「ケツメイシ」とは?

関連ニュース

目の疲れ・便秘解消に最適!「ケツメイシ茶」の特徴や飲み方について - 05月11日(金)18:00 

便秘気味な女性におすすめ!ケツメイシ茶とは?特徴や飲み方について ケツメイシ茶(別名:ハブ茶)とは北米を原産地とする「エビスグサ」の種子で、中国では漢方薬としても利用されているそう。アントラキノン誘導体により便を柔らかくする作用があるほか、目の疲労回復に役立つビタミンAが豊富に含まれています。普段からPC・読書など目を酷使する機会が多い方は上手く有効活用していくと良いでしょう。 <ケツメイシ茶の飲み方> 厳密な決まりはありませんが、ティーパックであれば1日1つを目安に飲むと良いそうです。医薬品のケツメイシ茶の場合は1日あたり5g(3回に分けること)を目安に飲むようにしましょう。また、カフェインが入っていないため好きなタイミングで飲める点も魅力です。 <ケツメイシ茶の淹れ方> 沸騰した1リットル分のお湯にケツメイシ茶を1パック入れ、5分程煮出します。長時間加熱するとケツメイシ茶の成分が壊れてしまう可能性があるため、沸騰したらすぐに火を止めるようにしましょう。 <ケツメイシ茶の選び方> 通販やドラッグストアではハブ茶として売られていることが多いようです。ハブ茶もケツメイシ茶と同じエビスグサの種子から作られたお茶なので、そちらを選んでも問題ないと言われています。 関連画像をもっと見る ケツメイシ茶に副作用はある?注意点について 麦茶のように香ばしくとっても飲みやすいケツメ...more
カテゴリー:

北山たけし、デビュー15周年を迎え「あの場所=紅白へ再び」 - 05月09日(水)08:10 

 北島三郎の愛弟子としてデビューし、2005年から5年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場するなど快進撃を見せた北山たけしが15周年を迎えた。記念曲は、北島自らが北山のために書いた「津軽おとこ節」。近年“紅白”から遠ざかっている悔しさを糧に、初心に帰って歌う北山たけしの今。 【動画】北山、大江、純烈…いま注目の演歌・歌謡歌手 コメント集 ◆なぜ自分は実家でのんびりテレビを観ているんだろう ──まずは、デビュー15周年を振り返ってのお気持ちを伺えますか。 【北山】 早かったなというのもあるんですが、15年歌わせていただいてきても、自分にはまだまだ足りないものが多いので、よりよい歌をうたうために、改めて気を引き締めていかなければという、初心に帰るような気持ちでいます。 ──北山さんは近年、「もう一度あの場所へ」と“紅白”への気持ちを語られることも多くて、その点でも一心に晴れの舞台を目指した、デビュー当時に帰ろうという想いが強いんでしょうね。 【北山】 一昨年までの22年間は大晦日まで東京にいて、元旦に「今年もよろしくお願いいたします」と師匠にご挨拶をしてから実家に帰っていたんですが、去年はじめて12月29日に「今年はちょっと早めに帰ってこいよ」と言っていただけたので帰りまして、大晦日には親父と一緒に“紅白”を観たんですが、「なぜ自分は実家でのんびりテレビを観ているんだろう」と思った...more
カテゴリー:

「ケツメイシ」の画像

もっと見る

「ケツメイシ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる