「クロマグロ」とは?

関連ニュース

【塩崎均】大学の常識打ち破る学長、近大マグロで証明した商品化にツナげる総合力 胃がんの先進治療「医師として」自らに試す - 05月24日(水)11:00 

世界初の完全養殖に成功したクロマグロ「近大マグロ」を味わえる大阪・キタと東京・銀座のレストラン「近畿大学水産研究所」や、国内初の完全入試ネット出願に、卒業生で音…
カテゴリー:

【食】愛媛で養殖スマ出荷 全身丸ごとクロマグロのトロのようで美味と評される高級魚 - 05月09日(火)13:03 

「丸ごとトロ」養殖魚出荷 愛媛、高級魚スマの新ブランド  全身がクロマグロのトロのようで美味だと評される高級魚スマの養殖ブランド「伊予の媛貴海」の出荷式が9日、愛媛県愛南町の愛南漁協で開かれた。  県や愛媛大などが昨年、養殖した成魚から採卵し人工的に育てる「完全養殖」に成功、厳しい独自規格を定めて全国に売り込みを図る。  媛貴海として認定されるには「重さ2.5キロ以上」「脂質の含有率25%以上」などの規格基準を満たす必要がある。  これまで試験販売のみだったが、安定供給にめどが付いた。  今年は順...
»続きを読む
カテゴリー:

【水族館】マグロが衝突死?ネットで熱い議論 水族館での「フラッシュ」 あり?なし? - 05月03日(水)10:42 

沖縄県の人気観光スポットの水族館で、カメラのフラッシュ撮影が原因でマグロが水槽に衝突して死んだ、という情報が動画とともにツイッターに投稿され、拡散しました。 ネットユーザーからは、「フラッシュ撮影は禁止されておらず、誤った情報だ」という指摘が出た一方で、実際に関係者に取材すると、水族館によってフラッシュ撮影への考え方が異なることがわかりました。 ■フラッシュに驚いたマグロが衝突死? この情報は先月30日夜にツイッターに投稿されたもので、沖縄美ら海水族館の水槽を撮影した動画とともに、「フラッシュ...
»続きを読む
カテゴリー:

水産庁、クロマグロ漁獲枠を追加配分…追加分は7月から始まる来期分から差し引き - 05月01日(月)19:18 

 水産庁は1日、4月27日時点で日本に割り当てられた漁獲上限(枠)を突破した太平洋クロマグロ小型魚(30キログラム未満)について、長崎県など枠を消化した一部の県に漁獲枠を追加配分していたことを明らかにした。 日本海北部など既存の枠を未消化の地域でも当初配分した枠の上限まで漁獲を認めるという。  追加配分したのは6月までの今期分。追加配分は7月から始まる来期分から差し引くことが条件になる。水産庁は加配分… 続きは会員登録で読めます http://www.nikkei.com/article/DGXLASFB01H73_R00C17A5000000/?dg=1&am...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】マグロ幼魚養殖数に「ずれ」…不正水揚げ横行か - 04月25日(火)12:24 

資源管理のために漁獲量が制限されている太平洋クロマグロの幼魚(30キロ・グラム未満)を巡り、 漁師や漁協が養殖用に出荷したと「報告」した匹数よりも、養殖業者が受け入れたものの方が大幅に多くなっていることがわかった。 両者にずれが生じることはあり得ず、水産庁では、不正な水揚げが横行しているとみて原因究明を進めている。 ◆3年連続 水産庁によると、漁獲量でずれが生じているのは2014~16年の3年分。 同庁では14年から調査を行っており、そのすべてで数量が異なっていることになる。 14年は漁師か...
»続きを読む
カテゴリー:

<塩釜港>クロマグロ、今シーズン初水揚げ - 05月19日(金)06:05 

日本有数のマグロ基地、塩釜市の塩釜港で18日、巻き網運搬船が今シーズン初めてクロマグロを水揚げした。140キロの大物も含まれ、市魚市場は活気づいた。 入港したのは、昨年の初水揚げと同じ八戸市の第26惣
カテゴリー:

【海洋資源】14都道府県にマグロ漁獲枠追加 - 05月08日(月)22:23 

太平洋クロマグロの国内漁獲量が上限を超えた問題で水産庁は14都道府県に計122.2トンの漁獲枠を追加。 https://this.kiji.is/234303142401754616?c=39550187727945729 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【水産】近大マグロ、「財布」になる(写真あり) - 05月01日(月)20:19 

近畿大学(大阪府東大阪市)は、世界で初めて完全養殖に成功したクロマグロ「近大マグロ」の皮で財布を作製した。 革製品を手がける民間企業のコードバン(兵庫県姫路市)と共同開発し、同社の直営店で4月28日に発売した。 「うろこのでこぼこした手触りと上品な光沢」が特長という。 ブランド名は英語で魚を意味する「PISCINE(ピサイン)」。 主に背の部分の皮を使い、脂肪を丁寧に取り除いてマグロ特有の臭みをなくした。 マグロの皮は革製品に使う他の動物より薄いため、柔軟性を長期間維持するためのなめし工程が...
»続きを読む
カテゴリー:

【漁業】太平洋クロマグロ、日本はあと1㌧で漁獲枠上限に 海外から批判も - 04月26日(水)01:17 

 乱獲が問題化している太平洋クロマグロについて、漁業者や環境保護団体などが意見を交わす北太平洋まぐろ類国際科学小委員会(ISC)の会合が25日、東京都内で開幕した。今回の協議を踏まえ、国際機関の中西部太平洋まぐろ類委員会(WCPFC)が今夏にも長期的な管理計画を策定する。最大の漁獲・消費国の日本は、週内にも国際合意に基づく漁獲枠を超過する見通しで、国際社会から批判の声が集まりそうだ。  会合には日本や米国、台湾などの政府関係者らが参加。27日までの日程で、水産資源の回復に向け、太平洋クロマグロ...
»続きを読む
カテゴリー:

「クロマグロ」の画像

もっと見る

「クロマグロ」の動画

Wikipedia

クロマグロ(黒鮪、学名:''Thunnus orientalis'')は、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。

日本沿岸を含む太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる。このほか地方名としては、シビクロシビ(各地)、ハツ(高知)などがある。また、特に幼魚を指す地方名としてヨコヨコワ(近畿・四国)、メジメジマグロ(中部・関東)、シンコヨコカワヒッサゲなどもある。 また、国際自然保護連合(IUCN)はクロマグロを絶滅危惧種とした。すしネタ等に使われ、日本の消費量が世界一であり、厳しい漁獲制限が進められている。 分類上では大西洋産のタイセイヨウクロマグロ ''T. thynnus'' と同種、またはタイセイヨウクロマグロの亜種 ''T. t. orentalis'' とする見解もある。

特徴

成魚は全長3 m・体重400 kgを超え、日本沿岸で漁獲されるマグロ類としては最大種である。体型は太短い紡錘形で、横断面は上下方向にわずかに長い楕円形をしている。体表は小さながあるが、目の後ろ・胸鰭周辺・側線部は大きな硬い鱗で覆われ、「胸甲部」と呼ばれる。

体色は背中側が濃紺、体側から腹...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる