「サプライズ」とは?

関連ニュース

【カラオケ戦隊声優ジャー 】森口博子が「カラオケ戦隊声優ジャー in 九州2017」に参戦決定ガンダムシリーズの名曲歌唱から地元・博多弁トークまで披露!? - 09月22日(金)10:12 

[カラオケ戦隊声優ジャー実行委員会] [画像1: https://prtimes.jp/i/28041/3/resize/d28041-3-193788-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/28041/3/resize/d28041-3-914614-2.jpg ] ●森口博子が地元・福岡でサプライズ参戦 「カラオケ戦隊声優ジ...
カテゴリー:

【アイドル】NMB48がコンサートで「動画撮影」解禁 HIKAKINらユーチューバーに「拡散力」託す - 09月22日(金)07:22  mnewsplus

  「録音・撮影禁止」というこれまでのコンサートの常識が、ここ数年で変わりつつある。2016年にはスマートフォンで限定的に写真撮影を認めるケースが相次いだのに続いて、動画撮影を認めるケースも出てきた。    17年9月20日に横浜アリーナ(横浜市港北区)で開幕したNMB48のコンサートツアーでは、一部の曲で動画の撮影を解禁。ユーチューブ(YouTube)への投稿が呼びかけられた。著名ユーチューバーのHIKAKINさん(28)もゲストとして登場し、ステージを盛り上げた。すでにユーチューブには150本以上動画...
»続きを読む
カテゴリー:

Lily’s Blow、初のワンマンライブで美声を響かせる! - 09月22日(金)04:18 

9月20日に2ndシングル「花の影 / 泥沼 Break Down」をリリースしたLily’s Blowが、同日に東京・新宿MARZで、メジャーデビュー後、初のワンマンライブを開催。平日にもかかわらず、ファンで埋め尽くされた会場は開演前から熱気であふれ返った。 【写真を見る】Lily’s Blowが大空に解き放たれた大鳥のように羽ばたく! オープニング曲の「Who is the Devil?」の印象的なピアノのイントロと共にNANAが登場。「新宿MARZいくぞー!」の叫びに合わせて、会場内は高ぶる感情を抑えられない観客の歓声が響きわたる。 「待ちに、待ちに、待ちに、待ちに、待った泥沼レコ発ワンマン! 盛り上がっていくぞ!」と、NANAの感情まで大空に解き放たれた大鳥のように羽ばたいていく様子が感じ取れるほど。 インディーズ時代にライブ会場限定でリリースした楽曲「Road」の爽やかなギターリフが響く中、ステージの上から見せる、絶好調のNANAらしい笑顔がとても印象的な場面となり、当時から応援しているファンたちも一層力が入った拳を突き上げ、応えていた。 今やLily’s Blowのライブ代表曲となったバラード「Loved you」が始まると、今までの熱気がうそだったかのように静まり返る会場にNANAの美声が響き渡る。さらに、リリース当日を迎えた楽曲「花の影」「泥沼 Break Down...more
カテゴリー:

本郷奏多が13歳のアカギ役で主演続投「全く意識せずに演じます」 - 09月21日(木)22:37 

BSスカパー!オリジナル連続ドラマ「『アカギ』竜崎・矢木編/市川編」の製作発表会が9月21日に開催された。前作に引き続き主人公・赤木しげるを演じる本郷奏多をはじめ、鹿賀丈史(市川役)、駿河太郎(南郷役)、六角慎司(竜崎役)らキャスト陣が、それぞれの役衣装を着て登場。原作者の福本伸行氏も駆けつけた。 【写真を見る】本郷演じるアカギと、前作で死闘を演じた鷲津(津川雅彦・写真左)、本作で対決する市川(鹿賀丈史)のスリーショットが実現 本作は、2015年に放送された連続ドラマ「アカギ」の続編。前作での“鷲巣麻雀”にたどり着くまでの、天才雀士・赤木しげる誕生の物語が描かれる。前作同様、極限の心理描写と駆け引きの応酬が再び繰り広げられる。 出演者4人が福本氏を交えてトークセッションを行った後、発表会後半には前作で主人公の宿敵・鷲巣巌を演じた津川雅彦がサプライズ登場。2018年に「アカギ~鷲巣麻雀完結編~」が製作されることが緊急発表された。さらに、「―市川編」にも津川が出演し、鹿賀との共演がオリジナルシナリオとして描かれることも併せて明かされた。 本郷は「本当に前作以上にカッコイイ、振り切ったスタイリッシュな作品になっています。マージャンを知らない方にも楽しめる作品なので、少しでも興味があったら『マージャンは分からないから…』と敬遠せずに見ていただければ、アカギの言葉や『福本作品』の良さが分かっ...more
カテゴリー:

松平健が主人公の強敵に扮して登場!本格RPG「23/7」イベントレポート - 09月21日(木)19:52 

9月24日(日)まで幕張メッセで開催されている東京ゲームショウ2017で、新ゲームアプリ「23/7 トゥエンティスリーセブン」のスペシャルイベントが開催され、構想に約2年を費やしたというゲームの内容が明らかに。ゲストには松平健さんやグラビアアイドルの本郷杏奈さん、マジシャンの新子景視さんが登壇し、ゲームの内容に合わせたサプライズステージも行なわれました。 本郷杏奈さんと松平健さん ゲーム「23/7 トゥエンティスリーセブン」は、事前登録がスタートしたばかりの本格RPGゲーム。ステージでは、深みのあるシナリオ、クオリティが高いキャラクターデザイン、豪華なキャラクターボイスという3つのこだわりについて、その内容が明かされました。システムには、クエスト開始から77秒間はダメージ無効となるインビンシブルモードなど、ほかのゲームに類を見ない多彩な機能が搭載されています。 世界中の時計から“9時”が消滅するところから始まる本ゲームには、時を操ることができる“クロッカーズ”たちが登場し、主人公の神名ヒカリがクロッカーズたちの戦いに巻き込まれてしまいます。そこで、主人公の最大の強敵となるウォーダンの声を演じるのが松平健さん。ウォーダンの重厚感あふれる武装で登場した松平さんは、「ウォーダンは普段は厳正な人間ですが、怒り出すと手に負えないようなキャラクターです」と、自らが演じる役についての印象を語りま...more
カテゴリー:

【高校生恋愛調査!】浮気のボーダーラインってどこから?LINEはOK?デートはNG? - 09月22日(金)09:45 

不倫騒動が絶えない今だけど、「浮気」のボーダーラインは人によって異なるもの。今の高校生は、浮気についてどう思っているんだろう?そこで、全国の高校生240人に「あなたが思う浮気のボーダーライン」についてアンケート調査を実施! 高校生が思う“浮気”はどこから…!? 「ボディタッチ」「二人で出かける」が浮気の分かれ目? まず、「以下のうち浮気だと思うものを教えてください」と聞いてみたところ、 ・話す 0.8%・LINEをする 4.1%・ボディタッチをする 45.2%・二人で出かける 50%・手を繋ぐ 72.9%・ハグする 75%・告白する 80%・キスする 91.2% という結果に。「キス」はもちろん、ハグや手を繋ぐといった触れ合う行為はほとんどの人が「浮気」と認定!? また、別の人に気持ちが向いているからこその行動である「告白する」もアウト。ボディタッチに関しては ・「肩をトントンと叩くくらいなら友達レベルだからOK。でも、二の腕をぷにぷに触るとか、髪をサラーって撫でたりするのは浮気!」(高1女子・東京)・「体育祭とか、盛り上がった時のハイタッチはいいけど、普通の時に触るのはダメ」(高3女子・愛媛)・「偶然触っちゃったわけじゃなくて、意図的に体に触れたり、顔や体の距離を近づけたりするのは浮気だと思う...more
カテゴリー:

小栗旬、戦友青木崇高に「普段ちょっと見下しています(笑)」 - 09月22日(金)05:07 

10月22日(日)に放送される、小栗旬主演のドラマスペシャル「BORDER 贖罪」のスペシャルトークショーが、9月21日に都内で開催され、小栗と青木崇高、波瑠、そして遠藤憲一が登場。連続ドラマ最終回『越境』をスクリーンで見た直後の観客を前に、チームワークばっちりのトークを繰り広げた。 【写真を見る】小栗旬、青木崇高、そして波瑠のやりとりがドラマそのもの! このドラマを象徴する挿入曲の1つである「越境」(川井憲次)が流れる中、登場したキャスト陣。主演の小栗は大勢の観客に目を細めながら「本日はどうもありがとうございます。3年ぶりの『BORDER』を放送まで楽しみに待っていただけたらと思います」とあいさつした。 まずは来場者・SNSを通じて寄せられた中で最も多かった「3年という月日が流れている中で、『BORDER』続編をやることになったと聞いた時の気持ちは?」という質問に、キャストが答えることに。 小栗は「続きをやりたいという話だけは(連ドラの)終わり際には聞いていたんですが、なかなかその後、いろいろな事情や都合があってうまくハマらないままできていたので、ないだろうなって思っていたんですよ。3年ぶりにやるぞと言われて、そっかやるんだ、と。しかもあそこ(ラスト)からのお話なので、嫌だなあ~って思いました(笑)」と、笑みを浮かべながら率直に語った。 続けて、その理由について「石川(小栗)は結...more
カテゴリー:

ゆず、5年ぶりホールツアーが熊本で幕開け - 09月21日(木)22:38 

 人気デュオ・ゆずが21日、熊本県立劇場 演劇ホールで全国ホールツアー『YUZU HALL TOUR 2017 謳おう』の初日公演を開催し、観客1150人を魅了した。 【写真】ゆず北川悠仁&AAA西島隆弘が「そっくり」2ショット  ゆずは例年、30万人規模のアリーナ/スタジアムツアーを開催しているが、約5年ぶりとなる今回のホールツアーは10ヶ所14公演で動員数は約4万人。ツアー発表直後からチケット争奪戦となり、総申込数は約80万件におよぶ超プレミアムライブと化した。  熊本でのライブは、昨年12月に熊本城前の二の丸広場で行ったフリーライブ「冬至の日ライブ」以来だが、ツアーの一環としては、2010年1月10日のグランメッセ熊本公演以来、7年8ヶ月ぶり。  デビュー20周年ベストアルバム『ゆずイロハ 1997-2017』に収録されたヒット曲や日本テレビ系『NEWS ZERO』テーマソング「カナリア」、伊藤園『お〜いお茶』CMソング「愛こそ」など、新旧ヒット曲を惜しみなく披露した。  12月6日には東京ドーム、福岡 ヤフオク!ドーム公演を収めたDVD/Blu-ray『LIVE FILMS ゆずのみ』『LIVE FI LMS ゆずイロハ』を同時リリースすることも決定した。 【関連記事】 ゆず×back number、一夜限りコラボ「ものすごくやりたかった」(17年07月23日...more
カテゴリー:

NMB48卒業の木下百花 横浜アリーナでのコンサートでさや姉とキス - 09月21日(木)20:00 

((C)NMB48)20日『NMB48 ARENA TOUR 2017』が横浜アリーナで初日を迎え、しらべぇ取材班も会場に潜入。これまで全国でライブを行なってきたNMB48だが、関東での開催は2年半ぶりであり、横浜アリーナはNMB48にとって初めての会場だ。■オープニングをやり直しまくりオープニングは、メンバー全員がヤンキースタイルで登場。ノリノリで『バンキッシュ』『マジジョテッペンブルース』を披露し、場内は最初から大盛り上がり。しかし、白間美瑠が「こんなの嫌だ。もっとアイドルらしいかわいいのがいい」と、まさかのオープニングのやり直し。今度は、かわいらしさ全開のアイドルソング『なめくじハート』で再スタート…と思いきや、今度はフリフリの衣装を着た木下百花が「キツイよこれ。NMBって下品じゃないですか。もっとNMBらしさを届けたいからもう一度やり直していいですか?」と客席に再度アピール。NMB48のヒット曲『ナギイチ』のイントロが流れ、それを聞いた木下が「これこそがNMBだぜ!」と喜んび、ようやくライブのスタートとなった。■山本彩と『ももきー』を熱唱((C)NMB48)9月27日に、NMB48を卒業することが決まっている木下にとって、まだ活動期間は残されているものの、大規模会場でのコンサート出演はこの日が最後。木下のテンションはいつも以上に高く、メンバーも一緒に木下ワールド...more
カテゴリー:

デジタル声優アイドル「22/7」11人体制で初歌唱 自己採点でグループ名アピール - 09月21日(木)19:44 

 秋元康氏がアニプレックス、ソニー・ミュージックレコーズとタッグを組み、総合プロデュースするデジタルアイドル・22/7(ナナブンノニジュウニ)が21日、東京・池袋サンシャインシティの噴水広場でデビューシングル『僕は存在していなかった』発売記念ミニライブを開催した。 【画像】斎藤ニコルと立川絢香が描かれたイラスト  同グループは、有名クリエイターによる8人のキャラクターと全国1万325人の応募者の中から選ばれた11人によって、昨年12月24日に結成。7月22日に行われた初ライブイベントで「CDデビュー」「アニメ化」がサプライズ発表され、素顔未公開で配役のなかった3人も初めてお披露目された。  この日のミニライブでは「僕は存在していなかった」「地下鉄抵抗主義」の2曲に加えて、11人で歌唱する楽曲「11人が集まった理由」を初披露。計3曲を熱唱し、充実した表情を見せるメンバーを代表して天城サリーが「もう1回やりたい気分です。11人でパフォーマンスをするのが初めてだったので、うれしくて感動しました。自己採点は227点です!」とグループ名をさりげなくアピールしながら喜びを表現した。  CDデビューの実感について聞かれると、宮瀬玲奈が「ここがゴールではなくてスタートなので、これから一歩一歩頑張っていきたいと思います」と意気込み。「年末の紅白歌合戦も近づいてきましたが?」との質問には、メン...more
カテゴリー:

もっと見る

「サプライズ」の画像

もっと見る

「サプライズ」の動画

Wikipedia

サプライズ(英:Surprise)とは驚き、不意打ちの意味である。日本では他者を驚かせた後に喜ばせる計画やそれを実行することの意味でも使われる事が多いが、時として悪意を持って他者を辱めたりする時にも使われる事もある。

;地名

;船舶

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる