「ゴマブックス」とは?

関連ニュース

彼の気持ちを冷めさせない!SNSの雑談は面白いことより、ほっこりすることを - 10月12日(木)18:00 

SNS上手は恋愛上手【第6回】 今や恋愛には欠かせないツールとなったSNS。 少し前まではケータイで電話やメールのやり取りをしていましたが、今ではそれよりもLINEやFacebookなどのSNSで連絡を取り合う人が多くいるようです。なので、恋愛も前より随分スピードアップしています。 今回の連載では、SNSを恋愛に上手に利用するポイントをお伝えしていきます! せっかく気になる彼とSNSのメッセージでやりとりを始めたのに、張り切りすぎてハイテンションなものを送ってしまう人が、実は少なくありません。彼とは関係のない画像やスタンプをどんどん送ってしまうなんてことも。どんなメッセージを送ると男性は冷めてしまうのでしょう? 面白ければいい? たとえば、彼にLINEで自分の飼い犬の画像を送り続けた女性がいます。最初のうちは彼も「かわいいね」などと返してくれましたが、次第に返事が遠のくようになってしまったそうです。聞くと、彼は犬が好きというわけではないのだとか。じゃあどうして犬の画像を何度も送ったの、と聞くと「うちの犬は面白い顔をよくするので、彼も笑ってくれるかなと思って」というのです。 確かに、犬の変顔を見たら、笑ってしまうかもしれません。でも、恋愛のいいムードにはならないのではないでしょうか。それでも面白い画像を送っていたのは、彼女なりの作戦でした。 「私のこと、元気で明るい子だなっ...more
カテゴリー:

SNSで彼をお誘い♥だけど、いきなり「ごはん行かない?」はNG - 10月05日(木)18:00 

SNS上手は恋愛上手【第5回】 今や恋愛には欠かせないツールとなったSNS。 少し前まではケータイで電話やメールのやり取りをしていましたが、今ではそれよりもLINEやFacebookなどのSNSで連絡を取り合う人が多くいるようです。なので、恋愛も前より随分スピードアップしています。 今回の連載では、SNSを恋愛に上手に利用するポイントをお伝えしていきます! 前からいいなと思っていた素敵な彼。メッセージのやり取りを時々する程度。今度思い切って食事に誘ってみようかな……。けれど、勇気を出して誘ったそのSNS、少しもったいないことをしていませんか? NGの事例 誰だって素敵な女性から食事のお誘いをいただいたら、嬉しいものです。でも、誘い方にも色々あります。SNSの内容によっては彼の気持ちも上がったり下がったりすることでしょう。 たとえば、婚活していた女性がパーティで会った男性に「今度ご飯いかない?」と1行だけSNSで書いてお誘いしたそうですが、残念ながらうまくはいきませんでした。 よほど親しい女性でない限り、突然食事に誘われると男性は少し警戒します。食事だけが目的なのか、それとも何かを売りつけようとしているのかなどとまで考えることもあるようです。なのでただお食事をするだけのお誘いに対し、返事を躊躇する人がいるのです。 理由を(作って)伝えましょう 彼が一番知りたいのは「ど...more
カテゴリー:

「不倫はいけない」既婚男とのデートで改めて感じた罪深さ【シングルマザー妊活】 - 10月08日(日)15:46 

【シングルマザー社長の妊活記 Vol.23】  バツイチシングルマザーの杉沢です。  最近、有名人の不倫騒動が相次ぎ世間を騒がせていますが、いつからこんなにも袋叩きされるようになったのでしょうか?  既婚男性と恋愛関係になった女性は必ず、「最低」「大きな罪」「奥さんが可哀そう」などと言われますが、それと同時に「下半身に人格を持たない既婚男」がだらしないと思うのは私だけでしょうか?  そんなことを考えつつ、今回のデートは「既婚男性」がお相手です。 ◆気遣いもできる既婚・敏腕プロデューサーと高級料亭へ 【スペック】 年齢:45歳 職業:テレビ局番組プロデューサー 推定年収:1500万円 結婚:既婚(子無し) 外見:常に女ウケを気にしてるロンブー淳似のキツネ顔 性格:仕事は出来るが、基本ただのチャラ男  キー局の番組プロデューサーをしているNさんは、六本木、西麻布が大好きな典型的な港区おじさん。出会った日にLINEを交換すると、その日から怒涛の俺通信が始まったのですが、それがかなり面白いんです!  テレビ番組の裏側や大物芸能人の愚痴など、特にミーハーではない私ですら「もっと聞きたい!」と思わせる内容で、敏腕プロデューサーと名高いに違いない!  そう思っていたところ、タイミング良くデートのお誘いがありました。しかも、子連れでも快諾してくれる心の広さ。店選びも「...more
カテゴリー:

トークメーカーにて『ゴマブックス新人賞』開催! 全応募作品がプリント・オン・デマンド(POD)化され、アマゾンで販売! 世界初、日本初のありえない新人賞! - 10月03日(火)18:00 

未来創造が運営する小説投稿サイト『トークメーカー』(http://talkmaker.com/)は、2017年10月3日(火)より、ゴマブックス株式会社との共同企画『ゴマブックス新人賞』(http://talkmaker.com/award/gomabooks.html)を開催することを発表します。
カテゴリー:

「ゴマブックス」の画像

もっと見る

「ゴマブックス」の動画

Wikipedia

ゴマブックス株式会社は、日本出版社。近刊ではレインボーマジックロナウジーニョ The Smiling Championしょこたん☆ぶろぐちびギャラプロフェッショナル広報戦略トライ式逆転合格など、児童書からビジネス書、タレント本など意欲的な商品を手広く出版している。

2006年以降は赤い糸もしもキミが。など、ケータイ小説のベストセラーも多数。オリコンと共同運営しているケータイ小説投稿サイト「おりおん☆」の運営も行っている。 芥川、太宰治、漱石などの名作文学を横書きで出版したこともある。 ごま書房の発刊する新書版の企画・編集を目的に株式会社ポケットブック社が設立されたことに由来するが、同社の経営悪化に伴い1998年7月に同社傘下を離れゴマブックス株式会社に商号変更、現在は資本関係などは一切無い東京商工リサーチ倒産情報(速報)。なお、ごま書房の事業を譲受した...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる