「コミック」とは?

関連ニュース

【出版】『名探偵コナン』でおなじみ“黒い犯人”が主人公のパロディ作品が連載開始 - 05月25日(木)17:09 

青山剛昌氏の漫画『名探偵コナン』に登場する、おなじみの“黒い人”を主人公にしたスピンオフコミックス『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』が、今日25日発売の『サンデーS 7月号』(小学館)で連載開始された。 同作品は『迷宮入り探偵』や『錦田警部はどろぼうがお好き』などで知られるかんばまゆこ氏の新連載。 記念すべき第1話では、毎日のように犯罪が起こる危険な街・米花町に犯人が降り立つシーンから始まる。 7月号ではコナンと犯人の犯沢さんが表紙を飾っており、この“パロディ作品らしい”ユーモア溢れるコラボレーションにS...
»続きを読む
カテゴリー:

茜を助けるために!「恋愛暴君」第8話先行カットが到着 - 05月25日(木)17:00 

テレビアニメ「恋愛暴君」第8話の先行カットとあらすじが到着しました。 第8話「さよなら × 恋敵(ライバル)でしょ!!」より /(C)三星めがね・COMICメテオ/恋愛暴君製作委員会 <第8話「さよなら × 恋敵(ライバル)でしょ!!」あらすじ>茜を助ける! 緋山家に乗り込むグリと柚。数々のトラップを乗り越えてやっとの思いで再会するが、茜は柚に容赦なくグルカナイフを投げつけて——。そこへやってきた青司は、彼女を閉じ込めた張本人である茜の母・蘇芳と対峙する。[脚本:高橋ナツコ、絵コンテ:八谷賢一、演出:鈴木孝聡、作画監督:白川茉莉・北村淳一・志水よしこ・服部健知・川上遥・櫻井拓郎・土生良介、総作画監督:谷津美弥子・北村淳一] 第8話「さよなら × 恋敵(ライバル)でしょ!!」は、5月25日(木)26時35分からのテレビ東京を皮切りに、BSジャパン・AT-Xで順次放送。また、dアニメストアなどで配信されます。 三星めがねさん原作の「恋愛暴君」 は2012年7月からWEBコミックサイト・COMICメテオで連載中。ある日突然、男子高校生・藍野青司のもとに任意の2人を強制的にキスさせるという不思議アイテム“キスノート”を持った死神風の少女・グリが現れ、“24時間以内にキスしないと書いた者(グリ)は死に、書かれた者(青司)も一生童貞のまま生涯を終える”と告げ…。愛のキューピット(?)グリと青司...more
カテゴリー:

絵本の世界のとびきり甘いトーストが食べられる!「おじいちゃんとパン」コラボカフェ - 05月25日(木)16:35 

株式会社有隣堂が運営するカフェ併設型書店「新宿STORY STORY」および「有隣堂ヨドバシAKIBA店STORY CAFE」、「有隣堂ららぽーと湘南平塚店STORY CAFE」において、6月7日(水)から6月30日(金)まで3店舗同時で「おじいちゃんとパン」コラボカフェが開催される。 【写真を見る】絵本の世界から飛び出してきたかのようなジャムトースト 「おじいちゃんとパン」は、コミック「ごはんのおとも」で累計10万部のヒットを生んだ新進気鋭の作家「たな」が描く初の絵本作品。食パンに毎日ジャムやマシュマロなどの甘いものを塗って食べているおじいちゃんと、甘いパンを楽しみにしているまごの「ちびすけ」。このちびすけの成長を、食パンレシピと共につづった内容だ。該当3店舗では、6月9日(金)の「おじいちゃんとパン」発売に先立ち、6月7日(水)から書籍を先行発売し、絵本の再現メニューを食べることができる。コラボメニューは3店舗で異なり、新宿STORY STORYではイチゴジャムトースト、ヨドバシAKIBA STORYカフェではあんバタきなこトースト、平塚STORY CAFEではマシュマロトーストがそれぞれ提供される。 店内では絵本のパネル展も行われている。物語の世界から飛び出したとびきり甘いトーストをぜひ味わってみて。【ウォーカープラス編集部/国分洋平】 【関連記事】 ・国内最大級50万球の...more
カテゴリー:

「まん〇画太郎×TENGA」ドクミちゃんがフィギュア化、TENGAを台座にして楽しめる仕様に - 05月25日(木)13:15 

TENGAより、『ミトコンペレストロイカ』のキャラクター「ドクミ」の新作フィギュア「まん〇画太郎 × TENGA ドクミフィギュア」が発売決定。 その他の画像つき【元記事】を見る 「グッドスマイルオンラインショップ」他で予約受付がスタートしており、価格は3,000円(税込)。発売時期は2017年10月が予定されています。 「コミックバンチ」(新潮社)にて連載された、まん〇画太郎による漫画『ミトコンペレストロイカ』に登場する「ドクミ」がフィギュア化。漫画から飛び出してきたような表情と風貌が、見事に再現されています。 さらに、「TENGA」への接続が可能な専用支柱が付属するので、「TENGA」を台座として使用することも可能だそう。愉快で可愛らしいドクミフィギュアが楽しめます。 【関連記事】 ・【ハイキュー!!】頼れる主将「ねんどろいど澤村大地」発売決定、真剣顔や腹黒笑顔が付属 ・ワシの出番じゃ!「ハイスクール・フリート」ヴィルヘルミーナが水着姿で1/8スケールフィギュア化 ・日本ロック界の神様「忌野清志郎」フィギュア化、1983年武道館ライブの姿を完全再現 ・はっやーい!『けものフレンズ』ねんどろいど かばん発売決定、サーバルちゃんの彩色済み原型も披露 ・美しさそのままiXimaデザイン「巡音ルカ V4X」1/4スケールでフィギュア化
カテゴリー:

「月がきれい」は男女が入れ替わらない「君の名は。」だ。深夜の恋テロアニメがじわじわ来ている - 05月25日(木)11:00 

現在放送中のアニメ『月がきれい』(TOKYO MX 毎週木曜深夜12時~)がヤバイとじわじわ話題になっている。埼玉県川越市を舞台に、めちゃくちゃシャイな中学3年生同士の純愛を描く物語。有名コミックやライトノベル、ゲームなどの原作がない完全オリジナルストーリーだ。しかし、これがヤバイのである。放送中のツイッターのタイムラインには「あああああ」「今週も死んだ」「滅多打ち」「ベッドを殴って壊した」などの視聴者の悲鳴のような感想が並ぶ。みんな主人公たちの甘酸っぱい恋愛模様を見て身悶えしているのだ。恋愛とは縁遠い生き方をしている人も、かつては誰かに心を寄せたことぐらいあると思う。『月がきれい』はそのあたりの記憶を絶妙にくすぐってくる。筆者はこれを“深夜の恋テロアニメ”と呼ぶ。電灯の紐でボクシング! ほとばしる中学生あるある主人公は小説家志望の文系男子、安曇小太郎(演:千葉翔也)と陸上部に所属する体育会系女子、水野茜(演:演:小原好美)。2人はクラスで声も交わすことのできないぐらいシャイ。だけど、ふとしたことからお互いが気になるようになり、徐々に距離を縮めていく。第1話のクライマックスは、小太郎の汚れた背中を茜がポンポンと手で払うシーンだった。はっきり言ってめちゃくちゃ地味である。だが、それがいい。気になる女子にこんなことされたら、余計気になるに決まってる!ちょっといいことがあると電灯の紐相手...more
カテゴリー:

『名探偵コナン』でおなじみ黒い犯人が主人公のパロディ作品が連載開始 - 05月25日(木)17:02 

 青山剛昌氏の漫画『名探偵コナン』に登場する、おなじみの“黒い人”を主人公にしたスピンオフコミックス『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』が、今日25日発売の『サンデーS 7月号』(小学館)で連載開始された。 【写真】かんばまゆこ氏『名探偵コナン 犯人の犯沢さん』  同作品は『迷宮入り探偵』や『錦田警部はどろぼうがお好き』などで知られるかんばまゆこ氏の新連載。記念すべき第1話では、毎日のように犯罪が起こる危険な街・米花町に犯人が降り立つシーンから始まる。  7月号ではコナンと犯人の犯沢さんが表紙を飾っており、この“パロディ作品らしい”ユーモア溢れるコラボレーションにSNSなどでも期待の声が上がっている。  同号にはそのほか、阿部ゆたか氏、丸伝次郎氏が作画を務めコミカライズした、劇場版コナン史上最大のヒット作『名探偵コナン 純黒の悪夢』の連載も開始される。 【関連記事】 「名探偵コナン」×倉木麻衣スペシャル動画公開 (17年04月14日) 『名探偵コナン』テレビアニメで劇場版につながるエピソード (17年04月15日) コナン声優陣、“タブー”ネタに笑い誘う 高山みなみ「小学生のまま21作目」 (17年04月15日) 劇場版『名探偵コナン』公開2日で興収12.8億円 歴代最高記録更新 (17年04月17日) 『コナン』『YAIBA』青山剛昌氏、コミック累計発行部数が全世界で2億...more
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマン、日本語あいさつを自己採点 最後のウルヴァリンは「世界で最高の贈り物」 - 05月25日(木)16:39 

 映画『LOGAN/ローガン』来日記者会見が25日、東京都内で行われ、出演者のヒュー・ジャックマンとジェームズ・マンゴールド監督が出席した。 本作は、ミュータントの大半が死滅した2029年の近未来を舞台に、謎めいた少女を守るために死力を尽くす孤高のヒーロー・ローガンを生身の人間として描く。世界的大ヒットシリーズ「X-MEN」において最高の人気を誇る“ウルヴァリン”ことローガンを17年間にわたって9回演じてきたジャックマンは、今回が“ウルヴァリン”としての最後の来日となる。 ジャックマンは「コンニチハ。ワタシハニホンニキテ、トテモウレシイデス」と日本語であいさつ。「楽屋で練習したときはジェシーさんに95点だと言われたけど、すみません。今のは65点くらいだったと思う」とジョークを飛ばしたが、会場から満点に近い高得点をつける声が飛ぶと「90点!? おお、スバラシ。スバラシ!」と感激して喜んだ。 「日本には何回来たかわからないくらい。世界中で一番訪れている国が日本だと思う。大好きな国」と日本愛を語り、「旅の終わり」と表現したウルヴァリン役との別れには「今は平和的というかとっても幸せ。皆さんに感謝しています。完成品を見たときにはやっと安堵感を覚えました。監督には世界で最高の贈り物をいただいた」と心境を明かした。 また、初めてウルヴァリンを演じた当初はコミックや作品、キャラクターについてまった...more
カテゴリー:

ヒュー・ジャックマンがウルヴァリンとして最後の会見に登場 「『X-MEN』を読んだことすらなかった」 - 05月25日(木)15:00 

6月1日(木)より、いよいよ日本で公開を迎える映画『LOGAN/ローガン』。5月25日(木)、17年間にわたってウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンと、今作で監督を務めたジェームズ・マンゴールド監督が来日記者会見に登場した。 大ヒットシリーズ『X-MEN』において最高の人気を誇るウルヴァリンことローガンは、2000年代以降のアメコミ映画の隆盛を牽引してきた孤高のヒーロー。今作では、ミュータントの大半が死滅した近未来を舞台に、もはや不死身の存在ではなくなってしまったローガンの姿が描かれる。 『ローガン』のプロモーションツアーもこれが最後。ウルヴァリンとしての旅の終わりが日本の地であることに感慨深い思いを吐露したジャックマンは、「最高のパーティーに参加したら、いつその場を立ち去るのか見極めるのが大変だ。ウルヴァリンを引退するならこの作品という想いで参加したし、完成した作品にとても満足している」と語り、マンゴールド監督とタッグを組んだ映画『ウルヴァリン:SAMURAI』(2013年)の公開直後あたりから今作の構想を練っていたことを明かした。 さらに、「最初にウルヴァリンを演じた時は『X-MEN』のコミックを読んだことすらなかった。今となっては、キャリアや人生の喜び、光栄な特権、感謝すべき役になったよ。いつか孫が生まれて、『X-MEN』シリーズのオススメを聞かれた時に、“これを...more
カテゴリー:

土屋太鳳がタキシード姿に!「本気で好きになってもいいか」のセリフに場内キュン - 05月25日(木)11:40 

 女優の土屋太鳳が24日、都内にて行われた映画『兄に愛されすぎて困ってます』の完成披露イベントに登壇した。オープニングでは、共演の片寄涼太(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、千葉雄大、草川拓弥(超特急)、杉野遥亮の4人の“兄系イケメンズ”に続いて、土屋がタキシード姿で登場。“第5のイケメン”となった土屋を、千葉は「マジでかっこいい!(この5人の中で)抜群に太鳳ちゃんがカッコいいですよね」と絶賛した。【関連】『兄に愛されすぎて困ってます』完成披露試写会フォトギャラリー 原作は雑誌「Sho‐Comi」(小学館)にて連載中の夜神里奈による同名コミック。突然訪れた“人生初のモテ期”状態に困惑しながら、本当に好きな人を見つけ出そうと奮闘する女子高生・橘せとか(土屋)と、彼女を取り巻くイケメンたちが織り成す恋模様が描かれる。 土屋は「今日この場所から、みなさんには“せとか”を見るのではなく、“せとか”として“兄こま”の世界を生きて、お兄たちの愛を感じてもらいたいと思います。それで私も兄系イケメンを目指して、みなさんに愛を届けたく、この姿を選びました」とタキシード姿の理由を語った。 せとかの立場は観客に譲り、自分はイケメン側になりたいという土屋。そんな彼女を見て草川は「ズルいですよね。かわいいい部分もあるし、カッコいい部分も持っちゃったら無敵ですよね!」と賞賛した。 イ...more
カテゴリー:

ハイレゾ音源配信6サイト連合企画「ハイレゾ音源大賞」2017年5月度大賞候補6作品発表 - 05月25日(木)10:00 

ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo music」、 「groovers」 、「mora ~WALKMAN(R)公式ミュージックストア~」、「OTOTOY」、 「レコチョク」 5社合同企画「ハイレゾ音源大賞」は、今月5月から新たに「mysound」を加え、6サイト連合企画となり、2017年5月度推薦作品を発表した。発表された推薦作品は 「ターン・アップ・ザ・クワイエット/ダイアナ・クラール」 (mora推薦)、 「Leave, slowly/Ryu Matsuyama」 (mysound推薦)、 「WAVES/Yogee New Waves」 (OTOTOY推薦)、 「OK/RCサクセション」(レコチョク推薦) 、「A Tribute To Art Blakey And The Jazz Messengers/トニー・アレン」 (e-onkyo music 推薦)、 「アンコール!/渡辺 貞夫」 (groovers推薦) の6作品。 各サイトが推薦するハイレゾ作品の中からの選出とあって、邦・洋、インスト、名盤などが入り混じったユニークなラインアップとなっており、 この推薦作品が「ハイレゾ音源大賞」の5月度候補作品となる。2017年5月度のセレクターには、GOTCH氏が登場する。■ハイレゾ音源大賞■ITライフハック■ITライフハック Twitter■ITライフハック Faceboo...more
カテゴリー:

もっと見る

「コミック」の画像

もっと見る

「コミック」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 漫画...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる