「サイバーコネクトツー」とは?

関連ニュース

松山洋氏らが『.hack//G.U. Last Recode』の映像制作過程を明かす! オリジナルアニメプロジェクトも発表された“あにつく”講演リポート - 09月11日(月)12:25 

2017年9月10日に開催された“あにつく 2017”にて、サイバーコネクトツーが『.hack//G.U. Last Recode(ラストリコード)』を題材に、映像制作の技術や制作過程を公開するセッションを行った。本記事では、その模様をリポートする。
カテゴリー:

『.hack』シリーズ15周年記念マガジン“.hack//Fanbook Vol.1”発売が開始――キャラクター人気投票もスタート - 09月08日(金)17:45 

サイバーコネクトツーは、2017年9月8日より『.hack』シリーズ15周年記念マガジン“.hack//Fanbook Vol.1”の発売を開始した。また、“.hack//Fanbook Vol.2”の発売日が10月1日に決定を発表したほか、『.hack』シリーズに登場するキャラクター150名以上が対象となる人気投票も開始された。
カテゴリー:

「サイバーコネクトツー」の画像

もっと見る

「サイバーコネクトツー」の動画

Wikipedia

株式会社サイバーコネクトツー()は、福岡県福岡市博多区に所在するゲームソフトウェアの企画・開発を事業内容とする日本の企業。

概要

1996年2月松山洋九州産業大学時代の友人らとともに有限会社サイバーコネクトを設立。翌々年の1998年に処女作となるテイルコンチェルトをリリースした。翌年サイレントボマーをリリース。この2作品は大きな売上げにはならなかった。

テイルコンチェルトの開発から6か月間は、会社にパソコンが1台しかなかったという。また、デバッグ作業も少人数で常にチェック体制という無茶をして行われていた。その他様々な経験が、会社の開発体制として強い影響を与えている2005年に制作された記念史、「10年の軌跡」より。

原作を基にした作品等ではない自社制作作品の場合、特に理由がなければ「主人公の年齢は14歳」で設定されている。これはその頃の少年の多感なイメージを強く尊重しているためである。

2001年に有限会社サイバーコネクトツーに社名変更したのち、2002年には1990年...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる