「コミュニケーション」とは?

関連ニュース

LINE Pay、新たに7通貨への外貨両替と空港内郵便局での受取が可能に - 09月21日(木)18:38 

[LINE株式会社] LINE Pay株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:舛田 淳)は、コミュニケーションアプリ「LINE(ライン)」上で展開する“スマホのおサイフサービス”「LINE Pay」( http://line.me/pay ) ...
カテゴリー:

<TGS2017>畑中万里江、『サマーレッスン』の上から目線キャラに「かわいい~!」 - 09月21日(木)17:25 

 声優の畑中万里江、田毎なつみ、阿部里果 が、21日に千葉・幕張メッセで開催された東京ゲームショウ2017の、「サマーレッスン 生徒3人揃ったよ!新レッスンおひろめステージ」に、お笑いトリオのパンサー(尾形貴弘、菅良太郎、向井慧)らと登場。『サマーレッスン』で3人目の声優およびモーションアクターとして新城ちさと役を務めた畑中は、「自分がやっているんですけど、かわいい~(笑)!」と仕上がりに自信をのぞかせた。【関連】<TGS2017>畑中万里江、田毎なつみ、阿部里果登場の『サマーレッスン』イベントフォトギャラリー 『サマーレッスン』は、主観の360度VR映像の中で、プレーヤーが夏休み中の少女の家庭教師となり、様々なコミュニケーションを取っていくゲーム。これまでに宮本ひかり、アリソン・スノウのレッスンが配信されてきたが、10月12日には新城ちさとのレッスンが新たに配信開始となる。 強気なキャラのちさと役を務めた畑中は、実際にVRで動く姿を見た時のことを聞かれ、「ひかりちゃんとアリソンちゃんはすごくいい子というか、優しい子なんですが、ちさとちゃんが、ちょっとなかなか上から行くので(笑)、皆さんに受け入れてもらえるか心配だな~と思っていたんです」と告白。それでも、「実際に自分がやらせていただいて、安心しました。皆さんのおかげで、自分がやっているんですけど、かわいい~!(笑) だから、たくさ...more
カテゴリー:

飲み会の席じゃダメ。世代間のギャップを埋めるカンタンな方法 - 09月21日(木)17:00 

企業規模に関わらず、若手と古株社員たちの間にすきま風が吹いているという会社は意外と多いようです。今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』では著者で戦略コンサルタントとして活躍する中久保浩平さんが、そんな世代間のギャップや思い込みを解消し、社員同士の絆を深める具体的な方法を紹介しています。 対話をする 現在の新社会人、若手社員は、 物事に対して合理的でないと納得をしない 割に合わないことはやらない なんてことが言われたりします。そして「ゆとり世代だから仕方がない」とか、「自分達と受けてきた教育が違うから自分達が先輩から教わったように指導しても全然思うようにいかない」という嘆きにも似た愚痴なんかも実際よく聞かれます。さらに「時代が違うし、仕方ないか」と諦めムードの経営者や管理職は非常に多くいます。 しかしながら「自分達とは受けた教育が違うから」とか、「時代が変わったから」などと思い込み、こちらの話は理解してくれないだろう、と卑屈になる必要などまったくありません。卑屈になって、腫れ物に触るような接し方をすれば余計にコミュニケーションは上手くいきません。 では、どうやってコミュニケーションをとると指導や教育は上手くいくでしょうか? それは「自分の仕事」に対する思いや価値観、やりがい、「経営理念」に対しての自分自身の考えなど、仕事や会社にまつわることについて「語らう場」を作ることです。そのために...more
カテゴリー:

グローバル時代のロボットコンテスト、白熱の「WRO Japan2017」決勝大会に密着 - 09月21日(木)12:50 

 グローバリズムが加速する世の中で、次代を担う子どもたちに習得してほしいのが「英語」と「プログラミング」技術だといわれている。たくさんの異なる文化を互いに容認したうえで、解決しなければならない課題も複雑になっていく昨今。求められるのは、異なる言語・文化の人々と闊達に語り合えるコミュニケーション力と、課題を粘り強くフレキシブルに解決する力だろう。その意味でも、英語はもちろん、論理力を養うプログラミング、情報処理技術は必要な能力に違いない。<WRO Japan2017 受賞者:写真25枚(順不同)>◆グローバル時代のロボットコンテスト「WRO」 9月17日、東京・有明のBumB東京スポーツ文化館で、自律型ロボットのコンテスト「WRO Japan2017」決勝大会が開催された。参加したのは、7月から8月にかけて行われた全国37地区予選を勝ち抜いてきた121チーム。決勝大会の優秀チームは、南米コスタリカで行われる国際大会への出場権を得る。コスタリカの国際大会では、英語でのプレゼンテーションが必須だ。 WROとは「World Robot Olympiad」の略で、世界の子どもたちと競い合うロボットコンテスト。ロボットを作り、それをプログラムで自動制御する技術を競う。日本国内だけでなく、海外の子どもたちとも競い合える、グローバルな大会だ。2004年のシンガポール大会から始まり、今回の開催で14...more
カテゴリー:

一人っ子の子育てで気をつけるべきことは?専門家に聞いた - 09月21日(木)12:00 

ワガママ、協調性がない、マイペース……何かとネガティブなイメージを持たれがちな一人っ子。昨今では共働き家庭の増加や出産年齢の高齢化などにより一人っ子世帯が増えているが、きょうだいがいる場合に比べ、一人っ子の子育てにはどのような違いがあるのだろうか。一人っ子の子育てで気をつけるべきことなど一般社団法人子育てカウンセラー協会、角田智子さんに話を聞いた。 ■大人からのスポットライトを常に浴びて育つ一人っ子 人の性格は、成育環境により構築される部分が大きい。例えば、姉や兄を見て自分の立ち振る舞いを変えたり、妹や弟の面倒を見ることで責任感が芽生えたりするなど、きょうだい構成が性格に与える影響はよく指摘されている。では、一人っ子の場合はどうなのだろうか? 「一人っ子の場合、大人の目が行き届き過ぎるというのが大きな違いです。きょうだいがいる場合は分散しますが、一人っ子の場合はお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんに対して子どもは一人。常に子どもにスポットライトが当たっています。しかし、集団生活に入るとそうではなくなります。先生が常に自分に注目しているわけではありませんので、家庭と外で、大人との関わり方が変わることにビックリする一人っ子の人は多いですね」(角田さん) 一人っ子が自己中心的と言われるのは、こうした理由があるようだ。しかし、大人の目が子どもに集中してしまうことは当たり前...more
カテゴリー:

意見食い違いの場合 6割超「事を荒立てないで収めたい」 - 09月21日(木)17:36 

最近のコミュニケーションの傾向について、文化庁が調べたところ、他人と意見が食い違っている場合「なるべく事を荒立てないで収めたい」と考える人が6割を超え、8年前の結果より10ポイント以上、増加していることがわかりました。特に若者の場合は、20ポイント前後も大幅に増えていて、専門家は「スマートフォンの普及などで常にコミュニケーションにさらされ、あつれきを避けたいと考える人が増えているのでないか」と話しています。
カテゴリー:

前のめりに…玉砕!「彼氏未満の男子」が逃げちゃうLINE3つ - 09月21日(木)17:10 

まだ彼氏じゃないけどイイ雰囲気になっている彼に、前のめりすぎるLINEを送るのは危険ッ。たった1通のLINEが発端となって、せっかくのイイムードがぶち壊しになることだってありますからね。今回は、男子が「彼氏でもないのに、なんでコレ送ってくるの?」と引いちゃったLINEを3連発でお届けします。1:「私ってどんな子だと思う?」 それまでは楽しい会話をしていたのに、いきなり「私ってどんな子だと思う?」と、直球の質問。 まだ付き合っているワケでもないし、付き合ってないのは気持ちが固まっていないからなのに「いったいなんて答えたらイイの……」と、困惑する男子。 「イイ子だね」くらいしか返す術がなく、その場を濁そうとするも、前のめりにグイグイと攻められて、さらに困惑。 せっかくの楽しかったムードが、一転して面倒くさい場面に早変わりです。   2:「ダメな男ばかりと付き合ってきたんだけど、私の何が悪いと思う?」 さらに前のめり女子は、いきなりシリアスな会話を展開。 「空気読めよッ!」という男子の心の叫びは、決して届くことはありません。 「私ね、ダメな男とばかり付き合ってきたんだけど……。私の何が悪いと思う?」なんて聞かれても、彼氏でもない男子は答えようがないですよね。 ダメンズ行脚をアピールして、相手に「俺は違うから安心して!」とでも言わせたいのでしょうか。 「イイ子だと思ってたけど、あ...more
カテゴリー:

【大学受験】医学部合格への道、講演内容を実況中継…Y-SAPIX - 09月21日(木)13:45 

 SAPIX YOZEMI GROUPが提供するWebサイト「医学部研究室」は、入試セミナー「医学部合格への道」の講演内容を実況中継方式で掲載した。7月17日開催の東京編、7月23日開催の大阪編があり、医学部合格に必要な志、情報、対策などをわかりやすく紹介している。 「医学部進学フォーラム2017」は7月に東京と大阪の2会場で開催され、SAPIX YOZEMI GROUPは特別協賛として、代々木ゼミナール入試情報担当者が入試セミナー「医学部合格への道」と題して講演した。 「医学部研究室」では、講演の内容を実況中継方式で掲載。医学部合格に不可欠な「志と覚悟(心技体のココロ)」としては、「他人の命と健康を守りたい」という気持ちや高難易度・倍率を乗り越える覚悟、医学部合格後のハードな臨床実習や国家試験への覚悟、日進月歩の医学を一生勉強する意識などの大切さを説いている。 「合格のためのメソッド(心技体のワザ)」としては、小学校から中学校にかけて何をするべきかを助言。「デジタルよりアナログ」として、ネットを介さないコミュニケーションの大切さなどに触れている。高校生になってからの本格的な医学部受験対策や志望校選びについても具体的にアドバイスしている。 さらにセンター試験対策、大学ごとの試験対策、面接や小論文のポイントや注意点、合格したOB・OGからのメッセージなどもピックアップ。最後のまとめで...more
カテゴリー:

関連動画の再生数3500万超! 「踊ってみたコラボ」の開拓者・みうめが振り返る「踊ってみた」人生 - 09月21日(木)12:00 

 GARNiDELiAの楽曲の【踊っちゃってみた】を投稿する「みうめ・メイリア・217」、女性踊り手9人で結成された「牛泥棒」、歌と踊りとお芝居をファンシーな世界観で表現していく7人組のパフォーマンスユニット「COJIRASE THE TRIP」――近年の「踊ってみた」カテゴリを彩る、これらの踊り手コラボユニットの全てに関わっているのが踊り手・みうめさんである。 2011年1月に『【みうめ】ルカルカ★ナイトフィーバーをかっこよく踊ってみた』を初投稿するや、キレのある振付と女性らしいしなやかな動きが話題となり、瞬く間に人気踊り手の一人となる。その後も、個人の動画投稿のみならず、時には振り付けも自身で担当する踊り手コラボ動画の数々の投稿、さらにはニコニコ超パーティーVOCALOIDライブで初音ミク『メルト』の振り付けを担当するなどマルチな活躍で、みうめさんの「踊ってみた」の影響を語る新世代の踊り手も少なくない。 そんなみうめさんのダンス・振付のルーツや、踊ってみた文化への想いはいったいどんなものなのだろうか? ニコニコ超パーティー2017「VOCALOIDライブ」のMMD(Miku Miku Dance)収録に臨む直前のみうめさんに、「踊ってみた動画を始めたきっかけ」「踊り手コラボへの想い」「踊ってみたの今後」など語ってもらった。取材・文:我妻弘崇撮影:荒川れいこ編集:サイトウタカシユ...more
カテゴリー:

ニュースアプリ「ニューススイート」、ソニーグループのゲーム関連情報を特集する「News on Sony “ゲームの秋” 特大号」を開設 - 09月21日(木)11:00 

[ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社]  ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が提供する無料ニュースアプリ「ニューススイート」(News Suite)は、9月21日から開催される「東京ゲームショウ2017」の開幕に合わせ、ソニーグループのゲーム...
カテゴリー:

もっと見る

「コミュニケーション」の画像

もっと見る

「コミュニケーション」の動画

Wikipedia

コミュニケーション()もしくは通信(つうしん)、交流(こうりゅう)とは、

原語がcommunicationなのでカタカナで表記する場合は「コミュニケーション」である(出典:広辞苑大辞泉大辞泉 「コミュニケーション」。)出だしのcommuは「コミュ」と発音する。「community コミュニティ」などと同系統の語幹を持っているのである日本人にとっては、発音しにくく、記憶しにくいので、前後の母音を誤って入れ替えて記憶してしまったり、後ろの母音を前の母音にまで伝染させるなどしつつ記憶する人もいる。たとえば「コ''ミニュ''ケーション」、「コ''ミニ''ケーション」などと記憶したり書いてしまう人もいるのである。だが、正式の辞書類では一般に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる