「サンクトペテルブルク」とは?

関連ニュース

【恐露】電気ショックによる火傷、背骨は折れ、体中にナイフの切り傷、性的暴行…警察発表は「自殺」 ロシア起業家の凄絶な獄中死 - 04月19日(木)23:28  newsplus

◆「電気ショック、性的暴行、背骨骨折」それでも自殺 ロシア起業家の凄絶な獄中死 ロシアの留置施設で2月、詐欺・横領の疑いで逮捕され勾留中の起業家の男性が首をつって死んでいるのが見つかった。 当初は自殺として処理されたが、遺族は自殺ではなく、持病の心臓病の治療を受けられなかったための病死だと主張。 しかし、実態はさらにおぞましいものだった。 司法解剖の結果、男性の遺体から「電気ショックによるやけど、性的暴行、骨折した背骨、体中のナイフの切り傷」の痕跡が次々と見つかり、死因は頸部の外傷と首を絞めら...
»続きを読む
カテゴリー:

レニングラードに比べりゃ広島長崎原爆も東京大空襲も沖縄戦もかすり傷みたいなものよ - 04月17日(火)14:18  liveplus

レニングラード包囲戦(レニングラードほういせん、ロシア語:Блокада Ленинграда ブラカーダ・リニングラーダ、1941年9月8日 - 1944年1月18日)は、第二次世界大戦の 独ソ戦における戦闘のひとつ。 ドイツ軍はソビエト連邦第2の大都市レニングラード(現・サンクトペテルブルク)を900日近く にわたって包囲したが、レニングラードは包囲に耐え抜き、後にスターリンによって英雄都市 の称号が与えられた。飢餓や砲爆撃によって、ソ連政府の発表によれば67万人、一説によれば 100万人以上の市民が死亡した。 これは日本本土にお...
»続きを読む
カテゴリー:

柔道:斉藤仁氏次男の立が優勝 ジュニア国際大会 - 04月16日(月)01:44 

 柔道のロシア・ジュニア国際大会は15日、サンクトペテルブルクで行われ、男子100キロ超級は五輪王者の故斉藤仁氏の次男で16歳の斉藤立(東京・国士舘高2年)が優勝した。全日本柔道連盟によると、国際大会への派遣は初めてだという。
カテゴリー:

斉藤立、初の国際大会で優勝=五輪連覇の仁さん次男-柔道 - 04月16日(月)00:29 

 柔道のロシア・ジュニア国際は15日、ロシアのサンクトペテルブルクで行われ、男子100キロ超級で、全日本柔道連盟から初めて国際大会に派遣された斉藤立(東京・国士舘高)が優勝した。 16歳の斉藤は、1984年ロサンゼルス、88年ソウル両五輪男子95キロ超級金メダリストで2015年1月に亡くなった仁さんの次男。身長190センチ、体重155キロの恵まれた体格で、父から教わった体落としなどを得意とし、将来を期待されている。 [時事通信社]
カテゴリー:

【テニス】大坂なおみ vs ゲルゲスは6日の0時試合開始予定、ボルボ・カー・オープン3回戦 (NHKの放送予定は無し) - 04月05日(木)20:49  mnewsplus

大坂16強 第2シードは敗退 女子テニスのボルボ・カー・オープン(アメリカ/チャールストン、グリーンクレー、プレミア)は4日、シングルス2回戦が行われ、第2シードのP・クヴィトバ(チェコ共和国)は世界ランク77位のKr・プリスコバ(チェコ共和国)に6-1, 1-6, 3-6の逆転で敗れ、初戦で姿を消した。 今大会、上位8シードは1回戦免除のためこの日が初戦だったクヴィトバは9本のダブルフォルトを犯し、6度のブレークを許して1時間52分で敗れた。 元世界ランク2位のクヴィトバは2016年12月に自宅で強盗事件の...
»続きを読む
カテゴリー:

世界各国イメージの着物仕立て=東京五輪に向け民間団体 - 04月18日(水)18:17 

 2020年東京五輪・パラリンピックでの披露を目指し、世界196カ国(日本政府承認数および日本)それぞれをイメージした着物の制作が民間で進んでいる。このうちロシアについて、18日に在日ロシア大使館(東京都港区)で、同国の自然や文化、歴史を絵柄に織り込んだ振り袖と帯が発表され、ロシア人モデルが着こなした。 今回の着物は京都で仕立てられた。青色を基調に、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館やシベリアのタイガ(針葉樹林)、ソユーズ宇宙船、バレエ「白鳥の湖」のモチーフの白鳥などが描かれている。モデルを務めたアシヤさんは「ロシアをよく表現できている」と感動した様子だった。 各国大使館と協力して制作するのは、一般社団法人イマジンワンワールド(福岡県久留米市)。高倉慶応代表理事は「着物の素晴らしさを再認識してほしい。一国が欠けても世界は一つにならない」と語った。29日に久留米市で女子高校生をモデルに、既に完成した100カ国分を公開する予定だ。 【時事通信社】
カテゴリー:

政界、美術界…各国の業界の中心にはこんなねこがいた! - 04月16日(月)06:00 

(写真:アフロ) 「日本国内でのねこの飼育頭数が犬を超えた」「ネコノミクスが日本を救う」「空前のねこブーム」――。最近、やけにねこのニュースを耳にしませんか? そこで、4月17日に発売となる特別ムック『ねこ自身グルーミング』(光文社・694円+税)取材班が調査を開始。すると、各国の業界は「ねこ」で回っていることが明らかになった! そんな衝撃スクープを紹介。 【政界】イギリス中枢では“ネズミ捕獲長”が絶大な権力を! 歴史ある建造物が立ち並ぶロンドンの官庁街は長い間ネズミに悩まされてきた。その対策として首相官邸には代々“ネズミ捕獲長”の役職を与えられた公務員待遇のねこがいる。現在、隊長を務めるのはラリー。動物保護施設出身のオスで、就任翌年に職務怠慢(笑)で更迭された過去を持つ。外務省にはパーマストン、財務省にはグラッドストーンという名のねこが同様の職に就いているが、ラリーとは犬猿の仲とか。道端でケンカする姿がニュースに取り上げられるほど注目を集める彼らは政界の陰のフィクサーという噂も!? 【美術界】ロシア「エルミタージュ美術館」には警備員ねこが! サンクトペテルブルクにあるエルミタージュ美術館には、世界有数のコレクションと同じぐらい有名なねこたちがいる。住みはじめたのは18世紀からで、現在は貴重な美術品をネズミの被害から守る警備...more
カテゴリー:

【柔道】故・斉藤仁さんの次男 斉藤立(たつる)が国際デビュー戦で優勝 4試合オール一本! ジュニア国際大会 - 04月16日(月)01:21  mnewsplus

故・斉藤仁さんの次男 斉藤立が国際デビュー戦で優勝 4試合オール一本! 4/16(月) 0:33配信 デイリースポーツ https://www.daily.co.jp/general/2018/04/16/0011168604.shtml https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180415-00000182-dal-spo 故斉藤仁さんの次男・斉藤立 柔道男子100キロ超級で、五輪王者の故・斉藤仁さんの次男、斉藤立(16)=東京・国士舘高=が、15日にロシアで行われたジュニア国際大会(サンクトペテルブルク)に出場し、4試合オール一本勝ちで優勝した。 国際大会に派遣されるのは初めてだっ...
»続きを読む
カテゴリー:

15歳で直面した内面から出る「美しさ」の追求と表現〜元新体操選手・畠山愛理 - 04月15日(日)18:30 

SPORTSカテゴリーでは、「元アスリートの意識改革」をお届けします。結果を出してきたアスリートが、現役時代を振り返り意識が変わったターニングポイントは何だったのか? 引退したいま、その意識はどう変化したのか。vol.7でお話を伺うのはオリンピック日本代表としても活躍した元新体操の畠山愛理さん。いわゆる「エリート」ではなかったと謙遜する彼女ですが、中学生の頃から日本代表入りした背景には、数々の試練があったそうです。その時どう乗り越え、どのように意識が変わったのでしょうか。* * *畠山愛理の言葉「新体操は表現をする上で、技術だけではなく、感性を磨くことも大切だと学びました。引退したいまも、自然に“美しさ”をイメージしながら取り組んでいます」内面の美しさを表現しなさい! ――新体操は6歳から始められたと聞きました。2016年のリオ五輪後に引退するまで、いくつものターニングポイントがあったのではないかと思います。畠山:新体操に対する見方がガラッと変わったのは、中学3年で日本代表に選ばれた時でした。それまでは、新体操も他のスポーツと同じだと思っていたんです。試合に出たらミスをしないように気をつけて、高い点数が出たらいいなって。で...more
カテゴリー:

【ロシア】「HIVは作り話」、母親治療拒否で陽性の乳児死亡 治療拒否の一因に西側陰謀説 - 04月03日(火)22:45  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3169800?cx_position=43 2018年4月3日 10:39 発信地:モスクワ/ロシア 【4月3日 AFP】ロシアで2日、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染した生後5か月の女児の死亡に関する捜査が開始された。女児の母親はHIVを「作り話」とみなし、女児の治療を拒否していた。  5年以上前にHIVに感染したこの母親は、自身への治療も拒否し続けていた。シベリア(Siberia)の都市イルクーツク(Irkutsk)で過失致死容疑の取り調べを受ける母親には有罪の場合、2年以下の禁錮刑が科せられる。  捜査当局によると...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「サンクトペテルブルク」の画像

もっと見る

「サンクトペテルブルク」の動画

Wikipedia

行政 行政区

サンクトペテルブルク市行政区 サンクト・ペテルブルクには、18の行政区が設置されている。

  • アドミラルチェイスキー区(Admiralteysky)
  • ワーシリエオストロフスキー区(Vasileostrovsky)
  • ヴィボルグスキー区(Vyborgsky)
  • カリーニンスキー区(Kalininsky)
  • キーロフスキー区(Kirovsky)
  • コルピンスキー区(Kolpinsky)
  • クラスノグヴァールジェイスキー区(Krasnogvardeysky)
  • クラスノセルスキー区(Krasnoselsky)
  • クロンシュタッツキー区(Kronshtadtsky)
  • クロートヌィ区(Kurortny)
  • モスコフスキー区(Moskovsky)
  • ネフスキー区(Nevsky)
  • ペトログラードスキー区(Petrogradsky)
  • ペトロドヴォレツォヴヌイ区(Petrodvortsovy)
  • プリモルスキー区(沿海区)(Primorsky)
  • プーシキンスキー区(Pushkinsky)
  • フルンゼンスキー区(Frunzensky)
  • ツェントラーリヌイ区(中央区)(Tsentralny)
  • 経済

    旧サンクトペテルブルク証券取引所。現在は中央海軍博物館である 国際経済フォーラム サンクトペテルブルクはロシアを代表する港湾工業都市である。造船業を初めとして、電気機器、工作機械・工具類、農業機械、化学工業、製紙、家具、繊維・衣類、食品加工、タバコ、皮革などの工業が発達している。

    文化 文学

    サンクトペテルブルクは、ピョートル大帝による建都以来ロシア最大の文化都市として発展してきた。そのため、特に帝政時代にはこの都市を舞台に多くの文化人が活動し、詩や小説などの題材としても扱わ...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる