「サンパウロ時事」とは?

関連ニュース

キューバ、カストロ兄弟時代に幕=18日国会、新議長選出 - 04月17日(火)15:41 

 【サンパウロ時事】カリブ海の島国キューバで18日朝(日本時間同日夜)、国会に当たる人民権力全国会議(定数605)が2日間の日程で招集される。会議では元首であるラウル・カストロ国家評議会議長(86)の後任に、ミゲル・ディアスカネル第1副議長(57)が選出される見通し。 ディアスカネル氏が議長に就けば、1959年のキューバ革命後、初めて権力が故フィデルとラウルのカストロ兄弟を離れることとなる。ラウル氏引退により、今後は各分野でディアスカネル氏ら「革命を知らない世代」への世代交代が加速する可能性がある。 ただ、ラウル氏は退任後も共産党内では引き続き序列1位で、一定の影響力は保つとみられる。加えて、ディアスカネル氏はカストロ兄弟を信奉しており、路線の急激な変化はない見通しだ。 ラウル議長は2013年2月にディアスカネル氏が第1副議長に選ばれた際、「同志は成り上がり者でもなければ、急ごしらえ(の幹部)でもない」と強調。たたき上げの同氏の能力を高く評価した上で、「新しい世代に社会主義建設を継続する責任を渡していくことで、独立と国家主権が守られると確信している」と述べていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

米州首脳会議、汚職対策強化で一致=ベネズエラに声明 - 04月15日(日)11:15 

 【サンパウロ時事】ペルーの首都リマで2日間の日程で開かれていた第8回米州首脳会議は14日、汚職対策の強化をうたった「リマ・コミットメント」を採択して閉会した。中南米ではここ数年、ブラジル大手ゼネコン絡みの汚職事件が次々と明るみに出て、ペルー大統領が辞職したり、ブラジル元大統領が収監されたりしている。 コミットメントは「汚職との戦いは、民主主義と法の支配強化の基礎だ。汚職は民主的統治や国民の公的機関への信頼を揺るがす」と強調。国際的な汚職監視網の構築や汚職対策機関の拡充、司法の独立強化、市民への啓発促進といった対策を打ち出した。 一方、独裁化を強めるベネズエラのマドゥロ政権に民主化を求めてきたブラジルやメキシコ、カナダなどの「リマ・グループ」と米国の16カ国は共同声明を発表。マドゥロ政権に対し、5月20日投票の大統領選挙で、投開票の透明性確保や野党の十分な参加を保証するよう要求した。 【時事通信社】
カテゴリー:

取材チーム3人、殺害される=FARC残党が拉致-エクアドル - 04月14日(土)07:09 

 【サンパウロ時事】南米エクアドル北部の対コロンビア国境付近で3月下旬、エクアドル紙コメルシオの取材チーム3人がコロンビアの旧左翼武装組織コロンビア革命軍(FARC)残党に拉致される事件があり、エクアドルのモレノ大統領は13日、全員の殺害が確認されたと発表した。 モレノ大統領は「残念ながら同胞が殺害されたことを確認する情報を得た」と指摘。犯人情報に賞金を懸けるとともに、国境地帯に精鋭部隊を送り、報復する方針を明らかにした。 【時事通信社】
カテゴリー:

集団脱獄で21人死亡=ブラジル北部 - 04月11日(水)09:17 

 【サンパウロ時事】ブラジル北部パラ州のベレン近郊にある刑務所で10日、脱獄を試みた受刑者らと刑務官の間で銃撃戦が発生し、州によると刑務官1人を含む少なくとも21人が死亡した。 受刑者らは拳銃などで武装。受刑者を奪還しようと駆け付けた武装集団も加わり、刑務所内外で激しい銃撃戦となった。武装集団は自動小銃や爆弾などを使用。地元メディアによると騒動は2時間に及んだという。 ブラジルの刑務所は環境が劣悪で、脱獄や暴動が頻発。隣国ベネズエラでも3月末に脱獄絡みの留置所火災が発生し、68人が死亡している。 【時事通信社】
カテゴリー:

元大統領のルラ被告「VIP待遇」=部屋に鉄格子なし-ブラジル - 04月08日(日)14:20 

 【サンパウロ時事】ブラジルのルラ元大統領が7日に収監された連邦警察の施設の一室は、普段は職員らが使用する部屋だ。一般人が収容される刑務所とは雲泥の差で「VIP待遇」に批判が出そうだ。 地元報道によると、ルラ被告が入るのは施設最上階にある15平方メートルの部屋。エアコンこそないものの、トイレやシャワー、クローゼットなどが備えられている。窓や戸に鉄格子もはめられていない。連邦裁判事は「他の犯罪者とは隔離し、精神・身体的負担を抑えられるよう特別室を用意した」と説明している。 【時事通信社】
カテゴリー:

国会招集、18日に前倒し=キューバ - 04月17日(火)08:57 

 【サンパウロ時事】キューバの国会に当たる人民権力全国会議(定数605)は16日、招集日を19日から18日に前倒ししたと発表した。会議では元首であるラウル・カストロ国家評議会議長(86)の後任にミゲル・ディアスカネル第1副議長(57)が選出される見通し。 【時事通信社】
カテゴリー:

汚職対策など協議=米州首脳会議が開幕 - 04月14日(土)09:04 

 【サンパウロ時事】ペルーの首都リマで13日、第8回米州首脳会議が開幕した。会議は2日間の日程で行われる。ペルーのビスカラ大統領は地元メディアに「地域において、構造的な汚職が民主的統治の新たな脅威となっている」と強調。中南米でブラジル大手ゼネコン絡みの汚職事件が次々と発覚していることを念頭に、対策を協議する考えを示した。 会議では汚職問題のほか、経済破綻に陥り、反米左派のマドゥロ大統領が独裁色を強めるベネズエラ情勢が主要議題となる見通し。 【時事通信社】
カテゴリー:

悲劇の主人公は外国手配犯=事故で22年の逃亡に幕-ブラジル - 04月12日(木)14:41 

 【サンパウロ時事】ブラジル・リオデジャネイロの観光地コパカバーナ海岸で1月18日夜、車が歩道に突っ込んで歩行者17人が死傷した事故があった。外国人でただ一人巻き込まれ、今も昏睡(こんすい)状態で同情を集めていたオーストラリア人の男が、実は22年にわたり逃亡を続ける性犯罪者だったことが分かった。 男は頭に重傷を負って昏睡状態で病院に運ばれた。BBC放送などによると、当局がパスポートを元に豪州大使館に照会したが、該当人物は存在せず。指紋照合で22年前、仮釈放中に行方をくらましたクリストファー・ゴット容疑者(63)であることが判明した。 ゴット容疑者は1994年まで豪ダーウィンなどで高校教師を務めていたが、未成年者への性的虐待17件で逮捕され、禁錮6年の判決を受けた。2年後に仮釈放された直後に足取りが途絶えていた。 【時事通信社】
カテゴリー:

米メキシコ首脳会談はなし=米州首脳会議 - 04月10日(火)09:34 

 【サンパウロ時事】メキシコのビデガライ外相は9日、ペルーで13、14の両日開かれる米州首脳会議に際し、ペニャニエト大統領とトランプ米大統領の首脳会談は予定されていないと述べた。 米紙によると、両首脳の会談は2月か3月で調整されていたが、2月20日の電話会談で「国境の壁」をめぐり対立。「トランプ氏がかんしゃくを起こした」とされて流れていた。ビデガライ氏は地元ラジオで「両政府とも会談を求めなかった」と説明した。 【時事通信社】
カテゴリー:

ルラ元大統領を収監=禁錮12年、返り咲き困難-ブラジル - 04月08日(日)14:17 

 【サンパウロ時事】在任中の収賄罪などで二審で禁錮12年1月の有罪判決を受けたブラジルのルラ元大統領(72)が7日夜、南部パラナ州クリチバの連邦警察施設に収監された。ルラ被告は10月の大統領選での返り咲きが有力視されていたが、身柄拘束により可能性は低くなった。 ニュースサイトG1によると、ブラジルの大統領経験者が一般犯罪で収監されるのは初めて。 ルラ被告は収監に先立ち、支持者に「私は逃げも隠れもしない。無実であることを知らしめる」と強調。上訴して徹底抗戦する方針だ。 連邦地裁の二審判決によると、ルラ被告は2003年からの2期8年にわたる大統領在任中、国営石油会社の工事受注の見返りなどとして、ゼネコンからサンパウロ州の保養地にあるマンションの部屋を提供された。 最高裁は5日、被告側の人身保護請求を却下。裁判所は、6日午後の出頭を求めた。しかし、ルラ被告は支持者が詰め掛けたサンパウロ市近郊の金属工組合に「籠城」。収監は1日半近く遅れた。 労働者出身で、貧困対策により実績を挙げたルラ被告は今も抜群の国民的人気を誇る。次期大統領に関する世論調査では支持率トップを走っていた。選挙戦の行方は不透明さを増している。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「サンパウロ時事」の画像

もっと見る

「サンパウロ時事」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる