「サンクトペテルブルク」とは?

関連ニュース

ロシアで大規模な反腐敗デモ! 今後の政権争いに注目 - 03月27日(月)21:00 

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。3月27日(月)放送の「BREAKFAST NEWS」コーナーでは、ジャーナリストの仲野博文さんに「ロシア政権」について話を伺いました。 3月26日、モスクワやサンクトペテルブルクをはじめとするロシア各地で一斉に大規模な反政府デモが行われました。これを呼びかけたのは、プーチン大統領やメドベージェフ首相ら政府要人の腐敗を追及しているブロガーで野党指導者でもあるアレクセイ・ナワルニー氏。 政府はほとんどの場所でデモの許可を出していない中、首都・モスクワではおよそ1万人近くがデモに参加し、ナワルニー氏を含む500人以上が当局に拘束される騒動となりました。 ナワルニー氏はメドベージェフ首相の豪邸やワイン用のぶどう畑をドローン撮影した映像をYouTubeに3月2日(木)に投稿。僅か3週間あまりで動画の再生回数は1200万回を突破するなど、現地でも影響力のある存在として知られています。 仲野さんは、「ナワルニー氏の名前をぜひ憶えておいてもらいたい」と強調した上で、 来年3月に行われる予定のロシア大統領選挙に「反プーチンの急先鋒としてナワルニー氏が出馬する可能性が大です」と予想。 プーチン大統領は、1999年12月に任期途中で辞任したエリツィン大統領(第1代)のあとを代行する形で大統領に就任。以降20...more
in English
カテゴリー:

JFAがコンフェデ杯で12歳の選手と記者募集 - 03月22日(水)18:33 

 日本サッカー協会は22日、今年6月にロシアで開幕するコンフェデレーションズ杯の期間中、同国のサンクトペテルブルクで活動する「12歳のサッカー選手とジャーナリスト」の募集を開始した。  国際サッカー連盟(FIFA)などが主催するもので、…
in English
カテゴリー:

核シェルター、スターリン建築…ソ連時代の遺構はロシアにどれだけ残っているのか【現地フォトレポート】 - 03月16日(木)15:55 

 1991年、ソヴィエト連邦が崩壊。その後、ロシアは資本主義化が急速に進み、街中には西欧化の波が押し寄せた。  ソ連崩壊から約25年の月日が経った今。ロシアには共産主義の残り香、その遺物はどれだけ残っているのか。今回はロシアの二大都市であるモスクワとサンクトペテルブルクを訪れた。 ⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=1301626 ◆核シェルターを兼ねた優雅な地下鉄のプラットフォーム  1930年代に建設されたモスクワの地下鉄は、世界一である東京の次に利用客が多い。構内はアメリカなどの西側諸国に対抗し、共産主義の優越性をアピールするため、シャンデリアやレリーフ(浮き彫り)など凝った装飾が施されている。余談だが、北朝鮮の地下鉄も同様だ。  モスクワの地下鉄のプラットフォーム。ロシアの地下鉄は日本では見られなくなった吊り掛け駆動方式を採用しており、かなり大きな音を出して発着する。その間隔は約2分に1本。  地下鉄へとくだるエスカレーター。核ミサイルの開発競争相手だったアメリカなど西側諸国との核戦争を想定し、核シェルターも兼ねている。そのため、かなり地下深くに掘られており、最も深い駅は84mもの深さ。地下60mよりも深ければ、核爆発にも耐えられると言われている。ちなみに日本で最も深い駅は、大江戸線六本木駅の42.3m。 ...more
in English
カテゴリー:

【国際】ドバイの超高層ビルで撮影中のモデル、300メートルの高さからスタッフの右腕ひとつで宙ぶらり 命綱なしのスタントで転落騒動 - 02月17日(金)20:54 

304.8メートルという高さから、モデルの若い美女が宙にぶら下がってしまった。 命綱も着けていない中、彼女の命はスタッフの男性の右腕ひとつにかかっていた。 このほど中東ドバイのある高層ビルで…。 なんとも危険な状況にさらされたのはロシア・サンクトペテルブルク出身のモデルViktoria Odintsovaさん(23)。 撮影されたのは、“ねじれタワー”あるいは“インフィニティ・タワー”とも呼ばれるUAEドバイの「カヤン・タワー(Cayan Tower)」であった。 湾岸沿いに2013年にオープンした75階建ての超高層ビルで、目下には有名なザ・...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【ロシア】反政権デモ、600人超拘束 首相の汚職疑惑に抗議…首都デモは数万人規模に 野党は首相の蓄財を動画告発し退陣求める - 03月27日(月)02:48 

ロシア反政権デモ、600人超拘束 首相の汚職疑惑に抗議…首都デモは数万人規模に 産経 2017.3.27 00:17 http://www.sankei.com/world/news/170327/wor1703270004-n1.html  ロシアの首都モスクワやサンクトペテルブルクなど各地で26日、反政権派指導者の1人、ナワリヌイ氏の呼びかけるデモ集会や行進が行われ、モスクワでは同氏本人のほか、少なくとも600人の参加者が治安当局に拘束された。モスクワでのデモ行進には約3万人が参加したと推計されている。露大統領選が1年後に迫る中、近年ではまれな大規模行動となった。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ターキッシュ・エアラインズ、ロシアのヴォロネジとサマーラへ就航 - 03月18日(土)12:06 

ターキッシュ・エアラインズは、ロシアのヴォロネジとサマーラに、いずれも週3便を就航する。 イスタンブール〜ヴォロネジ線は4月4日から、イスタンブール〜サマーラ線は4月11日から運航を開始する。これに伴い、イスタンブール〜アストラハン・ノボシビルスク線のいずれも週2便は運休する。ロシアの就航都市は、モスクワ、サンクトペテルブルク、ソチ、ロストフ、カザン、エカテリンブルグ、ウファ、スタブロポリを合わせた10都市となる。就航記念特別運賃は、イスタンブール〜ヴォロネジ線は189米ドルから、イスタンブール〜サマーラ線は159米ドルから。いずれも発券手数料、諸税込み。 ターキッシュ・エアラインズは、トルコ・イスタンブールを拠点に世界120ヶ国296都市に就航している。スカイトラックス社のワールド・エアライン・アワードでは6年連続でヨーロッパでナンバーワンの「ベスト エアライン ヨーロッパ」に輝いている。 ■ダイヤ TK481 イスタンブール(01:05)〜ヴォロネジ(03:45)/火・木・土 TK482 ヴォロネジ(04:40)〜イスタンブール(07:40)/火・木・土 TK487 イスタンブール(20:30)〜サマーラ(00:55+1)/火・木・土 TK488 サマーラ(02:05)〜イスタンブール(04:45)/水・金・日 ⇒詳細はこちら
in English
カテゴリー:

【国際】ロシア、昼夜「偽情報」戦 バイト感覚で数百人書き込み - 02月26日(日)22:51 

 犯罪を誘発するなど、世界的に問題化している「偽ニュース」。トランプ米大統領が自分に批判的な報道に「偽」のレッテルを貼り、ますます耳目を集めている。 サイバー戦の一環として、ネット上で偽ニュースや中傷を拡散するロシアの「トロール部隊」で働いた元従業員たちがニュース偽造の実態を語った。  サンクトペテルブルク中心部から少し離れた所に、入り口に「ビジネスセンター」とだけ書かれた四階建てのビルがある。 米情報当局は今年一月、ビルに拠点を置くとされる「インターネット・リサーチ・エージェンシー」が、昨年...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「サンクトペテルブルク」の画像

もっと見る

「サンクトペテルブルク」の動画

Wikipedia

行政 行政区

サンクトペテルブルク市行政区 サンクト・ペテルブルクには、18の行政区が設置されている。

  • アドミラルチェイスキー区(Admiralteysky)
  • ワーシリエオストロフスキー区(Vasileostrovsky)
  • ヴィボルグスキー区(Vyborgsky)
  • カリーニンスキー区(Kalininsky)
  • キーロフスキー区(Kirovsky)
  • コルピンスキー区(Kolpinsky)
  • クラスノグヴァールジェイスキー区(Krasnogvardeysky)
  • クラスノセルスキー区(Krasnoselsky)
  • クロンシュタットスキー区(Kronshtadtsky)
  • クロートヌィ区(Kurortny)
  • モスコフスキー区(Moskovsky)
  • ネフスキー区(Nevsky)
  • ペトログラードスキー区(Petrogradsky)
  • ペトロドヴォレツォヴヌイ区(Petrodvortsovy)
  • プリモルスキー区(沿海区)(Primorsky)
  • プーシキンスキー区(Pushkinsky)
  • フルンゼンスキー区(Frunzensky)
  • ツェントラーリヌイ区(中央区)(Tsentralny)
  • 経済

    旧サンクトペテルブルク証券取引所。現在は中央海軍博物館である サンクトペテルブルクはロシアを代表する港湾工業都市である。造船業を初めとして、電気機器、工作機械・工具類、農業機械、化学工業、製紙、家具、繊維・衣類、食品加工、タバコ、皮革などの工業が発達している。

    文化 文学

    サンクトペテルブルクは、ピョートル大帝による建都以来ロシア最大の文化都市として発展してきた。そのため、特に帝政時代にはこの都市を舞台に多くの文化人が活動し、詩や小説などの題材としても扱われてきた。...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる