「グンマ」とは?

関連ニュース

声優・内田彩、2ndシングル発売記念イベントの開催決定! C/Wの試聴動画公開 - 04月20日(金)18:00 

声優・内田彩の2ndシングルで、TVアニメ『お前はまだグンマを知らない』のエンディングテーマ「So Happy」の発売を記念したインストアイベント、ディスプレイコンテストの開催が決定した。
カテゴリー:

グンマーの巨大ロボ、ロイター通信により全世界にニュース配信されてしまう - 04月13日(金)21:03  news

ロイター通信は13日、群馬県榛東(しんとう)村の機械メーカー「榊原機械」が開発した操縦できる巨大人型ロボット遊具「LW-MONONOFU(もののふ)」に関する記事と写真を配信した。 もののふはこれまで国内のメディアには取り上げられてきたが、海外に本格的に情報が発信されるのは初めて。 もののふは高さ約8・5メートル、重さ約7・3トン。榊原機械は家畜の糞(ふん)尿を堆肥処理する機械などを製造する会社で、機械の設計や制御装置の技術を生かしてアニメ「機動戦士ガンダム」のような乗れるロボットを作れない...
»続きを読む
カテゴリー:

群馬県出身声優・内田彩が出演!話題の群馬県あるあるアニメ - 04月19日(木)18:00 

「ふわふわ」「オシャレ」「かわいい」といった言葉がぴったりの、女子力の塊のようなビジュアルで人気の内田彩。2013年にTVアニメ「ラブライブ!」で南ことりを演じたのをきっかけに、広くアニメファンに知られるようになった実力派声優だ。また、2014年からはソロ歌手としての活動もスタートし、ワンマンで日本武道館ライブを成功させるなど、歌手としても着実に成長を続ける彼女がこの春、話題のアニメに出演し注目を集めている。 「お前はまだグンマを知らない」は群馬県民<あるある>があふれている/(C)井田ヒロト・新潮社/お前はまだグンマを知らない製作委員会 群馬で生まれ、群馬で育ち、現在では【ぐんま観光特使】の彼女。「声優の仕事を通して色々な方に群馬のPRが出来たらいいなと思っています!アニメファンの方にも群馬の良さを伝えていきたいです!」(※注1)と語る彼女にぴったりの最新出演作が4月よりアニマックスで放送中。 その名も、「お前はまだグンマを知らない」。 原作は、「月刊コミック@バンチ」(新潮社)のウェブコミック配信サイト「くらげバンチ」で2013年10月より配信開始されている大人気漫画。2017年にドラマ化および映画化され、ついに今春テレビアニメ化された話題作だ。 今回「お前はまだグンマを知らない」のエディング「So Happy」は、内田が担当している。初のアニメタイアップとなる「So ...more
カテゴリー:

二階堂ふみとGACKTがW主演で、愛と爆笑の地方ディスマンガ「翔んで埼玉」まさかの実写映画化! - 04月09日(月)05:00 

井田ヒロトの「お前はまだグンマを知らない」や青色イリコの「都道府県擬人化マンガ ジャポニズム47 トキメキ大和魂編」、犬木加奈子の「埼玉最強伝説」など、特定の地方を取り上げて、愛のあるディスり(ディスリスペクト=馬鹿にする)を行う“地方ディスマンガ”というジャンルのマンガをご存じだろうか。この度、そんな地方ディスマンガの火付け役とも言われる魔夜峰央の「翔んで埼玉」が、実写映画として2019年に公開されることが決定した。 【写真を見る】二階堂ふみが初の男役で、GACKTと愛の逃避行に挑む!/[c]魔夜峰央『このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉』/宝島社 本作は「パタリロ」などで一世を風靡した漫画家・魔夜峰央が1982年に発表した作品で、2015年に「このマンガがすごい!comics 翔んで埼玉」として30年ぶりに復刊されたことをきっかけに、テレビ番組、SNS、ネットなどで話題を呼んだ。魔夜が作品発表当時に埼玉県所沢市に住んでいたことから“埼玉”を題材に、「埼玉から東京に行くには通行手形がいる」「埼玉県民にはそこらへんの草でも食わせておけ」「埼玉狩りだー!」など“埼玉県”を徹底的にディスるセリフなどが大きな反響を呼び、後に続く地方ディスマンガの火付け役と言われた。 本作は、埼玉県民が東京都民からひどい迫害を受けて暮らしている世界が舞台。東京でトップの高校、白鵬堂学院の生徒会長で...more
カテゴリー:

「グンマ」の画像

もっと見る

「グンマ」の動画

Wikipedia

  • 転送 グンマ王国...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる