「シアター」とは?

関連ニュース

BiSH横アリ公演は1万2000人の清掃員が集結、10月には全国ホールツアー開催へ - 05月23日(水)00:13 

5月22日、BISHが横浜アリーナでワンマン公演「BiSH "TO THE END”」を」を開催した。平日にも関わらずチケットも即日完売となったBiSH史上最大キャパシティでのワンマン公演を無事成功させ、10月から全10公演の全国ホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」の開催を発表した。即日完売となったこの日の公演、2017年12月に「ミュージックステーション」に初出演した際にテレビCMで解禁され話題になり、チケット発売後即ソールドアウトとなった。1万2000人の清掃員(BiSHファン)で埋め尽くされた会場は終始一体感に包まれ、あらためてBiSHと清掃員の結びつきを強く感じさせた。新旧ヒット曲を織り交ぜたセットリストで、6月27日発売の両A面シングル「Life is beautiful / HiDE the BLUE」も初披露となった。意味深な公演名ではあったが、ライブ中に発射された銀テープには「TO the END TO the START!!」と記されていた。一つの完成形を見せたBiSHにとっての「終わり」であり「始まり」のステージ。MCでアイナ・ジ・エンドは「精進します」と言い、モモコグミカンパニーは「清掃員にこれからも打ち勝っていく」と断言。さらなる高みを目指すBiSHの飽くなき挑戦。これからの活動からも目が離せない。「BiSH "TO THE...more
カテゴリー:

BiSH、初の横アリ公演で1万2000人熱狂「明日からもぶちかましていく」 - 05月22日(火)22:00 

 楽器を持たないパンクバンドと称する女性6人組グループ・BiSHが22日、横浜アリーナでワンマンライブ『BiSH“TO THE END”』を開催し、デビュー2年で自身最多となる1万2000人を熱狂させた。 【写真】1万2000人が熱狂したライブの模様  メンバー紹介のオープニング映像が終わると火薬が爆発し、赤と青の新衣装に身を包んだ6人がステージ下からせり上がりで登場。“清掃員”と呼ばれるファンの雄叫びがこだまするなか、1曲目はあいさつ代わりの代名詞曲「BiSH ~星が瞬く夜に~」を投入した。メンバーと一緒に1万2000人が一斉に頭上で両手を瞬かせ、BiSHのライブでは常に最高にド派手な演出となる一体化した振り付けで、会場はいきなり興奮のるつぼと化した。  2015年3月に結成され、16年5月にメジャーデビューしたBiSHは、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなる6人組。16年10月に東京・日比谷野外大音楽堂で3000人、昨年7月には千葉・幕張メッセイベントホールで7000人と右肩上がりに動員数を拡大し、デビューから丸2年で横浜アリーナの1万2000席を即日完売させた。  オープニングから1時間、MCを挟まずに13曲をノンストップでパフォーマンス。自身初となるオリコン週間1位を獲得した最新シングル「P...more
カテゴリー:

コロッケの次女 滝川光が舞台初主演 稽古で痩せて怒られる? - 05月22日(火)18:30 

物まねタレント・コロッケの次女でタレントの滝川光が舞台「FAT 2018」で初主演し、本格女優デビュー。5月22日より始まる舞台を前に、記者発表が行われた。 【写真を見る】76kgという体格を生かした激しいダンスも! 「FAT 2018」は、地方にある弱小航空会社に集まった“デブ”なCA達が、会社存続に向け立ち上がる物語。 本作への意気込みを尋ねられた滝川は、「責任感を持って、初日から千秋楽までみんなと頑張って行きたい」と決意を語った。この舞台で滝川は、現在76kgという体格を生かした激しいキレのあるダンスを披露している。舞台稽古で痩せてしまい演出家から怒られることもあったとのことで、役作りのために「常にお腹いっぱいにするようにしていた」と苦労を話した。 初主演の心構えについては、父であるコロッケから「主演をやらせていただくという事は、“相手が1番、自分は2番”と考えなさい」と教わった。また、「みんなで仲良く出来る場を作ろうと心がけている」と、現場の空気作りにも気を配っているとのこと。今後も本格的に女優として活動していくという滝川は、「いつか父と一緒に舞台に立てたらいいな。小さい頃からの夢です」と、将来の展望も明かした。 また取材では、記者のリクエストに応えて、父仕込みの羊とヤギの物まねを披露。最後に記者からコロッケは好きか聞かれると、「揚げ物は好きで、好きなコロッケはカニクリーム...more
カテゴリー:

【ライブレポート】コレサワ、新世代シンガーソングライターが魅せた“映画”のようなワンマンショー - 05月22日(火)18:00 

シンガーソングライターのコレサワが2018年5月12日(土)にワンマンショー「コレシアター04」を開催した。<コレシアター>とは通常のワンマンライブとは違い、コレサワのアートワークを監修するデザイナーのウチボリシンペによるイラストやアニメーション映像をふんだんにいかしたワンマンショーになっており、第1回目の開催は2014年の11月。“映画の主題歌をやりたいのに誰も使ってくれない。だったら自分で映画っぽいライブをやっちゃえ!”という思いでスタートしたが、この春、彼女は長編アニメ『ゴーちゃん。~モコと氷の上の約束~』のEDテーマ曲に起用された。規模も2017年2月にShibuya WWW Xで行われた前回の「コレシアター03」から拡大し、東京・恵比寿LIQUIDROOMでの開催となった。
カテゴリー:

滝川光初主演舞台に父コロッケ助言「自分は2番で」 - 05月22日(火)16:14 

 ものまねタレント、コロッケの次女で女優の滝川光(19)が22日、東京・池袋シアターグリーンで、主演舞台「the FAT」(22~27日まで)の初日あいさつに出席した。  大手格安航空会社の参入により、存続の危機に陥った地方の格安航空会…
カテゴリー:

SKE48 松村香織、キャバクラ時代のヤバい話を告白 - 05月22日(火)23:00 

5月21日、AbemaTVで『おぎやはぎの「ブス」テレビ』が放送された。 同番組は、お笑いコンビ・おぎやはぎの2人がMCを務め、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、ブスとは何かを徹底討論していく。 この日は美人の気持ちを代弁する“美人コメンテーター”に、タレントの矢口真里、自称“ブス”メンバーに、SKE48の松村香織、芸人の八幡カオルを迎えた。 今回は、「『ブステレビ』は、サブカルに逃げ込むブスを見逃しませんSP」と題し、テーマ「サブカルブスあるある!」では、自称“ブス”メンバーたちが「ラーメンズを崇拝している」、「ミニシアターで謎のドキュメンタリーを観る」、「『水曜どうでしょう』のステッカーを貼っている」、「自分のことを僕と言う」など、サブカルブスの特徴を挙げ、“美人コメンテーター”の矢口が、かつて自身のことを「オイラ」と言っていた話題になり、矢口は「あの時の心理は、目立ちたかった。キャラを作らなきゃいけなかった。女らしい部分が無かったから、少年みたいになりたかった」と、当時の心境を明かした。 続いてのテーマ「はしゃぎすぎたH」では、はしゃぎすぎるとどうなってしまうのか出演者に聞いた。自称“ブス”メンバーたちが、Hの時にはしゃいでしまった過激なエピソードを披露する中、SKE48の松村は...more
カテゴリー:

ASUS、IPSパネル搭載の31.5型ディスプレイ「VA32AQ」を発売 - 05月22日(火)20:05 

VA32AQ ASUS JAPAN株式会社は、31.5型ディスプレイ「VA32AQ」を5月25日に発売すると発表した。 同製品は、100,000,000:1のコントラスト比を実現したIPSパネルを搭載するディスプレイ。視野角は水平・垂直方向ともに178°で、10bitカラーに対応している。5V/1.5A出力のUSBポートも搭載している。ゲームに便利な機能として、GamePlus機能を搭載しており、同機能のCrosshairモードでは、画面上に4種類の照準を表示することが可能で、FPSゲームをより有利に楽しめる。また、Timerモードを使用することにより、画面上にカウントダウンタイマーを表示することが可能で、RTSゲームなどで経過時間を知ることができる。風景、スタンダード、シアター、sRGB、夜間モード、読書用、暗室用などさまざまなモードに応じて明るさ、コントラスト、シャープネスを強化してビデオや画像を最適化する「SplendidPlusビデオインテリジェンステクノロジーを採用している。また、ブルーライト軽減機能を搭載するとともに、ちらつきをなくすフリッカーフリー技術も採用している。 ASUS JAPAN株式会社価格:オープンURL:https://www.asus.com/jp/2018/05/22 ■関連記事 日本エイサー、13.3型ボディに...more
カテゴリー:

LDH JAPAN、世界最大規模の広告祭「カンヌライオンズ」メインステージに登壇 - 05月22日(火)18:09 

EXILE HIROが率いるLDH JAPANが6月21日(現地時間)に世界最大規模の広告祭「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル2018」のメインステージであるシアター・リュミエールに登壇する。
カテゴリー:

声援、笑い、ツッコミOK!大阪ノリ全開の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」応援上映に潜入 - 05月22日(火)16:52 

 5月18日、大ヒット中の映画「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の絶叫&応援上映が全国5都市で同時開催。大阪会場のTOHOシネマズ梅田にも大勢のマーベルファンたちが集結した。歓声のほか、ツッコミが飛び交うなど大阪ならではのノリの良さで大いに盛り上がった今回の応援上映をレポートする。 【写真で見る】見事なコスプレで参戦する参加者も!よく見るとアベンジャーズに出てこないデッドプールの姿も 全米興行収入はシリーズ最高の約18億ドルを突破(5月20日現在)し、日本でも公開17日間で興行収入30億円、約224万人もの観客動員数を記録している本作。「ガチ全滅」というキャッチコピーで衝撃の展開を迎えることも話題になっている。応援上映は声援、拍手、大笑いOKの会場が一体となって盛り上がれる上映スタイル。今回、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)では初の試みとなった。 ■ あのヒーローのコスプレした観客も 大阪会場となったTOHOシネマズ梅田別館。約260席分のチケットは発売されるやいなや、瞬く間に完売となった。ロビーにはフォトスポットが設置され、アベンジャーズ一色に。上映開始30分前には上映を待ちきれないファンたちが会場に集まっていた。観客の中にはアベンジャーズのヒーローたちになりきったファンたちの姿も。自作のアイテムも携え、他の観客たちと撮影大会が始めるなど、上映前...more
カテゴリー:

佐藤アツヒロ、舞台『ロマサガ2』で演出初挑戦 「錦織一清さんから背中を押された」 - 05月22日(火)15:36 

 元「光GENJI」で俳優の佐藤アツヒロが22日、都内で行われた舞台『SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~』制作発表記者会見に出席した。 【集合ショット】元「光GENJI」の佐藤アツヒロ、中村誠治郎ら  同舞台は、1993年にスクウェア(現スクウェア・エニックス)が発売したスーパーファミコン用ソフト「ロマンシング・サガ2」の七英雄をテーマに、英雄の喜びと哀しみや「別の運命を歩む選択肢はなかったのか」など、新たに描かれる物語。2017年春に上演された『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』に続く、『サガ』シリーズの舞台化作品第2弾となる。  演出と主演を務める佐藤。初の演出にも挑戦し「2000年から初舞台を踏んで、色んな演出家から刺激をもらい、4、5年前から演出家として一つのものを作るということに興味が湧いた」と明かし「自分が舞台に出演する際は演出家を観察したり、舞台を観に行く時も照明や転換なども注目していて、いつか『演出』の機会があればと思っていました。今だからできるということもあり、引き受けました」と経緯を説明した。  演出に挑戦する前に、同じ所属事務所の先輩で演出家としても活躍している少年隊・錦織一清に相談したそうで「4、5年前に飲んでいる席で『僕、演出できるか、できないかとしたらどっちですかね』と聞いたら、『アツヒロはできるよ!』と言...more
カテゴリー:

もっと見る

「シアター」の画像

もっと見る

「シアター」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる