「コルセット」とは?

関連ニュース

BABYMETALのLINEスタンプ登場 「うたんぷ」配信開始 - 12月15日(金)14:32 

 3人組メタルダンスユニット・BABYMETALが、LINE公式スタンプ「うたんぷ」の配信をスタートした。 【画像】五月女ケイ子氏が描いたベビメタLINEスタンプ  「うたんぷ」はアーティストの楽曲をLINEで送ることができるスタンプ。BABYMETALのイラストは、レトロでシュールな作風のイラストレーター・五月女ケイ子氏が担当した。  メンバーがおなじみのフォックスサインをしたり、火を噴いたり、踊ったりするコミカルなイラストが描かれ、「女は女優よ」「なめたらいかんぜよ」といった歌詞の引用も。「イジメ、ダメ、ゼッタイ」や「KARATE」「BABYMETAL DEATH」などの楽曲を聴くことができる。 【関連記事】 BABYMETAL、YUIMETALが広島2days休演 中止せず2人で敢行 (17年12月02日) BABYMETAL、12月にSU-METAL“聖地”広島で初の凱旋公演 (17年10月15日) ベビメタ圧巻の東京ドーム初公演 コルセット装着11万人熱狂 (16年09月20日) 海外でも話題のBABYMETAL、東京ドーム公演で見た人気の理由 (16年09月22日) BABYMETAL、『サマソニ』メインステージ「ついにここまで」 (17年08月21日)
カテゴリー:

人間関係が原因にも…「腰痛」原因とメカニズムを医師が解説 - 12月06日(水)16:00 

2800万人ーー。これは厚生労働省研究班の調査による、40歳以上の“腰痛患者”の総数だ。40~60歳の4割が腰痛に悩まされているという。 「日本人の8割が一生に一度は経験するという腰痛は“国民病”といっても過言ではありません。その苦しみから解放されるためには、しっかりとした知識を持ち、正しい対処法を知ることが重要です」 こう語るのは、腰痛研究のスペシャリストである松平浩先生(東京大学医学部附属病院特任教授)。 「とくに女性の骨盤は妊娠・出産に適応するため幅広い形になっていて、歩いたり立ったりするだけでも、腰まわりの筋肉やじん帯への負荷がかかりやすい。また、女性ホルモンの影響やハイヒールの着用、育児や家事などで前かがみになって作業する機会が多いことなどから、女性は腰痛になりやすいのです。’12年に世界54カ国で調査した研究では、男性より女性のほうが2割も腰痛持ちが多いと報告されています」(松平先生・以下同) そんな腰痛は、もちろん特定の病気の名称ではない。腰を中心に、背中、お尻に感じる痛みやハリなどの不快感の総称である。そして、大きく2種類に分かれている。 「血液検査、レントゲンやMRIといった画像診断で痛みの原因が特定できる『特異的腰痛』は全体の15%にすぎません。あとの85%は原因がハッキリしない『非特異的腰痛...more
カテゴリー:

【イラストでわかる着こなし図鑑vol.5】今季トレンドの大本命! チェック柄で作る秋冬コーデ - 12月10日(日)16:10 

秋冬になると着たくなるチェック柄。しかしチェック柄と聞くと、シャツなどカジュアルなアイテム・着こなしをイメージする人も多いのでは? しかし今年はそんなイメージとは異なり、レディなチェックアイテムが大豊作。今季着たいチェック柄アイテムを、インスタグラムで配信しているファッションイラストが「かわいい!」と大人気の、イラストレーター・よぴさんのイラストでご紹介します。 ■テーマ:チェック柄アイテム ■今季のチェック柄のトレンドは“英国風”がキーワード チェック柄と一口に言っても実はその種類は数多くあります。制服などでもおなじみのアーガイルチェックや男性のシャツによく用いられるピン・チェック、有名なバーバリーチェックなど多数ありますが、今季のチェック柄のトレンドはなんといっても英国風チェック! 千鳥格子をモチーフにしたグレンチェックや定番のタータンチェックが該当します。どちらもスコットランドに由来していて、この柄を採用したアイテムは今季どのブランドからも必ず一種類は出ているといっても過言ではないほど、多数発表されています。また、今季はチェック柄だけではなく、チェック柄と他の柄を組み合わせたり、かけ合わせてデザインしたアイテムなども豊富! ■幼くなりがちなスカートはタイトシルエットで 前述したように、アウター・トップス・ボトムと、今季さまざまなアイテムが出ているチェック柄。しかしア...more
カテゴリー:

「コルセット」の画像

もっと見る

「コルセット」の動画

Wikipedia

コルセット()は、女性用ファウンデーションの一種で、近代から現代にかけて欧州大陸で一般に使用された。胸部下部よりウェストにかけてのラインを補正する役割を持ち、ヒップの豊かさの強調と対比的に、胴の部分を細く見せた。イギリスでは、コルセットとほぼ同じ目的の補正下着としてステイズ()があった。重層的な構造を持っていたので、ヨーロッパ北部では保温目的でも着用された。20世紀半ば以降は、ファウンデーションの素材の進化とファッションの方向性の変化で、コルセットは廃れ、今日では、医療用や趣味を目的として使用される。

コルセットの着用

right 画像はコルセットを着用する女性と、それを手伝う女性の図である。コルセットの形状を維持するためのボーンは鯨髭、ないしは鉄鋼製であった。通常、背後にはハトメに紐を通したレース部分があり、ウエスト部分から取り出された紐を締め付ける事によってウェストを細くする。このような下着では着用に多少時間がかかるが、一人で着用する事も十分に可能である。しかし、右の図のように装着時に手伝いがあるとより良く、早く着付けることができる。後年、女性の社会進出と共にコルセットが廃れたのは、コルセットの装着に時間や手間がかかるのもその一因とされる。

コルセットの歴史

;14世紀後半

ヨーロッパにて細身の上着が着用されており、上流階級の男性女性ともに、体の線を整えるために使用されるようになり、15世紀後半、やわらかな山羊の皮を素材としたコルセットが登場した。飯塚信雄ファッション史探検新潮選書、1991年、58頁

;16世紀

女性の服装は上半身は細身で、スカートは大きくたっぷりしたものになり、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる