「サンパウロ」とは?

関連ニュース

フジモリ氏に恩赦の可能性=ペルー大統領が示唆 - 06月24日(土)07:53 

 【サンパウロ時事】ペルー大統領時代の人権侵害などで25年の禁錮刑に服しているアルベルト・フジモリ氏(78)に恩赦の可能性が浮上した。国営アンデス通信などによると、クチンスキ大統領が22日、恩赦について「考える時だと思う。政治と人の健康問題は別。これまでも検討してきたが、(議論は)進展している」と語った。 ペルー議会は21日、空港建設をめぐる不正疑惑が持ち上がった財務相に不信任を突きつけて辞任に追い込んだ。大統領は恩赦に否定的だったが、政権運営のため議会最大勢力フジモリ派を取り込む必要に迫られている。AFP通信によると、同国では毎年7月28日の独立記念日とクリスマスに大統領が恩赦を与えることが認められている。 【時事通信社】
カテゴリー:

グアテマラ南部でM6.8 - 06月23日(金)00:30 

 【サンパウロ時事】米地質調査所によると、グアテマラ南部で22日午前6時31分(日本時間同日午後9時31分)、マグニチュード(M)6.8の地震があった。太平洋津波警報センターによれば、津波の恐れはない。 現地からの報道では、建物などに損害が出ている。死傷者の有無は不明。モラレス大統領は余震に注意するよう国民に呼び掛けた。 震源地は太平洋岸のプエルトサンホセ南西23キロの沖合で、震源の深さは46.8キロ。揺れはメキシコなどでも観測された。 【時事通信社】
カテゴリー:

大量のナチス美術品など押収=愛好者が自宅に隠し持つ-アルゼンチン - 06月21日(水)09:05 

 【サンパウロ時事】アルゼンチン紙クラリン(電子版)などは20日、警察当局が、首都ブエノスアイレス市内の美術愛好家が自宅などに隠し持っていたナチス・ドイツに関係する大量の美術品や骨董(こっとう)品を押収したと報じた。 見つかったのは独裁者ヒトラーの胸像やナチスの象徴であるかぎ十字が刻まれた短剣、ヒトラーが使用していたルーペなど約75点。人種判定のため、頭の長さを測るのに使った器具もあった。書斎にしつらえた隠し部屋などに保管されていたという。 ブルリッチ治安相は「国内にこんなにナチス関連の品があったことに戸惑っている」とした上で、押収品をブエノスアイレス市内のホロコースト(ユダヤ人大虐殺)記念館に寄贈することを明らかにした。 【時事通信社】
カテゴリー:

キューバ:制裁強化に反発 「米は教えを説く立場にない」 - 06月17日(土)11:44 

 【サンパウロ朴鐘珠】キューバ政府は16日に発表した声明で「米国はキューバに教えを説く立場にはない」と反発。「今後も丁寧な対話と双方の関心事項における協力、ならびに2国間の懸案の問題についての交渉を続ける意思がある」と強調した。
カテゴリー:

【イスラエル】アインシュタインの手紙が競売へ 「神」やイスラエルに言及 - 06月14日(水)18:55 

http://www.afpbb.com/articles/-/3131955?act=all 【6月14日 AFP】物理学者アルバート・アインシュタイン(Albert Einstein)が物理学や神、イスラエルについて所感をつづった同僚への手紙数通が、エルサレム(Jerusalem)で6月20日に競売に掛けられる。  競売会社ウィナーズ(Winners)のウェブサイトによると、5通の署名入りの手紙は1951年から1954年に英語で書かれたものだという。落札予想価格は合計で3万1000ドル~4万6000ドル(約340万円~510万円)。  著名な物理学者デビッド・ボーム(David Bohm)氏に宛てた1951年の...
»続きを読む
カテゴリー:

バス事故で21人死亡=ブラジル - 06月23日(金)07:34 

 【サンパウロ時事】ブラジル南東部エスピリトサント州の州都ビトリア近郊で22日、バスとトラックが衝突し、21人が死亡した。地元紙が伝えた。石材を満載したトラックが対向車線にはみ出し、サンパウロからビトリアへ向かっていたバスと正面衝突した。 ブラジル保健省によると、同国では年平均約4万2000人が交通事故で死亡している。 【時事通信社】
カテゴリー:

ゲリラ武装解除、最終段階=完了は27日にずれ込み-コロンビア - 06月21日(水)09:23 

 【サンパウロ時事】コロンビア最大の左翼ゲリラ組織コロンビア革命軍(FARC)幹部は20日、政府との和平協定に基づく武装解除が最終段階に入ったと明らかにした。対象となる武器の6割は既に国連監視団に引き渡されており、残り4割の解除に着手する。 FARC側は全国26カ所で段階的に引き渡しに応じているが、先月末を予定していた武装解除完了は遅れた。サントス大統領によると、27日に完了式典が行われる見通し。 【時事通信社】
カテゴリー:

【サッカー】ロベルトカルロスにドーピング疑惑浮上 医師「あの太ももは…」 - 06月20日(火)17:29 

ロベカルにドーピング疑惑浮上 医師「あの太ももは…」 6/20(火) 16:11配信 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170620-00000069-asahi-spo  サッカー元ブラジル代表で、2002年日韓ワールドカップ(W杯)優勝に貢献したロベルトカルロス氏(44)に、薬物使用疑惑が浮上している。ドイツ公共放送ARDが10日、報じた。同氏は否定し、法的措置をとる姿勢を見せている。  ARDは、ロシア陸上界のドーピング問題を先駆けて伝えたことで知られる。今回は、ブラジルに10年以上もトップ選手に禁止薬物を提供している医...
»続きを読む
カテゴリー:

サンバパレードに暗雲=リオ市が補助金半減方針-ブラジル - 06月17日(土)05:56 

 【サンパウロ時事】ブラジル・リオデジャネイロ市で毎年2月ごろに行われるカーニバル(謝肉祭)の花形行事サンバパレードが、市の補助金削減で危機にひんしている。 かねてパレードに非協力的な姿勢を示していたクリベラ市長が12日、「(財政)危機の中、教育などに予算を優先的に回すべきだ」と表明。今年は2600万レアル(約8億8000万円)だった補助金を来年は半減する方針を打ち出した。これに対し、パレード実行組織側は「これでは(衣装や山車などの)制作費が足りず、パレードができない」と猛反発。市長に再考を求めている。 リオのカーニバルは国内外から毎年100万人以上の観光客を集める南米最大の祭典。経済効果は30億レアル(約1000億円)に達するだけに、もしパレードがなくなる事態となれば、地元に大きな打撃を与えそうだ。 【時事通信社】
カテゴリー:

【悲報】自転車を盗もうとした17歳少年、額に「私は泥棒で負け犬です」という入れ墨を彫られる - 06月14日(水)16:50 

ブラジルのサンパウロ近郊で、自転車を盗もうとした17歳の少年がつかまって、額に「私は泥棒で負け犬です」という入れ墨を彫られる事件があった。 事件は携帯電話で記録した内容がソーシャルメディアに投稿されて発覚。 警察は入れ墨師の男(27)と、共犯者とされるれんが職人の男(29)を拷問容疑で逮捕した。 2人とも容疑を認めているという。 ブラジルでは拷問は凶悪犯罪と見なされて、容疑者の保釈は認められない。 地元メディアの報道によれば、2人は調べに対し、少年や泥棒に教訓を与えるつもりだったと供述して...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「サンパウロ」の画像

もっと見る

「サンパウロ」の動画

Wikipedia

; 公式

  • サンパウロ市公式サイト

; 日本政府

  • 在サンパウロ日本国総領事館

; 観光

  • サンパウロ市観光局
  • サンパウロ市公式旅行代理店

; その他

  • ニッケイ新聞
  • サンパウロ新聞
  • 伯剌西爾時報(1917-1952) - かつて発行されていた邦字新聞のデータベース

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる