「サイバーセキュリティ」とは?

関連ニュース

マルウェア入りコンテンツをユーザーに絶対渡さないMenlo SecurityがシリーズCで$40Mを調達 - 12月12日(火)18:20 

Menlo Securityは、独特のやり方で企業をマルウェアやフィッシング詐欺から護る。その同社がこのほど、4000万ドルのシリーズCラウンドを発表した。 Menloは、社員たちがマルウェアのあるWebサイトやメールの本物にアクセスさせないようにして、顧客企業を護る。オリジナルは別途保存し、クリーンな写像をブラウザーに表示するから、悪いものはすべて剥げ落ちている。つまり、マルウェアがあなたに届かなければ、あなたに危害を加えることはない、という理屈だ。 CEOで協同ファウンダーのAmir Ben-Efraimは、2015年の2500万ドルのシリーズBのとき、こう説明した: “Webページやメールはすべてクラウド(パブリックまたはプライベート)に隔離する。コンテンツを隔離すれば、それは絶対にエンドポイントに到達しない。これによってマルウェアを、アーキテクチャのレベルで排除する”。 それはとても効果的なやり方なので、Ben-Efraimによると、今では数百社の顧客企業に計100万人以上のユーザーがおり、全員が今日まで無感染だ。 このような結果に、顧客も投資家も前向きに反応している、と彼は語る: “現時点で数百社の顧客がおり、その多くはGlobal 2000社だ。これまで、非常に高い増加率だった。われわれのプロダクトのねらいが、的を得ていたということだ...more
カテゴリー:

【歴史】繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗 ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない★2 - 12月12日(火)15:31  newsplus

JBpress 2017.12.11(月) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767 米ニューヨークの自由の女神の近くを飛ぶドローン(2016年8月5日撮影、資料写真)  クラウゼヴィッツや孫子をはじめとする戦略思想家たちによってしばしば指摘されるのが、「戦争(War)に勝つこと」と「戦い(Battle)に勝つこと」は全くの別物であるという戦争の原則である。これはベトナム戦争やイラク戦争を見ても明らかだ。  この点に関して、米海軍協会の機関紙「プロシーディングス」11月号は、旧大日本帝国海軍の失敗を例に出して「『戦い』に勝...
»続きを読む
カテゴリー:

CSC、WAFのシグネチャ運用を自動化する新サービス--AWSで提供 - 12月12日(火)14:56 

サイバーセキュリティクラウドは、ビッグデータを利用してWAFシグネチャの提供や適用を自動的に行う「WafCharm」サービスをAWSユーザー向けに提供する。
カテゴリー:

「こんなの怪しくてすぐ見破れるwww」 最近のフィッシング詐欺はそんな人が引っ掛かる (1/2) - ITmedia エンタープライズ - 12月12日(火)09:03 

「こんなの怪しくてすぐ見破れるwww」 最近のフィッシング詐欺はそんな人が引っ掛かる (1/2) - ITmedia エンタープライズ半径300メートルのIT: 「こんなの怪しくてすぐ見破れるwww」 最近のフィッシング詐欺はそんな人が引っ掛かる (1/2) Twitterを見ていたら、警視庁サイバーセキュリティ対策本部から気になるツイートが流れてきました。それは、「ディズニーランドの入場券をご獲得になりました!」という件名のメールが拡散しているというもの。実在の企業を装ってメールを送り、受け取った人がうっかり本文に書かれたUR...
カテゴリー:

【歴史】繰り返してはならない大日本帝国海軍の失敗 ハイブリッド戦争に無関心な自衛隊が危ない - 12月11日(月)18:55  newsplus

JBpress 2017.12.11(月) http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/51767 米ニューヨークの自由の女神の近くを飛ぶドローン(2016年8月5日撮影、資料写真)。  クラウゼヴィッツや孫子をはじめとする戦略思想家たちによってしばしば指摘されるのが、「戦争(War)に勝つこと」と「戦い(Battle)に勝つこと」は全くの別物であるという戦争の原則である。これはベトナム戦争やイラク戦争を見ても明らかだ。  この点に関して、米海軍協会の機関紙「プロシーディングス」11月号は、旧大日本帝国海軍の失敗を例に出して「『戦い』に...
»続きを読む
カテゴリー:

サイバーセキュリティクラウドがAWSに対応したウェブセキュリティ新製品「WafCharm」発表 - 12月12日(火)16:33 

最近でも顧客情報の漏洩にまつわる大きな事件がいくつかあったが、サイバーセキュリティへの注目は高まるばかりだ。そんな中、ウェブセキュリティサービス「攻撃遮断くん」を提供するサイバーセキュリティクラウドが12月12日、新サービスの「WafCharm」を発表した。第1弾としてAmazon Web Service(AWS)が提供するAWS WAFへサービスの提供を開始した。 サイバーセキュリティクラウドが提供するWAF(Web Application Firewall)とは、ウェブサイトやウェブアプリケーションを対象にした攻撃を防御するセキュリティ製品のこと。一例を挙げれば、ウェブサイトの脆弱性を突くことで、フォーム上に本来想定しない文字列を入れて、その結果としてデータベース内の情報を表示させるといったような攻撃があった場合、そのシグネチャー(攻撃のパターン)を把握し、攻撃を防ぐといったことができる。 WAFには、アプライアンス(専用ハード)型のもののほか、サーバ上で稼働するソフトウェア型、クラウド型といった種類があるが、攻撃遮断くんはクラウド型(厳密にはサーバ上にエージェントを導入して、ログをWAFセンターに送信するクラウド連動型WAFと、DNSをWAFセンターに切り換えることでユーザーと顧客間にWAFセンターを入れるSaaS型WAFの2種類)に特化したサービスを提供している。 サイバー...more
カテゴリー:

CSC、WAFのシグネチャ運用を自動化する新サービス--AWSで提供 - 12月12日(火)14:56 

サイバーセキュリティクラウドは、ビッグデータを利用してWAFシグネチャの提供や適用を自動的に行う「WafCharm」サービスをAWSユーザー向けに提供する。
カテゴリー:

Webサイトごとに最適なシグネチャの提供・自動運用が可能に AI×ビックデータによる“日本初”の「WafCharm」を発表 ~12月12日より第一弾としてAWS WAFへ提供開始~ - 12月12日(火)12:30 

[株式会社サイバーセキュリティクラウド] [画像1: https://prtimes.jp/i/9107/69/resize/d9107-69-646096-0.jpg ] ■市場背景・開発背景  企業におけるサイバーセキュリティは「社内セキュリティ」「Webセキュリティ」に分類されますが、「Webセキュリテ...
カテゴリー:

2018年に想定されるサイバーセキュリティの10項目、A10ネットワークスが予測 - 12月12日(火)08:00 

A10ネットワークスは、「2018年のサイバーセキュリティ状況に関する10の予測」を発表。「デジタルセキュリティが基本的人権問題になる」「コアネットワークを狙った大規模攻撃でモバイル通信事業者が部分的、または完全にダウンする」といった項目を挙げた。
カテゴリー:

マカフィー、2018年の脅威動向予測を発表 - 12月11日(月)13:53 

[マカフィー株式会社] ニュース ハイライト • McAfee Labsは機械学習によるサイバーセキュリティ ツールの“開発競争”が攻撃者と防御者の間に起こると予測 • ランサムウェアが、従来のPC上で脅迫するものから、...
カテゴリー:

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の画像

もっと見る

「サイバーセキュリティ」の動画

Wikipedia

サイバーセキュリティ()とは、サイバーセキュリティ基本法サイバーセキュリティ基本法条文:内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出され平成26年11月6日に衆議院で可決されたにおいて、電子的方式、磁気的方式その他人の知覚によっては認識することができない方式により記録され、又は発信され、伝送され、若しくは受信される情報の漏えい、滅失又は毀損の防止その他の当該情報の安全管理のために必要な措置並びに情報システム及び情報通信ネットワークの安全性及び信頼性の確保のために必要な措置(情報通信ネットワーク又は電磁的方式で作られた記録に係る記録媒体を通じた電子計算機に対する不正な活動による被害の防止のために必要な措置を含む。)が講じられ、その状態が適切に維持管理されていることをいう。と定義されている。内閣委員会により第186回国会衆法第35号として提出された「サイバーセキュリティ基本法案」の概要

関連項目

RISS情報処理安全確保支援士

脚注

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる