「サンドウィッチマン」とは?

関連ニュース

マギー審司&白鳥久美子、地元・東北のフルマラソン挑戦!フジ笠井アナも急遽参戦 - 04月20日(金)12:11 

東北出身の芸人が集結するバラエティ番組『東北魂TV』(BSフジ、毎週日曜23:00~)に出演中のマギー審司と、たんぽぽの白鳥久美子が、10月14日に開催される「東北・みやぎ復興マラソン2018」でフルマラソン部門に出場することが決定。20日、『東北魂TV』メンバーであるサンドウィッチマン、狩野英孝、トミドコロと共に、都内で合同記者発表を行った。同マラソン初開催から1年。サンドウィッチマンからの無茶ぶりを受ける形で、フルマラソン初挑戦が決まったマギーは「前回はスターターだったんですけど、走る人を見ているとやっぱり感動するんです。あの中に入りたいと思う気持ちが芽生えて、それをふっと口にしたら“じゃあ、走れよ”って言われて……」と苦笑いで無茶ぶりの経緯を説明。会場には、昨年同マラソンに参加した鳥居みゆきから、「日本を代表するハーフタレントとして頑張ってください」と冷やかしメッセージも届いたが、マギーは「マラソンは走ったことないんです。僕は腰と首にヘルニアもあって……」と不安げ。だが、意気込みを問われると「地元ということで思い入れがあるのも事実。それが参加の大きな理由になりました」と笑顔で語った。一方の白鳥は、走ることに抵抗はない様子。マラソンも何度も経験があり、「婚活マラソンがあるということで、光浦(靖子)さんに誘われて始めたんです」とマラソンと自身の関係を紹介。「マラソンを始めてから季...more
カテゴリー:

フジ笠井信輔アナ、フルマラソン挑戦を急きょ表明 家族は反対「『とくダネ!』を辞めてください」 - 04月20日(金)11:30 

 お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子、タレントのマギー審司、フジテレビの笠井信輔アナウンサーが20日、都内で行われた『東北・みやぎ復興マラソン2018』の合同記者発表にサンドウィッチマンとともに出席した。白鳥、マギー、笠井アナの3人は同フルマラソンに挑戦することを表明し、笠井アナは「体を悪くするからという理由で家族から反対されていますし、フルマラソンを走って翌日の『とくダネ!』を休むわけに行かないので、体力を付けてトレーニングをしたいと思います」と意気込んだ。  10月14日に開催される同復興マラソンは、コース全域が東日本大震災の浸水エリア。今年で2回目を迎え、一歩ずつ復興の道を歩む、復興の“いま”を走りながら体感することができる。笠井アナはフルマラソンではなく5キロメートルの部門で参加予定だったが、マギーと白鳥がフルマラソンに参加することを聞いて、急きょ、フルマラソン挑戦を表明。これを聞いたサンドウィッチマンの伊達みきおは「小倉さん(小倉智昭)も走ってもらえないですか?」と頼むと、笠井アナは「それは無理だと思いますね。ゴルフならやります」とにっこり。すかさずマギーも「小倉さんが走るんだったら、うちの師匠も走らせます」と笑わせた。  フルマラソン挑戦は家族から反対されているそうで「『とくダネ!』の20年間、毎朝2時半起き。この生活を続けながらフルマラソンのトレーニングは『絶対に...more
カテゴリー:

大野拓朗・矢本悠馬・中村無何有、ドキュメンタリーのナレーションに初挑戦 - 04月19日(木)06:00 

 俳優の大野拓朗(29)、矢本悠馬(27)、中村無何有(33)の3人が、テレビ朝日系で21日放送の『運命のカウントダウン〜ラストデイ〜』(後2:55~4:25※一部地域を除く)で、ドキュメンタリーのナレーションに初挑戦する。 【画像】MCはサンドウィッチマンと宇賀なつみアナウンサー  番組は、コンビ芸人・サンドウィッチマンと宇賀なつみアナウンサーがMCを務め、引退の日や閉店の日など、さまざまな“最後の日”=「ラストデイ」に密着したリアルドキュメント。 ■バスケが好きすぎて本気で感動「映像を見てしまうと本当に泣きそうでした」  連続テレビ小説『とと姉ちゃん』や『わろてんか』(ともにNHK)でブレークした大野が担当したのは、3月25日に現役を引退した女子バスケットボールのパイオニア・大神雄子のラストデイ。バスケをやっていた大野は「大神選手の一ファンとしてナレーションができて光栄です」と喜びのコメント。バスケが好きすぎるあまり、「今回は、映像を見ちゃうと感情移入してしまうので、なるべく見ないようにして、文字とキューランプだけを見てしゃべることを意識しました。大好きなバスケだし、大神選手だし、映像を見てしまうと本当に泣きそうでした」。ナレーションに挑戦した感想は「感情が入って変に抑揚がつかないようにするのが難しかったです。でも、バスケやっていたから言葉は言いやすかったので、バスケ...more
カテゴリー:

【テレビ】<ヒロミ>タレントパワーで五輪チケットを手に入れようとする何サマぶりが不快! 〈ボクらの時代〉(フジテレビ系) - 04月18日(水)12:54  mnewsplus

日曜朝のトーク番組「ボクらの時代」。この日のゲストは坂上忍×ヒロミ×サンドウィッチマン伊達みきおの3人だった。 坂上が「とんねるずのみなさんのおかげでした」の後番組をやることについて、「運命なんだね」とヒロミ。「タモさんの後もやったし」と「バイキング」のことを持ちだすが、当初、坂上の担当は月曜だけだったのに、すっかりタモリの後釜という立ち位置になっているから図々しい。ヒロミと坂上は同年代で、仲良くやっているようだが、伊達だけは世代が違うので、一歩間違えばパワハラ、いじめのようなやりとりが続き、見...
»続きを読む
カテゴリー:

高梨沙羅、初の九州でタカトシと過酷ロケ「本当に誰も助けてくれない…」 - 04月18日(水)07:00 

平昌オリンピック・スキージャンプで見事銅メダルに輝いた高梨沙羅選手が、4月23日に放送される『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系、毎週月曜19:00)に出演することがわかった。同番組は、タカアンドトシ、サンドウィッチマンがゲストとともにさまざまな人気企画に挑む人気バラエティ。今回高梨が参加するのは人気企画「無人駅で飲食店を見っけ隊」。ローカル線の無人駅に降り立ち、そこでタカアンドトシと共に、地元の人々に聞き込みをしながら歩いて飲食店を探していく、という過酷なロケに、21歳の銅メダリストが果敢にチャレンジする。一行が乗車するのは、熊本県と鹿児島県を縦断する「肥薩おれんじ鉄道」。サイコロを振って出た目の数だけ進み、無人駅で下車、その駅の周辺で地元の人々に聞き込みをしながら飲食店を探していく。スムーズに飲食店が見つかることもあれば、どれだけ歩いても見つからず、山をいくつも越えなくてはいけない、ということもあるような過酷な企画に、高梨は耐えることが出来るのか!?北海道出身の彼女は「九州には初めて来た」とワクワクした様子で、元気よくロケをスタート。地元の人々に話しかけ、飲食店を捜索し、無事お店に着いたら、今度は撮影の交渉を行うなど、初めてづくしの体験を存分に楽しんだようだ。一方で、まったくお店がなさそうな山と海に囲まれた無人駅に降りてしまうこともあり、歩いても歩いても、建物ひとつ現れな...more
カテゴリー:

マギー審司&白鳥久美子、地元・東北のフルマラソン挑戦!フジ笠井アナも急遽参戦 - 04月20日(金)12:10 

東北出身の芸人が集結するバラエティ番組『東北魂TV』(BSフジ、毎週日曜23:00~)に出演中のマギー審司と、たんぽぽの白鳥久美子が、10月14日に開催される「東北・みやぎ復興マラソン2018」でフルマラソン部門に出場することが決定。20日、『東北魂TV』メンバーであるサンドウィッチマン、狩野英孝、トミドコロと共に、都内で合同記者発表を行った。同マラソン初開催から1年。サンドウィッチマンからの無茶ぶりを受ける形で、フルマラソン初挑戦が決まったマギーは「前回はスターターだったんですけど、走る人を見ているとやっぱり感動するんです。あの中に入りたいと思う気持ちが芽生えて、それをふっと口にしたら“じゃあ、走れよ”って言われて……」と苦笑いで無茶ぶりの経緯を説明。会場には、昨年同マラソンに参加した鳥居みゆきから、「日本を代表するハーフタレントとして頑張ってください」と冷やかしメッセージも届いたが、マギーは「マラソンは走ったことないんです。僕は腰と首にヘルニアもあって……」と不安げ。だが、意気込みを問われると「地元ということで思い入れがあるのも事実。それが参加の大きな理由になりました」と笑顔で語った。一方の白鳥は、走ることに抵抗はない様子。マラソンも何度も経験があり、「婚活マラソンがあるということで、光浦(靖子)さんに誘われて始めたんです」とマラソンと自身の関係を紹介。「マラソンを始めてから季...more
カテゴリー:

大野拓朗&矢本悠馬&中村無何有 ドキュメンタリーのナレーションに初挑戦! - 04月19日(木)06:00 

サンドウィッチマンと宇賀なつみアナがMCを務める「運命のカウントダウン~ラストデイ~」(テレビ朝日系※一部地域を除く)が4月21日(土)に放送。 【写真を見る】大野拓朗は、感動のあまりナレーションに大苦戦!? 同番組は、引退の日や閉店の日など、さまざまな運命が変わる“最後の日”=「ラストデイ」に密着したリアルドキュメント番組。3月25日に現役を引退した女子バスケットボールのパイオニア・犬神雄子のラストデイや、創立141年の小学校が閉校する日、大阪の有名洋食店が30年の歴史に幕を下ろす日などのラストデイを紹介する。 今回、VTRのナレーションを担当したのは、NHK総合ほかで放送された連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(2016年)や「わろてんか」(2017~18年)で大ブレイクした大野拓朗、映画「ちはやふる」(2016、18年)や今期の連続テレビ小説「半分、青い。」にも出演中の矢本悠馬、そして、マネージャーをやりながら自身も俳優として活躍する中村無何有の3人。 ■ バスケが好きすぎて映像が見れない!? バスケットボールをずっとやってきたという大野は、犬神雄子のラストデイを担当。「こんなすてきな映像に僕の声が入ると思うと本当にうれしい。犬神選手の一ファンとしてナレーションができて光栄です」と喜びを語る。 また、バスケが好きすぎるあまり「今回は、映像を見ちゃうと感情移入してしまうので、なるべ...more
カテゴリー:

野口五郎「百恵ちゃんのDNAがそこに…」三浦祐太朗とのコラボに震える - 04月18日(水)21:33 

4月28日(土)に「三宅裕司と春風亭昇太のサンキュー歌謡曲一座~モーレツにハレンチは永久に不滅です編~」(夜6:30-9:00ほか、フジテレビ系)が放送される。 【写真を見る】三浦祐太朗と野口五郎が歌い出した瞬間、スタジオの雰囲気が一変!/(C)フジテレビ 同番組は、歌謡史に残る名曲を熱唱するだけではなく、本人自ら当時の爆笑裏話などを披露する歌謡トークショー&ライブを展開。 「あの時代だからあの名曲が生まれた」をコンセプトに、1960年代から70年代にかけての日本歌謡史を取り上げ、“モーレツにハレンチ時代(1968年~69年)、“永久に不滅です時代”(1973年~74年)として掘り下げていく。 28日(土)の放送では、野口五郎と三浦祐太朗が初共演。野口のギター演奏&美し過ぎるハモりで、三浦の母・山口百恵の「秋桜」を熱唱する。 歌い出しと同時にスタジオの雰囲気が一変! 百恵と同年代のスターやアイドルだった出演者たちは目が潤み出し、小柳ルミ子が終始涙を流していた。 三浦は、母・百恵についてあらためて聞かれると「本当に今も変わらずに、芯の強い母だなと思う」と胸の内を明かす。 共演した野口は、とにかく緊張しまくりの様子で、終わってからも「参った、心で号泣した」と感慨深げに話す。 一方、三浦は「僕を通じて母を感じてもらえるのはすごく光栄なことです」と感謝の思いを述べた。 ■ 野口五郎コメント...more
カテゴリー:

高梨沙羅、無人駅で飲食店を探す旅の過酷さに「本当に誰も助けてくれないんですね…」 - 04月18日(水)07:00 

4月23日(月)放送の「帰れマンデー見っけ隊!!」(テレビ朝日系)に、平昌オリンピック・スキージャンプで見事銅メダルに輝いた高梨沙羅選手が登場。 【写真を見る】あまりの過酷さに、高梨選手の本音が爆発!?/(C) テレビ朝日 高梨選手が挑むのは、「無人駅で飲食店を見っけ隊」。サイコロを振って出た目の数だけ進み、無人駅で下車、その駅の周辺で地元の人々に聞き込みをしながら飲食店を探していくという人気企画だ。 今回はタカアンドトシと共に、熊本と鹿児島を縦断する“肥薩おれんじ鉄道”を舞台に過酷旅を繰り広げる。 北海道出身の高梨選手は意外にも「九州には初めて来た」と明かし、平昌オリンピックからワールドカップまで試合が続いていたにも関わらず、元気いっぱいでロケに臨む。 道行く人々も、突然の銅メダリストとの対面に驚きを隠せない様子で、「テレビで応援してたよ!」と感激しながら高梨選手に話しかける場面も。 撮影の交渉にもチャレンジし、初めてづくしの体験を存分に楽しむ高梨選手だが、まったく店がなさそうな山と海に囲まれた無人駅に降りてしまうこともあり、「歩いても歩いても建物ひとつ現れない」という状況にぼう然…。 サイコロの目次第ではかなりの距離を歩くことになると予想はしていたものの、実際に体験してみるとやはり過酷だったようで「本当に誰も助けてくれないんですね…(笑)」と高梨選手も思わず本音を漏らしてしまう...more
カテゴリー:

高梨沙羅、初の九州でタカトシと過酷ロケ「本当に誰も助けてくれない…」 - 04月17日(火)20:29 

平昌オリンピック・スキージャンプで見事銅メダルに輝いた高梨沙羅選手が、4月23日に放送される『帰れマンデー見っけ隊!!』(テレビ朝日系、毎週月曜19:00)に出演することがわかった。同番組は、タカアンドトシ、サンドウィッチマンがゲストとともにさまざまな人気企画に挑む人気バラエティ。今回高梨が参加するのは人気企画「無人駅で飲食店を見っけ隊」。ローカル線の無人駅に降り立ち、そこでタカアンドトシと共に、地元の人々に聞き込みをしながら歩いて飲食店を探していく、という過酷なロケに、21歳の銅メダリストが果敢にチャレンジする。一行が乗車するのは、熊本県と鹿児島県を縦断する「肥薩おれんじ鉄道」。サイコロを振って出た目の数だけ進み、無人駅で下車、その駅の周辺で地元の人々に聞き込みをしながら飲食店を探していく。スムーズに飲食店が見つかることもあれば、どれだけ歩いても見つからず、山をいくつも越えなくてはいけない、ということもあるような過酷な企画に、高梨は耐えることが出来るのか!?北海道出身の彼女は「九州には初めて来た」とワクワクした様子で、元気よくロケをスタート。地元の人々に話しかけ、飲食店を捜索し、無事お店に着いたら、今度は撮影の交渉を行うなど、初めてづくしの体験を存分に楽しんだようだ。一方で、まったくお店がなさそうな山と海に囲まれた無人駅に降りてしまうこともあり、歩いても歩いても、建物ひとつ現れな...more
カテゴリー:

もっと見る

「サンドウィッチマン」の画像

もっと見る

「サンドウィッチマン」の動画

Wikipedia

サンドウィッチマンサンドイッチマン(sandwich man)とは、広告宣伝手法の一つで、人の胴の前面と背中の両方に宣伝用の看板を取り付け、町中にたたずみ、あるいは歩行する広告手法、およびその看板を取り付けられた人のことをいう。(、英語圏では両義の意味を持つ語である)。

概要

19世紀半ば頃から使用されている広告手法である。写真のように、胴の前面と背中とに広告看板を取り付け、繁華街の特定の場所にずっと立っているか、あるいは特定の場所を歩いて回る。人の好奇の目を引きながら看板を見せることにより、広告効果をもたらす。

非常に高額な費用を掛けなければ出せない繁華街の一等地において合法的に看板を(人件費のみで)出せる、経済的な手段である。

広告主とサンドイッチマンの関係として、以下のパターンがある。

  • 広告主がサンドイッチマンに宣伝を依頼する。
  • 広告主 (店舗の従業員、学園祭文化祭などのイベントのスタッフなど) の関係者が宣伝のためサンドイッチマンとなる。
  • 「仕事を探しています」などのように、サンドイッチマンが自分自身を宣伝する。
歴史と現状

日本においては、遅くとも明治末期の頃には、このような宣伝手法に従事する者は広告人夫と呼ばれていたが、大正時代にはサンドイッチマンという呼称も同義で使用され始めている。

その後、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる