「コンサルティングサービス」とは?

関連ニュース

アクセンチュア、金融機関向けにデジタル変革支援の新サービス(ニュース) - 11月16日(木)16:49 

 アクセンチュアは2017年11月16日、金融機関向けにデジタル変革を支援する新サービスを始めると発表した。デジタル化に向けたIT基盤の構築・活用支援サービスと、デジタル化による業務変革を支援するコンサルティングサービスの2つだ。
カテゴリー:

楽天、教育機関・企業向け「英語教育コンサルティング」スタート - 11月16日(木)13:15 

 楽天は、総合英語学習サービス「Rakuten Super English」において教育機関や企業・団体向けに行う英語教育コンサルティングサービスを本格的に開始した。Webサイトでは、先行導入したダイハツ工業のCS本部や同志社中学校の事例を紹介している。 楽天は事業のグローバル展開拡大に伴い、2010年より社内公用語を英語にする取組みを開始。現在では、従業員のTOEIC平均スコアは830点を超えているという。 社内公用語の英語化を効率的に実現してきた経験を生かした「Rakuten Super English」は、テクノロジーを活用した実用的な英語学習や新しい学習スタイルを提案するサービス。これまでは、おもに英語学習者に向けて英語力向上を支援するツールやサービスを提供してきた。 今回、法人からのニーズが高まり、支援内容・方法を体系化。教育機関や企業・団体向けの英語教育コンサルティングサービスとして提供することになった。導入前のヒアリングから、継続学習を促す仕組み作り、プロセス管理、ゲーミフィケーションを取り入れた英語学習アプリ、目標設定や学習記録管理の支援ツール導入まで、教育機関や企業・団体の状況やニーズに合わせたコンサルティングを実施する。 サービスでは、自己学習の習慣化を支援するツール「Leaning Record」の導入を推奨。学習者の学習状況やTOEICスコアの履歴を可視化す...more
カテゴリー:

楽天、学校や企業対象の英語教育サービスを本格展開 自社の経験生かす - 11月16日(木)13:56 

楽天は15日、学校や塾といった教育機関ならびに企業、団体を対象とした英語教育コンサルティングサービスを本格的に開始すると発表。
カテゴリー:

みずほ、店舗の半数小型化 400拠点検討 1.9万人分の業務量削減 - 11月09日(木)06:05 

 みずほフィナンシャルグループ(FG)が今後10年程度で、全国の店舗の半数に当たる約400店を小型化する検討に入ったことが8日、分かった。金融コンサルティングサービスに特化した店舗に切り替える。同社は今後10年程度で、グループ全体の約3分の1に当たる1.9万人分の業務量削減を目指している。支店網の再編と組織のスリム化で収益力の強化を図る。
カテゴリー:

「コンサルティングサービス」の画像

もっと見る

「コンサルティングサービス」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる