「サービス」とは?

関連ニュース

マーケットプレイス(Close Up Keyword) - 02月21日(火)05:00 

 複数の売り手と複数の買い手が集って商品やサービスをやり取りするネットワーク上の取引市場。企業間取引(B to B)から利用が広がり、企業と消費者間の取引(B to C)や消費者間取引(C to C)も盛んになっている。
in English
カテゴリー:

パーク24のカーシェア好調、法人開拓に「運転の見える化サービス」(「タイムズ」のすごいIoT) - 02月21日(火)05:00 

 市場の7割を握るパーク24のカーシェア「タイムズカープラス」の次の一手は法人開拓だ。平日の稼働率を上げ、収益性を高める。法人が望む社員の安全運転を支援するサービスが好評だ。
in English
カテゴリー:

日本のモノ作りは本当に衰退しているのか? 米独比較で見えた希望 - 02月21日(火)04:30 

円高による工場の国外移転などで、すっかり低迷してしまったかのように語られる、我が国の製造業。しかし、メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは「日本が世界を助ける時代が来る」と言い切り、その論拠を示すとともに、日本が世界から期待される役割を遂行するために取るべき政策についても詳述しています。 日本が世界を助ける時代が来る 日米の経済対話で、日本企業は米国に工場を建て製品を作ることを要求される。脱工業化で、製造業からサービス産業やIT産業に米国企業はシフトしたが、再度、工業化を進めることにしたが、製造技術がなく、トランプ氏は安倍首相に助けを求めることになる。という世界はどうなるかを検討しよう。 米国の脱工業化、日本の匠工業化 1990年代、インターネット革命で米国は金融などのサービス産業とIT産業に製造業からシフトした。これを脱工業化といい、スマートな変身と宣伝した。利益率も上がることで、正当化した。 日本は、米国から厳しい貿易条件を出されても、それを乗り越えて、製造業を残すことに気を使った。今でもすべての業種で生き残っている工場がある。もちろん、技術レベルの高い工場しか生き残れなかったために、数は多くはないが、匠の技術に高めている。汎用品工場群とその部品工場群を、日本企業はアジアに移した。 しかし、技術的なレベルの高い工場は日本に残した。製造業は、部品や材料ごとに製造技...more
in English
カテゴリー:

DAC、ダナンの日系ソフトウェア開発会社を子会社化 - 02月21日(火)02:03 

 メディアサービス事業などを手掛けるD.A.コンソーシアムホールディングス株式会社(DACHD、東京都渋谷区)子会社のデジタル・アドバタイジング・コ...
in English
カテゴリー:

軽くてかさばる荷物の発送は「はこBOON」が断然お得 - 02月20日(月)23:59 

配送情報の登録と支払いをWebサイトで行う郵送手段が増えている。宅配サービス「はこBOON(はこぶーん)」もその一つ。配送を担当するのはヤマト運輸だが、上手に使えばクロネコヤマトの半額以下で荷物を送ることができるという。その秘密とは?
in English
カテゴリー:

ドコモが「DAZN for docomo」で契約者優遇、復活するキャリアのコンテンツ囲い込み(佐野正弘が斬る!ニュースなアプリの裏側) - 02月21日(火)05:00 

 NTTドコモは2017年2月8日、スポーツのライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)を展開する英パフォーム グループと協力し、「DAZN for docomo」を提供すると発表した。これまでコンテンツサービスに関して「キャリアフリー」を打ち出し、公平にサービス提供を進めてきたNTTドコモの方針転換を見て取ることができる。
in English
カテゴリー:

コメダ珈琲vsコンビニカフェ、全国で激化するコーヒー覇権争い - 02月21日(火)04:45 

先日コメダホールディングスが、自社が展開するコメダ珈琲店を2年後までに沖縄を除く全都道府県に出店すると発表しました。コンビニのカフェ化が進む中、なぜコメダは今、攻勢に出たのでしょうか。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんが、激化するコーヒー市場について詳しく分析しています。 コメダ、沖縄を除く全都道府県に出店。覇権争いが激化 佐藤昌司です。2017年2月19日付日本経済新聞は「コメダホールディングス(HD)は『コメダ珈琲店』を2年後までに沖縄を除く全都道府県に出店する。空白地域だった東北北部3県のうち岩手に初出店し、残る青森、秋田でも出店パートナーの選定に入る」と報じました。 コメダは新規出店を加速させています。2016年8月には北海道に初出店しました。同年9月から11月までにおいて宮崎、鹿児島に出店し、九州全県への出店を果たしています。出店していない都道府県は青森と秋田、沖縄だけとなっています。 同社はすでに2020年度末までに国内外で1,000店舗を目指す方針を表明しています。海外での展開も推し進める方向で、2016年4月には上海に海外初出店を果たしています。 競争が激化するも喫茶店の市場規模は回復傾向を示している カフェや喫茶店の競争は激化しています。競争により市場は活性化しています。日本フードサー...more
in English
カテゴリー:

高島屋 - 02月21日(火)04:15 

(3月1日)〈本社〉業務監査室副室長(業務監査室業務監査担当職)小島道範〈企画本部〉財務部アジア事業統括室アジア事業担当職(タカシマヤシンガポールリミテッドシニアディビジョンマネジャー)木村勉▽同(財務部財務担当職)田端豊久▽同(上海高島屋百貨総監)鈴木大介〈総務本部〉総務部エリアマネジャー(新宿店総務部長)坂浦芳隆▽同リスクマネジメント担当職(大阪店店総務担当職)原かをり▽同個人情報管理グループ長(総務部リスクマネジメント担当職)宮島康彦▽人事部エリアマネジャー(人事部人事・採用育成担当職)神谷龍文▽同ダイバーシティー推進室長(高島屋友の会取締役会員企画開発部長、事業部長)飯島真理▽同給与厚生グループマネジャー(人事部担当職)戸和賢一▽業務部業務センター長を解く 業務部副部長小林公樹▽同業務センター長(業務企画担当職)小林康彦▽同業務改善担当職(高島屋スペースクリエイツ総務本部総務部長)柿沼英樹▽同会計センター長(業務部経費管理センター長)寳崎克彦〈営業本部〉MD本部呉服ディビジョンセントラルバイヤー(人事部担当職)原健一郎▽MD本部リビング&フードディビジョンセントラルバイヤー(MD本部リビング&フードディビジョン商品統括担当職)廣田育夫▽同(岡山高島屋販売第2部長)押川裕雄▽MD本部サービス・ギフトディビジョン副ディビジョン長(日本橋店販売第5部シニアマネジャー)丹原一郎▽同...more
in English
カテゴリー:

佐々木希、インスタでエロい下着姿写真を公開(画像あり) - 02月21日(火)01:34 

佐々木希、ベッドでブラ姿の写真公開でファン歓喜 女優の佐々木希(29)が、下着姿でベッドに横たわるセクシーな写真を公開し、ファンを歓喜させた。 デビュー10周年を記念した写真集「かくしごと」(講談社刊)を昨年9月26日に発売した佐々木。 同写真集では入浴シーンや、下着姿、裸のままタオルを広げたカットにも挑戦し、話題を呼んだ そのアザーカットを20日にインスタグラムで公開。ブラジャー姿でベッドに横たわる佐々木が気だるそうな表情を浮かべた1枚だ。 佐々木は出演するUNIQLO「ワイヤレスブラ」の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

さまぁ~ず&板野友美らが罰ゲームを全力拒否!? - 02月20日(月)23:45 

映像配信サービス「dTV」のバラエティー「トゥルルさまぁ~ず」最新話(#506)が配信中。今回は、巨大風船を使った罰ゲームを懸けてさまぁ~ず、あびる優、板野友美の4人が真剣勝負を繰り広げる。 【写真を見る】あびる優の罰ゲームが決まった瞬間!/(C)BeeTV 今回、視聴者から「巨大風船を頭につけてバインバインやっているところを針で刺されるとどうなりますか?」という投稿が寄せられる。そこで一同は、割り箸の切れ目に別の割りばしを1本挟み込んでいき、最後に割り箸を割った人がアウトという「ギリギリ割りばしゲーム」で対決し、敗者が投稿を実践することに。 風船の割れる音が大嫌いだという大竹一樹と板野は、ゲームに負けたとしても罰ゲームを受けたくないと駄々をこねる。だが、三村マサカズに説得され決死の覚悟で勝負に挑む。 4人の対決は予想をはるかに超える長期戦にもつれ込み、今にも割れそうな中、震えながら割りばしを下げ続ける。そして、ついに運命の瞬間が訪れ、あびるの罰ゲームが決定。 あびるは「いやー、やばーーーい!!」と悲鳴を上げながらも、二言目には「じゃあ、やってみようか」とケロっとした表情を見せ、さらには「せっかくだから写真撮って」と乗り気な様子を見せ、一方のさまぁ~ずは「超格好いいなあ」「勇者だなあ」と絶賛する。 だが、いざ巨大風船を前にしたあびるは「やばいやばいやばい!」と慌てふためき、動揺が隠...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「サービス」の画像

もっと見る

「サービス」の動画

Wikipedia

サービス()は、経済用語において、売買した後にモノが残らず、効用や満足などを提供する、形のないのことである。第三次産業が取り扱う商品である。法令用語では、役務(えきむ)特許法などの法律に使われている.ともいう。

以下では特に断り書きがない限り、日本での事例について述べる。

特性

;同時性(simultaneity)

売り買いした後にモノが残らず、生産と同時に消費されていく。

;不可分性(inseparability)

生産消費を切り離すことは不可能である。

;不均質性/変動性(variability)

品質は一定ではない。

;無形成/非有形性(intangibility)

触ることができない、はっきりとした形がないため、商品を購入前に見たり試したりすることが不可能。

;消滅性(perishability)

形のないものゆえ、在庫にすることが不可能である。

以上の性質が全てに当てはまるわけではない。小宮路雅博 成城大学|http://www.seijo.ac.jp/pdf/faeco/kenkyu/187/187-komiyaji.pdf

例えば、エンターテインメント産業(音楽、映像など)において、ライブパフォーマンス以外は同時性、不可分性を満たさない。

修理、メンテナ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる