「コネクション」とは?

関連ニュース

全てがつらいわけじゃない? 就活で想像より楽だったこと7選! - 05月25日(木)07:00 

就活の時期は、なかなか内定が出なかったりして、つらいことがたくさんあるという話はよく聞きますよね。しかし、そんなふうに大変そうだなと思って構えていたけれど、実際に取り組んでみたら意外と楽だと感じる場合もあるようです。今回は就活を経験した社会人のみなさんに、就活で想像よりも楽だったことについて聞いてみました。■就活で「想像より楽だった」ことは何ですか? ●ESの通過 ・思ったより意外と簡単に通過できる企業が多かったから(女性/24歳/アパレル・繊維) ・意外と通過できたから(男性/25歳/運輸・倉庫) ・ESだけは落ちたところがない(男性/28歳/運輸・倉庫) ・友達からESがなかなか通過しないという悩みを打ち明けられたことがあって、自分も通過する企業なんて少ないだろうと思っていたけど、意外にも簡単に通過できる企業が多かったから(男性/48歳/自動車関連) ●面接 ・話がはずむこともあったから(女性/28歳/その他) ・意外とサクサク通った(女性/30歳/団体・公益法人・官公庁) ・ウケがよかったので(女性/28歳/ホテル・旅行・アミューズメント) ・コネクションがあったから(男性/26歳/運輸・倉庫) ●内定・選考通過 ・面接が通ったときは「こんなもんでいいんだ」と妙に簡単だったなと思ってしまった(女性/28歳/医療・福祉) ・意外と簡単に取れた...more
カテゴリー:

トニー・ホームはLAに住むフィンランド人――フミ斎藤のプロレス読本#007 - 05月23日(火)08:51 

 1992年  トニー・ホームはたぶん、いまのところ世界でただひとりのフィンランド人プロレスラーだ。北欧にプロレスは存在しない。  四角いリングと3本ロープのこういうプロのレスリングが盛んなのは地球上ではアメリカとカナダ、日本、メキシコだけだ。ドイツとオーストリアにも“キャッチ”というヨーロッパ・スタイルのプロレスがあって、かつては人気があったが、いまはそれほどメジャーなプロスポーツではない。  フィンランドの軍隊でボクシングをやっていたホームは、二十歳のときに故郷をあとにしてアメリカに移り住んだ。夢多き若者にとってスカンジナビアは退屈すぎた。  プロボクサーとかプロのボディービルダーとか映画俳優とか、アメリカにしかない職業について有名になってやろうと思ったのだという。もちろん、お金もたくさん稼ぎたかった。  ロサンゼルスに住むようになって、かれこれ7年になる。グリーンカード(永住権)を取得するためにアメリカ人女性と結婚し、そして離婚した。そのあいだにありとあらゆる仕事をやった。  体が大きかったから、まず、バーのバウンサー(用心棒)になった。店にお酒を飲みにくるハリウッド関係者とコネクションをつくり、スタントマンとしてアクション映画に出演したことがある。ちゃんとセリフのある役のオーディションを受けたこともある。  金融業のアシスタントとして、借金とりのボスといっしょ...more
カテゴリー:

アーセナルOB、古巣の大型補強を期待...フレンチ・コネクション復活を夢見る - 05月19日(金)10:19 

アーセナルOBのキャンベル氏は、前線の補強が急務だと考えており、ベンゼマ、グリエズマン、ムバッペの獲得を希望した。
カテゴリー:

官邸お抱え記者「山口敬之」、直前で準強姦逮捕取りやめに 警視庁刑事部長が指示 - 05月18日(木)08:01 

■「警視庁刑事部長」が握り潰した「安倍総理」ベッタリ記者の「準強姦逮捕状」(下) “安倍首相に最も近いジャーナリスト”山口敬之・元TBSワシントン支局長(51)からレイプされたと訴えるのは、海外でジャーナリスト活動を展開する27歳の女性である。  就職についての話をするため、彼女が山口氏と東京・恵比寿で会ったのは2015年4月3日。異変は2軒目に訪れた寿司屋で起きた。酒に強いと自負する彼女が記憶をなくし、 「身体に痛みを感じて目覚めた時、あの人が身体の上に乗っている状態でした」(被害女性本人)  山口氏は避妊具を着けておらず、ベッドの上には開かれた状態のノートパソコンが。薬(デートレイプドラッグ)を入れられたと彼女は主張する。“下着だけでもお土産で持って帰ってもいいかな”と言う山口氏から逃れ、這い出るようにしてホテルの部屋を出たという。  ***  仕事の能力ではなく、単に女性として見られていたことの悔しさ。山口氏が「権力者とのコネクション」を折に触れて吹聴していたため、捜査当局に真実を打ち明けたところで揉み消されるのではないかという迷い。ジャーナリストとして、仕事ができなくなるかもしれない恐れ。それらがないまぜになって、周囲に事実を打ち明けるのに2〜3日、警察へ出かけて行くまでに5日を要した。 「まずは家の近くの原宿署に行って話しましたが、ホテルの所在地は高輪署の管轄になるか...more
カテゴリー:

CMもドンピシャ 『やすらぎの郷』にかけるテレ朝の決意 - 05月14日(日)07:00 

 放送作家でコラムニストの山田美保子氏が独自の視点で最新芸能ニュースを深掘りする連載「芸能耳年増」。今回は、話題のドラマ『やすらぎの郷』について。  * * * 『相棒』『科捜研の女』『警視庁捜査一課9係』『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』。そして『緊急取調室』と、シリーズドラマを多数、持ち、安定した視聴率をキープしているのがテレビ朝日のドラマ。 「名物プロデューサー」と呼ばれるスタッフや、「おもしろいものを作る」「センスがいい」と評判の演出者が社内に増えてもいて、年に2回、行われる記者との懇親会では、“ドラマ班”が集まるテーブルに、もっとも人だかりができているように思う。  4月初旬に行われた懇親会で、司会の清水俊輔アナがタイトルをコールした瞬間、会場から「お〜〜〜」と歓声があがったのが『やすらぎの郷』の”紹介タイム“のとき。  オンエアは既に開始されていて、「初回視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)」は、全出席者が知っていたが、「系列局では10%を超えた日もある」とのプロデューサーからの報告に、会場からは再び「お〜〜〜」という声があがった。 「帯ドラマ劇場(シアター)」という新設枠は、あの『徹子の部屋』と直結され、『ワイド!スクランブル』内に位置している。  在京民放局の昼帯は、日本テレビ系の『ヒルナンデス!』がF1層(20〜34才の女性)、平均視聴率でトップを走る...more
カテゴリー:

【サッカー】<元バルサの逸材イサーク・クエンカ>日本移籍を希望!「いいオファーあれば」。Jリーグ熟知する元選手が仲介、移籍金なし - 05月24日(水)13:18 

今夏、Jリーグに新たなビッグネームが加入するかもしれない。  その選手とはスペインでプレーするイサーク・クエンカ。2003年にバルセロナに加入、長くバルサの下部組織で育てられ、2011年にはトップチームの試合にも出場し、得点も記録している。その後の活躍も期待された逸材だ。  だが、トップチームの壁は厚く、オランダのアヤックスや、スペインのデポルティボ・ラ・コルーニャなど複数のチームを渡り歩き、現在はグラナダに所属している。メッシ、イニエスタらとまじってプレーしていた姿を覚えているバルサファンも多いはず...
»続きを読む
カテゴリー:

「夜遊び上手」な女性が、ビジネスでもうまくいく17の理由 - 05月20日(土)23:00 

夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかもしれません。いい人生を送るための術をパーティという環境のなかで培ってきたからです。「Elite Daily」のライター、Zara Barrieの記事より紹介しましょう。パーティは社会勉強の場にもなる!?パーティガールとそうじゃない女の子を比較してみて欲しいの。前者のほうが断然エネルギッシュな人生を送っていると思わない?でも、パーティガールにはまだまだ知られていない特性があるの。それを知れば、私たちミレニアル世代が意外と素敵な女性であることや、ビジネスの世界で成功する理由に納得してもらえるかもしれない。パーティはビジネス文化を学ぶのに最適なトレーニンググランドよ。01.エネルギーがみなぎっている。ナイトライフを楽しむには、想像以上に膨大なエネルギーが必要なの。だから、本物のパーティガールになれるのは、ほんのひと握り。ほとんどの人は午後2時を過ぎたあたりでダウンしていくのに、私たちは朝まで騒いで、そのまま仕事に行けちゃうからね。02.簡単には動揺しない。驚くべきことだけど、ちょっと計画通りにいかないだけで、多くの人はいとも簡単に動揺するの。でもね、パーティガールは日常的にカオスを経験しているから、何があっても冷静沈着。いきなり上司に業...more
カテゴリー:

フィットネスから食事まで楽しめる「アシックス」の新施設が隅田川沿いにオープン - 05月18日(木)16:20 

 アシックスジャパンが5月18日、カフェやフィットネススタジオなどを設けた新施設「アシックスコネクショントウキョウ(ASICS CONNECTION TOKYO)」を墨田区・吾妻橋エリアにオープンした。1階はカフェや受付、2階はフィットネススタジオやシャワールームを設置し2フロアで構成。オープンを記念したセレモニーにはレスリングの伊調馨選手や山本亨墨田区長、アシックスジャパンの西前学社長が登壇した。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
カテゴリー:

LGBTQについて語るとき「高齢者」の存在を忘れていませんか? - 05月17日(水)10:11 

LGBTQのニュースを見ない日はない、というくらい、ここ数年で一気にその認識や理解が深まってきているような印象を受ける。でも、そこに登場する人は若者が多く「高齢のLGBTQ」については、忘れられがちなように思う。この言葉自体が90年代から使われ始めた、という理由もあるかもしれないけど、当然LGBTQの人たちは昔からいるし、時代や地域によっては、現代よりも強い差別や偏見に苦労したのではないだろうか。そんな中、写真家のLevi Jackman Fosterはそれぞれの世代のコネクションをもっと強めることはできないかと、お互いに交流できる場をつくった。そこには、理解を得るためには世代の垣根を超えて一緒に戦うほうがいい、という「想い」があった。アクティビスト×ジャーナリスト右側に写るEdie Windsorさんは、「結婚防衛法の一部は違憲である」とアメリカ最高裁判所に認めさせ、同性結婚の合法化へのきっかけを作った人物。その隣のRaymond Braunさんはメディアでも話題になっているジャーナリストで、オバマ前大統領とLGBTQについて意見を交換したそうだ。 この2人は「高齢者で、かつマイノリティでもある人たちの生活をどうやって助けていくか」ということについて意見を深めたという。トランスジェンダー×ノンバイナリー赤いドレスを着るBamby Salcedoさ...more
カテゴリー:

【サッカー】レスターのGKシュマイケルにマンチェスターの両クラブが熱視線 - 05月01日(月)17:54 

レスターに所属するデンマーク代表GKカスパー・シュマイケルは、マンチェスターのビッククラブに移籍する準備ができている。イギリス紙『サン』が30日付で報じた。  昨年レスターでプレミアリーグ優勝を果たしたシュマイケル。同選手は公式戦37試合に出場しているが、レスターはプレミアリーグ第35節終了時点で11勝7分16敗の勝ち点「40」、と不振に喘いでいる。そんなシュマイケルにマンチェスター・Uとマンチェスター・Cが、獲得の準備を進めているようだ。  シュマイケルは近頃イタリア人の代理人である、ルーカス・バスチェリー...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「コネクション」の画像

もっと見る

「コネクション」の動画

Wikipedia

  • redirect接続...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる