「サワラ」とは?

関連ニュース

深夜までやってます!ちょい飲みエリア拡大中のウラなんば行列店6選 - 04月11日(水)18:05 

“ウラなんば”は南海なんば駅の東側。南はなんさん通りまで、東はおおむね堺筋にいたるエリアの通称だ。2011年ごろから店同士の交流が活発化し「たゆたゆグループ」と「鉄板野郎」の店主らを中心に、エリアの活性化が急加速。近年では界隈の地主も支援し、約100店がひしめく飲食店街へと成長した。このエリアの最大の特徴は「いいお客さんが多いこと!」(複数店主談)と空気のユルさ。各店の店主までも、他店で友人やお客と交流し、夜な夜な楽しんでいる。そんなウラなんばから、行列ができる人気店を紹介!<※情報は関西フラリーマン専用Walker(2018年3月9日発売号)より> 【写真を見る】「フィンガーリブ」(320円~)/ワインバル・ヤ リブリン ■ 欧風料理をワインで乾杯! 「ワインバル・ヤ リブリン」は、焼とんで有名な「たゆたゆグループ」が手がけるワインバル。名物の「フィンガーリブ」のほか豚or旬の野菜を使用した欧風料理が中心で、赤・白各10種そろうワインは390円からとリーズナブルに楽しめる。深夜2時までの営業もうれしい。 豚の骨付きで美味。 味だけでなく、見た目もきれい。 「フィンガーリブは人気のアンチョビガーリックほか10数種の味付けから選べますよ!」と、店長の小倉潤一さん。 ■ワインバル・ヤ リブリン<住所:大阪市中央区千日前2-3-16 ユニバース横丁 電話:06-6647-8188 時間:...more
カテゴリー:

「サワラ」の画像

もっと見る

「サワラ」の動画

Wikipedia

サワラ(鰆)、学名 ''Scomberomorus niphonius'' は、スズキ目・サバ科に属する海水魚の一種。細長い体の大型肉食魚で、食用に漁獲される。

成長するに従ってサゴシ(青箭魚)(サゴチとも・40-50cm)、ナギ(50-60cm)、サワラ(60cm以上)と呼び名が変わる出世魚でもある。他の地方名にはサーラ(各地)、ヤナギ(若魚:近畿四国)などがある。なお、石川県方言では「サワラ」はカジキを指す。

特徴

最大では全長115cm・体重12kgの記録がある。また、メスの方がオスよりも大型になる。近縁種も含めサバ科の仲間でも特に前後に細長い体型で、左右に平たい。地方名のサゴシは「狭腰」、サワラは「狭腹」の意である。

口は大きく、顎には鋭い歯がある。側線は波打ち、枝分かれが多い。第二背鰭尻鰭尾鰭の間には小離鰭が並ぶ。また、体内には浮力を調整する(うきぶくろ)がなく、鰓耙もごく少ない。体色は背側が青灰色、腹側が銀白色で、体側には黒っぽい斑点列が縦方向に7列...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる