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のデイジー・...more
カテゴリー:

豪華キャストの「オリエント急行殺人事件」12月公開!今度のポアロはケネス・ブラナー - 05月18日(木)18:00 

 “ミステリーの女王”アガサ・クリスティの代表作をベースに、ハリウッドのオールスターキャストが共演する「オリエント急行殺人事件」が12月に公開されることが決定した。「シンデレラ」や「マイティ・ソー」を大ヒットに導いたケネス・ブラナー監督がメガホンをとり、“灰色の脳細胞”を駆使する名探偵エルキュール・ポアロ役で主演も兼ねる。  ヨーロッパ各地を網羅した豪華寝台列車オリエント急行を舞台に、世界的な名探偵エルキュール・ポアロが密室殺人事件の真相に挑む。トルコ発フランス行きのオリエント急行の発車直後、客室で男が刺殺される。殺人者が再び人を襲う前に、ポアロは事件を解決しなければならない。  事件の関係者を演じるのは、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズのジョニー・デップをはじめ、「バットマン リターンズ」のミシェル・ファイファー、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」で大ブレイクしたデイジー・リドリーら。さらに、オスカー女優ジュディ・デンチ(「恋におちたシェイクスピア」)や、ペネロペ・クルス(「それでも恋するバルセロナ」)という豪華な顔ぶれがそろう。原作小説は、これまでに幾度も映像化されてきたが、本作では「X-MEN」シリーズのプロデューサー兼脚本家のサイモン・キンバーグらが、ブラナー監督とともにプロデュースを手がける。  クリスティ作品の中で最も有名な登場人物のひとりであるポアロは...more
カテゴリー:

選ばれし天才たちの新たな冒険!『ライブラリアンズ<第二章 復活の魔術師>』 - 05月17日(水)19:45 

邪悪な力や魔法から世界を守るために選ばれた、歴史、数学、武道の天才がチームとなり冒険を繰り広げるアドベンチャー大作『ライブラリアンズ』。<第一章 失われた秘宝>が本日5月17日(水)にリリースとなった同シリーズから、<第二章 復活の魔術師>の特別映像が届いた。第一章は、2014年に全米で放送されたTVシリーズとして視聴率第1位を記録。歴史、ファンタジー、アクションの要素満載で、チームワークの大事さも描く本作は、すでに第四章の製作が決まっている。謎の男フリンのもと、対テロ組織の大佐イヴ、歴史の天才ジェイク、数学の天才カサンドラ、盗みの天才エゼキエルが加わって誕生した最強チーム"ライブラリアンズ"。不思議な力や魔法を悪から守るのが彼らの使命だ。第一章の壮絶な戦いを経て迎える第二章では、立派に任務をこなすライブラリアンたちの前に、ウィリアム・シェイクスピアの小説に登場する最強の悪役"プロスペロー"が現れる。世界征服を目論む恐ろしき魔術師を前に、彼らはこれまで以上に最強チームとして立ち向かわなければならない。魔法によって幽霊や怪物、魔物が呼び起こされる中、強大な力をもって世界中で大暴れする、これまでのやり方は通用しない敵を倒すことはできるのか!? "ライブラリアンズ"の新たな伝説が今、幕を開ける...!出演は、ノア・ワイリー(『ER 緊急救命室』『フォーリング スカイズ』)、レベッカ・ロー...more
カテゴリー:

吉田鋼太郎、故・蜷川幸雄監督からのパワハラを激白! - 05月15日(月)17:36 

ブラック企業に勤める会社員・青山(工藤阿須加)が、「幼なじみ」を名乗る謎の青年・ヤマモト(福士蒼汰)と出会い、生きる意味を見出していく共感感動ムービー『ちょっと今から仕事やめてくる』。 【写真を見る】「悪いと思ってるなら土下座ぐらいするもんだろ」と言って書類で頭をバンバン。大暴走の山上部長/(C)2017「ちょっと今から仕事やめてくる」製作委員会 青山をとことん追い詰めていく強烈なパワハラ部長・山上を演じたのが、演劇界の重鎮であり、『半沢直樹』、『花子とアン』、『MOZU』などで知られる実力派俳優・吉田鋼太郎。役作りのヒントから今回のキャラと正反対の素顔まで、ぶっちゃけインタビューをお届け! ■ ゴミ箱キックで工藤阿須加が涙目に ――吉田さんのブチ切れ演技は、見ているこちらもゲッソリしてしまうほど凄かったです。 吉田鋼太郎(以下、吉田)「山上部長はホントに憎たらしいですよね(笑)。威圧的なアクションを続けることは大変。演技とはいえ、撮影中はなかなか疲れました」 ――『帝一の國』(17)でも帝一のスパルタな父親を演じられていましたが、こういうハードな役へのアプローチ法は? 吉田「頭で考えるのではなく、まず現場に行ってデカい声を出すこと。テスト段階から「おまえ~!!」、「なにぃ!?」とテンションを上げ、声を張り上げれば自然とスイッチが入る。きっと、長年やっているシェイクスピアの舞台で培...more
カテゴリー:

レスター指揮官、24戦ぶりゴールの岡崎慎司を絶賛「誰も否定できない素晴らしさ」 - 05月15日(月)07:13 

マンチェスター・Cvsレスターの一戦で、日本代表FW岡崎慎司がゴールをマーク。シェイクスピア監督は働きぶりを称賛した。
カテゴリー:

もっと見る

「シェイクスピア」の画像

もっと見る

「シェイクスピア」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる