「サラリーマン」とは?

関連ニュース

毎日を頑張るお父さんたちへ。クリスマスに灯り(笑顔)を点ける感動サプライズムービーを公開 - 11月22日(水)10:00 

ニトリは、「毎日を頑張る日本のサンタクロースたちへ」をテーマに、単身赴任の父親にクリスマスが結ぶ家族の絆を描いた動画「Dear Working SANTA」を2017年11月1日(水)より、公式YouTubeチャンネルにて公開した。■クリスマスを一人で過ごす単身赴任のお父さんへのサプライズプレゼントとは?本動画はクリスマスに家族に会えない単身赴任の父親に、母子がサプライズプレゼントを贈る物語。舞台は、仕事帰りの大人たちが乗る列車内。駅のホームで寒そうに最終電車を待つサラリーマンやOLの目の前に一台の特別列車が到着し、乗車すると車内がクリスマスグッズで飾り付けられ、まるでクリスマスパーティーのような空間が広がっている。不思議そうに車内を見渡す大人たちも、クリスマスグッズに触れたり、グリーンのサンタからプレゼントを貰う中で、次第に笑顔を見せていく。このサプライズは一体誰が、何のために仕掛けたのか、ムービーを観ていく内に明らかとなる。現在、共働きや単身赴任世帯の増加によって家族のかたちが変化している。その中で、クリスマスを一緒に祝う家庭も減少している。本動画には、クリスマスの準備を通して幸せな家族の時間を過ごして欲しいというニトリの想いが込められている。毎日遅くまで働き、家族との時間が十分にとれていない父親・母親が、今年は家族でクリスマスを過ごしたいと思えるような、心温まる感動サプライズ...more
カテゴリー:

35歳までに「スペシャル」なものを持たないサラリーマンは「拘束されて電気ショックに耐えるだけの無力なイヌ」になる - 幸福の資本論 - 11月22日(水)05:00 

作家であり、金融評論家、社会評論家と多彩な顔を持つ橘玲氏が自身の集大成ともいえる書籍『幸福の「資本」論』を発刊。よく語られるものの、実は非常にあいまいな概念だった「幸福な人生」について、“3つの資本”をキーとして定義づけ、「今の日本でいかに幸福に生きていくか?」を追求していく連載。今回は「日本的雇用と幸福の関係」について考える。
カテゴリー:

富士山に魅せられて人生が変わった男が撮る「Mt.Fuji」 - 11月21日(火)17:00 

人生が変わるきっかけは、あまりにも突然訪れるかもしれません。Mt.Fuji photographerの成瀬亮(なるせりょう)さん、彼は以前まで「どこにでもいる普通のサラリーマン」だったといいます。転機は4年前。夏休みに行った山中湖で「富士山」に魂を揺さぶられ、そこからは写真を撮る日々。今では数々の賞を受賞するほどの腕前です。 彼にとって、人生を変えた「富士山」とは、どんなものなのでしょうか?彼がこれまで撮ってきた写真とともに紹介します。銭湯、新幹線。 そこからだけではもったいない——富士山がきっかけで、どんな風に人生が変わったのでしょう?成瀬:いわゆる普通のサラリーマンでした。“普通”から逸脱しないように周りに合わせることが多く、他人からどう見られるかを気にして生きていたように思います。4年前、自分の意思で一眼レフを手にして、はじめて富士山を撮影しました。今までのイメージとは全然違う情景に、一瞬で虜になりました。「ファインダー越しの富士山を通して、どれだけの感動を味わうことが出来るだろう」それが今後の人生のテーマであり、財産だと思うようになりました。  ——4年前にはじめて撮影した富士山、どんなところに惹きつけられましたか?成瀬:はじめて撮影した富士山は、山中湖からでした...more
カテゴリー:

【イケメンのほう】高橋克典 付き人を3日でクビになった過去告白「誰かは絶対に言えない」 - 11月21日(火)15:14  mnewsplus

高橋克典 付き人を3日でクビになった過去告白「誰かは絶対に言えない」 2017年11月21日 13:44 https://m.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/11/21/kiji/20171121s00041000133000c.html  俳優の高橋克典(52)が21日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜正午)に出演し、下積み時代の失敗談を明かした。  青学大の学生だった頃から芸能界に入りたいという希望は持っていたが「なかなかうまくいかず」、アルバイトなど社会勉強に明け暮れていたという高橋。そんな時に人に紹介され、 1991年に亡くなった俳...
»続きを読む
カテゴリー:

消え掛かる半チャンラーメン - 11月21日(火)10:01  news

安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。その半チャンラーメンが静かに衰退している。  東京・神保町。千代田区の神田地域に属するこの一帯は、小学館や集英社といった大手をはじめとする出版社や出版問屋の取次店、古本屋を含む 書店などが集まる本屋の町として知られる。神保町周辺には会社も多く、大学や専門学校も集中していることもあって、サラリーマンや学生を 対象にしたリーズナブルな価格によるメニューを展開する飲食店が立ち並ぶ。  その神保町で長らく愛されてきた老舗の名ラーメン店が、ひっそりと...
»続きを読む
カテゴリー:

仕事は何時に退社してる? - 11月22日(水)08:30 

エヌ・ティ・ティ・ソルマーレは11月20日、「マンガとOLの日に関するアンケート」の結果を発表した。同調査は10月23日~24日、同社が運営する電子書籍配信サイト「コミックシーモア」会員で、10代以上の男女2,404名(男性116名、女性2,288名)を対象に実施したもの。 はじめに「仕事は楽しいか」を聞くと、48.7%で「どちらでもない」が最も多かった。次いで「はい」(31.5%)、「いいえ」(19.8%)となった。 また「ふだん仕事は何時頃に終わるか」を質問すると、「6時」(37.9%)が最も多かった。以降「5時」(22.4%)、「7時」(16.8%)、「5時以降」(10.4%)となり、全体の87.5%が「7時」までに退社している結果に。 このほか、「有給休暇を消化できているか」を聞くと、30.5%で「ほとんど消化できていない」が最多となった。次いで、「半分くらい消化できている」(19.2%)、「70~80%消化できている」(19.1%)。以降、「100%進化できている」(15.9%)、「20~30%消化できている」(15.3%)と続いた。 【関連記事】 ・合コンの会費、男性に求める女性の本音は? ・合コンの会費、男性に求める女性の本音は? ・独身OLの貯蓄、1,000万円以上は何%? ・サラリーマンのお小遣い、過去2番目の低さに - ランチ代は平均590円
カテゴリー:

安倍ちゃん「国の財政は苦しい。サラリーマンの給与所得控除を見直すしかない」 - 11月21日(火)17:31  news

会社員の給与所得控除「見直し適当」…政府税調 政府税制調査会(首相の諮問機関)は20日、2018年度税制改正に向けた中間報告をまとめた。 会社員の給与から一定額を差し引いて税負担を軽くする「給与所得控除」について、見直しの必要性を強調した。 税制改正に強い発言力を持つ自民・公明両党の税調も、高所得者に対する給与所得控除を圧縮し、増税する方向で検討しており、これを後押しする内容となった。 給与所得控除は、主に会社員を対象に、スーツなど仕事をする上で必要なものに対する支出を経費として認める仕組み...
»続きを読む
カテゴリー:

【たべもの】「半チャンラーメン」が今、静かに衰退している。その理由とは★2 - 11月21日(火)16:13  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00198248-toyo-bus_all ■安くてお腹いっぱいになれる、うれしいメニューが…          お昼時にお腹をすかせたサラリーマンが、ふと入った中華料理屋で何を食べるか迷う。 ラーメンを食べたいがチャーハンも食べたい。2つ頼むのもやりすぎだな――。 そんなときにうれしいのが、ラーメンと半(分の)チャーハン(半炒飯)がセットになった「半チャンラーメン」だ。 安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。その半チャンラーメンが静かに衰退している。 東京...
»続きを読む
カテゴリー:

厚さ3センチの厚切り焼肉 「伝説盛り」 - 11月21日(火)13:10 

11月20日放送の「newsevery.」(日本テレビ系、午後15時50分~)では、迫力がある驚きの厚切りグルメについて特集したコーナーの中で、「焼肉ここから・東京八重洲口店」(東京都中央区)が紹介された。 東京メトロ東西線・日本橋(東京都)駅のA7口から徒歩1分ほどのところにある同店は、働く女性やサラリーマンなど連日焼肉好きが集まる焼肉店。 お店の厚切り焼肉のメニューとして 「伝説盛り」(5,378円/税込み)を紹介。「伝説盛り」はタン、重さ150グラム以上のヒレ、約180グラムのハラミと総重量500グラム以上の3部位がセットになっており、どの肉も厚さ約3センチと厚切りになっている。肉はアメリカ産、カナダ産など、その時々にオーナーが選んだ肉なのだとか。 「伝説盛り」は、焼き方にもこだわりがあり、お店の人が焼いてくれるとのこと。まず鉄板の上にタンを置き、肉の周りが焼けるとハサミで段階的にカットして食べやすい大きさ仕上げる。およそ5分焼いてから醤油、ザラメ、みりん、酒、赤ワイン、ネギ、リンゴ、パイナップルなどを使用した特製ダレに付けていただく。熱々のタンを頬張った坂田陽子さんは「んーんっ!こんなタン食べたことない!厚切りバンザイですね。スッとなめらかに肉の間を歯が通り抜けていったと思ったら、プルプルの食感と共にかんでいる間に溶けていくんですよ。すごーい!」と絶賛。 2切れで重...more
カテゴリー:

【たべもの】「半チャンラーメン」が今、静かに衰退している。その理由とは - 11月21日(火)09:42  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171121-00198248-toyo-bus_all ■安くてお腹いっぱいになれる、うれしいメニューが… お昼時にお腹をすかせたサラリーマンが、ふと入った中華料理屋で何を食べるか迷う。 ラーメンを食べたいがチャーハンも食べたい。2つ頼むのもやりすぎだな――。 そんなときにうれしいのが、ラーメンと半(分の)チャーハン(半炒飯)がセットになった「半チャンラーメン」だ。 安くてお腹いっぱいになれるサラリーマンや学生の味方。その半チャンラーメンが静かに衰退している。 東京・神保町。千代田区...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「サラリーマン」の画像

もっと見る

「サラリーマン」の動画

Wikipedia

サラリーマン(英: ''office worker'' / 和製英語: ''Salaryman'')とは、日本における会社員正規雇用)を現わす用語で、民間企業に勤める給与所得者のうち、役員や専門職医師弁護士など)を除いた者であるhttp:www.esri.go.jp/jp/archive/hou/hou040/hou36/2-8.html。通常はホワイトカラーの職務に就いている男性に対して使われ、女性の場合には「OL」という用語があてられる。また、国語辞典にはサラリーマンを、「給料で生計を立てている人」・「給料取り」・「勤め人」などと解説している例もある「サラリーマン」 大辞泉。

概要

英単語 salary の語源古代ローマの兵士(歩兵)に遡るとされ、当時は貴重品でありかつ生活に欠かせなかった塩(Sal)を買う為の俸給という程度の意味である(古代ローマの兵士の給与は貨幣で支払われていた)。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる