「ケイン・コスギ」とは?

「ケイン・コスギ」の画像

もっと見る

「ケイン・コスギ」の動画

Wikipedia

。その後ケインは世界記録の23段に挑戦するも失敗に終わったが、世界記録に1段差に迫る22段を記録し、ケインの上は世界一の跳躍力を持つヨウ・ホンチュルのみとなった。

QUICK MUSCLEでもNo.1となる。

DASHでは予選で最高タイムをマークし準決勝進出。準決勝では高校2年時に50メートル走で6秒フラットを記録しているという西山と対決。スタートでは互角だったが30メートルを過ぎてからケインがリードし、勝利。決勝は山口達也と対決。しかしすでにケインは疲れ切っており、山口に敗れ、No.1を逃した。ケインは結局予選のタイムがベストであった。

LOG相撲でも1回戦で宮下直紀、準決勝で西山に勝利するも、決勝では野村将希に一瞬引いたところを押し切られ、敗れた。SHOT-GUN-TOUCHでは最終試技で総合No.1が確定している状況で自己記録更新を狙ったが、この時点で完全に疲れ切っており、ボールに全く届かず。ケインはSHOT-GUN-TOUCH初の失敗となった。しかしながら3連覇を達成。

;第5回プロスポーツマン大会(1999年1月1日放送) 芸能人大会3連覇を果たしたケインがプロスポーツマン大会に初参戦。

POWER FORCEでは芸能人大会では同競技No.1に輝いているケインだったが、1回戦で吉原孝介に敗れ、BEACH FLAGSでも3回戦で吉原との競り合いに敗れた。

更にMONSTER BOXではNo.1に輝いたものの記録19段に終わり、その後はいずれも種目別No.1はならず、総合4位に終わった。

しかしながら孤独な状態で黙々と全競技に挑み続けたケインに魅せられた...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる