「サムスン電子」とは?

関連ニュース

サムスン電子、メモリー頼みの株高は続かない - 12月08日(金)07:26 

 サムスンの利益と株価は過去2年間で倍増した。しかし半導体メモリー業界のファンダメンタルズを踏まえれば、これほどの成長を続けられるのか、投資家が疑いを抱くのは当然だ。
カテゴリー:

【スマホ】スマホ、512ギガ時代へ サムスンが内蔵メモリー開発 - 12月06日(水)04:10  bizplus

韓国サムスン電子は5日、記憶容量512ギガ(ギガは10億)バイトのスマートフォン(スマホ)向けのメモリーを開発し、世界で初めて量産すると発表した。スマホの内蔵メモリーを現行比2倍に高められる。サムスンが2018年に発売する自社製スマホなどの上位モデルに搭載されるメモリーは、記憶容量が512ギガバイトとなり、動画の保存がより容易になりそうだ。  新開発したメモリーは、高精細な4K画質で撮影した10分間の動画を130本保存できるという。記憶素子を立体的に64層積み重ねる最先端の「3次元メモリー」を商用化して実現した...
»続きを読む
カテゴリー:

KDDI、電車走行中の5G通信成功 20年実用化に弾み - 12月05日(火)05:00 

 KDDIは4日までに、第5世代(5G)移動通信システムで、電車走行中に大容量データを送受信することに成功したと発表した。高速で大容量の通信が可能な5Gでは、基地局間を電車で通過する際、通信が途切れずに送受信できるかが課題の一つだった。2020年ごろの5G実用化に向けて大きな弾みとなる。KDDIは10月に韓国サムスン電子、JR東日本と共同で埼玉県内の一部区間で実証実験。時速約100キロで電車を走らせた状況で、先頭車両に高精細の4Kカメラを設置し、映像をリアルタイムで送信できた。また、基地局から送られた高精細な8Kの映像データも車内で受信できたという。
カテゴリー:

サムスン「ギャラクシー」 7年連続ブランド価値トップ=韓国 - 12月03日(日)13:44 

【ソウル聯合ニュース】サムスン電子のスマートフォン(スマホ)ブランド「ギャラクシー」が、韓国で7年連続ブランド価値トップに輝いた。  ブランド価値の評価会社ブランドストックが3日に発表した
カテゴリー:

【VR】グーグル、VR端末を13日発売 1万2000円 - 12月01日(金)17:03  bizplus

 グーグル日本法人は1日、スマートフォン(スマホ)を差しこんで使う仮想現実(VR)端末「デイドリーム・ビュー」を13日に発売すると発表した。利用者のスマホをディスプレーとして活用することで価格を抑え、手軽にVR映像を体験できるようにする。 付属の専用コントローラーでゲームを楽しめるほか、グーグルの「ストリートビュー」でピラミッドなど世界の名所を旅行する体験ができたり、映画やドラマを鑑賞できたりする。VR映像をテレビに映すことも可能。端末を装着していなくてもゲームや映像を一緒に楽しめる。  発...
»続きを読む
カテゴリー:

JOLED、有機ELパネルを出荷開始 世界初の「印刷方式」採用 - 12月07日(木)19:38 

パナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLED(東京都千代田区)は、世界で初めて「印刷方式」で生産した有機ELパネルの出荷を、2017年12月5日に開始した。 有機ELでは、サムスン電子など韓国勢が先行しており、JOLEDは印刷方式の特徴である低コストを武器に巻き返しを図る。発光材料のロスを抑えられる 出荷したのは、4K画像に対応した21.6型の有機ELパネルで、ソニーの医療モニター向けに供給を始めた。 有機ELパネルは液晶パネルと比べて、薄型、軽量、低消費電力などの特徴を有し、次世代ディスプレイとして注目を集める。生産方式は、大きく分けて「印刷方式」と「蒸着方式」の2つがある。 JOLEDの広報担当者は、2017年12月6日のJ-CASTニュースの取材に、「印刷方式は蒸着方式と比べて発光材料のロスを抑えられる」と話した。蒸着方式のように、真空容器の環境をケアする必要もないため、その分のコストも削減できるという。 現在、株主のジャパンディスプレイがもつ石川県内の工場で少量生産している。量産体制の新設備を構築するため、工場を建設する資金を外部調達しており、2017年期末までのクロージングを目指している。 JOLEDは、ソニーとパナソニックの有機EL事業を統合し、2015年1月に設立。パナソニックは従来、印刷方式を研究・開発しており、JOLEDでも、その資産を引き継いでいた。...more
カテゴリー:

【技術】国産有機ELの灯つなぐ JOLEDが初出荷。苦節10年、パナソニック・ソニーの技術を継承 - 12月06日(水)04:06  bizplus

 パナソニックとソニーの有機EL事業を統合したJOLED(ジェイオーレッド)は5日、世界初となる低コストの「印刷方式」で生産した高精細の有機ELパネルを出荷したと発表した。パナソニックが2006年に研究開発を始めた同技術をJOLEDが事業化に道筋をつけた。電機大手が撤退し一度は消えかかっていた国産有機ELの灯をJOLEDが引き継ぐ。 11月29日午後。石川県川北町のジャパンディスプレイ(JDI)石川工場ではJOLEDの製品出荷式が開かれていた。式典後の懇親会場となった会議室はJOLED社員ら約100人の...
»続きを読む
カテゴリー:

感謝の意を込めた“Galaxy2017年大感謝祭” - 12月04日(月)12:11 

[サムスン電子ジャパン株式会社] モバイル製品の世界的リーディングブランドであるGalaxyは、フレームを極限までそぎ落とした Infinity Displayを採用し、大画面でありながらスリムで持ちやすい形状を実現した「Galaxy S8」を 2017年6月より株式...
カテゴリー:

【スマホ】LG「V30」、iPhoneXよりバッテリー・カメラ・音響が優秀 - 12月01日(金)20:19  bizplus

「あらゆる機能を総合してもiPhoneXがV30より250ドル(32万ウォン)も高くなる理由はない。iPhoneXは過大評価、V30は過小評価されている」。 米フォーブスのIT専門記者、ベン・シン氏は2週間、アップルの「iPhoneX」とLGエレクトロニクスの「V30」を同時に使用した後、このような結論を出した。シン氏はフォーブスのオンライン版(27日)に掲載された記事で「iPhoneXの裏はカメラが飛び出していて、見た目が良くない。表のノッチ(切り欠き)デザインもスクリーンの一部を占め、アプ...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】12分でスマホバッテリー充電…リチウム電池に代わる素材、韓国で開発 - 11月28日(火)21:19  bizplus

放電したスマートフォンのバッテリーを10分余りで充電できる技術が開発された。 サムスン電子総合技術院はソン・インヒョク-ドゥ・ソクグァン研究チームが従来のリチウムイオン電池より充電容量は45%大きく充電速度は5倍以上速いバッテリー素材「グラフェンボール」を開発したと27日、発表した。 このグラフェンボール素材を使ったバッテリーは約12分で完全充電が可能だ。従来のバッテリーは高速充電技術を使っても完全に充電するのに1時間近くかかった。高温で安定性を維持する点も特徴だ。研究チームは「電気自動車用...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「サムスン電子」の画像

もっと見る

「サムスン電子」の動画

Wikipedia

サムスン電子(サムスンでんし、 三星電子、)は、大韓民国の会社であり、韓国国内最大の総合家電電子部品電子製品メーカーで、サムスングループの中核企業である。

概要

サムスン電子は、2010年の売上高が大韓民国のGDPの22%、株式時価総額は韓国株式市場の25%(外国人持ち株率は50%前後サムスン電子外国人の株式保有比率が低下)、韓国の輸出額の24%を占め、資産は韓国国富の3分の1に迫る、大韓民国最大の企業である。韓国を象徴する企業であり、フォーチュン・グローバル500では、世界企業ランキング13位(2014年)http:fortune.com/global500/とアジアではトヨタ自動車に次いで二位となっている。

社員19万人を擁し、世界各地に65の生産法人、および130の販売法人を展開し、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる