「サイバーセキュリティ」とは?

関連ニュース

開閉会式検討会議を設置=重量挙げ五輪金の三宅氏ら-東京五輪 - 03月24日(金)20:23 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、東京都内で理事会を開き、開閉会式の演出方針や総合監督の選定などを検討する「東京2020有識者懇談会」の設置を報告した。 組織委の御手洗冨士夫名誉会長が座長を務め、メンバーには重量挙げの1964年東京、68年メキシコ両五輪金メダリストの三宅義信氏、作家の曽野綾子氏らが名を連ねた。 開閉会式に関する業務を統括するチーフ・セレモニー・オフィサーには、セントラル硝子特別顧問の中井元氏を選任。サイバーセキュリティーを担当するチーフ・インフォメーション・セキュリティー・オフィサーには日本サイバー犯罪対策センター理事の坂明氏を選んだ。いずれも4月1日付。 [時事通信社]
in English
カテゴリー:

不正送金組織から日本被害情報=独など摘発、中枢サーバーに27万件-警察庁 - 03月23日(木)10:21 

 インターネットバンキングの不正送金を繰り返していた国際犯罪グループがドイツなど30カ国の共同捜査で摘発され、押収したサーバーから日本国内の利用者のIDやパスワードなど27万件余りが見つかったことが23日、警察庁への取材で分かった。 日本など180カ国で利用者のコンピューター端末がウイルス感染して認証情報を盗まれ、被害は数億ドルと推定される。日本の実害は不明だが、同庁は独側から情報提供を受け、金融機関を通じてパスワード変更を促すなど被害拡大を防ぐ。 欧州警察機構(ユーロポール)の発表では、独警察や米連邦捜査局(FBI)などが昨年11月末、「アバランチ(雪崩)」と呼ばれる世界最大規模のサイバー犯罪ネットワークの壊滅作戦に着手。実行犯ら5人を逮捕し、中枢の指令制御サーバー39台を押収した。 アバランチは指令サーバーを通じてウイルスをばらまき、数百万台の感染端末をネットワーク化。認証情報を窃取し、サーバーに蓄積していた。 警察庁によると、305金融機関のネットバンキングIDとパスワード約7万8000件のほか、クレジットカードやヤフーなどオンラインサービス、証券会社などの認証情報なども見つかった。 日本国内の感染端末情報については、サイバーセキュリティーを支援する一般社団法人「JPCERTコーディネーションセンター」(東京)が提供を受けており、同センターがプロバイダーを通じてウイルス駆除を...more
in English
カテゴリー:

ハノーバー宣言が採択、日独が9分野でIoTの連携強化へ--CeBIT 2017 - 03月21日(火)18:10 

日本とドイツの両政府は、第四次産業革命に関する日独協力の枠組みを定めた「ハノーバー宣言」に署名したと発表した。独ハノーバーで開催中の国際情報通信技術見本市「CeBIT 2017」開催を契機に行われた。サイバーセキュリティ、標準化、中小企業支援などに関する9分野での連携を強化する。
in English
カテゴリー:

【米国】先月更迭されたフリン前補佐官、ロシア系企業から報酬 600万円超 - 03月17日(金)15:39 

トランプ米政権のフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)が 2015年にロシア国営テレビなどから講演料名目で計5万6000ドル(約635万円)以上の 報酬を受け取っていたことが16日、分かった。民主党議員が文書を公開した。 それによると、フリン氏は15年12月にロシア国営テレビ英語放送RTがモスクワで開いたイベントに出席し、 3万3750ドル(約380万円)の報酬を得た。 また、ロシア系の航空貨物会社とサイバーセキュリティー会社からも講演料として それぞれ1万1250ドル(約127万円)を受...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【2016年度 サイバー攻撃白書】2016年は3~4月の”生活シーン切替時”に攻撃が急増!最も多い攻撃元の国は“中国”が1位に - 03月16日(木)13:00 

[株式会社サイバーセキュリティクラウド]  株式会社サイバーセキュリティクラウド(本社:東京都渋谷区、代表取締役:大野 暉、以下「サイバーセキュリティクラウド」)は、2016年度のサイバー攻撃の実情についてまとめた、「2016年度 サイバー攻撃白書...
in English
カテゴリー:

古典的な攻撃手法が再台頭、スパムメールは2010年以来の高い水準--シスコ調査 - 03月24日(金)07:00 

米シスコは、3月10日、「年次サイバーセキュリティレポート(2017年版)」を発表した。
in English
カテゴリー:

「おれたちは日本一のCSIRTになる!」――リクルートのCSIRT飲み会に潜入してみた - 03月23日(木)05:00 

「サイバーセキュリティの世界において、重要な情報は全て飲み会で交換されている」、そんなウワサが本当なのかを確かめるべく、「セキュリティ飲み会」に潜入し、その実態を探る実験的企画。今回は「リクルートテクノロジーズ編」だ。
in English
カテゴリー:

金融機関向けにイントラネットからの安全なインターネット接続を可能にするゲートウェイサービスを提供 | IT Leaders - 03月21日(火)10:30 

NECは2017年3月17日、金融機関を対象に、イントラネットからの安全なインターネット接続を可能にする「金融機関向けインターネットゲートウェイサービス」の提供を開始すると発表した。改訂金融検査マニュアルなどに対応したサイバーセキュリティを提供する。
in English
カテゴリー:

Kダブシャイン書き下ろし『MR. ROBOT』PVが完成! ハッカーの世界を鋭く切る - 03月17日(金)12:30 

 天才ハッカーの活躍を描いた、サイバー・サスペンスドラマ『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』の世界観を、日本を代表するカリスマ・ヒップホップMC・Kダブシャインが書き下ろしのリリックで表現したPV「MR. ROBOT」が公開された。【関連】『MR. ROBOT/ミスター・ロボット』フォトギャラリー 本作は、昼はサイバーセキュリティ会社で、クライアント会社の機密情報を守るエンジニアとして働き、夜はハッキングした情報で悪者を懲らしめる天才ハッカー、エリオットを主人公としたサイバー・サスペンスドラマ。現代社会に生きる人々の悩みや隠し事、理不尽に感じる社会への不満をリアルに描写し、TV賞レースで多数の賞を受賞した。主演は、2016年「エミー賞」主演男優賞を受賞したラミ・マレックが務める。 そんな本作の世界感を今回、ラッパーのKダブシャインが鋭く切る。Kダブシャインは、「児童虐待」「シングルマザー」「麻薬」「AIDS」や「国家」など、様々な社会的トピックを扱う数少ないMCとして知られており、その洗練された文学的な韻表現と社会的な詩の世界が、高い評価を得ているヒップホップ界のレジェンドだ。 公開されたPVでは、パーカーのフードを被り、本作の主人公エリオットをイメージしたスタイルで登場。そして、「誰もが薄い板見て街歩き 金の成る木探してやる気 世界中これ金融の奴隷 搾取され言わされるお礼 ...more
in English
カテゴリー:

「重要インフラの防御で重要なのは、行動計画の立案だ」とNISC瓜生氏(ニュース) - 03月16日(木)07:00 

 「情報通信、金融、航空、鉄道、電力などの重要インフラにおけるサイバーセキュリティでは、行動計画の立案が重要になる」。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズが開催したセミナーで、内閣サイバーセキュリティセンター重要インフラグループの瓜生 和久氏は、こう指摘した。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の画像

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の動画

Wikipedia

サイバーセキュリティ()とは、サイバーセキュリティ基本法サイバーセキュリティ基本法条文:内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出され平成26年11月6日に衆議院で可決されたにおいて、電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式により記録され、又は発信され、伝送され、若しくは受信される情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の当該情報の安全管理のために必要な措置並びに情報システム及び情報通信ネットワークの安全性及び信頼性の確保のために必要な措置(情報通信ネットワーク又は電磁的方式で作られた記録に係る記録媒体を通じた電子計算機に対する不正な活動による被害の防止のために必要な措置を含む。)が講じられ、その状態が適切に維持管理されていることをいう。と定義されている。内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出された「サイバーセキュリティ基本法案」の概要

脚注

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる