「コルセット」とは?

関連ニュース

杉原杏璃、魔改造レベルの究極くびれを生み出してしまう「あばら折れるかと思った」 - 02月22日(水)15:45 

 グラビアアイドルの杉原杏璃さんが2月20日、ウエストを極限まで絞ったコルセット姿をブログで公開しました。空間が捻じ曲がってる……のか? 【拡大画像や他の画像】  「あばら折れるかと思った衣装でした」と、グラビア撮影で着用したというコルセット姿を公開した杉原さん。ガーターベルトが付いたストッキングに大人っぽい下着姿がとってもセクシーですが、スラっと伸びた足から視線を上に移していくと、腰元からウエストにかけて人体にはあり得ないはずの急角度が登場。コルセットでギリギリギリと締め上げた末に完成した恐ろしいほどのくびれと、その反動かのようにボンッと衝撃の盛り返しを見せるバストが相まって、さながら砂時計のような造形ですね。  ファンからは「何というセクシーさ」「こんなにウエスト絞ることできるんだ」「杏璃ちゃんだからできること」など称賛のコメントが寄せられたほか、「こっちも苦しくなってくる」「内臓に良くないから、あまり着ないでくださいね」など、杉原さんの身体をいたわる声もあがっていました。  「私。。。1時間が限界」と過酷な撮影を振り返った杉原さんですが、34歳にしてグラビアの第一線で活躍し続ける美ボディーはさすがの一言。ブログではこのほか、撮影のオフショットやおやすみ前のランジェリー姿なども多く公開しています。やっぱりプロは違うな。 【関連記事】 ・益若つばさの自撮り写真にフォロワー騒然 ...more
in English
カテゴリー:

ぎっくり腰を予防するために気をつけるべきこととは? - 02月20日(月)14:00 

突然激痛に襲われるぎっくり腰。中には、何度もぎっくり腰になってしまったという人もいるでしょう。あの激痛に襲われないための予防法はあるのでしょうか。専門家にお聞きしました。 30代男性からの相談:「ぎっくり腰を簡単に予防する方法を教えて下さい」 『 最近になって腰が痛くなってきたのですがちょっとしたことでぎっくり腰によくなるようになりました。 例えば自動販売機でジュースを買って商品を取ろうと思って屈んだ時になったり、ひどい時には思いっきりくしゃみをした瞬間にぎっくり腰になったこともありました。 あのぎっくり腰の痛みはもう経験したくないので気をつけるようにはしてますが、何か簡単に出来るぎっくり腰の予防法はありませんでしょうか? あればぜひ教えていただきたいです。 』 似た質問もチェックしてみましょう>>ぎっくり腰は病院と整骨院どっちで治療すべきか? ぎっくり腰にならないためには何をすればいい? 何度も再発するぎっくり腰。再発を予防するには何をすればいいのか、専門家にお聞きしました。 『 ぎっくり腰を予防するには、身体の柔軟性と筋肉を付ける為の腹筋、体幹運動をする習慣をつけることが大切になります。(看護師) 』 『 ぎっくり腰や腰痛を予防するためには、腹筋、背筋を鍛えることが大切です。また、中腰の姿勢で力を入れて、持ち上げようとすると注意...more
in English
カテゴリー:

【芸能】市川由衣:出産後初イベントで「ぎっくり腰」告白 コルセット着け「立っているのがやっと」 - 02月18日(土)20:34 

 昨年9月に第1子となる男児を出産した女優の市川由衣さんが18日、東京都内で行われた妻夫木聡さん主演の映画「愚行録」(石川慶監督)の初日舞台あいさつに登場した。出産後初のイベント出席となった市川さんは、劇中に登場するせりふにちなみ、「秘密にしていること」を聞かれると、「3日前に息子を予防接種に連れていったときに、ぎっくり腰になりました」と告白。「今、コルセットをつけて針を入れたまま、立っているのがやっと、気合で立っています。昨日までこの場に立てるか分からなかった」と明かすと、客席から拍手が起きた。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

妻夫木聡、勝負パンツは「ジョーズ」!履きすぎて「穴が空いていた」 - 02月18日(土)12:10 

 第135回直木賞候補作になった貫井徳郎氏の小説を映画化した「愚行録」が2月18日、全国78スクリーンで公開初日を迎え、主演の妻夫木聡をはじめ共演の満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、メガホンをとった石川慶監督が東京・丸の内ピカデリーでの舞台挨拶に立った。 ・【フォトギャラリー】妻夫木聡、満島ひかりら、その他の写真はこちら  未解決のエリートサラリーマン一家殺害事件を追う雑誌記者・田中(妻夫木)が、関係者たちの本性を目の当たりにする姿を通じ、羨望、嫉妬、駆け引きなど、誰もが日常的に積み重ねている“愚行”を映し出す。早朝の上映にも関わらず満場となった客席に向け、妻夫木は「明るい作品ではないかもしれません。しかし皆さんの心に確実に爪あとを残せる、今後の人生で『自分とは何か』を考えさせるパワーを持っています。しかと、スクリーンに引き込まれてください」と自信に満ちた言葉を投げかけた。  さらに「妻夫木と満島、兄妹役の感想は」と問われると、妻夫木は「ひかりちゃんとは、話し合い抜きにして通じ合っている部分があると僕は思っています」。「悪人」「スマグラー おまえの未来を運べ」など共演作が多く、プライベートでも親交が深いからこそ「女優としても尊敬していますし、人間としても付き合いが長いので、いちいち話し合って構築していくよりも、感覚として一緒にいられると思った」と...more
in English
カテゴリー:

「いらすとや」と「けもフレ」サーバルちゃんがまさかの融合 たつき監督「フリー素材が出たと聞いて」 - 02月18日(土)11:23 

 フリー素材を提供する「いらすとや」が新作「サーバルのイラスト」を公開し、「“いらすとや”がフレンズに飲み込まれた!?」とネットがざわつく中、うわさを聞きつけたテレビアニメ「けものフレンズ」のたつき監督が2月17日、「いらすとや」のサーバルキャットと「けものフレンズ」のサーバルちゃんのコラボイラストを投稿しました。「けものフレンズ」のその姿勢、嫌いじゃない。 【拡大画像や他の画像】  ツイートされたのはサーバルキャットの背中に話題のサーバルちゃんがちょこんとまたがり招き猫ポーズをキメるキュートなイラスト。イラストには「かーわいー!」「リアルサーバルちゃんもかわいいね」「サーバルにまたがるフレンズなんだね!」「公式の絵が描けるフレンズなんだね!」といった多くのフレンズからのコメントが寄せられています。  こうして並べてみるとサーバルちゃんの姿はサーバルキャットの特徴をアニメ映えする衣装にしっかりと落とし込んだものであることが伺えます。ハイウエストでコルセットタイプのスカートはいわゆる“童貞を殺す服”の原点。そこに「ノースリーブ」「絶対領域」「特殊ケモミミ」といった要素を足しつつ、全体をサーバルキャットの大きな特徴でもあるヒョウ柄でうまくまとめ上げています。すごーい!  また、以前も第1話に登場したカバさんのデザインを絶賛するツイートが話題になりました。パッと見ではどの辺がカバなのか疑...more
in English
カテゴリー:

杉原杏璃 過去最高に締め上げた写真公開「あばら折れるかと」 - 02月21日(火)19:23 

グラビアアイドルの杉原杏璃(34)が、自身のブログで、今までで一番後ろのひもを締め付けたというコルセットを着用した写真を公開した。 「コルセットは今まで 沢山着てきましたが こんなに後ろの紐を締めあげたことはかつてなかったです!!!」 「ここ最近で一番、痩せてしまった時期の撮影だったにせよ あばら折れるかと思った衣装でした」 というくらいきつい衣装だったという。 実際7年前のブログでは、コルセットを締め付けすぎてあばらを痛めてしまい寝るときも仰向けで寝られない状態になってしまったことを明かしていた杉原。 普段くびれを作るときは、コルセットの要領で高校の制服のスカートはいたり、腰痛洋のベルトを腰に巻き付けたりすることで、ウエストを締め続けるいるという方法を紹介していたが、やはり締め付け続けられるのはきついようで、 「17世紀頃のヨーロッパの女性は1日中、当たり前にドレスの下にコルセット付けてたんですもんね やはり ウエスト締めすぎて 浅い呼吸しかできず 気絶したりしてたみたい 女子力高すぎ 私。。。1時間が限界」 と、昔の人のすごさを痛感している。 【関連記事】 ・「締めあげ 締めあげ。」(杉原杏璃オフィシャルブログより) ・杉原杏璃 手作りバレンタインをやめた理由明かす「重たいかな」 ・杉原杏璃 きわどいミニスカセーラー服姿公開「女神」「反則」 ・杉原杏璃が実...more
in English
カテゴリー:

サッシュベルト人気、ヤングレディス春商戦 - 02月20日(月)06:11 

 ヤングレディス専門店で今春、サッシュベルトが売れている。トレンドとしてウエストマークが注目される中、女性のクローゼットになかった新鮮なアイテムとして人気を集めている。 「ローリーズファーム」ラフォーレ原宿店では、自分で結ぶリボンタイプのサッシュベルトが人気。2900円。色は使いやすい黒など。ベルトの影響で、「今年はシャツ、ブラウスの着こなしも変わった」という。ウエストインではなくアウトにして、上からベルトで絞るスタイルが増えている=写真。軽いガウン感覚のトレンチコートの上に合わせるのもおすすめだ。 「アースミュージック&エコロジー」ルミネエスト店でも、サッシュベルト単品(2590円)や、サッシュベルトがセットになったボトムが人気。チュニックシャツを上からベルトで縛って、ワイドデニムパンツを合わせるスタイリングなどを提案している。 今春夏はサッシュベルトのほかにも、より幅広のコルセット風ベルトや、共布のリボンベルト付きボトムなど、ウエストマークのスタイルを打ち出すブランドが多い。ヤングだけでなく、OL向けブランドでも売れ筋になっており、今後さらに店頭で広がりそうだ。
in English
カテゴリー:

市川由衣、出産後初の公の場に登場!子育て中にギックリ腰「立っているのがやっと」 - 02月18日(土)12:56 

 女優の市川由衣が18日、都内で行われた映画『愚行録』初日舞台挨拶に、妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、松本若菜、中村倫也、石川慶監督と共に出席した。劇中「秘密って大好き」というセリフが印象的であることにちなみ、登壇者の秘密を聞くコーナーでは、昨年9月に第1子を出産以来、初の公の場に登場した市川が「3日ぐらい前、息子の予防接種に行くときに(抱きかかえた際に)ギックリ腰になってしまい、いまコルセットと針治療をしているのですが、立っているのがやっとなんです」と明かして会場を沸かせた。【関連】妻夫木聡、満島ひから登場『愚行録』初日舞台挨拶フォトギャラリー 本作は貫井徳郎の同名小説を、妻夫木や満島ら実力派俳優たちで映画化。エリートサラリーマンの夫と専業主婦の妻、可愛い一人娘という絵に描いたような幸せな家庭を襲った一家殺害事件。その真相を追う週刊誌記者(妻夫木)が取材を重ねるごとによって浮かび上がる驚愕の事実を描いた群像ミステリーだ。 市川のほかに次々と明かされる秘密。主演の妻夫木は「今日勝負パンツをはいているんです」と打ち明けると「上手になんでもできるようにジョーズのパンツ。でも何度もはいているので、穴があいてしまって自分で縫いました。いま僕のここにはジョーズがいます」とお尻を押さえ、客席を笑いに包み込む。 そんな妻夫木の妹役として物語に重要なインパクトを与える満島は「映画に出始...more
in English
カテゴリー:

市川由衣、出産後初の公の場「立っているのがやっと」とギックリ腰を告白!妻夫木らと秘密を明かす - 02月18日(土)11:59 

貫井徳郎の同名小説を映画化した『愚行録』の初日舞台挨拶が2月18日に丸の内ピカデリーで開催され、妻夫木聡、満島ひかり、小出恵介、臼田あさ美、市川由衣、松本若菜、中村倫也、石川慶監督が登壇。映画のセリフにちなみ、それぞれが“秘密”を告白した。 【写真を見る】市川由衣、出産後初の公の場!ノースリープトップスに超ショート丈のパンツ姿で登場 本作は、一家惨殺事件の真相を探る週刊誌記者の目を通して、事件にかかわる人々の本性が明らかになっていく様を綴る人間ドラマ。 劇中、満島演じる光子が「私、秘密って大好き」というセリフがあることから、登壇者陣が“秘密”を明かすこととなった。会場を最も驚かせたのが、昨年9月に夫で俳優の戸次重幸の間に第1子となる男児を出産して以来、初の公の場に登場した市川の告白だ。 市川は「3日くらい前に息子を抱っこして予防接種に行ったんですが、その帰り道にギックリ腰になりまして。今、立っているのがやっとです」と必死の思いでステージに上がっていることを激白。 さらに「コルセットをして、鍼をさしたままここに立っています。昨日まで出られるか怪しいくらいだった。絶対にみなさんと一緒に立ちたいと思っていたので、気合いで立っています!」と笑顔で健気な思いを語り、会場から拍手を浴びていた。 妻夫木は「今日、勝負パンツを履いてます」とコメントして会場も大爆笑。中村から「どんな?」と聞かれると...more
in English
カテゴリー:

市川由衣、子育てでぎっくり腰「立っているのもやっと」 - 02月18日(土)10:56 

 女優の市川由衣(30)が18日、都内で行われた映画『愚行録』初日舞台あいさつに出席した。劇中の「秘密って大好き」というセリフにちなみ、キャストが秘密を暴露するなか、市川は「3日ぐらい前に息子を連れて抱っこして予防接種に行った帰り道、ギックリ腰になりまして」と告白した。 【写真】“勝負パンツ”をはいてきたという妻夫木聡  市川は「立っているのもやっと」と言い、「コルセットして鍼をさして、今ここに立っています」と苦悶の表情。それでも市川は「昨日まで出れるかちょっと怪しいぐらいだったんですけど、絶対に皆さんと立ちたいと思って、気合いで立っています」とプロ根性を見せていた。  また、主演の妻夫木聡(36)は自身の秘密について「きょう勝負パンツはいてます」とぶっちゃけると、共演者は「どんな?」と興味津々。妻夫木は「“上手に”なんでもできるようにジョーズのパンツをはいてます」と明かし「あまりにはきすぎて穴が空いていたので、つい先日、自分で縫いました」とこだわり見せ、会場の笑いを誘っていた。  同作は、デビュー作『慟哭』で脚光を浴び、『乱反射』で第63回日本推理作家協会賞を受賞、『後悔と真実の色』で第23回山本周五郎賞を受賞した作家・貫井徳郎氏の同名ミステリーを映画化。人間関係における秘められた羨望、嫉妬、駆け引き、日常的に積み重ねられた無意識な愚行が複雑に絡み合う戦慄の群像劇。  ...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「コルセット」の画像

もっと見る

「コルセット」の動画

Wikipedia

コルセット()は、女性用ファウンデーションの一種で、近代から現代にかけて、欧州大陸で一般に使用された。胸部下部よりウェストにかけてのラインを補正する役割を持ち、ヒップの豊かさの強調と対比的に、胴の部分を細く見せた。イギリスでは、コルセットとほぼ同じ目的の補正下着としてステイズ()があった。重層的な構造を持っていたので、ヨーロッパ北部では保温目的でも着用された。20世紀半ば以降は、ファウンデーションの素材の進化とファッションの方向性の変化で、コルセットは廃れ、今日では、医療用や趣味を目的として使用される。

コルセットの着用

right 右はコルセットを着用する女性と、それを手伝う女性の図である。 コルセットの形状を維持するためのボーンは鯨髭、ないしは鉄鋼製であった。通常、背後にはハトメに紐を通したレース部分があり、ウエスト部分から取り出された紐を締め付ける事によってウェストをぎゅっと細くする。このような下着では着用に多少時間がかかるが、一人で着用する事も十分に可能である。しかし、右の図のように装着時に手伝いの手があるとよりよく、より早く着付けることができる。 後年、女性の社会進出と共にコルセットが廃れていったのは、コルセットの装着に時間や手間がかかるのもその一因となっている。

コルセットの歴史

14世紀後半、ヨーロッパにて細身の上着が着用されており、上流階級の男性女性ともに、体の線を整えるために使用されるようになり、15世紀後半、やわらかな山羊の皮を素材としたコルセットが登場した。飯塚信雄ファッション史探検新潮選書、1991年、58頁

16世紀、女性の服装は上半身は細身で、スカートは大きくたっぷりした...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる