「グンマ」とは?

関連ニュース

間宮祥太朗と小林勇貴監督が語る、衝撃作『全員死刑』の舞台裏 - 11月21日(火)14:30 

間宮祥太朗が面白い。2017年に出演した映画は、人気コミックの映画化『帝一の國』、群馬のご当地映画『劇場版 お前はまだグンマを知らない』、青春スポ根映画『トリガール!』とバラエティに富んでいる。そしてここへ来て、実際の殺人事件を扱った主演映画『全員死刑』という強烈な作品が公開されている。間宮と本作を手掛けた鬼才・小林勇貴監督を直撃した。 【写真を見る】タトゥーを入れた次男役の間宮祥太朗がセクシー/[c]2017「全員死刑」製作委員会 本作のモチーフは、福岡で実際に起きた強盗殺人死体遺棄事件。実行犯は次男だが、事件に関わった家族4人全員に死刑判決が下された。間宮が演じるのは、実行犯の次男・首塚タカノリ役。監禁、暴行、絞殺、毒殺、銃殺を扱ったヘビーな本作は、『冷たい熱帯魚』(10)、『凶悪』(13)の製作陣の下、本物の不良少年を起用した野心作『孤高の遠吠』(15)の小林監督が商業映画の監督デビューを果たした。 間宮は出演を決める前に小林監督と会って話をし「共通するのは死ぬほど映画が好きだという点で、まずそこがわかり合えると思いました」と意気投合したことを明かした。監督の事件に対する温度感や距離感にも大いに共感したという。 「小林監督は、事件に対してすごく近い距離感で見る目線と共に、冷静に距離を置き、鋭い考察をするという目線の両方を持っていました。僕自身、本作をやるのなら、その両方の目線...more
カテゴリー:

高杉真宙&間宮祥太朗、新進男優賞受賞にさらなる進化誓う!/第9回TAMA映画賞授賞式 - 11月19日(日)16:19 

「第9回TAMA映画賞」の授賞式が11月18日にパルテノン多摩大ホールにて行われ、最優秀新進男優賞を受賞した高杉真宙、間宮祥太朗、最優秀男優賞を獲得した池松壮亮ら、今後の日本映画界を背負って立つ俳優たちが登壇した。 TAMA映画賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝を込めて表彰するもの。 『逆光の頃』『散歩する侵略者』などで最優秀新進男優賞を受賞した高杉は、「こうやって賞をいただいてここに立っていると、改めてもっと頑張らなければなと強く感じました」と強い視線で語ると、2017年は公開作が6本を数えたことに「自分の中ではいろいろな役をやらせていただき、めまぐるしい毎日でしたが、すごく充実して楽しい日々でした。もっともっと自分の中では貪欲に成長していきたいという気持ちが湧き上がってきました」とさらなる活躍を誓っていた。 そんな高杉に、最優秀作品賞に選ばれた『散歩する侵略者』のメガホンをとった黒沢清監督は「舞台挨拶とかを見ていてみなさんもおわかりになると思いますが、高杉くんは本当に真面目な努力家、熱心で無骨、チャラいという言葉とは真逆の芯がしっかりした青年です」と賞賛していた。 高杉と同じく最優秀新進男優賞に輝いた間宮は「素敵な賞をいただけて光栄です。僕はず...more
カテゴリー:

土屋太鳳、スピーチ中に思わず涙 「いつの間にかでこぼこな心に」 - 11月18日(土)20:42 

 「第9回TAMA映画賞」の授賞式が18日、東京都内で行われ、最優秀新進女優賞を受賞した土屋太鳳、石橋静河ほかが登壇した。  土屋は『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』などでの演技が認められて受賞した。スピーチでは、これまでの葛藤を振り返り、思わず涙を流す場面もあった。  土屋は「映画の扉をたたいてから12年。少しずつ必死にその扉をこじ開けながら、本当にたくさんの言葉に出会いました。温かい何かが心からあふれる言葉もあれば、冷たい何かが心をえぐるような言葉もあって…」と語りながら、涙で声を詰まらせた。  観客から「頑張れ!」と声を掛けられた土屋は、改めて「いつの間にか“でこぼこな心”になっていましたが、今回、受賞理由で言っていただけた言葉は“それでいいんだよ”と包み込んで下さるような、背中を押して下さるような言葉でした」としみじみ語った。  受賞理由は「どの役にもひたむきに向き合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにした」というものだった。土屋は「この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」と決意を語り「作品を通して出会った、全ての人、全ての時間に心から感謝を伝えたいと思います」と語り、目を潤ませた。  土屋は、今後の抱負として「こんな役を演じたいというよりは、どんな役でも演じ切れる女優になりたいと思います。静かな役でも激し...more
カテゴリー:

混迷深まる三越伊勢丹 菊池均也「時代や今の不景気には逆らえない。特に自民党の政策では尚のこと」 - 11月06日(月)18:39  seijinewsplus

https://mobile.twitter.com/debeko2000?p=s 菊池均也 @ debeko2000 俳優。北海道出身。ブログ『菊池均也でございます』 【ドラマ】★11月3日日深夜0:12 ドラマ24『新宿セブン』4話ゲスト テレビ東京系列【映画】 『トモダチゲーム劇場版FINAL』★『お前はまだグンマを知らない』 kin3kin3.exblog.jp https://mobile.twitter.com/debeko2000/status/927365827992494081?p=p 菊池均也 @debeko2000 大手老舗デパートの経営、改革も人員削減は取り敢えず策…時代や今の不景気には逆らえない。特に自民党の政策では尚のこと。パワハラ...
»続きを読む
カテゴリー:

土屋太鳳感涙!長澤まさみ歓喜!女優の競演/第9回TAMA映画賞授賞式 - 11月19日(日)19:20 

国内映画賞のトップバッターとして注目を集める「第9回TAMA映画賞」の授賞式が11月18日にパルテノン多摩大ホールにて行われ、最優秀新進女優賞を受賞した土屋太鳳をはじめ、最優秀女優賞の長澤まさみ、満島ひかりら豪華女優陣が登壇し、それぞれの言葉で受賞を喜んだ。 TAMA映画賞は、多摩市および近郊の市民からなる実行委員が「明日への元気を与えてくれる・夢をみせてくれる活力溢れる<いきのいい>作品・監督・俳優」を、映画ファンの立場から感謝を込めて表彰するもの。 「本年度最も飛躍した女優、もしくは顕著な活躍をした新人女優」を表彰する最優秀新進女優賞を受賞した土屋は、黒のシースルードレスで登場。「映画の扉を叩いてから12年、少しずつ必死にその扉をこじ開けた中で、たくさんの言葉に出会いました。温かい涙が心からあふれる言葉もあれば、冷たい涙が心をえぐる言葉もありました」と言葉を紡ぐと、感極まって涙を流すが「いろいろな涙でデコボコな心になっていましたけれど、今回こうして受賞させていただき、自分の背中を押してくれるような言葉をかけていただけました。この賞を胸に、これからも女優として歩いていきます」と強い目線で前を向いた。 「本年度最も心に残った女優」を表彰する最優秀女優賞を受賞した長澤は「こんなにアットホームで温かい気持ちになる映画祭は初めてです」と笑顔を見せると「この賞をいただけたことで、これ...more
カテゴリー:

坊主頭の池松壮亮が最優秀男優賞!土屋太鳳も感涙のTAMA映画賞授賞式 - 11月18日(土)20:51 

映画ファンの祭典「第27回 映画祭 TAMA CINEMA FORUM」の第9回TAMA映画賞授賞式が、11月18日にパルテノン多摩で開催。池松壮亮、長澤まさみ、満島ひかりをはじめとする豪華俳優やクリエイターたちが登壇した。最優秀男優賞を受賞した池松は坊主頭で登壇し「賞をいただくのは自分としては恐れ多くて坊主にしてきました」とジョークを飛ばし、笑いを取った。 【写真を見る】涙を流し、言葉を詰まらせた土屋太鳳 池松は「どんどん日本映画が厳しくなっているのは誰の目にも明らかで、こんなご時世で映画をやってていいのかなという悲観的な人間でもあるんですが」と言いながら「1本1本にこだわって、諦めずにやっていきたいと思っています」と力強く語った。 池松が出演した『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』は最優秀作品賞を受賞した。トロフィーを受け取った石井裕也監督は「感覚的に自由に作った映画を評価していただいてうれしいですし、励みにもなります」と喜びを口にした。4度目のタッグとなった池松については「人生を懸けた大勝負をしようとする時は彼にいてほしい」と深い信頼関係を語った。 また、同作で映画初出演でありながら主演を務め、最優秀新進女優賞を受賞した石橋静河は「人との出会いや作品との出会いに本当に恵まれていると感じます」と言った後、石井監督や池松らに心から感謝した。 同じく最優秀作品賞を受賞した『散歩...more
カテゴリー:

土屋太鳳、最優秀新進女優賞の受賞理由で感涙「でこぼこな心を包み込んでくれた」 - 11月18日(土)18:09 

 女優の土屋太鳳が18日、都内で行われた第9回TAMA映画賞の授賞式に参加した。最優秀新進女優賞を受賞した土屋は受賞理由を聞くと目に大粒の涙を溜め、「この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」と今後の抱負を語った。 【写真】シースルードレスで登場した土屋太鳳  土屋は黒のドレス姿で登場。『トリガール!』『PとJK』『兄に愛されすぎて困ってます』『金メダル男』に出演した。『トリガール!』では鳥人間コンテストに挑む若者を好演した。受賞理由は「どの役にもひたむきに向き合い、あふれる笑顔と抜群の運動神経で演じ切る姿は、観客の心をわしづかみにした」というものだった。  受賞理由を聞いた後にあいさつした土屋は「映画の扉を叩いてから12年。少しずつ必死に、その扉をこじ開ける中で、ほんとにたくさんの言葉に出会いました。温かい涙が心からあふれる言葉もあれば、冷たい何かが心をえぐる言葉もあった。いつの間にかでこぼこな…」と批判の声もあったことを振り返り、言葉を詰まらせた。  会場から「頑張れ!」の声と大きな拍手を浴びると、涙を必死にこらえながら土屋は「いつの間にかでこぼこな心になっていましたけど、今回、受賞した理由でいただいた言葉は『それでいいんだよ』と包み込んでくださるような、これからの自分の背中を押してくださるような言葉でした。この言葉を胸に、これから女優として歩いていきます」と言...more
カテゴリー:

「グンマ」の画像

もっと見る

「グンマ」の動画

Wikipedia

  • 転送 グンマ王国...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる