「コンビニ各社」とは?

関連ニュース

実は断然優秀。コンビニ各社がシニア世代を積極的に雇う真の理由 - 04月16日(月)20:12 

昨今、コンビニ各社がシニア世代を積極的に雇い入れていることをご存知でしょうか。無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』の著者で繁盛戦略コンサルタントの佐藤きよあきさんによると、それは決して「高齢者の雇用促進」という面からではなく、純粋にシニア層の能力を買ってのことだと言います。佐藤さんは記事中その理由と、今後「シニア店員」に期待される大きな役割についても記しています。 「シニア店員」を積極的に採用しろ! いまコンビニ各社は、店員さんへのシニア層の採用を積極的に行っています。政府が訴えている「高齢者の雇用促進」ではなく、シニア層の“能力”を買っての採用です。 セブン‐イレブンは、年齢無制限で、労働日数・労働時間も相談に応じています。なぜ、そこまでしてシニア層を採用するのでしょうか。それは、「コンビニが社会で果たす役割」にあります。言い換えれば、社会から求められていることに応えるためには、シニア層の力が必要なのです。 シニア層は社会経験が長く、常識や人との接し方を知っています。SNSで暴走するような若い店員のようなことはしません。学生やフリーターと比べると、勤務態度が良く、遅刻や欠勤も少ないのです。世代的に真面目な人が多いので、自分の与えられた仕事・役割をきちんと理解しています。それが、若い店員にも良い影響を与えていると言います。 しかし、これらはシニア層の“素質”で...more
カテゴリー:

消え行く中堅コンビニ、ミニストップやポプラに未来はあるのか? - 04月16日(月)04:30 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回の「各コンビニにおけるドリンク商品の棚割り」に続き、今回取り上げるのは「中小コンビニチェーンの決算」について。ポプラやスリーエフといった、ローソンとの提携を進めている各チェーンの決算を読み解くことで見えてくる、中小コンビニチェーンが今後進むべく方向性について、日比谷さんが論じています。 ローソンへの転換が進むポプラとスリーエフ コンビニ各社の“健康状態”を知るために、定期的に行っている決算のチェック。ところが、最近ではどのチェーンもホールディングス化が進んでおり、コンビニ事業会社の単体IRを取得することが、困難になってきている。 そこで今回は、今では数少なくなってきている単体IRが取得できるチェーンのなかから、ポプラとスリーエフの決算をチェック。この両社に共通するのが、同業の大手チェーンであるローソンと事業提携し、Wブランドのコンビニ形態を出店しているという点だ。 ポプラとローソンの提携では、「ローソン・ポプラ」への業態変更が順次進んでいる。これは両社が共同出資して「ローソン山陰」という企業を立ち上げ、FCパッケージ自体をポプラからローソンに変更するというもの。言うなればポプラからローソンへ店舗移管するという形で、今後286店舗が転換される予定だ。 いっぽうのスリーエフも、ポプラと同...more
カテゴリー:

ローソン「おにぎり屋」新旧食べ比べ!【吉原潤一のもぐもぐグルメハンター】 - 04月16日(月)11:00 

 こんにちは! たべもの記念日研究家・フードアナリストの吉原潤一です。今週は新商品というより、リニューアル商品をピックアップします。4月10日、ローソン「おにぎり屋」が一新したという話題です。  コンビニ各社は、毎年こぞってこの時期におにぎりで仕掛けてきます。なぜなら、春の行楽シーズン、老若男女が一番おにぎりを手に取る季節だからです。  そんな中、大鉈を振るって仕掛けてきたのが、ローソン。2018年3月から「ごちろう。(ごちそうローソン)」をキャッチコピーに、カウンターフーズ、ローソン・ベーカリー、サンドイッチ、ウチカフェなど、主力カテゴリーをこぞって刷新してきました。そして最後になろう砦が、今回の「おにぎり屋」です。  リニューアル日前日の4月9日、私は都内某エリアのローソンを駆け巡っていました。新旧のおにぎり屋を入手して食べ比べたいもくろみでしたが、すでに新デザインのパッケージが出回っている大誤算。その日、5店舗目のローソン。ダメもとで入った深夜、日付が変わって4月10日のローソンにて、目を疑うようなおにぎりの在庫ぶり。運良く胡麻さけ、和風シーチキンマヨネーズ、わかめごはんの3種類を新旧ゲットしました。 ■特にツナマヨは、具材たっぷりでおいしい!  なんでも、ローソンホームページによると、ゲットした胡麻さけ、ツナマヨ、わかめの3種類とも「具っ...more
カテゴリー:

【コンビニ】弁当もヘルシーに=野菜たっぷり、添加物削減 - 04月08日(日)01:21  newsplus

2018年04月07日15時50分 時事 https://www.jiji.com/jc/article?k=2018040700404&g=eco  コンビニエンスストア各社が、野菜を多く使ったり添加物を減らしたりした「ヘルシー」な弁当や総菜の販売に力を入れている。 自分で食事を作るより、外部から手軽に調達したいという共働き世帯や高齢者が増える中、コンビニ弁当の不健康な印象を一掃し、安心して夕飯の食卓に載せてもらおうとの狙いだ。  セブン-イレブン・ジャパンは3月から、「1日の必要量の2分の1以上の野菜を使用」するなど独自の基準を満たしたおにぎりや弁...
»続きを読む
カテゴリー:

「コンビニ各社」の画像

もっと見る

「コンビニ各社」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる