「サプライズ」とは?

関連ニュース

内藤剛志の誕生日を共演者がサプライズでお祝い! - 05月28日(日)06:00 

放送中のドラマ「警視庁・捜査一課長 season2」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)で主人公の捜査一課長・大岩純一を演じる内藤剛志が、5月27日に62歳のバースデーを迎え、撮影現場で共演者とスタッフからサプライズで祝福を受けた。 【写真を見る】共演者やスタッフからのプレゼントもらい、内藤も大感激!/(C)テレビ朝日 サプライズは、内藤の「必ずホシ(真犯人)を挙げる!」と捜査員たちに発破をかける捜査会議が行われる大会議室で敢行。斉藤由貴、田中圭、金田明夫、矢野浩二、鈴木裕樹、矢柴俊博をはじめとする総勢50名の捜査員役キャストたちがクラッカーを手に内藤の到着を待ち構えた。段取りの説明でも斉藤らは入念に確認する熱の入れようで、キャスト陣の仲の良さが伺えた。 そして、午後の撮影がスタートする直前、スタッフに案内された内藤に、中から「内藤剛志さん、お誕生日おめでとうございます!」というスタッフの声が。内藤が捜査本部の扉を開くと、斉藤らキャストたちがクラッカーを一斉に鳴らしながら笑顏で迎え入れ、代表して斎藤から大きな花束が手渡された。 さらに、ドラマにちなんだ特製バースデーケーキも登場。星型の特大ケーキには、大岩おなじみのせりふ「必ずホシを挙げる!」にちなんで星を頭上に両手で持ち上げた内藤の姿が描かれたプレートが飾られ、内藤は「すごいな~! ありがとう!」と大喜びした。 温かい祝...more
カテゴリー:

内藤剛志、捜査会議中に62歳のサプライズバースデー「最高の人生です」 - 05月28日(日)06:00 

 俳優の内藤剛志が27日、62歳の誕生日をテレビ朝日系主演ドラマ『警視庁・捜査一課長』(毎週木曜 後8:00)の撮影現場で迎えた。この日は、斉藤由貴、田中圭、金田明夫、矢野浩二、鈴木裕樹、矢柴俊博ら、捜査員が集合して捜査会議のシーンを撮影。総勢50人の“部下”たちがクラッカーを一斉に鳴らして祝福するサプライズを受けた内藤は、「視聴率がわかる金曜日の朝は毎週、胃が痛くなりますが、皆さんの評価が気になる作品にこのトシで関わっていられるなんて、最高の人生だと思います!」と感謝と喜びを噛みしめた。 【写真】「ホシを挙げる!」ケーキにびっくり  ヒラ刑事から這い上がった“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一(内藤)と刑事たちの熱い奮闘を描く同ドラマでは、大岩が捜査員たちに「必ずホシ(真犯人)を挙げる!」と発破をかける捜査会議のシーンが“定番”となっている。  自ら先頭に立って捜査を率いる一課長・大岩は、まさに“理想の上司”。そんな大岩を演じている内藤もまた温かい人柄でスタッフ、キャストから絶大な信頼を集めており、この日は“内藤一課長”の誕生日を祝おうと、現場が一致団結した。  午後の撮影がスタートする前、捜査本部のセットに内藤が入ろうとすると、スタッフが「内藤剛志さん、お誕生日おめでとうございます!」と発声し、それを合図にキャストたちがクラッカーを一斉に鳴らして大拍手。捜査会議がバースデ...more
カテゴリー:

カメラマン・亀梨和也、プロ顔負け美麗ショットをプロデュース - 05月27日(土)21:09 

KAT-TUN・亀梨和也主演のドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)に出演する女優・岡野真也が5月27日、アメブロオフィシャルブログを更新。“亀梨カメラマン”がプロデュース&撮影を手掛けたというプロ顔負けの美麗ショットを公開した。 【写真を見る】こちらも亀梨カメラマン撮影!笑顔満開ショット 「ボク、運命の人です。」は、“運命”を信じた主人公・正木誠(亀梨)が謎の男(山下智久)に導かれ、運命の相手と結ばれるために奮闘する姿を描く。 同作で“みどりちゃん”こと宇久森みどりを演じる岡野は、第7話放送前に「亀梨さんからのお願い」と題してブログを更新。誠(亀梨)の同期で仲のよい同僚・葛城和生を演じる澤部佑との2ショットを公開した。投稿には「またまた亀梨さんプロデュース&カメラマンで1枚!」とのコメントも添え、写真が亀梨によるものだと説明。「階段に座ってしれっとカッコつける2人。お似合いカップルに見えません?」とアピールした。つい先日も、澤部の31歳のバースデーを祝う共演メンバーの笑顔をカメラに収めた亀梨。今回公開された写真は、窓際からの自然光をふんだんに取り入れ、澤部と岡野を下段から“あおり”で撮影した、まるで雑誌のグラビアページのような1枚。カメラマン・亀梨のセンスの良さがうかがえる。 岡野は続けて、「『7話絶対見てね!って宣伝お願いね』と言付けいただいたので今夜の第7話ぜひ観てく...more
カテゴリー:

福士蒼汰&工藤阿須加、監督からの言葉に男泣き「僕の大きな財産になった」 - 05月27日(土)19:28 

 俳優の福士蒼汰が27日、都内で行われた主演映画『ちょっと今から仕事やめてくる』の初日舞台あいさつに、共演の工藤阿須加、小池栄子、吉田鋼太郎、成島出監督とともに登壇。成島監督からサプライズで贈られたねぎらいの言葉に、福士と工藤の二人は感極まり大粒の涙を流した。 【写真】福士蒼汰&工藤阿須加の男泣き  北川恵海の人気小説を原作に、『八日目の蝉』『ソロモンの偽証』の成島出がメガホンをとる本作。ノルマが厳しい“ブラック企業”に勤め、心身ともに疲弊した青山隆(工藤)が、幼なじみを名乗る謎めいた男・ヤマモト(福士)との交流を通じて、生き方を模索する様子を描く。  舞台挨拶の終盤、成島監督は福士と工藤に対して「正直、最初はきついなと思ったので、二人を相当追い詰めました。僕にしごかれながら、つぶれそうになったときもあったと思うけど、本当に頑張ってくれました」と語り、「これから日本映画界を背負っていく俳優がここに誕生したと思います。本当にありがとうございました」と称え、二人と熱い抱擁を交わす。  真剣な面持ちで監督の話を聞いていた福士は「ありがとうと言うのは僕のほうだと思います」と言葉を詰まらせ、「僕を役者として育ててくれたのは、成島監督だなと思います。これからも役者人生を歩んでいきますが、今の気持ちはたぶん一生忘れないです。今回の作品、そして成島監督に出会えたことは、僕の大きな財産になっ...more
カテゴリー:

亀梨和也「グループ活動を潤すことが指名」 「普段、ジャニーズ感が強めに生きている」 - 05月27日(土)17:43 

 映画『美しい星』の公開記念舞台あいさつが27日、東京都内で行われ、出演者のリリー・フランキー、亀梨和也、橋本愛ほかが登場した。 本作は、三島由紀夫のSF小説が原作。ある日突然、宇宙人として覚醒し、“美しい星・地球”を救う使命を託された大杉一家の物語。 亀梨は本作について「三島さんの作品で、監督が作り上げる世界観に参加させていただけたことは貴重な経験でしたし、たくさんの方にこの『美しい星』の世界観を共有していただいて、楽しんでいただけたらいいなと思います」とアピールした。 メッセンジャーのアルバイトをしているフリーターから水星人に覚醒する、大杉家の息子を演じた亀梨。役づくりについては「メッセンジャーだったので、日焼けしているんじゃないかなってことで。僕は日に当たるタイミングが少なくて(肌が)白系なんですけど、ちょっと黒めに(メークを)塗ってみたり、ビジュアルもメークさんや監督と細かく話しながら演じさせていただきました」とエピソードを披露した。 また“使命”を得てから生き生きする役柄を演じたことにちなみ、「自分自身が使命を感じられることは?」と聞かれると、「一つはお仕事だと思うんですけど、自分はグループ活動をさせてもらっているので、やっぱりそこをちゃんと潤すことが自分の使命だと感じています」と答えた。 「役者としての野心は?」との質問には、「こういう役をやりたいっていうのを一番に掲げ...more
カテゴリー:

内藤剛志、62歳の誕生日に「最高の人生!」スタッフ&キャストに感謝 - 05月28日(日)06:00 

内藤剛志が27日、ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00〜)の撮影現場で62歳の誕生日を迎え、斉藤由貴、田中圭、金田明夫、矢野浩二、鈴木裕樹、矢柴俊博をはじめとする総勢50名の捜査員役キャストたちからサプライズで祝福を受けた。『捜査一課長』は、2012年7月に『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマ化され、最終回の2時間スペシャルでは12.3%の高視聴率を獲得。そしてこの4月より、新たに田中圭がメンバーに加わり、season2に突入しているが、初回は14.5%を記録し、その後も好調をキープしている。内藤が演じているのは、警視庁の花形部署「捜査一課」でも、400名超の精鋭刑事を統率する捜査一課長の大岩純一だ。いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”が務める特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査に乗り出すなど、極めて重い責務を担っている。しかし、大岩は、決してスーパーマンではなく、苦悩の中、重責を乗り越え、部下を導いていく姿は、まさに“等身大のヒーロー”であり“理想の上司”でもある。そんな“理想の上司”が誕生日ということで、キャスト、スタッフが一緒になって、本...more
カテゴリー:

内藤剛志、62歳の誕生日に「最高の人生!」スタッフ&キャストに感謝 - 05月28日(日)00:42 

内藤剛志が27日、ドラマ『警視庁・捜査一課長 season2』(テレビ朝日系列、毎週木曜20:00〜)の撮影現場で62歳の誕生日を迎え、斉藤由貴、田中圭、金田明夫、矢野浩二、鈴木裕樹、矢柴俊博をはじめとする総勢50名の捜査員役キャストたちからサプライズで祝福を受けた。『捜査一課長』は、2012年7月に『土曜ワイド劇場』からスタートし、2016年4月クールの『木曜ミステリー』枠で連続ドラマ化され、最終回の2時間スペシャルでは12.3%の高視聴率を獲得。そしてこの4月より、新たに田中圭がメンバーに加わり、season2に突入しているが、初回は14.5%を記録し、その後も好調をキープしている。内藤が演じているのは、警視庁の花形部署「捜査一課」でも、400名超の精鋭刑事を統率する捜査一課長の大岩純一だ。いわゆるキャリアが占めるほかの警察要職とは異なり、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”が務める特殊なポスト。都内で起きるすべての凶悪事件に臨場し、いくつもの捜査本部を同時に指揮しながら捜査方針を決め、重大な局面では自ら捜査に乗り出すなど、極めて重い責務を担っている。しかし、大岩は、決してスーパーマンではなく、苦悩の中、重責を乗り越え、部下を導いていく姿は、まさに“等身大のヒーロー”であり“理想の上司”でもある。そんな“理想の上司”が誕生日ということで、キャスト、スタッフが一緒になって、本...more
カテゴリー:

虹コン、初主演作は「すごい大変でした」 慣れない映画イベントに緊張しきり - 05月27日(土)20:35 

 アイドルグループ・虹のコンキスタドールが27日、都内で行われた主演映画『聖ゾンビ女学院』の初日舞台あいさつに出席した。 【画像】ステージに全員登場した虹のコンキスタドール  同作は、文明の99%が失われた世界で人類の未来を託された少女たちの姿を描く。声優、イラスト、コスプレ、振付師などさまざまなジャンルに挑むアイドルを育成するpixivの「つくドル!プロジェクト」から誕生した通称“虹コン”は、主演を務めた同作の主題歌「ノーライフベイビー・オブ・ジ・エンド」でメジャーデビューを飾っている。  慣れない映画イベントに奥村野乃花は「きのうのライブ会場と劇場の空気感が違って緊張してますが、きょうは女優なので明るく頑張ります」と初々しくあいさつ。鶴見萌も「映画の初日舞台あいさつはテレビでずっと見てきた。だからすごく新鮮なんですけど、それらしく振る舞えるようにします」とほほ笑んだ。  メンバーたちは、それぞれ本人役として出演。撮影秘話を聞かれた奥村だが「すごい大変でした。だからあんまり(撮影時のエピソードを)覚えてないんです」と、MC泣かせの発言で笑わせ、的場華鈴は「パンフレット(のキャラクター紹介)にかわいものを集めるのが好きと書いてあったけど当たってます。見破られてるなと思いました」と笑顔で話していた。  舞台あいさつにはそのほか、中村朱里、根本凪、大和明桜、岡田彩夢、清水理子...more
カテゴリー:

「僕には才能がないんです」加藤恒平、底辺から這い上がった日本代表MFの物語 - 05月27日(土)18:22 

ハリルホジッチ体制になってから最大のサプライズ――。そう言っても過言ではないほど、大きな関心を集めている男がいる。果たして、加藤恒平とは何者なのか? どんなキャリアを重ねてきた選手なのか? その歩みを、振り返ってみよう。
カテゴリー:

リリー・フランキー&亀梨和也宇宙人橋本愛をいじり倒す「UFOを呼べそう」 - 05月27日(土)17:10 

 三島由紀夫氏の異色SF小説を映画化した「美しい星」の公開記念舞台挨拶が5月27日、東京・TOHOシネマズ日本橋で行われ、主演のリリー・フランキーをはじめ共演の亀梨和也、橋本愛、中嶋朋子、佐々木蔵之介、メガホンをとった吉田大八監督が出席した。 ・【フォトギャラリー】この日の舞台挨拶、その他の写真はこちら  26日に全国100スクリーンで封切られた今作は、三島氏が1962年に発表した原作の舞台を現代に置き換え、突如「宇宙人」として覚醒した平凡な家族が、騒動に巻き込まれていく姿を描いた。空飛ぶ円盤を目撃したことを機に、自分が火星人であると確信した父・大杉重一郎役のリリーは、開口一番「すでに新宿で2度舞台挨拶をして、そこの頭をでっかくしているお姉さんは2回とも来てくれた。3回目ですか、すごい移動速度。なんなら宇宙人役で出演できますね。そこの上半身を出している方も新宿にいらっしゃいましたね」と観客をいじり、笑いを誘った。  一方の吉田監督は、「30年以上前に原作を読み、ぼんやり映画になったらいいなとイメージしていたところ、何かを感じて集まってくれた素晴らしい人たち、映画を見終わった人たちを前に立ち、映画の門出をお祝いできることが本当に幸せです」と感無量の面持ち。一方で佐々木は「監督に『ここ(眉間)からバーッとセリフを出してください』と言われた。どういうことですかと聞いたら『私もわかり...more
カテゴリー:

もっと見る

「サプライズ」の画像

もっと見る

「サプライズ」の動画

Wikipedia

サプライズ(英:Surprise)とは驚き、不意打ちの意味である。日本では他者を驚かせた後に喜ばせる計画やそれを実行することの意味でも使われる事が多いが、時として悪意を持って他者を辱めたりする時にも使われる事もある。

;地名

;船舶

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる