「コンピューター」とは?

関連ニュース

Microsoft、「黄色い体で、黒い翼の鳥」 などの文章からAIが画像を自動生成する技術を開発。つまり、 - 01月19日(金)16:41  news

Microsoftがテキストから本物と見間違うレベルの架空のイメージを自動生成する新AI技術「AttnGAN」を開発 Microsoftが文章からイメージを自動生成できるAI技術を開発しました。 「黄色い体で、黒い翼を持ち、短いくちばしの鳥」と入力すれば、まるで実在する鳥であるかのような 自然な画像を自動生成できます。 写真や画像から説明文(キャプション)を自動生成するAIはGoogleなどによって開発されてきました。 Microsoftも同様の技術を開発しており、すでにOfficeに導入されている技術もあります。 「イメージ→キャプション」...
»続きを読む
カテゴリー:

村上弘明がAIが絡む事件に挑戦「本作は人間への応援賛歌です!」 - 01月19日(金)10:00 

村上弘明主演の新作ミステリー「将軍刑事」が、1月21日(日)の日曜ワイド枠(朝10:00-11:50、テレビ朝日系)で放送される。 【写真を見る】昨年末の「ふぞろい刑事」(テレビ朝日系)では女子力の高い刑事を演じた村上がダンディーな刑事に!/(C)テレビ朝日 2017年12月21日に放送されたミステリースペシャル「ふぞろい刑事」(テレビ朝日系)では女子力の高い刑事を熱演し、そのかわいらしさが話題となった村上。 本作では、自他ともに認める大の歴史オタクで、後輩刑事の久野苺子(笛木優子)や茶屋乙美(中村静香)から熱い視線を向けられるダンディーな将軍刑事・将野軍平を熱演。これまで数々の時代劇で明智光秀や高坂昌信など“武将”を演じてきた村上も、“将軍”と名のつく役柄は本作が初めてとなる。 そんな村上は「(歴史は)好きです。過去に何があったのか、またその原因は何かなど色々と探っていくと非常に面白いですね。また、人間は歴史を通して失敗・経験を重ね、今日生きています。とても感慨深いですね」と、自身も歴史好きであることを告白した。 劇中でも、 “平将門伝説”から“忠臣蔵”や“黒船来航”まで、歴史うんちくの数々を披露している。 この珍しい役どころに村上は「日曜日の朝の番組ということで、家族が見て、面白おかしい作品を目指しました。監督と相談しながら、所々にコミカルな要素を取り入れ挑戦した作品となりまし...more
カテゴリー:

AIを実現する「ニューラルネットワーク」を自動的に構築することが可能なAIが出現 - 01月19日(金)08:00 

自動運転カーや音声認識、画像解析など、ディープラーニングにより実現されるAI(人工知能)は社会を大きく変えるコンピューター技術として大きく注目されています。その要となるのが、人間の脳の仕組みをコンピューター上で再現する「ニューラルネットワーク」で、通常は研究者やエンジニアなどの手によって開発されているのですが、アメリカ合衆国エネルギー省のオークリッジ国立研究所(Oak Ridge National Laboratory:ORNL)はAIがニューラルネットワークを自動的に生成するアルゴリズムの開発に成功しています。続きを読む...
カテゴリー:

G-Tune、6コアCPUに2基のGTX 1080を搭載した約70万円の17.3型4KノートPC - 01月18日(木)22:12 

マウスコンピューターは1月18日、6コアCPUと2基のNVIDIA GeForce GTX 1080を搭載した17.3型4KノートPC「NEXTGEAR-NOTE i71130PA1-SP」を発売した。ゲーマーのみならず、開発者も対象としたハイエンド構成で価格は税別699,800円。
カテゴリー:

マウス、13.3型モバイルノートPCをリニューアル、新筐体に4コアCPUを搭載 - 01月18日(木)18:53 

マウスコンピューターは1月18日、13.3型モバイルノートPC「m-Book Jシリーズ」の新モデルを発売した。筐体を刷新し、モバイル環境での使いやすさを維持しながら新CPUに対応した。価格は税別114,800円。
カテゴリー:

マウス、第8世代Coreや静音キーボードを採用した13.3型ノートPC - 01月19日(金)14:09 

マウスコンピューターは19日、法人向けPCブランド「MousePro」にて、第8世代Intel Coreを採用した13.3型ビジネスノートPC「MousePro NB3」シリーズを発表した。
カテゴリー:

公衆無線LANを悪用した暗号通貨マイニング術 - THE ZERO/ONE - 01月19日(金)08:26 

公衆無線LANを悪用した暗号通貨マイニング術 - THE ZERO/ONE何も疑っていないユーザーのマシンを使って密かに暗号通貨のマイニングをさせることは、暗号通貨オーナーにとっての夢のような話だ。そして彼らの一部は、倫理的配慮を考えずにその夢の実現に取り組んでいる。 一般的に用いられる2つのアプローチは、コンピューターやウェブサイトを危殆化し、マイニングのソフトウェアを実行させること、あるいはクリプトジャッキング(cryptojacking)のスクリプトを実行させるこ...
カテゴリー:

北ハッカー、仮想通貨を採掘 韓国分析 金銭的利益狙い民間攻撃 - 01月19日(金)05:58 

国際社会からの制裁強化を受け、北朝鮮のハッカーが仮想通貨の採掘のため、コンピューターのハッキングに乗り出している。韓国の金融保安員(FSI)でハッキング分析チー…
カテゴリー:

【AI】人工知能の読解力、人間を上回る アリババとMSが開発 - 01月18日(木)19:11  newsplus

https://www.cnn.co.jp/m/tech/35113360.html 2018.01.18 Thu posted at 14:20 JST ニューヨーク(CNNMoney) 中国アリババと米マイクロソフトが開発に携わった人工知能(AI)がこのほど、米スタンフォード大学が作成した読解力に関するテストで、人間を上回る得点を記録したことが分かった。 アリババによれば、こうしたテストで機械が人間を上回る成績を見せたのは初めて。 今回のテストはスタンフォード大の専門家がコンピューターの読解力を計測するために作成したもの。 アリババはすでに同社のテクノロジーを特...
»続きを読む
カテゴリー:

都立高校全校で個人スマホを授業活用、2020年度より - 01月18日(木)18:45 

 東京都は2020年度から、東京都立高校において個人のスマートフォンを授業で活用する方針を明らかにした。2019年度からモデル校で実証実験を進めるため、2018年度予算案にWi-Fi環境の整備費として2億3,000万円を計上している。予算原案は1月26日に発表予定。 2016年7月に文部科学省が策定した「教育の情報化加速化プラン」。児童生徒一人一台の教育用コンピューター環境の実現や、校務支援システムの普及推進が求められていることを受け、教育現場を“スマートスクール”化しようとする取組みが全国で進んでいる。利用に伴い、教員の指導力や効果的な活用方法だけでなく、導入にかかる費用が課題にあげられて久しい。 東京都は国のスマートスクール構想を受け、2020年に向けた個人スマホの授業活用に乗り出す。これまで行ってきた一人一台のコンピューター環境整備に加え、すでに多くの生徒が所持しているスマホを授業で活用できるようにする。コンピューター環境の導入にかかるコストを削減しながら、生徒が使い慣れたスマホを用いたICT授業を広く展開するねらい。 個人端末を授業に持ち込むため、東京都はモデル校10校を選定し、平成30年度からBYOD(Bring your own device、個人の端末を持ち込んで授業や仕事で利用すること)実現に向けたWi-Fi環境整備を行う予定。環境整備にかかる費用は、2018年度予...more
カテゴリー:

もっと見る

「コンピューター」の画像

もっと見る

「コンピューター」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT コンピュータ...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる