「サイバーセキュリティ」とは?

関連ニュース

横浜国立大学とBBソフトサービスがIoTサイバーセキュリティの共同研究を開始 - 06月27日(火)13:01 

[BBソフトサービス株式会社] プロジェクト名称: 横浜国立大学・BBSS IoTサイバーセキュリティ 共同研究プロジェクト 横浜国立大学とBBSSは、手口の高度化によって実態が見えにくくなっているIoT機器を狙った脅威の実態把握と、安全確保を...
カテゴリー:

「セキュリティを完全に体に染み込ませる」、NECの受注拡大作戦(国内大手のセキュリティ人材育成) - 06月26日(月)20:00 

 NECはグループで1万人以上のセキュリティ人材を育成済みだ。同社は2012年にサイバーセキュリティを成長領域に据え、2014年には2018年3月期までにセキュリティ人材を当時の600人から1200人に増員し、関連事業の売上高を当時の約2倍となる2500億円に引き上げる目標を立てた。
カテゴリー:

英議会のシステムにサイバー攻撃、遠隔アクセス制限して対応 - 06月25日(日)09:52 

英議会のコンピューター・システムがサイバー攻撃を受けたことが分かった。議会の報道担当者が24日に明らかにした。 同担当者は、「議会ネットワークのユーザーのアカウントに対し、無許可でアクセスを図る動きが見つかった。国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)と緊密に連携して調べを進めている」「全てのアカウントとシステムを保護するため、確固たる措置を取った」と述べた。 議会は予防的措置として、ネ...
カテゴリー:

Googleのクラウド事業トップが示した確固たる自信の背景 - 06月23日(金)10:30 

今回は、米GoogleのDiane Greene Google Cloud統括バイスプレジデントと、米SymantecのNick Savvides サイバーセキュリティ戦略マネージャーの発言を紹介する。
カテゴリー:

Pearl Echoの新機能「HTTPSafety.Check」を発表 - 06月22日(木)13:00 

先端技術研究所は、米国 Pearl Software社「Pearl Echo」の新機能「HTTPSafety.Check」発表した。新しいwebフィルター技術が暗号強度をテストすることで、webアクセス中の サイバーセキュリティ ポリシーを保護する。
カテゴリー:

【IPA】21日実施、初のセキュリティ国家資格「情報処理安全確保支援士試験」 セスペに比べ若干減少 3年間で14万の「講習義務」で敬遠か? - 06月27日(火)11:16 

ニュース解説 - 初のセキュリティ国家資格試験、「講習義務付け」で敬遠されたか?:ITpro http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/062201027/  2017年6月21日、第1回「情報処理安全確保支援士試験」の受験者数や合格者などが発表された。「国内初のサイバーセキュリティの国家資格」という触れ込みがある一方で、有料の講習が義務付けられるなど資格取得の敬遠につながりかねない要素もあり、受験者数の増減が予想できなかった。蓋を開けてみると、同試験の前身である情報セキュリティスペシャリスト試験(以下、セスペ...
»続きを読む
カテゴリー:

初のセキュリティ国家資格試験、「講習義務付け」で敬遠されたか?(ニュース解説) - 06月26日(月)05:00 

 2017年6月21日、第1回「情報処理安全確保支援士試験」の受験者数や合格者などが発表された。「国内初のサイバーセキュリティの国家資格」という触れ込みがある一方で、有料の講習が義務付けられるなどの不安材料もあったが、受験者数はセスペ試験より若干少ない程度で、合格率はほぼ同じだった。
カテゴリー:

核兵器の無力化が可能に? アメリカ「敵基地無力化」作戦の全貌 - 06月25日(日)06:00 

安倍政権が「敵基地反撃能力」として巡航ミサイル「トマホーク」や陸上配備型イージス「イージス・アショア」の導入を検討している。北朝鮮の脅威に乗じる形で、ミサイル防衛体制の強化を進めようとしているのだ。 しかし、これらの兵器の“売り主”であるアメリカは反撃どころか、敵基地を無力化させる工作や兵器を開発していた。『武器輸出と日本企業』(角川新書)で日本の武器ビジネスの現場をレポートした東京新聞記者の望月衣塑子(いそこ)氏が前編に続き、その内実に迫る! ■日進月歩のレーザー兵器 マルウェア以外にも、米軍は敵の攻撃力を無力化させるためのさまざまな研究開発を続けてきた。例えば迎撃ミサイルの研究は、1960年代からスタートしていたが、83年にレーガン大統領がミサイル防衛構想「SDI」を打ち出して以降、「ABL」(Airborne Laser)の開発が一気に進んだ。 ABLとは、発射直後の敵ミサイルを、空中で撃墜する高出力のレーザー兵器だ。そして02年、ボーイング社は、ABLを搭載したジャンボジェット機「YAL-1A」の初飛行を実施。高度4万フィート(1万2000m)から強力な攻撃が可能になると米軍から期待された。 ところが、ABLの強力なレーザー照射には、 ...more
カテゴリー:

【中国】ネット上の言論統制を強化 動画配信サービスの停止命令 ウェイボや香港のサイトなどに - 06月23日(金)01:02 

中国、ネット上の言論統制を強化 動画配信サービスの停止命令 ウェイボや香港のサイトなどに  【北京=西見由章】中国国家新聞出版放送総局は22日、中国版ツイッター「新浪微博(ウェイボ)」や香港のフェニックステレビが運営するニュースサイトなどに対して動画配信サービスの停止を命じた。  これらのサイトは動画配信の関連許可証を得ないまま、「国の規定に適合しない政治に関する番組」や「マイナス面を宣伝する社会評論番組」などを動画で配信したとしている。今年秋の中国共産党大会を控え、インターネット上の言論...
»続きを読む
カテゴリー:

ソフトバンク、米サイバーセキュリテー企業に追加出資 - 06月22日(木)12:58 

 ソフトバンクは22日、米サイバーセキュリティーサービス企業のサイバーリーズン社(米マサチューセッツ州)に1億ドル(約111億円)を追加出資し筆頭株主になることを決めた、と発表した。世界中でサイバー攻撃が相次ぐ中、資本関係を強化して事業拡大を目指す。
カテゴリー:

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の画像

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の動画

Wikipedia

サイバーセキュリティ()とは、サイバーセキュリティ基本法サイバーセキュリティ基本法条文:内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出され平成26年11月6日に衆議院で可決されたにおいて、電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式により記録され、又は発信され、伝送され、若しくは受信される情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の当該情報の安全管理のために必要な措置並びに情報システム及び情報通信ネットワークの安全性及び信頼性の確保のために必要な措置(情報通信ネットワーク又は電磁的方式で作られた記録に係る記録媒体を通じた電子計算機に対する不正な活動による被害の防止のために必要な措置を含む。)が講じられ、その状態が適切に維持管理されていることをいう。と定義されている。内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出された「サイバーセキュリティ基本法案」の概要

脚注

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる