「ゲリラ豪雨」とは?

関連ニュース

ジオストーム:ゲリラ豪雨ならぬ“ゲリラカミナリ”映像が公開 - 01月17日(水)21:00 

 アクション映画「ジオストーム」(ディーン・デブリン監督、19日公開)のディザスターシーン映像が17日、公開された。映画は気象コントロール衛星の暴走が引き起こす異常気象を描いた作品で、映像では雷が雨…
カテゴリー:

月面探査レース、日本チーム「HAKUTO」打ち上げできず窮地―でも撤退はせずと声明 - 01月12日(金)00:25 

Googleが後押しする世界規模の月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」。日本から唯一参加しているチーム「HAKUTO」が、期限内に探査ローバー(車両)を打ち上げるのが困難になった。だがレースから離脱はせず、挑戦を続けるとしている。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 HAKUTOは当初から月面をローバー「SORATO」の開発に特化し、他チームの月着陸船に相乗りする計画だった。レース参加に必要な基準をすべて満たし、2017年12月の打ち上げに向けて相乗り先のインドチーム「TeamIndus」の拠点である先端技術都市バンガロールへ輸送を完了させた。 TeamIndusも参加基準をすべて満たしており、進捗(しんちょく)は順調に思えた。ところが最終段階でインド宇宙研究機関(ISRO)のロケットPSLVに関して調整がつかず、期限内の打ち上げ実施が難しいことが分かった。 しかしHAKUTOでは同じレースを戦っている仲間として引き続きTeamIndusを支持し、レース期限までの目標達成の可能性を模索するとしている。またレースを運営するXPRIZE財団などと期限の延期について協議することも検討している。 さらにTeamIndusとの相乗り契約を続けつつ、あらゆる方法を再度見直し、さまざまな選択肢の中で最も成功率の高い方法を検討するとしている。【...more
カテゴリー:

「量子コンピューターでも解読がむずかしい」暗号―日本が開発 - 01月12日(金)18:55 

日本政府が運営する情報通信研究機構(NICT)は量子コンピューターでも解読が困難な格子理論に基づく新暗号方式「LOTUS(ロータス)」を開発したと発表した。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 現在スマートフォンやPCでセキュリティを守るために使っている「公開鍵暗号」を置き換えられるという。 公開鍵暗号は、サイバー犯罪者が、IDやパスワードを盗むのを防いだり、プライバシーを守ったりするために広まっている。しかし将来、量子力学の原理を用いて従来のコンピューターでは難しい性能、機能を発揮する「量子コンピューター」が普及すれば、誰でも簡単に解読できてしまう恐れがある。 かくして今のうちに「耐量子性」のある新たな暗号を作っておこうという動きが世界で盛り上がっている。 米国の国立標準技術研究所(NIST)でも暗号を公募し、日本のNICTが参加。今回のLOTUSはその書類選考を通過した69件の候補の1つになった。さらに3年以上かけて候補の評価、選定が進む見通しだ。 LOTUSの特徴は耐量子性に加え、Webブラウザー、データベースなどに組み込み可能で、暗号の専門家でなくても安全に使えるところ。暗号化した情報をもとに戻す際に、内容が損なわれていないことを確かめる仕組みがあり、さまざまな通信、交通、産業といった分野で使える汎用性の高さがうりだ。 LOTUSの概要...more
カテゴリー:

「ゲリラ豪雨」の画像

もっと見る

「ゲリラ豪雨」の動画

Wikipedia

ゲリラ豪雨(ゲリラごうう)とは、正式な気象用語ではないが、おおかた「集中豪雨」と同義で、大気の不安定により突発的で天気予報による正確な予測が困難な局地的大雨を指す。従来から使用されていた「驟雨にわか雨)」や集中豪雨、夕立といった言葉をマスメディアなどが代用した表現で、2008年には新語・流行語大賞トップ10に選出されている。局地豪雨、ゲリラ雨、ゲリラ雷雨などの呼び方もある。

集中豪雨、ゲリラ豪雨、夕立などは、気象学的に明確な定義づけはなされておらず、ほぼ日本国内でのみ用いられる。日本の気象庁は予報用語としてゲリラ豪雨は用いず、集中豪雨と「局地的大雨」を雨量などに応じて使い分けている(参考 : ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる