「サルーン」とは?

関連ニュース

Official: メルセデス・ベンツ日本、スポーティな特別仕様車「Cクラス ローレウス エディション」を発売 香川真司選手とのコラボでキャンペーンも実施 - 08月15日(火)16:00 

Filed under: 日本, セダン/サルーン, 特別/限定車, ワゴン, メルセデス・ベンツ, ディーゼル, ラグジュアリー【ギャラリー】Mercedes-Benz C-Class Laureus Edition8 メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」のセダンおよびステーションワゴンに、スポーツを通して社会貢献を行う「ローレウス・スポーツ財団」に因んだ特別仕様車「ローレウス エディション」を追加すると発表した。 Continue reading メルセデス・ベンツ日本、スポーティな特別仕様車「Cクラス ローレウス エディション」を発売 香川真司選手とのコラボでキャンペーンも実施メルセデス・ベンツ日本、スポーティな特別仕様車「Cクラス ローレウス エディション」を発売 香川真司選手とのコラボでキャンペーンも実施 originally appeared on Autoblog Japan on Tue, 15 Aug 2017 03:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Official: ホンダ「レジェンド」の米国仕様車、アキュラ「RLX」が大幅にデザイン刷新! - 08月13日(日)20:00 

Filed under: アキュラ, セダン/サルーン, デザイン/スタイル, フェイスリフト【ギャラリー】2018 Acura RLX11アキュラはデザインを刷新した2018年モデルの「RLX」を発表した。日本ではホンダ「レジェンド」として販売されてきたこのフラッグシップ・セダンは、今回フルモデルチェンジしたわけではないが、内外装そして機能面も含めて多くの点が変更されている。Continue reading ホンダ「レジェンド」の米国仕様車、アキュラ「RLX」が大幅にデザイン刷新!ホンダ「レジェンド」の米国仕様車、アキュラ「RLX」が大幅にデザイン刷新! originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 13 Aug 2017 07:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Report: フォルクスワーゲン、「パサート」のスポーティ・モデルとなる「パサート GT」を間もなく米国で発売 - 08月12日(土)06:00 

Filed under: セダン/サルーン, フォルクスワーゲン, パフォーマンス, アメリカ【ギャラリー】Volkswagen Passat GT Concept : LA 201614米国の情報サイト『Digital Trends』によると、フォルクスワーゲン(VW)の広報担当者は、VWが「パサート」のスポーティ・バージョン「パサート GT」を発表することを認めたという。これはおそらく、2016年のLAオートショーに出展された同名のコンセプトカー(写真)を市販化するもので、米国では2018年モデルとして数週間内に発売される見込みだ。 Continue reading フォルクスワーゲン、「パサート」のスポーティ・モデルとなる「パサート GT」を間もなく米国で発売フォルクスワーゲン、「パサート」のスポーティ・モデルとなる「パサート GT」を間もなく米国で発売 originally appeared on Autoblog Japan on Fri, 11 Aug 2017 17:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

アルファロメオ新型「ジュリア」9/6発表へ - 初代の血統受け継ぎつつ新設計 - 08月09日(水)21:09 

FCAジャパンは、アルファロメオの高性能スポーツサルーン「ジュリア」の新型モデルを9月6日に発表する。アルファロメオでは、「ジュリア」を長い歴史を持つ同社の過去と現在をつなぐモデルと定義。今回発表される新型「ジュリア」は、初代の血統を受け継ぎながらも、白紙から新設計した最新のFRモデルとなる。
カテゴリー:

Report: イタリアでテスラ「モデルS」が1078km連続走行記録達成! イーロン・マスクも公認 - 08月07日(月)11:30 

Filed under: グリーン, セダン/サルーン, テスラ, 電気自動車, アメリカ, イタリア イタリアのテスラオーナーグループが、「モデルS P100D」を使って1回の充電で1078kmもの長距離走行を達成しました。P100Dのカタログスペックは1充電で500kmの走行となっており、その2倍以上を走ったことになります。これまでの最長走行記録は901.2kmでした。 Continue reading イタリアでテスラ「モデルS」が1078km連続走行記録達成! イーロン・マスクも公認イタリアでテスラ「モデルS」が1078km連続走行記録達成! イーロン・マスクも公認 originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 06 Aug 2017 22:30:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Official: BMW、「M3」と「M4」のカーボンファイバー製ドライブシャフトを間もなく廃止 - 08月14日(月)06:00 

Filed under: コンバーチブル, BMW, セダン/サルーン, パフォーマンス【ギャラリー】2015 BMW M4 Coupe: First Drive Photos38 現行型BMW「M3」と「M4」で最も特別な特徴の1つにカーボンファイバー製のドライブシャフトがある。しかし、悲しいことにこれら2つのパフォーマンスカーは、将来もう少し平凡な物になるだろう。BMWがドライブシャフトをスチール製に変更すると発表したからだ。その理由は排ガス規制に対応するためだという。 Continue reading BMW、「M3」と「M4」のカーボンファイバー製ドライブシャフトを間もなく廃止BMW、「M3」と「M4」のカーボンファイバー製ドライブシャフトを間もなく廃止 originally appeared on Autoblog Japan on Sun, 13 Aug 2017 17:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

Official: ダイハツらしからぬデザインだが魅力的!? インドネシアで2台のコンセプトモデルをワールドプレミア!! - 08月12日(土)10:00 

Filed under: コンセプトカー, その他の自動車ショー, ミニバン, セダン/サルーン, ダイハツ, 東南アジア, コンセプトモデル【ギャラリー】Daihatsu GIIAS20172ダイハツのインドネシアの現地法人であるアストラ・ダイハツ・ モーター(以下ADM)は、2017年8月10日~20日にジャカルタで開催されている「ガイキンド インドネシア国際オートショー2017に、世界初出展となる小型車のコンセプトカーを2台出品した。 今回出展されたコンセプトカーは、「インドネシアのお客様の生活に寄り添い、生活を豊かにする新提案の車両」とのこと。 「DN MULTISIX」は多人数乗車が主流のインドネシアにおいて、現在ADMが保有するMPV ラインナップ「セニア」「シグラ」に続く新しいカテゴリーのFFのMPV。これまでのミニバンスタイルから、SUV的なデザイン要素を取り入れたモデルとなっている。 ちなみに、ドアは観音開きとなっており、また、ステアリングも航空機のようなデザインになっているため、あくまでコンセプトとしての提案のようだ。 「DN F-SEDAN」は、Aセグメントのハッチバックセダンタイプの小型車。ADMのラインナップには無い、新しい市場の可能性を探るコンセプトカーとして登場した。 こちらも、ドアは観音開きで、5人乗りだが4名用のバケットタイプのシート形状が採用され...more
カテゴリー:

メルセデス・ベンツ日本、新型「Sクラス」を外環道の建設現場で発表! - 08月10日(木)19:00 

Filed under: セダン/サルーン, メルセデス・ベンツ, ラグジュアリー, ニューモデル【ギャラリー】Mercedes-Benz S-Class58 メルセデス・ベンツ日本株式会社は8月9日、新型「Sクラス」を発表した。 発表会の会場となったのは、NEXCO東日本(東日本高速道路)が2017年度に開通を予定している外環道 三郷南IC(インターチェンジ)〜高谷JCT(ジャンクション)の建設途中の道路上に設けられた特設会場。メルセデス・ベンツ日本株式会社 代表取締役社長兼CEO 上野金太郎氏は「本日の発表会は、東日本高速道路株式会社さまにご協力を賜り、本年度の開通を予定している東京外かく環状道路の建設現場を会場としてお借りすることができました。長さ約15km、幅約60mのこの道路は、1969年から約50年もの歳月をかけ、日本の最高の土木技術を結集し進めてきた一大プロジェクトとのことでございます。多くのクルマが外環道を利用するため、東京や千葉をより安全・安心・快適で魅力的な街に変えていく可能性を秘めた、首都圏の未来を創造する道路となるそうです。本日、発表させていただきます S クラスは、1972年のデビューデビューから約50年の歴史があり、常にその時々の最新技術を搭載してきました。新型 S クラスも自動運転につながる革新的な技術を搭載した、未来を創造するクルマでございます。本日...more
カテゴリー:

テスラ「モデル3」をベース価格で買う人は、ほとんどいないと思われる理由 - 08月07日(月)20:00 

Filed under: グリーン, セダン/サルーン, テクノロジー, テスラ, 電気自動車【ギャラリー】Tesla Model 312テスラは、新型電気自動車「モデル3」の3万5,000ドル(約397万円)からという価格を大袈裟に宣伝し、より高価な「モデルS」や「モデルX」が経済的に購入できない全く新しい購買層にとって魅力的なクルマであることをアピールしている。モデル3がテスラの販売する新車の中で最も安価なことは紛れもない事実だが、3万5,000ドルで買われるモデル3は、実際的に見れば限りなく無に等しくなるであろう理由をはっきりさせておこう。 Continue reading テスラ「モデル3」をベース価格で買う人は、ほとんどいないと思われる理由テスラ「モデル3」をベース価格で買う人は、ほとんどいないと思われる理由 originally appeared on Autoblog Japan on Mon, 07 Aug 2017 07:00:00 EDT. Please see our terms for use of feeds.Permalink | Email this | Comments
カテゴリー:

大人の男こそワゴン──BMW 5シリーズ ツーリング - 08月07日(月)08:00 

ボルボ『850エステート』やスバル『レガシィ ツーリングワゴン』の登場により、1990年代の日本ではステーションワゴンが流行した。セダンをベースにラゲッジルームを拡大した使い勝手のよさ、落ち着きのあるスタイリングなどが、おしゃれな大人たちの間で人気を集めたのである。2000年代以降になると、ミニバンに市場を奪われて販売台数が下降し、国産ワゴンは減ってしまったが、欧州のプレミアムブランドでは依然、ワゴンが安定した人気を集めている。なかでも大人の男性のニーズが高いのが、あらゆるライフスタイルに対応するミディアムクラスのワゴン。BMWが2017年6月に発売した新型『5シリーズ ツーリング』は、ミディアムセダンの『5シリーズ』をベースにした、そんな大人のための “ツーリングワゴン”だ。 高級サルーン『7シリーズ』の雰囲気にも似たBMW伝統の『5シリーズ ツーリング』 BMW『5シリーズ』にワゴンモデルの『ツーリング』が設定されたのは、1984年に登場した「E34型」以降のこと。実用性、スタイリング、走り、そのすべてが手に入るクルマとして、世界中で多くのユーザーを獲得している人気モデルだ。新型『5シリーズ ツーリング』は、先にフルモデルチェンジを受けて7世代目となった『5シリーズ セダン(G30型)』のワゴンモデルとなる。 新型『5シリーズ ツーリング』のエクステリアは、伸びやかなエンジ...more
カテゴリー:

もっと見る

「サルーン」の画像

もっと見る

「サルーン」の動画

Wikipedia

サルーン()

関連項目

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる