「コミュニケーション」とは?

関連ニュース

川崎麻世 腹違いの妹の誕生日をたこ焼きで祝ったと報告 - 11月19日(日)15:08 

タレントで俳優の川崎麻世が、18日のアメブロにて、腹違いの妹・あこの誕生日を祝ったことを明かした。川崎は出演中の博多座「夫婦漫才」が千秋楽を迎え、妹が友達と博多入りしたタイミングで誕生日を祝ったようだ。共通の父・安住讓が亡くなる半年前に初めて出会い、そこから25年の兄妹の付き合いだという。 「関西人やし たこ焼きでもお祝い」 と、バースデーケーキの他に、ロウソクのささったバースデーたこ焼きも登場。妹とのツーショット写真も公開した。 今回の博多滞在で川崎は、古くからの友達や仕事関係者、お世話になっている居酒屋の大将など、たくさんの人に会えて楽しかったとつづった。そして、11月の初めに開始した「麻世トレ」と呼ばれる朝のトレーニングと、ヘルシーな食事の様子も紹介。 博多のお土産には、いつも自分と友達に調味料メーカー・フンドーキンの九州醤油を買って帰るという。「刺身も卵かけご飯も全てに美味い」と絶賛している。 【関連記事】 ・「腹違いの妹のバースデーを祝った!」(川崎麻世オフィシャルブログ) ・市川海老蔵、京都でみつけた健康法を明かす「続けて飲もうと思います」 ・橋本祥平、アメブロ読者1万人に感謝「唯一毎日皆様とコミュニケーションをとれる大切な物」 ・薬丸裕英 古閑美保から「素敵すぎる」結婚式の招待状を貰ったことを報告 ・モト冬樹、“最近のジャニーズ”キスマイ・玉森とNEWS・...more
カテゴリー:

宝塚「ブスの25箇条」から学ぶ、宝ジェンヌメンタルを手に入れる方法 - 11月19日(日)11:05 

女性としての憧れの的、宝ジェンヌ。これまで長い歴史の中で何百万人もの女性に慕われてきた、その美しいまでの生き様はどのように培われたのでしょうか。宝塚には『ブスの25箇条』というものが舞台裏に貼られているそうです。元宝塚歌劇団宙組トップスターの貴城けいさんが、著書『宝塚式「ブスの25箇条」に学ぶ「美人」養成講座』(講談社)で発表したことでも有名になりました。この『ブスの25箇条』を読むだけで、気が引き締まり、襟を正される思いがしますね。ただ、襟を正しただけではもったいない。どうせならこのありがたいお言葉の数々を自分の人生に取り入れて、宝ジェンヌのメンタルにちょっとでも近づこうではありませんか。この記事では、この25箇条を「礼儀・礼節系」、「疑心暗鬼系」、「元気がない系」、「勘違い系」、「ネガティブ系」の5つにカテゴライズし、カテゴリーごとにどうしたら宝ジェンヌのような美しい生き方ができるようになるのか、そのノウハウをご紹介します。礼儀・礼節系の改善点「こんにちは」「おはようございます」「ありがとうございます」「ごちそうさまでした」「おやすみなさい」などの、挨拶は普段当たり前に交わされる会話です。そのため、その重要度は軽視されがちですが、当たり前だからこそ忘れてはいけません。挨拶をしない、ということはつまり、その時にその場にいる人の存在を無視する、ということでもあります。存在を無視され...more
カテゴリー:

受講者2万人超え!「認知症を防ぐ」女性社長に与えられた使命 - 11月19日(日)11:00 

「男性の参加者が多いでしょう? iPadを巧みに操れることは、男性の自尊心をくすぐるみたいですね。男性やご夫婦での参加が多いのが、脳若の特徴のひとつです」 そう語るのは、「脳を若返らせる『みつおか式脳若トレーニング』」の開発者で、株式会社サムライト社長の光岡眞里さん(52)。サービス付き高齢者向け住宅『そんぽの家・姪浜』(福岡市)の集会場。毎週水曜日は「脳を若返らせる『みつおか式脳若トレーニング』」の日。入居者は午前10時半から1時間、参加費300円で利用できる。 11月1日の参加者は11人。脳若コミュニケーター(講師)の指導の下、それぞれ手にしたiPadで「反射年齢」トレーニングに興じていた。画面中央に表示されたイラストの手で、落ちてくる棒をつかむゲームだが、落とさずキャッチする反応の速さで、反射年齢が出る。 会場内は和気あいあい。みんな楽しそうだ。光岡さんが独自に開発したみつおか式脳若トレーニング(以下・脳若)のプログラムは800種類以上。その日、どんなメニューで行うかは、参加者の顔ぶれを見て、講師が現場で、興味を引きそうなものを判断し、提供していく。 姪浜では、「反射年齢」のほか、講座開始時に覚えたキーワードを、終了時にみんなで復唱する「遅延記憶」、6分割画面に写真表示された卵やメガネなど、6つの物を記憶して、iPad上の黒板に指で文字を書いて答える「短期記憶」、体と...more
カテゴリー:

【プロ野球/広島】会沢 裸の付き合いで投手陣との仲深める リーグ3連覇&悲願の日本一へ - 11月19日(日)08:53  mnewsplus

会沢 裸の付き合いで投手陣との仲深める リーグ3連覇&悲願の日本一へ 2017.11.19(Sun) https://www.daily.co.jp/baseball/carp/2017/11/19/0010744928.shtml 温泉リハビリで投手陣とコミュニケーションを深める会沢  広島の会沢翼捕手(29)が18日、リーグ3連覇と悲願の日本一へ向けて、投手陣と密なコミュニケーションを取り、団結力を高めていく姿勢を示した。  大分県由布市での湯布院リハビリキャンプに2年連続で参加中。「一緒に温泉に入って、一緒に食事をしていきたい。いろんな話ができるのでキャンプとは違...
»続きを読む
カテゴリー:

30歳で筑波大学学長補佐!科学者・落合陽一が説く「人間のアップデート」とは - 11月19日(日)06:00 

科学者の落合陽一が、11月19日(日)23時30分放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット)に出演する。“着る音楽”を実現するために20ものスピーカーを実装した革ジャン、超音波を使って空中に描く絵画、触ることが出来る光……ITを活用して「誰も見たことのない」装置やアートを次々と開発し、“現代の魔法使い”と呼ばれる男がいる。2015年、28歳の若さで世界最先端の研究者を選ぶ米・ワールドテクノロジーアワードを、青色発光ダイオードの中村修二さん以来日本人として2人目に受賞。現在は、30歳にして筑波大学学長補佐や助教を務めながら、コンピュータとアナログなテクノロジーを組み合わせた視覚的作品やAIを使った研究開発で様々な企業とコラボレーションする会社の代表を務めている。その独創的な発想や発言に注目が集まり、「メディアアーティスト」という肩書でテレビ番組や講演会にもひっぱりだこだ。人工知能社会の到来によって、近い将来、人間は7~8割もの仕事を機械に奪われ機械に管理されるといったネガティブな予測が注目される中、落合はそれを真っ向から否定。むしろ凝り固まった人間性へしがみつくのをやめて、“人間もアップデート”することを目指し、自然な形で機械と人間が融合する「デジタルネイチャー」という新たな世界観を説く。番組では、睡眠時間は一日平均4時間、研究に没頭し始めると眠くなるので、主食はお菓子のグミやガム...more
カテゴリー:

いい夫婦の日、妻が夫に改善してほしいことは? - 11月19日(日)12:15 

11月22日は『いい夫婦の日』。そこで今回、1時間1,000円からのベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」は、2017年10月17日~24日の期間において、子育て中の女性337名と男性14名を対象に、「いい夫婦の日」についてアンケート調査を実施。このたび、そのアンケート結果が発表されました。 前回の調査で、「生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいですか?」との質問に、およそ3人に1人が今のパートナーと来世での結婚は望まないとの回答だったことを受けて、まずはじめに「パートナーに改善してほしいこと」を聞いたところ、「尊敬を表現すること(30.8%)」が最多となり、次いで「役割分担(家事や育児)(18.3%)」が続く結果となりました。 回答者からは、「気を使わないせいか、言葉が刺々しすぎる。悪気はないのはわかるが、耐え難い」「家政婦よばわりしないでほしい」「男尊女卑、亭主関白、保守的なところが強いと感じる」といった声が集まり、互いに“尊敬・尊重し合う関係”を求めていることがわかった。 一方、生まれ変わっても今のパートナーと結婚したいと回答した人に円満の秘訣を聞いたところ、「コミュニケーション(47.3%)」が最も多く、次いで「尊敬を表現すること(23.4%)」となった。 「双方の気持ちや考えを伝えることで、トラブルは減り、楽しみや幸せは増える」「コミュニケーシ...more
カテゴリー:

aiboだけじゃない、ハイテク満載なサイバー救助犬の開発者を直撃! - 11月19日(日)11:00 

11月1日。ワンワンワンということで“犬の日”に制定されている、この日。12年ぶりに復活したロボット犬のaibo(アイボ)が注目される一方で、さらに注目したいワンちゃんが発表されていたのだ。 その名は、サイバー救助犬。この装着されたスーツは一体? 開発した東北大学の大野和則准教授に聞いてみた。 「犬に専用のスーツを装着することで被災者の状況をカメラ映像や地図上の位置として確認できます。携帯電話網に接続できる範囲なら、指揮本部でこれらの情報をリアルタイムでチェックすることが可能です」 どのような救助シーンを想定しているのでしょうか? 「地震災害や土砂災害の現場で、建物の中に取り残された被災者の捜索で利用することを想定しています。 また、最近では犬の心拍変動から捜索活動中の犬のやる気(快・不快の情動)を測ることもできるようになりました。今後は、この技術を応用し、犬の躾(しつけ)や介護などにも応用していければと考えています」 人命救助だけでなく、犬とのコミュニケーションにも期待ですっ! (写真/東北大学) 【関連記事】・“現代の魔法使い”落合陽一が2台の...more
カテゴリー:

元専業主婦が両親の介護経験から脳トレプログラムを開発 - 11月19日(日)11:00 

サービス付き高齢者向け住宅『そんぽの家・姪浜』(福岡市)の集会場。毎週水曜日は「脳を若返らせる『みつおか式脳若トレーニング』」の日。入居者は午前10時半から1時間、参加費300円で利用できる。 11月1日の参加者は11人。脳若コミュニケーター(講師)の指導の下、それぞれ手にしたiPadで「反射年齢」トレーニングに興じていた。画面中央に表示されたイラストの手で、落ちてくる棒をつかむゲームだが、落とさずキャッチする反応の速さで、反射年齢が出る。 会場内は和気あいあい。みんな楽しそうだ。その様子をトレーニングの開発者で、株式会社サムライト社長の光岡眞里さん(52)が、ほほ笑みながら見守っていた。身長153センチ、ショートカットがよく似合う。通る声で、滑舌よく、ハキハキと話す。 「男性の参加者が多いでしょう? iPadを巧みに操れることは、男性の自尊心をくすぐるみたいですね。男性やご夫婦での参加が多いのが、脳若の特徴のひとつです」(光岡さん・以下同) 光岡さんが独自に開発したみつおか式脳若トレーニング(以下・脳若)のプログラムは800種類以上。その日、どんなメニューで行うかは、参加者の顔ぶれを見て、講師が現場で、興味を引きそうなものを判断し、提供していく。 姪浜では、「反射年齢」のほか、講座開始時に覚えたキーワードを、終了時にみんなで復唱する「遅延記憶」、6分割画面に写真表示され...more
カテゴリー:

現代の魔法使い落合陽一が考えるコミュニケーションーーVRはやがて人間をイルカにする!? - 11月19日(日)06:00 

“現代の魔法使い”こと落合陽一が、人類の未来を予言する『週刊プレイボーイ』本誌の月イチ連載『人生が変わる魔法使いの未来学』。 有史以来、人間は情報を「言語」に変換してコミュニケーションを取り、文明を発展させてきた。 しかし、インターネット回線とバーチャルリアリティの発達により、時代は「情報をそのままの形でやりとりする」段階に突入しつつある。この歴史的転換は、人類をどう変えるのだろうか。 “現代の魔法使い”が見通す未来の形とは―。 ■イルカは水の中でパケット通信している ―最近、やけにイルカの話をしてますね。伊豆のほうに通って研究もしているとか。 落合 僕、さっさとイルカになりたいんですよ。西洋的言語に飽きたので。 ―活字媒体なので、言語は必要なんですけど…。言語に飽きたから動物、っていうのはなんとなくわかりますが、なぜイルカ? 落合 イルカが音波でコミュニケーションを取るのは有名ですよね。実はこれ、情報のトランスミッション(伝導)が音波なだけじゃなくて、現象の認識もそのまま音波で行なっているようなんです。現象と現象をそのまま送り合っているというか。 ―...more
カテゴリー:

東大・駒場祭からサイエンスアゴラまで、子どもを理系脳に育てる科学体験イベント4選 - 11月19日(日)06:00 

ⓒAndrey Kiselev‐stock.adobe.com世の中にたくさんある、不思議なこと。それが、なぜ起こっているのかを考えるとき、科学という言葉が使われたりしますね。子どもたちが日ごろ感じる「なぜ?」「どうして?」といった疑問は、ここに通じることも多いかもしれません。そこで、今回は未来の科学者を生みだすかもしれぬ(!)、サイエンスイベントをご紹介。親子みんなで楽しめる科学体験で、冬もホットなおでかけを楽しんでみてはいかがでしょうか。■東大・駒場祭で科学を伝えあう「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」11月24日(金)~26日(日)、東京大学駒場キャンパスでおこなわれる学園祭「駒場祭2017」。そこで体験できるのが「なるほど実感!サイエンスミュージアム@駒場」です。企画を主催しているのは東京大学のサイエンスコミュニケーションサークル「CAST」。テレビドラマ『ガリレオ』・映画『容疑者Xの献身』の実験監修や、テレビ番組『世界一受けたい授業』にも出演経験のある理科教育の第一人者、滝川洋二先生らが講師をつとめるゼミの受講生が中心となって2009年に結成されました。今回、参加無料・出入り自由で開催されるこのミュージアムでは、私たちが感じる「冷たい」という感覚にスポットをあてたドライアイス実験や、おもちゃに隠された科学の力を知る模型実験などを見ることができます。イベントは、東...more
カテゴリー:

もっと見る

「コミュニケーション」の画像

もっと見る

「コミュニケーション」の動画

Wikipedia

コミュニケーション()もしくは通信(つうしん)、交流(こうりゅう)とは、

原語がcommunicationなのでカタカナで表記する場合は「コミュニケーション」である(出典:広辞苑大辞泉大辞泉 「コミュニケーション」。)出だしのcommuは「コミュ」と発音する。「community コミュニティ」などと同系統の語幹を持っているのである日本人にとっては、発音しにくく、記憶しにくいので、前後の母音を誤って入れ替えて記憶してしまったり、後ろの母音を前の母音にまで伝染させるなどしつつ記憶する人もいる。たとえば「コ''ミニュ''ケーション」、「コ''ミニ''ケーション」などと記憶したり書いてしまう人もいるのである。だが、正式の辞書類では一般に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる