「コラム」とは?

関連ニュース

コラム:不安先行のトランプ円高は短命か=尾河眞樹氏 - 03月27日(月)02:16 

[東京 27日] - 昨年11月8日に行われた米大統領選後のドル円相場を整理すると、3つのステージに分けられる。第1ステージは、11月8日から1月20日までの「トランプ・ラリー」だ。トランプ大統領の掲げてきた減税やインフラ投資といった景気刺激策への期待から、期待インフレ率と米長期金利が上昇し、米株価とドル円がパラレルに上昇した。
in English
カテゴリー:

あなたの卵巣年齢は?検査したら驚きの数値が…【目指せ!デキたら婚】 - 03月26日(日)16:12 

“デキたら婚”を狙って、独身だけど妊活している雑食系恋愛ジャーナリストのおおしまりえです。  私のカラダはちゃんと子どもがデキるようになっているのか。そこで通っている病院での卵巣年齢検査をやってきました。それは正式名称「抗ミュラー管ホルモン(AMH)」といい、卵子の残り数を表す目安の数値といわれています。  この数字が低ければ卵巣は老化していると表現され、高ければ卵子の残り数が多いことの証拠であり、つまり妊娠リミットの1つの目安の数値になる。それが「抗ミュラー管ホルモン」です(ちなみにこれは、数値が低いから妊娠できないとか、数値が高いから妊娠しやすい、という話ではありません)。 ◆なぜかチャラい男性医師が私の卵巣年齢を……診る!  前回のコラムで、妊活の入り口としてこの検査を受診した筆者。不妊治療知識のなさに気づき、勉強し、そして本日結果報告に挑んだのです。が、気合を入れて診察室に入ったら、予想外の人物に遭遇しました。 「よーろしくお願いっしゃーす!」 …………軽っ!!  30代中盤の男性担当医は、私が診察室に入室すると、こう挨拶をしてくださいました。長めにウェーブさせた茶髪に、胸元には高そうなネックレス。  チャ、チャラい!!!(震え) 「はーい。んじゃね、今日は結果報告だねー」  た、ためぐち……。私の困惑をよそに“チャラドクター”は淡々と話を進めていきます...more
in English
カテゴリー:

「ラ・ラ・ランド」から「チア☆ダン」への流れを読む【コラムニスト木村和久】 - 03月26日(日)15:55 

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その158 ―  最近の映画はアカデミー賞6冠に輝いた「ラ・ラ・ランド」の話題で持ち切りですね。さる男性週刊誌ではコラムのネタが「ラ・ラ・ランド」ばっかりで、被りまくってました。おじさん、おばちゃん世代に食いつきがいいようです。その理由を監督のデイミアン・チャゼルの演出から覗いてみたいと思います。 ◆オヤジ受けする理由①「タラレバ」演出  最近のヒット作では「君の名は。」が熟年世代号泣映画として注目されました。それと同じような構造が「ラ・ラ・ランド」にあります。すなわちラストにかけての「タラレバ」演出です。つまり、「もしあのとき、あ~だったら、こういう人生を送っていたかも」という自分の人生と重ね合わせて見せる演出に魅せられたのです。  誰でも一度は体験するホロ苦い経験はあります。美人ピアニストが缶ビール片手に「リッチしよう」と言ったから、部屋飲みをしたけど、何も起こらなかった。あとでメールが来て「思い切って、エッチしようと言ったのに」って、ガーン、聞き間違いかよ~。まさか彼女の口から「エッチ」が飛び出すとは思いませんね。だったら口説けば良かった。すでに頭の中では「あの日~♪あの時~♪」って、小田和正の歌が、頭の中で走馬灯のように流れているし。  このように、年配の方にとって「ラ・ラ・ランド」のタラレバ演出は、かなり尾を引くようです。 ◆オ...more
in English
カテゴリー:

「マスコミ、死ねよ!」 出待ちファンの前に入った時、胸にグサッと刺さった言葉 - 03月26日(日)15:44 

「マスコミ、死ねよ!」取材中胸に刺さった言葉 日刊スポーツ 3/26(日) 13:15配信 <ニッカンスポーツ・コム/芸能番記者コラム> 新人記者として過ごした1年間で、印象に残り、戒めとしている言葉があります。 トラブルを起こした某アーティストのライブ終演後、本人を直撃するため、出待ちした時のことです。 会場に到着すると、楽屋通用口前の歩道に、既に30人ほどの取材陣が集まっていました。 ロープで仕切られた車道寄りの歩道には、メンバーの出待ちをするファンが集まり、歩道に陣取る取材陣の肩越しに、通用口を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

いま流行の「ミリ飯」 誰でもできる激旨アレンジ術 - 03月26日(日)14:30 

 最近、何かと気になる「ミリメシ=軍隊のメシ」。普通に食べてもうまいが、ひと工夫すれば、さらに――。その無限の可能性を追求する!  最近、静かにブームを呼んでいる「ミリメシ」をご存じだろうか? 「ミリ」というのは、ミリタリー=要するに、軍隊のこと。世界各国の軍隊、日本では自衛隊が作戦行動を行う際に携行する、持ち運び可能な食料のことだ。 「専門的には“戦闘糧食”、英語では“レーション”と呼ばれます。国によってもちろん献立は違うんですが、基本的には主食+副食というスタイルで、湯せんなど最低限の調理だけで食べられるようになっているんです」(ミリタリーライター)  日本の自衛隊の場合、その中でも、さらに種別があり、「戦闘糧食1型」「戦闘糧食2型」の2種がある。1型はカンヅメの形で2合分の白飯が入った「ごはん缶」と、カレー、牛肉の大和煮、肉じゃがなどのおかずやタクアンが入った「おかず缶」に分かれている。カンヅメだから、なんと3年もの長期保存が可能で、なおかつ作戦行動の際にヘリなどから落としても破損しない強度もある、ミリメシのスタンダードだ。 「通常は2年ほど倉庫に保管され、3年目になると大規模演習などの際に隊員に配布されます。ただ、いつも決まったラインナップが食べられるとは限らないので、調達に失敗すると、おかずがタクアン缶だけになってしまうという悲劇も起きるんですよ」  こう話してくれるのは...more
in English
カテゴリー:

新曲「Dive to Live」も初披露したi☆Risライブ速報レポート!【AnimeJapan 2017】 - 03月26日(日)18:27 

3月25日(土)・26日(日)、東京ビッグサイトで開催された日本最大級のアニメイベント「AnimeJapan 2017」。26日のBLUEステージで、ライブイベント「i☆Ris in AnimeJapan」が開催されました。 AnimeJapan 2017「i☆Ris in AnimeJapan」より 声優とアイドルのハイブリッドユニットであるi☆Risは、Web Newtypeでリレーコラム「i☆Risのあいりすぺくたくる!」を連載していることでもおなじみ。山北早紀さん、芹澤優さん、茜屋日海夏さん、若井友希さん、久保田未夢さん、澁谷梓希さんの6人がパワフルなライブを披露してくれました。 ライブは、「ドリームパレード」からスタート。人気の高い楽曲だけに、観客の熱気も一気に高まります。2曲目の「Happy New World☆」もライブで盛り上がる定番の楽曲。観客たちは推しメンカラーのペンライトを振り、声を張り上げての応援に余念がありません。 自己紹介を挟み、3曲目は3月8日(水)に発売したばかりの14thシングル「Shining Star」(テレビアニメ「プリパラ」1月クールオープニングテーマ)と、4曲目に「Re:Call」と、かっこいい楽曲を連続で熱唱しました。 5曲目は、ライブ初披露となる新曲「Dive to Live」。テレビアニメ「AKIBA'S TRIP -THE ANI...more
in English
カテゴリー:

フジ退社の武田祐子アナはフリー女子アナの新しいカタチ - 03月26日(日)16:00 

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、女子アナが女子アナのままでいることの難しさを考察。  * * *  フジテレビの武田祐子アナが3月31日で退社。フリーに転身することが明らかになった。入社23年目、あと2か月で47才となる“アラフィフ”の決断だ。  出身は山形県山形市。山形大学の付属幼稚園からエスカレーター式で大学まで進み、同大学理学部生物学科卒という“リケジョ”の走りでもある。同期は、木佐彩子、富永美樹、男性は佐野瑞樹アナだ。 『笑っていいとも!』でタモリの横でウミガメの真似を完璧にやってのけたのを始め、看板番組『めざましテレビ』のMCほか、「彼女に仕事が集中しすぎている」と社内で問題視されたこともあったのは木佐。退社後も、もっとも成功している女子アナの一人であり、人気の高さやイメージの良さからCMや雑誌のタイアップ出演の仕事も多い。  そして富永は高校時代、『夕やけニャンニャン』の「おニャン子クラブ」オーディションに参加したタレント志向の強いタイプ。木佐を始め、人気アスリートとゴールインする女子アナが圧倒的に多いフジテレビにあって、ミュージシャンと結婚し、現在は夫婦揃ってバラエティー番組のヒナ壇に座ることも少なくない。  ちなみに佐野アナは、奔放な発言がバラエティーでウケ、私生活でバツ2であることも公表し...more
in English
カテゴリー:

「ラ・ラ・ランド」から「チア☆ダン」への流れを読む【コラムニスト木村和久】 - 03月26日(日)15:55 

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その158 ―  最近の映画はアカデミー賞6冠に輝いた「ラ・ラ・ランド」の話題で持ち切りですね。さる男性週刊誌ではコラムのネタが「ラ・ラ・ランド」ばっかりで、被りまくってました。おじさん、 [...]
in English
カテゴリー:

21世紀の「アリvs猪木」! メイウェザーがUFC王者相手に現役復帰…実現の可能性は? - 03月26日(日)15:00 

総売り上げ600億円超とも言われたマニー・パッキャオ戦の記憶も新しい、元ボクシング5階級制覇王者フロイド・メイウェザーJrが総合格闘技UFC王者との対戦で復帰する気運が高まっている。 その総合格闘家とは、UFC初の同時2階級制覇王者コナー・マクレガー(アイルランド)。昨年5月、メイウェザーが自身の復帰について「対戦相手の第1候補はマクレガーだ」と発言して以降、両者はSNSやインタビューなどで舌戦を繰り広げ、世界のボクシング、格闘技ファンの熱をたぎらせている。 1976年に行なわれたモハメド・アリvsアントニオ猪木の「格闘技世界一決定戦」以来の“世紀の一戦”ともいえるこの試合は、本当に実現するのか? アメリカの格闘技ジャーナリスト、ジョシュ・グロス氏に話を聞いた。 グロス氏は、有力格闘技サイト「シャードッグ」の元編集長で『スポーツ・イラストレイテッド』誌やスポーツチャンネル「ESPN」などの記者を務め、現在はイギリスの「ガーディアン」紙でスポーツ・コラムニストとして活躍。著書にアリvs猪木についてのノンフィクション『Ali vs. Inoki: The Forgotten Fight That Inspired Mixed Martial Arts and Launched Sports Entertainmen...more
in English
カテゴリー:

『ビッグ・リトル・ライズ』ニコール・キッドマン、もっとテレビドラマに出たい - 03月26日(日)14:00 

米HBOのミニシリーズ『ビッグ・リトル・ライズ』に出演しているニコール・キッドマン(『LION/ライオン ~25年目のただいま~』)が、テレビドラマにもっと出演したいと思っていると、述べた。米E!Onlineが報じている。オスカー女優であるニコールは、同作で初めてアメリカ国内のドラマデビューを果たした。「(同作が放送される)日曜の夜、お茶の間で自分の姿が見られることに慣れてないのよ。もちろんとても喜んでいるのだけれど。実際、もっとドラマをやりたいと思っているわ、凄く楽しいもの。この作品の素晴らしいところは、5人の女性がそれぞれとても素敵な役どころだということよ。そしてね、とても面白いことに、それを世界中の人が見ているの。故郷のオーストラリアの友人たちからメールや電話がくるのよ。"あの後どうなるの?"ってね。それが楽しいの」と、映画とはまた違った楽しさがあることを明かした。ドラマ内での夫役であるアレクサンダー・スカルスガルド(『トゥルーブラッド』)との淫らなシーンの感想を聞かれると、「淫らとは言わないけれど、とても複雑なのよ。出演するキャラクターは皆複雑で、そして人間関係も複雑なの。だからこそ、このシリーズはおもしろくて、話題にしやすいのだと思うわ」と答えた。『ビッグ・リトル・ライズ』は、郊外の小学校に子どもを通わせる、完璧な人生を送っているかのように見える3人の母親を主人公に、小学...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「コラム」の画像

もっと見る

「コラム」の動画

Wikipedia

コラム (英語: ''column'')

原義は円柱のこと。円柱形、円筒形または柱状のもの一般を指す。分野によってカラムとも表記する。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる