「コメント」とは?

関連ニュース

【社会】日系4世の若者に日本での就労の新制度導入へ 法務省方針…3年間、日本で自由に働ける★2 - 10月20日(金)09:13  newsplus

 法務省は、ブラジルやペルーなど海外で暮らす日系4世の若者が日本で就労できる新たな在留制度を導入する方針を固めた。在留資格の発給には、一定の日本語能力などの要件を設け、年間数千人規模の受け入れを想定している。同省は今後、国民から広く意見を募る「パブリックコメント」を実施。集まった意見を踏まえて年度内の導入を目指す。  自民党が国内の労働力不足対策の一環として、制度拡大を政府に求めていた。ただ、技能実習生と同様に「安価な労働力」として雇用の調整弁にされ  新制度では、海外に住む18~30歳の日...
»続きを読む
カテゴリー:

「エロ男爵を刈り取りたい」沢村一樹 演技上手なネコの話題で救われる - 10月20日(金)09:00 

©sirabee.com20日の今日からスタートする、テレビ東京系ドラマ『ユニバーサル広告社〜あなたの人生、売り込みます!〜』の会見に、出演者の沢村一樹(50)、和久井映見(46)、片瀬那奈(35)、要潤(36)が登壇した。『チマタの噺』(テレビ東京系)に出演した際に放った、「テレ東にコンプライアンスなんてあるんですか?」発言が、さまざまなメディアで取り上げられた主演の沢村。会見に登場するなり、「テレビ東京にコンプライアンスはあるそうです!」と訂正し、いきなり会場を沸かせた。■『ひよっこ』にあやかりたい©sirabee.com荻原浩著「ユニバーサル広告社」シリーズ『花のさくら通り』が原作の今作は、NHK朝の連続テレビ小説『ひよっこ』を手掛けた岡田惠和氏が脚本を担当。さらにレギュラー陣8人中4人も『ひよっこ』出身ということもあり、『ひよっこロス』に陥っているファンたちからも期待が寄せられている作品だ。主役の沢村は作品について語る上で「『ひよっこ』にうまくあやかれればいいな」と述べ、舞台は違えど同じ岡田氏の世界観に対する思いも露わにした。「金曜日の夜にふわっとのんびりと見られる、心の温まるドラマ」という今作は、さくら通り商店街という街を舞台に、さまざまな人間模様や、日常で起こる小さなドラマを描かれている。沢村と同じく『ひよっこ』に出演した和久井も、「『ひよっこ』ファ...more
カテゴリー:

欧州政情不安嫌気も日銀ETF買いで14連騰なるか/東京株オープニングコメント - 10月20日(金)08:22 

20日の日本株市場は、利食い優勢の相場展開になりそうだ。
カテゴリー:

ももクロ・百田夏菜子、山寺宏一とデュエット!「映画かいけつゾロリ」主題歌決定 - 10月20日(金)07:00 

 人気シリーズ最新作「映画かいけつゾロリ ZZ(ダブルゼット)のひみつ」の主題歌が、同作でヒロイン役の声を演じるアイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子と、主人公ゾロリの声を担当する山寺宏一がデュエットする「夢は心のつばさ」に決定した。  今作は、原ゆたか氏による人気児童図書「かいけつゾロリ」の30周年記念映画。仏アヌシー国際アニメーション映画祭2017でグランプリを獲得した「夜明け告げるルーのうた」の吉田玲子を脚本に迎え、過去にタイムスリップしたゾロリが自身のトレードマーク「ZZ」の謎を解き明かす姿を描いた。百田は、ゾロリが過去の世界で出会う母親ゾロリーヌ役を演じている。  初めて役として歌った百田は、「正直どうすればいいかわからなかったけど、山寺さんの声が先に入っていたので全身を預ける感じでした。男の人の声が耳から聞こえるって今までないので、それが新鮮で、ハモった瞬間が楽しい! って思えた。ゾロリに寄り添うように。声でも優しいママを出せたらと思って歌いました」とレコーディング時を述懐した。  一方の山寺は、百田の反応に「楽しいって言ってもらえて良かった、違和感でしかないって言われたらどうしようかと思った(笑)」と安堵した様子。「夏菜子ちゃんの声は特別な波動出てるよね。みんなを笑顔にする、顔だけじゃなく声も。(声で波動を出すのは)野沢雅子さんくらいしか知らなかっ...more
カテゴリー:

坂上忍が「バツ2になったらアホ」発言 「差別するな」と賛否両論の声 - 10月20日(金)06:00 

©sirabee.com世間を騒がせている、俳優・いしだ壱成(42)の二度目の離婚報道。19日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でもこの離婚を特集したのだが、MCの坂上忍(50)の発言が物議を醸している。■バツ2の壱成に疑問の声番組では、同局で18日放送の『良かれと思って!』で、壱成が父の石田純一(63)に離婚を報告する場面を放送。8月に離婚をしていた壱成だが、その報告が遅れたことを詫びると、純一は「バツ2ですか…。バツ2は風当たり強いよ」とコメントしていた。これを受け、ゲストの薬丸裕英(51)は「2回目は結婚しなくても良かったんじゃないか」と、壱成の結婚そのものを疑問視。坂上もこの意見に乗っかり、「普通で考えたらそうでしょ」と同調した。■「バツ2になったらアホ」壱成といえば「朝起きたら水を用意する」などの細かいルールを妻に課していたことも明かしている。この強いこだわりについて、フットボールアワー・後藤輝基(43)が「生活のこだわりが変わらずやっていくんやったら、もう(結婚)せんでええんちゃうかなって」とコメントすると、坂上は「だから僕はいかないわけですよ。自分で自分が信じられない」と自身が再婚に踏み切れない理由を告白した。さらに、「バツ2は風当たり強いっていうか、僕はバツ2になったらアホだと思ってるんで」と持論を述べ、スタジオをざわつかせた。■「ほんと何様...more
カテゴリー:

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家有限亭玉介:物色テーマ予測と割安な注目銘柄 - 10月20日(金)09:07 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

【生活】通勤が往復3時間ってどうなの? 年間で1か月相当の時間ロス、「何のために生きているのか」と疲弊 - 10月20日(金)08:56  newsplus

通勤は仕方がないにしても、毎日のことだけに長い時間を要すると疲れてくる。 満員電車ならなおさらだ。フレックスタイムやリモートワークなど柔軟な働き方の重要性が叫ばれているが、まだまだ一般的ではない。 2ちゃんねるには10月9日、「通勤時間が1時間半を超える奴」というスレッドが立った。 スレ主はこうした人たちに対して「馬鹿じゃねーの 」と批判した。 「なぜ自分だけがこんなに不幸なのか自問自答」する日々 アットホームが2014年に発表したリリースでは、首都圏在住で5年以内に住宅を購入した子持ちのサラリーマン...
»続きを読む
カテゴリー:

新人女優・南沙良、レベッカ17年ぶり新曲MVに初主演「運命を感じました」 - 10月20日(金)07:00 

 映画『幼な子われらに生まれ』で女優デビューを果たした新人女優・南沙良(15)が、ロックバンド・REBECCA(レベッカ)の17年ぶりの新曲「恋に堕ちたら」(11月1日発売)のミュージックビデオ(MV)に主演することが明らかになった。MV初出演となる南は「緊張はもちろんしていたのですが精一杯頑張りました」とコメントを寄せた。 【映像】南沙良の煌めく瞳が印象的な「恋に堕ちたら」MV  REBECCAは、1984年にメジャーデビューし、「フレンズ」「RASPBERRY DREAM」「MOON」「LONELY BUTTERFLY」「Maybe Tomorrow」など今なお愛され続ける数々のヒット曲を生み出した、日本のロック史に名を残すバンド。新曲のMVは、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』や、現在大ヒット公開中の映画『ナラタージュ』なども手掛ける行定勲氏が監督を務めた。  母と娘を主人公に、若かりし頃の母の思い出がREBECCAの音楽で過去へと蘇り、そして現在が紡ぎだされていくストーリーを展開。約10分を超える見応え十分な内容に仕上がっており、学生時代にREBECCAのライブにも足を運んでいた行定監督ならではの遊び心あふれる演出も見どころとなる。  南は今回、娘と母の若かりし頃を演じており、あどけなさと大人びた側面が共存する演技に行定監督も太鼓判。「オーディションで会ったときの演技...more
カテゴリー:

沢村一樹×岡田惠和の新ドラマは地域密着型エンターテイメント!? - 10月20日(金)06:00 

10月20日(金)にスタートする新ドラマ「ユニバーサル広告社~あなたの人生、売り込みます!~」の会見が10月19日に行われ、出演する沢村一樹、和久井映見、片瀬那奈、要潤が登壇した。 【写真を見る】主人公・杉山を演じる沢村一樹 同ドラマは、直木賞受賞作家・荻原浩が手がける“ユニバーサル広告社”シリーズの中から「花のさくら通り」を原作に、さびれた港町の商店街に引っ越してきた弱小広告会社・ユニバーサル広告社で働く、コピーライター・杉山(沢村)の奮闘を描く。脚本は連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合)などで知られる岡田惠和が担当する。 「ひよっこ」以来の岡田作品出演となる沢村は、「演じながら岡田脚本を肌で感じています。いい隠し味があって、一見どうでもいいような会話表現がとてもいいんです。金曜の8時に、忙しく過ごしている方が、テレビの中でのんびりとした時間が流れているのを見て癒やされるような作品になれば」とコメント。 また、沢村同様「ひよっこ」に出演していた和久井は「岡田さんが作られた台本の中の世界観を壊さないように努めています。役者として難しいことですが、楽しんで演じています」と笑顔を見せた。 広告社の紅一点・猪熊役を務める片瀬は「こんなに台本を読んでクスクスと笑うことってなかなかないんですよ。岡田さんが描かれている意図を汲み取るのは難しいですが、和久井さんと同じく朝鮮市街がありますね。...more
カテゴリー:

木村拓哉、ボディーガード役で1月期ドラマ主演、井上由美子とタッグ - 10月20日(金)06:00 

木村拓哉が、2018年1月からスタートする木曜ドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』(テレビ朝日、毎週木曜21:00~)で主演し、自身初となるボディーガード役を演じることがわかった。これまで検事、パイロット、医師とさまざまな役を演じては、その役柄に息を吹き込み、ドラマだけでなく演じる役までもが大きな話題を呼んできた木村だが、今回は13年ぶりに脚本家・井上由美子とタッグを組み、ボディーガードという役で新境地に挑戦する。井上といえば、『白い巨塔』(2003年フジテレビ)、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(2014年フジテレビ)、『緊急取調室』シリーズ(2014年~テレビ朝日)などで知られる人間描写の名手。木村の主演作では過去に『GOOD LUCK!!』(2003年TBS)、『エンジン』(2005年フジテレビ)を手がけ、社会現象を巻き起こすほどの反響を呼んだとあって、期待が高まる。本作のタイトルにもなっているBG=ボディーガードという職業は、日本において、警護する職業として一般的によく知られているSP(セキュリティーポリス)。彼らのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持てない、あくまでも民間人に過ぎないが、クライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも護らなければならない危険と隣り合わせの職業だ。そんな男たちの熱く、泥臭い戦いの日々が鮮烈に、そしてリアルに描かれる。木村が演じる島崎章(しまざき...more
カテゴリー:

もっと見る

「コメント」の画像

もっと見る

「コメント」の動画

Wikipedia

コメント

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる