「グレゴリー・スター」とは?

関連ニュース

女優・加賀まりこが選ぶお金をかけずに作られた面白い映画ベスト3 - 04月25日(火)22:00 

ミュージカル女優・笹本玲奈とグレゴリー・スターがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「スカパー! 日曜シネマテーク」。 4月23日(日)は、女優の加賀まりこさんが“スターに頼らず、お金をかけずに作られた面白い映画”ベスト3を選んでくれました。 この日のゲスト・加賀さんと言えば、デビュー以来その奔放な言動から“和製ブリジット・バルドー”と呼ばれている大女優。 そこで今回、番組冒頭ではパーソナリティのグレゴリーが“ブリジット・バルドーの出演作ベスト3”を紹介。グレゴリーは「(ブリジット・バルドーは)イニシャルがB・Bだったので“ベベ”という愛称で親しまれ、コケティッシュで奔放な雰囲気が漂っていて、いかにもフランスらしい女優さん」と彼女の魅力を話しつつ、ルイ・マル監督の「私生活」(1962年)、ジャン=リュック・ゴダール監督の「軽蔑」(1963年)、ロジェ・ヴァディム監督の「素直な悪女」(1956年)の3本を挙げました。 映画ベスト3を選ぶにあたり、“スターに頼らず、お金をかけずに作られたもの”をチョイスした加賀さんとあって、絢爛豪華なキャスティングにはまったく興味がないそうです。何故なら、自身が映画や舞台などに出演する際、作品がメジャーか否かは重要ではなく「自分がざわざわ出来るものを選びたいから」なのだとか。 そんなこだわりが随所に光る彼女が、1つめに挙げたのは20...more
in English
カテゴリー:

【ラジオ】賛否わかれる「ラ・ラ・ランド」、いいところ、悪いところは? - 04月04日(火)21:35 

TOKYO FM+ 4/3(月) 20:47 ミュージカル女優・笹本玲奈とグレゴリー・スターがパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「スカパー! 日曜シネマテーク」。 映画の故郷・フランスには世界中の優れた映像作品を未来に伝える“シネマテーク・フランセーズ”というフィルム・アーカイヴがあります。この番組はそのラジオ版。心ときめく映画の楽しさを未来に伝えていくプログラムです。 4月からは放送時間が30分繰り上がり、毎週日曜日15時からの放送となりましたが、それにあわせて中身もリニューアル。その最初の放送となる4月2日(日)は...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「グレゴリー・スター」の画像

もっと見る

「グレゴリー・スター」の動画

Wikipedia

グレゴリー・スター()は、映画評論家フリーライター声優。元「プレミア日本版」編集長。 70年に渡日。建設作業員や幼稚園の先生、バンドマネージャーなど、さまざまな職を体験。映画関係の初仕事は「男はつらいよ」シリーズの英語吹き替え版の声(さくらの夫・博役)。

主な出演作品 ラジオ 脚注

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる