「サントリー」とは?

関連ニュース

サントリー、干支ウイスキー 戌年ボトルの生産ピーク - 10月20日(金)06:03 

 サントリースピリッツ(東京)は19日、来年の干支(えと)の戊をモチーフにした陶製ボトル入りウイスキーの製造ラインを、山崎蒸留所(大阪府島本町)で報道関係者に公開した。生産はピークを迎えており、11月7日から数量限定で発売する。
カテゴリー:

サントリー食品、傘下企業3社売却へ - 10月20日(金)05:00 

 サントリー食品インターナショナルは19日、海外で調味料やインスタントコーヒー事業などを展開する傘下企業3社を、米国の大手食品会社に約260億円で売却すると発表した。成長が見込めるフレッシュコーヒー事業に集中する。2018年1~3月期に全株式を売却する予定だとしている。
カテゴリー:

堀江、松島ら34人選出=リーチが主将に復帰-ラグビー日本代表 - 10月19日(木)17:23 

 日本ラグビー協会は19日、11月にオーストラリア、フランスなどとのテストマッチに臨む日本代表メンバー34人を発表し、フランカーのリーチマイケル(東芝)、フッカー堀江翔太(パナソニック)、FB松島幸太朗(サントリー)らが名を連ねた。リーチは2015年ワールドカップ(W杯)以来、約2年ぶりに主将に復帰する。 キャップなしの選手はロック姫野和樹(トヨタ自動車)ら6人。大学生はFB野口竜司(東海大)がただ1人、選ばれた。SO小野晃征(サントリー)は体調不良のため外れた。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチは東京都内で記者会見し、「若手と経験のある選手をバランス良く選べた。リーチはW杯の経験があり、主将にはベスト」と話した。 日本は28日に福岡・レベルファイブスタジアムで世界選抜戦、11月4日に横浜市の日産スタジアムで豪州戦。その後フランスに遠征し、18日(日本時間19日)にトンガ、25日(同26日)にフランスと対戦する。 [時事通信社]
カテゴリー:

トップリーグ全勝対決・パナソニック×サントリー - 10月19日(木)16:45 

8戦全勝同士の対決だ。『ジャパンラグビートップリーグ2017-2018』第9節でホワイトカンファレンス1位・パナソニックが、レッドカンファレンス1位・サントリーを迎え撃つ。『トップリーグ』第9節・パナソニック×サントリー チケット情報(PC)パナソニックは全試合で3トライ以上差を付けるボーナスポイントを獲得するパーフェクトリザルトを誇る。接戦が予想された第5節・トヨタ自動車戦を43-16、前節・神戸製鋼戦では56-7と快勝。第8節の大勝劇にロビー・ディーンズ監督も「今日の試合は開幕以来、最高の出来だった。23人全員がそれに相応しいパフォーマンスを見せてくれた」と胸を張った。一方、王者・サントリーは第3節・ヤマハ発動機戦(27-24)ではラストプレーで逆転し、前節・トヨタ自動車戦は最後の相手PGが失敗に終わり、32-31で逃げ切った。薄氷を踏む勝利となった第8節の会見で、沢木敬介監督は「まだまだ弱いと再認識した。ただそれだけ伸び代があるというのは楽しみ」と前を向いた。これまでの戦いぶりを比べると、パナソニック有利と言える。第9節はホームの利もある。海外出身者が8人中5人揃うFW陣でも優位に立つ。9トライ・山田章仁&7トライ・福岡堅樹とトライランキング1・3位を占めるWTBの爆発力もパナソニックに分があるだろう。ただ田中史朗-ベリック・バーンズ×流大-小野晃征のゲームコントロールは互角...more
カテゴリー:

サントリー山崎:戌にちなんだボトル 生産が最盛期 - 10月19日(木)14:04 

 サントリー山崎蒸溜所(大阪府島本町)で2018年のえと、戌(いぬ)をモチーフにしたボトル入りウイスキー「ローヤル<戌歳>ボトル」の生産が最盛期を迎えている。製造は今年で36回目で、年末年始の縁起物として外国人観光客にも人気が高まっている。
カテゴリー:

君は甲類ビールを知っているか - ノンアルコールビール×焼酎が美味い! - 10月20日(金)06:00 

こんにちは、ライターのすなばです。もうすっかり秋ですね。夏からの切り替えが急すぎる。 あれはまだ暑さの残る9月のこと。六畳一間のアパートで男6人すし詰めになって飲んでいる時、大学時代の後輩がこんなことを言っていました。 「知ってます? ノンアルコールビールで焼酎割ると美味しいんですよ!」 ○僕はそれを"甲類ビール"と名付けた その後輩は大学生の頃から、「蛇って冬どこにいるんですか?」などといった発言が目立つ男だったので僕はもちろん、その場にいた全員が半信半疑。「それは結局、ビールのようでビールじゃない半端な飲み物が生まれるだけでは……」と思いながらも、後輩の熱烈なリクエストにより、サントリー「オールフリー」とロックアイス、安い甲類焼酎をコンビニで購入し、早速家で割って飲んでみるとめちゃくちゃ美味しかったので、僕は己が不明を恥じ、その夜は後輩にちょっとだけ優しくしました(寝落ちしたらベッドに寝かせてあげる等)。 考えてみれば、焼酎を割って飲むビール風の飲み物って「ホッピー」そのものじゃないですか。そりゃ美味しくないわけがない。だってホッピーが美味しいもの。しかし、「焼酎のノンアルコールビール割り」はホッピーの風味ともまた微妙に違った香りと味わいがあり、気づけばその場にいた全員が夢中になっていました。ロックアイス(2kg)も一晩でなくなるほどです。 検索してみると、「アサヒ...more
カテゴリー:

豪州戦&仏戦へ向け、ラグビー日本代表34名発表 - 10月19日(木)17:35 

10月19日、ウインドウマンス(南半球と北半球の代表が交流戦を行う6月と11月の交流月間)に臨むラグビー日本代表メンバーが発表された。ジョイミー・ジョセフ日本代表ヘッドコーチは「若くてこれからが楽しみな選手と経験豊富な選手、いいバランスで選べた」と開口一番口にした。さらに「ワラビーズ(オーストラリア代表)戦が山場。それには福岡での世界選抜戦が大事になる。この試合がワラビーズ戦の重要な試金石になる」と日本での2試合にターゲットを定めた。【チケット情報はこちら】(PC)日本代表メンバーは以下の通り。【PR1】石原慎太郎(サントリー)、稲垣啓太(パナソニック)、山本幸輝(ヤマハ発動機)【HO】坂手淳史(パナソニック)、日野剛志(ヤマハ発動機)、堀江翔太(パナソニック)【PR3】浅原拓真(東芝)、ヴァル アサエリ愛(パナソニック)、具智元(ホンダ)【LO】アニセ サムエラ(キヤノン)、ヴィンピー・ファンデルヴァルト(NTTドコモ)、ヘル ウヴェ(ヤマハ発動機)、谷田部洸太郎(パナソニック)【FL】布巻峻介(パナソニック)、姫野和樹(トヨタ自動車)、松橋周平(リコー)、リーチ マイケル(東芝)【NO.8】アマナキ・レレイ・マフィ(NTTコム)、フェツアニ・ラウタイミ(トヨタ自動車)【SH】内田啓介(パナソニック)、田中史朗(パナソニック)、流大(サントリー)【SO】田村優(キヤノン)、松田力...more
カテゴリー:

いぬ年ウイスキー生産始まる - 10月19日(木)16:52 

来年の干支(えと)の「いぬ」をかたどったウイスキーボトルの生産が、サントリー山崎蒸留所(大阪府島本町)で始まった。干支ボトルは毎年恒例で、年末年始の縁起物として人気だ。希望小売価格は9504円=19日
カテゴリー:

「ともに導く」──J・ノット&東響の新シーズン - 10月19日(木)16:45 

第3代音楽監督ジョナサン・ノット(1962~)との蜜月が来季で5シーズン目を迎える東京交響楽団。10月17日、東京都内の楽団本部で会見を行ない、その2018~19シーズンの公演ラインナップを発表した。【チケット情報はこちら】(PC)ジョナサン・ノットが指揮するのは、定期演奏会(サントリーホール)4回、川崎定期演奏会2回、東京オペラシティシリーズ1回、名曲全集(ミューザ川崎)2回、こども定期演奏会(サントリーホール)1回の、6演目10公演。さらにダ・ポンテ三部作完結編となる演奏会形式の《フィガロの結婚》も。「楽団員と私というチームが、できるだけ多くの経験を共有できるようなプログラムを意図した。異なる様式、異なる演奏法、異なる時代。音楽的経験を豊富にすることで、聴衆が音楽の旅に出る時の道しるべとして働けると思う」ノットはそう述べて、個々のプログラムについて語った。まずシーズン開幕の4月は定期と川崎定期でマーラーの交響曲第10番アダージョとブルックナーの交響曲第9番という異色の組み合わせ。「偉大な二人を同じプログラムに乗せたらどうなるのか。私も経験がない。ともに未完の作品。作曲家の最後の作品は大好き。あちら側に近づいているのを強く感じる」7月はエルガーの合唱付き大作《ゲロンティアスの夢》(定期&川崎)。英国生まれ、しかもエルガーの故郷ウスターの聖歌隊で歌っていたノットだが、この曲を振るの...more
カテゴリー:

サントリー、いぬ年ボトルの製造ライン公開 えとウイスキー生産がピーク - 10月19日(木)12:07 

 サントリースピリッツ(東京)は19日、来年のえとのいぬをモチーフにした陶製ボトル入りウイスキーの製造ラインを、山崎蒸留所(大阪府島本町)で報道関係者に公開した。生産はピークを迎えており、11月7日から数量限定で発売する。
カテゴリー:

もっと見る

「サントリー」の画像

もっと見る

「サントリー」の動画

Wikipedia

サントリー()は、大阪市北区に本社を置く、日本洋酒ビール清涼飲料水の製造・販売等を行う企業グループの総称およびブランド。事業の主要な部分はアルコール飲料だが、1980年代以降清涼飲料においても一定の地位を築いた。

かつてはサントリー株式会社を中心とするグループであったが、2009年(平成21年)4月1日よりサントリーホールディングス株式会社()を中心とした持株会社制に移行。本項ではこれについても記述する。

歴史・概要 創業

1899年(明治32年)2月に、鳥井信治郎が、葡萄酒の製造販売を目的とした鳥井商店(とりいしょうてん)を創業。これを母体として、1921年(大正10年)12月1日に株式会社壽屋寿屋。ことぶきや)を設立。

ブランド名「サントリー」の誕生

1929年(昭和4年)4月、初めて発売したウイス...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる