「コメント」とは?

関連ニュース

有村架純、カナダで心のデトックス 気持ちを開放して次のステップへ - 12月13日(水)18:00 

 NHKの2017年前期連続テレビ小説『ひよっこ』で主演を務めた有村架純。その放送が9月30日に終了し、出演した映画『ナラタージュ』の公開(10月7日)を見届けた後、「デビューして以来、7年目になりますが、初めて長期の休みをいただきました」。さらに、NHKの紀行番組のロケとして、「行ってみたかったカナダに行くことができました。海外旅行としても最長の10日間。ゆっくり自分の気持ちと向き合うこともできました」。今月大みそかには2回目の『NHK紅白歌合戦』紅組司会という大仕事が控えている中、カナダの旅のみやげ話を聞いた。 【写真】カナダの旅でさまざまな表情をみせる有村架純  先日、約4ヶ月ぶりに更新した公式ブログに「昔は、自分の内にある熱い気持ちや思いを口にバンバン出していたけれど 最近はなんだかそれが恥ずかしい、と思うようになってしまって。そして、怖いとも思うようになりました。そう思っていることが恥ずかしいのになぁ。と思いつつ、臆病な自分が、中途半端に思えてもどかしい」とつづっていたが、そのような思いをブログで公表したこと自体に、彼女の心境変化みたいなものを感じる。  そのきっかけの一つは、カナダロケにあった。旅の日程は10日間。巨大瀑布「ナイアガラの滝」、世界で一番美しい島と呼ばれる「プリンス・エドワード島」、さらには歴史と文化に彩られた「ケベック地方」にまで足を延ばした。 ...more
カテゴリー:

岡井千聖、財布のお金を盗まれるも犯人が自白「魔が差してしまい」 - 12月13日(水)17:49 

元℃-uteのメンバーでタレントの岡井千聖が13日に更新したアメブロで、財布を落とすアクシデントに見舞われたことを明かした。 岡井は「先日お財布を落としました 中身はありませんでした、、、支払いがあったからいつもより多く入ってたこともあって」とショックを隠し切れない様子。しかし、犯人に思い当たる人物がいたため、本人に聞いてみたところ、「魔が差してしまいとってしまいました。と白状してくれました!!!(身内ではありません。)そして、返していただけた!!」と無事に現金が戻ってきたことを報告した。 犯人の詳細については触れられていないが、「本当にありがとうございます!これで電気、ガス代払えます 助かりましたーーーー感謝感謝」と犯人に対して感謝の思いをつづり、「落し物きをつけます」と自戒の念でブログを締めくくった。 ファンからは「千聖ちゃん、気をつけた方が良いよ」「用心しないとね とりあえず良かったのかなぁ。。。」と気遣うコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・よかった( ; ; )(岡井千聖オフィシャルブログ) ・元℃-uteリーダー・矢島舞美 “リーダー論”書籍発売、中澤裕子との対談も ・嗣永桃子 同期℃-uteの解散ライブに刺激「ももちがんばる!」 ・石川梨華、お腹の子どもは“男の子”サプライズ発表も夫は驚かず ・保田圭が“食空間コーディネーター”2級に合格「何度挫折しそう...more
カテゴリー:

瀬戸朝香、41歳の誕生日迎え友達がサプライズ祝い「めっちゃ感激」 - 12月13日(水)17:35 

女優の瀬戸朝香が12日、41歳の誕生日を迎えたことを自身のアメブロで報告した。 「本日、わたくし…41歳になりました~」と報告した瀬戸。「40歳になってしまった~!と思った昨年から、、早くも一年が経ち…月日が経つのは早いなぁとしみじみ感じとります」としながらも、「でも、充実した日々を送れているので早く感じるのかもしれません」とつづった。 続けて、友達家族がサプライズでお祝いに来てくれたと明かし、「めっちゃ感激~!ママさん達お手製のお料理を持ち寄ってくれて…」「どれも美味しすぎました」と、ローストビーフやお重など豪華な食事が並ぶ写真を公開。最後は「40代、まだまだ突き抜けて行きます」と意気込みを語った。 この投稿に「改めてお誕生日おめでとうございます」「年齢をサラッと言えちゃう朝香ちゃんが素敵」「素敵なお友達サプライズに、心温まりました」などのコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・ありがとぅ~(o^^o)(瀬戸朝香 オフィシャルブログ) ・瀬戸朝香、ドラマの撮影で吉岡里帆と2ショット公開「いい感じでしょ~」 ・吉岡里帆初主演ドラマに出演する瀬戸朝香、“ライバル”鈴木紗理奈との2ショットを公開 ・瀬戸朝香、友達を招いて娘の4歳を盛大にお祝い ファンもうらやむプレゼント写真公開 ・瀬戸朝香、子ども3人を連れてディズニーシーへ 息子が成長し「絶叫系もすっかり大丈夫」
カテゴリー:

押切蓮介の最強トラウマコミック『ミスミソウ』実写映画化! 山田杏奈が映画初主演 - 12月13日(水)17:00 

 『ハイスコアガール』『でろでろ』などで知られる人気漫画家・押切蓮介の代表作にして、映像化不可能と言われたコミック『ミスミソウ 完全版』が、山田杏奈主演による実写映画『ミスミソウ』として公開されることが決定した。併せてティザービジュアルや場面写真も解禁された。【関連】『ミスミソウ』実写映画化フォトギャラリー 本作は、ネット上の「トラウマ漫画」系まとめサイトや掲示板で高い支持を誇る押切蓮介のサスペンスホラーを実写映画化。押切作品初の実写化となる。東京から田舎に転校してきたものの、“部外者”として扱われ壮絶なイジメを受ける主人公・野咲春花(山田)。唯一の味方である同じく転校生のクラスメイト・相場晄に支えられていたが、ある日、激しく燃える炎が自宅を覆い尽くすという悲劇に遭遇した春花の心は崩壊。厳しい冬を耐え抜き咲く花“ミスミソウ”のように、彼女はきれいな花を咲かせることができるのか。春花はある“道”を選ぶ。 解禁されたティザービジュアルでは「卒業まであと2ヶ月-。私ね、人を殺したの。」という衝撃的なキャッチコピーとともに、雪原に距離を取りながらたたずむ2人の人物が描かれている。また場面写真では、雪が降る中、強い意志を示すかのような強いまなざしを向ける春花の姿が捉えられている。 本作が映画初主演となる山田は、「不安はありましたが、野咲春花としてこの作品に携わることができて嬉しい気持ちでいっ...more
カテゴリー:

シリーズAで国内過去最高の101.5億円を資金調達したispaceは月のインフラ構築に挑む - 12月13日(水)16:57 

民間企業が月面着陸を競うGoogle Lunar XPrizeのファイナリストに選ばれ、日本で唯一残っているチームHAKUTO。世界初の民間月面探査を目指す、そのHAKUTOを運営するスタートアップispaceは12月13日、総額101.5億円という巨額の資金調達をシリーズAラウンドで実施すると発表した。第三者割当増資の引受先は産業革新機構、日本政策投資銀行、東京放送ホールディングス(TBS)など(記事末尾に出資社リストを記載した)。シリーズAとしては日本では過去最高額、また宇宙分野のシリーズAとしても世界過去最高額の資金調達となる。 ispaceは2010年9月設立。2040年を目標に、月の水資源を軸として宇宙インフラを構築し、地球と月をひとつのエコシステムとして持続的な世界を実現することを目指す、宇宙スタートアップだ。これまでに、エンジェル投資家や、独立系VCのインキュベイトファンドが運営する3号ファンドからも資金調達を行っている。 今回の資金調達でispaceは、独自開発の月着陸船による「月周回」と「月面着陸」の2つの月探査ミッションをスタートさせるという。Mission 0と位置付けられたGoogle Lunar XPrizeへの参加に続き、Mission 1として2019年末ごろに月周回軌道への月着陸船投入と軌道上からの月探査を、Mission 2として2020年末ごろに...more
カテゴリー:

『キャプテン翼』が新たにアニメ化!翼役に三瓶由布子、若林役に鈴村健一 - 12月13日(水)17:54 

高橋陽一原作の不朽の名作『キャプテン翼』が、テレビ東京系にて新たにアニメ化。13日、同局にて記者会見が行われ、原作者の高橋をはじめ、主人公・大空翼役の三瓶由布子、若林源三役の鈴村健一が出席した。1981年にスタートし、「週刊少年ジャンプ」「週刊ヤングジャンプ」を経て、現在「グランドジャンプ」(集英社刊)にて連載されている『キャプテン翼』。南葛小に転入してきた天才サッカー少年・大空翼が若林源三、日向小次郎ら全国のライバルたちとの戦いの中で、1人のサッカープレイヤーとして成長していく姿を描いている。今回のアニメ化について、高橋は「今回、原作に忠実に作っていただけるとのことで、有難く思っています」と感謝を述べ、「一番初めのアニメ化は80年代ですが、携帯があったりと現代風に変わっていますので、今のお子さんたちにも楽しめる設定になっています」と、細かい設定にアレンジを加えていることを明かした。三瓶は、大空翼を演じることについて「まさか自分の人生の中で“大空翼役”を名乗る日が来るとは思いませんでした!」と、驚きを隠せない様子。また、前作でも若林役を演じていた鈴村は、「こうして再び演じさせていただけることに縁を感じています。以前演じさせていただいた時は、やっと声優としてご飯を食べていけるようになった頃でしたが、今は当時よりもっと、練りに練った若林を演じられると思いますので楽しみにしています」と、...more
カテゴリー:

釈由美子、息子が1歳半を迎え「寂しさと嬉しさもちょうど半々」 - 12月13日(水)17:39 

女優の釈由美子が12日、息子が1歳半を迎えたことをアメブロで報告した。 先週、ドラマの撮影で風邪をひいてしまい息子にうつしてしまったという釈。息子の高熱が4日間も続いたものの、病院のインフルエンザ検査では陰性だったと説明した。平熱に戻ってようやく保育園にも行けたといい、「大事に至らず回復してくれてよかったです」とほっとした様子をみせた。 続けて釈は「そんな息子も、本日で1歳半になりました」と報告。「まだまだ赤ちゃんっぽいところと 最近、一気にお兄ちゃんっぽくなったところと ちょうど半々。寂しさと嬉しさも ちょうど半々。。複雑な親心です」とつづった。 さらに釈は「クスッと笑える一歳半の習性に 激しく頷いてしまいました」と絵本『いっさいはん』を紹介。息子について、「自己主張も激しくなってきましたね」と、ベビーカーも抱っこ紐も持っていないスーパーの帰り道に、泣きながら歩くのを拒否されるという「マジ勘弁」なエピソードも明かした。 しかし最後は「そんな、とほほな毎日ですが 可愛いさが日々倍増していってヤバイです」「頑張り過ぎず、ぼちぼち気楽に一歳半の王子さまと向き合いたいと思います」と締めくくった。 この投稿に「いろいろ自己主張も増えて、さぞ可愛いでしょうね」「成長は嬉しくも寂しくもありますよね」「1歳半の自己主張すごいですよね!」「同じ本持っています。面白いですよね!」などのコメ...more
カテゴリー:

「スター・ウォーズ」新キャラ、ローズの背景をライアン・ジョンソン監督が明かす! - 12月13日(水)17:00 

世界中に「スター・ウォーズ」旋風が吹き荒れる中、『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(12月15日公開)で来日したライアン・ジョンソン監督を直撃。今回は監督に、新キャラクターのローズ・ティコ役に大抜擢されたアジア系アメリカ人女優・ケリー・マリー・トランについて質問してみた。 【写真を見る】ケリー・マリー・トラン演じる新キャラクター、ローズ/[c]2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved. 伝説のジェダイ、ルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)の口から驚くべき真実を聞かされたレイ(デイジー・リドリー)。フォースを覚醒させたレイと、ダース・ベイダーの遺志を継ごうとするカイロ・レン(アダム・ドライバー)はどう対峙していくのか!? 本作で初登場する注目の新キャラクターは、ローラ・ダーン演じるレジスタンスの幹部・ホルド、ベニチオ・デル・トロ演じる謎めいた男DJ、ケリー・マリー・トラン演じるレジスタンスの整備士、ローズの3人だ。 ライアン・ジョンソン監督によると、3人の中で一番大きな役どころとなるのがローズのようだ。気になったのは、冒頭のバトルシーンで強烈な印象を残す、アジア系女優が演じたペイジというキャラクターだ。ケリー・マリー・トランも「スター・ウォーズ」シリーズの主要キャストに初めてアジア系女優が起用されたと話題を呼んだが、果たしてペイジとローラ...more
カテゴリー:

保田圭が“食空間コーディネーター”2級に合格「何度挫折しそうになったことか」 - 12月13日(水)16:59 

タレントの保田圭が13日にアメブロを更新。“食空間コーディネーター”の2級に合格したことを報告した。 “食空間コーディネーター”とは、食空間のプロ、スペシャリストのことを指し、おもてなしを主とする業界、家族の団らんやパーティなどさまざまな分野で生かすことができる資格。保田は14年に同資格の3級を取得し、2級取得に向けて勉強していることを明かしていた。ブログでは、認定証の写真を公開するとともに「無事に合格しました~」と喜びをあらわに。 しかし、合格への道のりは簡単ではなかったようで「思ったよりかな~り大変でした 筆記試験に受かってから実技試験まで…かなりの労力と時間とお金がかかりました 何度挫折しそうになったことか」と苦労をにじませた。一方で「こうやって大人になってから何かに向かって頑張るというのは達成感がありますね」とやりがいをつづった。 現在は「食育」の指導者を目指す“食育インストラクター”の資格取得に向けて勉強中といい、「先日受けた食育の授業はまさに妊婦の私にぴったりな内容でした。知らないって怖い事だなぁと思ってしまうそんな授業で本当に勉強になりました」と感想をつづっている。 ファンからは「ムリなく頑張ってください!」「合格おめでとうございます♪圭ちゃんは偉いですよね♪」など、祝福のコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・合格しました!!(保田圭オフィシャルブログ...more
カテゴリー:

解剖後の男児遺体にレジ袋=県警委託の葬儀会社-兵庫 - 12月13日(水)16:56 

 兵庫県丹波市で10月に生後5カ月で急死した男児が司法解剖の後、遺体の頭部にコンビニエンスストアのレジ袋をかぶせられていたことが13日、県警丹波署への取材で分かった。県警が遺体の処置を委託する葬儀会社が行ったといい、遺族からの通報で発覚した。 同署によると、10月4日未明、男児が息をしていないことに母親(35)が気付き、救急搬送したが死亡が確認された。県警は翌5日に司法解剖した上で事件性はないと判断。遺体は家族に引き渡された。その際、男児の遺体は顔が見える状態で、頭には包帯が巻かれていた。母親が包帯を外したところ、体液が漏れるのを防ぐため、頭部にレジ袋がかぶせられていた。 葬儀会社は県警に対し「通常はビニールの袋で頭を覆うが、男児に合うサイズがなく、手持ちのレジ袋を使った」と話したという。同社は取材に「コメントできない」としている。 【時事通信社】
カテゴリー:

もっと見る

「コメント」の画像

もっと見る

「コメント」の動画

Wikipedia

コメント

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる