「コラム」とは?

関連ニュース

EU離脱後の関係巡る合意、将来的に変更は可能=ゴーブ英環境相 - 12月11日(月)14:26 

[ロンドン 9日 ロイター] - 英国のゴーブ環境相は9日、欧州連合(EU)離脱後の英国とEUの関係に関する最終的な合意内容に英国の有権者が納得できない場合、将来の政府に合意内容の変更を託すことができるとの考えを示した。 EU離脱支持派のゴーブ氏は英紙デイリー・テレグラフのコラム記事で「われわれがEUと交渉した合意内容を英国民が受け入れられないなら、将来の英政府はこれを変更することができる」と述
カテゴリー:

S・ストリッカー&S・オヘアが完全V レクシー組は4位 - 12月11日(月)12:42 

<QBEシュートアウト 最終日◇10日◇ティブロンGC(7,382ヤード・パー72)> グレッグ・ノーマン(オーストラリア)がホストを務めるコンビ対抗のオフシーズンイベント「QBEシュートアウト」。ベストボール形式(ペアの内、良いほうのスコアを採用する)で最終ラウンドが行われ、初日から首位を守り通したスティーブ・ストリッカー&ショーン・オヘア(ともに米国)組がトータル26アンダーで完全優勝を飾った。 【関連】W杯でタッグを組んだ石川遼と松山英樹 2打差2位に今大会唯一の欧州ペアとして参戦したシェーン・ローリー(アイルランド)&グレアム・マクドウェル(北アイルランド)組が、4打差3位にパット・ペレス&ブライアン・ハーマン(ともに米国)組が入った。 同大会紅一点のレクシー・トンプソンとトニー・フィナウ(ともに米国)の飛ばし屋コンビは、トータル21アンダー4位タイ。大会連覇を狙ったマット・クーチャー&ハリス・イングリッシュ(ともに米国)組はトータル17アンダー9位タイだった。 【最終結果】 優勝:スティーブ・ストリッカー&ショーン・オヘア(-26) 2位:シェーン・ローリー&グレアム・マクドウェル(-24) 3位:パット・ペレス&ブライアン・ハーマン(-22) 4位T:レクシー・トンプソン&トニー・フィナウ(-21) 4位T:ブレンダン・スティール&キーガン・ブラッドリー(-21...more
カテゴリー:

どんな仕事? 大学生が「正直仕事内容が想像できない」と思う業界・職業ランキング - 12月11日(月)12:00 

大学生が就職先選びで初めに考えるのは、自分に適した業界や職業についてだと思います。でも、知っているようでいて実は、一体なにをやっているのかよくわからないという業界や職業もあるのでは? よく耳にする業界だけど、実は仕事内容は知らない……と思っていたのは、あなただけではないかもしれません。今回は大学生のみなさんに、「どんな仕事をやってるんだろう……?」と業務内容があまり想像できない業界、仕事について聞いてみました。 ■「どんな仕事をやってるんだろう」と業務内容があまり想像できない業界はどれですか?  1位 コンサルティング 101人(25.1%) 2位 インフラ・エネルギー 48人(11.9%) 2位 官公庁・公社・団体 48人(11.9%) 4位 IT・ウェブ・通信 44人(11%) 5位 金融 24人(6%) 6位 メーカー 24人(6%) 7位 流通(商社・卸) 19人(4.7%) 8位 娯楽・レジャー 17人(4.2%) 9位 広告・出版・マスコミ 15人(3.7%)  10位 サービス(人材・冠婚葬祭など) 9人(2.2%) 1位はコンサルティングで101人(25.1%)でした。2位にはインフラ・エネルギーと官公庁・公社・団体。4位以下はIT・ウェブ・通信や金融、メーカーなど、たしかに字面を見ただけでは業務内容が理解しづらい業界が続...more
カテゴリー:

コラム:2018年の投資戦略、悲観より楽観が得策か=村上尚己氏 - 12月11日(月)11:50 

[東京 11日] - 振り返ってみれば株式などリスク資産全般が上昇して終わりそうな2017年だが、2018年はどのような年になるのだろうか。
カテゴリー:

【ライターコラムfrom仙台】“Be STRONG”の道はまだ続く…2017年の仙台が掴んだものとは? - 12月11日(月)11:19 

 果たして2017年のベガルタ仙台は、強いチーム、ストロングなチームになれたのだろうか。  仙台にとっての公式戦全日程が終了した今、このことをあらためて問うのは、2017シーズンのチームスローガンが“
カテゴリー:

コラム:米国の「株主第一主義」で後回しにされる労働者 - 12月11日(月)13:54 

[ワシントン 8日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米労働省が8日発表した11月雇用統計は、非農業部門就業者数が前月比22万8000人増と市場予想を上回る堅調な伸びを示したが、賃金の伸びはさえなかった。トランプ大統領は、共和党が進める税制改革で賃金は大幅に増えると主張している。しかし多くの企業は利益を自社株買いや配当に充てようとしており、米国の「株主第一主義」の風潮が賃金の伸びを抑え込んでいる格好だ。
カテゴリー:

2017年のメジャーとメジャーチャンプを振り返る【舩越園子コラム】 - 12月11日(月)12:16 

先日、セルヒオ・ガルシア(スペイン)が欧州ツアーの「ゴルファー・オブ・ザ・イヤー」に選出され、満面の笑顔で喜びを語った。「今年は本当に素晴らしい1年だった。生涯忘れることのない1年になった」 【関連】あまりにも悔しい… 松山英樹は涙のV逸 19歳の時に鳴り物入りでプロデビューして以来、18年目、メジャー出場74試合目にして今年4月の「マスターズ」を制覇し、37歳にしてメジャー初優勝を遂げたガルシアは、7月には結婚式を挙げ、欧州ツアー2勝を含むシーズン3勝をマーク。そして年の瀬に欧州ゴルフ界の「ゴルファーの中のゴルファー」に選ばれた。 幸福感を噛み締めながら新しい年を迎えようとしているガルシアに、みんなが笑顔で拍手を贈るのは、彼が歩んできた波乱万丈の半生と彼が噛み締めてきた苦渋や努力をみんなも知っているからだ。 かつて天才少年と持て囃されて思い上がり、エチケットもマナーも最悪のゴルファーと化したガルシアは、孤立してスランプへ。しかし、心を入れ替え、ナイスガイに変身し、ようやく達成したメジャー優勝は、どんな人生にも再起のチャンスがあることの証となり、人々に勇気と希望をもたらしてくれた。 大混戦を抜け出し、「全米オープン」を制したブルックス・ケプカ(米国)はプロ5年目でメジャー初優勝。ガルシアに比べれば、格段に近く早い道を辿ったように思えるかもしれないが、彼は彼なりに苦しい道を歩...more
カテゴリー:

【コラム】北朝鮮戦では司令塔役…日本史上最年長でのW杯出場へ、存在感を増す今野泰幸 - 12月11日(月)11:57 

 22歳の若き守護神・中村航輔(柏レイソル)のスーパーセーブ連発、同じリオデジャネイロ五輪世代のダイナモ・井手口陽介(ガンバ大阪)の劇的決勝弾で辛くも北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)に勝ち切った9日の
カテゴリー:

コラム:ユーロ高でドル円上昇か、中国がつなぐ線=高島修氏 - 12月11日(月)11:47 

[東京 7日] - 2017年のユーロドルの底堅さは長期トレンドがユーロ安からユーロ高に転じたことを物語る。とりもなおさず、それは2011年以降続いた長期ドル高局面が終わったことを意味する。
カテゴリー:

宮澤ミシェルがW杯の組み合わせを分析。特に不気味なセネガルだが… - 12月11日(月)11:00 

サッカー解説者・宮澤ミシェル氏の連載コラム『フットボールグルマン』第25回。 現役時代、Jリーグ創設期にジェフ市原(現在のジェフ千葉)でプレー、日本代表に招集されるなど、日本サッカーの発展をつぶさに見てきた生き証人がこれまで経験したこと、現地で取材してきたインパクト大のエピソードを踏まえ、独自視点でサッカーシーンを語る――。 今回のテーマは、2018年6月に開催となるW杯ロシア大会の組み合わせ。グループHに入った日本は、強豪を相手にどのように戦うべきなのか? 対戦相手ごとに分析する。 ****** 注目だったW杯グループリーグの組合せ、その抽選会で、まさか最後まで日本代表が出てこないなんて思わないから劇的だったね。 日本代表はH組に決まったけれど、ドイツ、メキシコ、スウェーデンの待つF組に入ってもいいんじゃないかと正直思っていた。確かに世界王者のドイツは強過ぎるけど、残りの2ヵ国は中南米とヨーロッパのチームだから、過去のW杯で南米勢、アフリカ勢を苦手にしている日本にとっては戦いやすい相手だったのかなとも考えたからだ。 ただ、決まったものは変えられないからね。ポーランド、セネガル、コロンビアの3ヵ国に照準を合わせて、しっかりグルー...more
カテゴリー:

もっと見る

「コラム」の画像

もっと見る

「コラム」の動画

Wikipedia

コラム (英語: ''column'')

原義は円柱のこと。円柱形、円筒形または柱状のもの一般を指す。分野によってカラムとも表記する。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる