「クロマグロ」とは?

関連ニュース

クロマグロの資源回復、漁獲枠増えれば値下がりも・・・ - 10月20日(金)19:57 

 クロマグロの資源管理を行う国際機関は資源が回復傾向にあるとして、東大西洋や地中海での漁獲枠について、2020年までに現在より5割以上増やすことが可能だとする報告書をまとめました。
カテゴリー:

大西洋や地中海のクロマグロ 資源量が回復傾向 - 10月20日(金)05:13 

大西洋や地中海のクロマグロの資源管理を決めている国際機関は、この海域でのクロマグロの資源量が回復傾向にあるとして、現在の漁獲枠を50%以上増やせるという報告をまとめ、今後、具体的な漁獲枠の割り当てを検討することになりました。
カテゴリー:

クロマグロ:18年以降の漁獲枠拡大 国際委会合で決定へ - 10月19日(木)20:16 

 日本や欧州連合(EU)などがクロマグロの資源管理を議論する大西洋マグロ類保存国際委員会(ICCAT)の科学委員会が、東大西洋・地中海の2018~20年の漁獲枠を現行から5割以上拡大できるとの報告書をまとめたことが分かった。資源量が回復しているためで、11月にモロッコで開かれるICCATの年次会合で漁獲枠拡大が正式に決まる見通しだ。
カテゴリー:

世界遺産「白神山地」の絶景を空から見てみると… - 10月19日(木)14:00 

10月19日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)では、日本海の絶景海岸や、世界遺産白神山地などを空から見ていく。青森県五所川原市をスタートし、家を壊さず移動させる手法「曳家(ひきや)」の作業を間近で見るなどして進むと、つがる市に到着。港町として栄えた鯵ヶ沢町では、高級レストラン御用達の絶品豚や、焼きイカ通りの名物を堪能する。また、白神山地からの水を活用して養殖に成功した幻の魚「イトウ」の養殖を見た後、再び五能線沿いに進み深浦町へ。海岸段丘面が広がる千畳敷などの絶景スポットを見ながら、風待ち湊として栄えた深浦港に進む。海上の安全を祈願するために船乗りたちが奉納した“あるもの”の正体も探る。その後は、特産品の「つるつるわかめ」や、「黒いダイヤ」とも呼ばれるクロマグロ、コーヒー牛乳のような温泉など深浦の魅力を満喫し、世界遺産白神山地へ。麓に広がる大迫力の日本キャニオンや、神秘的な青池が人気の十二湖を見ていく。 関連リンク 絶好調の「メルカリ」&新戦略で挑む「ブックオフ」…中古品業界に何が? “何でもやってくれる”筧美和子、ムチムチの次は『シコシコさまぁ~ず3』アシスタントに 『空か...more
カテゴリー:

【北海道庁】クロマグロ突然豊漁、制限超過分を投棄容認 - 10月13日(金)23:39  newsplus

 北海道庁がクロマグロの漁獲量が増えすぎないよう、洋上投棄も容認する方針を打ち出したことが13日わかった。厳しい漁獲制限を実施している未成熟な小型魚(30キログラム未満)が豊漁で、上限を上回っているため。水産庁は生きた魚は放流、死んだ魚は水揚げして漁獲報告するよう指導しており、道庁に手法の見直しを求めている。  クロマグロは突然、漁獲量が増え、道庁は現在漁業者に操業自粛を要請している。これまでは「生… ※続く 配信2017/10/13 21:50 日本経済新聞 続きは会員登録をしてお読みいただけます https://www.n...
»続きを読む
カテゴリー:

クロマグロ漁獲量 5割以上拡大可能 - 10月20日(金)17:53 

クロマグロ漁獲量 5割以上拡大可能:大西洋や地中海で、クロマグロの量が回復に向かっていることから、日本やEU(ヨーロッパ連合)などが参加する国際機関は、今後3年間で、漁獲量を5割以上拡大できるとの報告書をまとめた。...
カテゴリー:

クロマグロ漁5割拡大へ 値下がりの可能性 10/19 20:35更新 - 10月19日(木)20:35 

大西洋と地中海のマグロ類の資源保護などを話し合う国際委員会の組織が、クロマグロの漁獲枠を5割増やすことを認める報告書をまとめた。来月の会議で正式に決まれば、今後、クロマグロの値下がりにつながる可能性がある。
カテゴリー:

世界遺産「白神山地」の絶景を“空から”見てみると… - 10月19日(木)14:03 

10月19日放送の『空から日本を見てみよう+』(BSジャパン、毎週木曜21:00~)では、日本海の絶景海岸や、世界遺産白神山地などを空から見ていく。青森県五所川原市をスタートし、家を壊さず移動させる手法「曳家(ひきや)」の作業を間近で見るなどして進むと、つがる市に到着。港町として栄えた鯵ヶ沢町では、高級レストラン御用達の絶品豚や、焼きイカ通りの名物を堪能する。また、白神山地からの水を活用して養殖に成功した幻の魚「イトウ」の養殖を見た後、再び五能線沿いに進み深浦町へ。海岸段丘面が広がる千畳敷などの絶景スポットを見ながら、風待ち湊として栄えた深浦港に進む。海上の安全を祈願するために船乗りたちが奉納した“あるもの”の正体も探る。その後は、特産品の「つるつるわかめ」や、「黒いダイヤ」とも呼ばれるクロマグロ、コーヒー牛乳のような温泉など深浦の魅力を満喫し、世界遺産白神山地へ。麓に広がる大迫力の日本キャニオンや、神秘的な青池が人気の十二湖を見ていく。 関連リンク 絶好調の「メルカリ」&新戦略で挑む「ブックオフ」…中古品業界に何が? “何でもやってくれる”筧美和子、ムチムチの次は『シコシコさまぁ~ず3』アシスタントに 『空か...more
カテゴリー:

ミナミマグロ年間漁獲枠の維持確認 - 10月14日(土)05:00 

 国際的な資源管理機関「みなみまぐろ保存委員会」は13日までに、インドネシアで開催した年次会合で、日本に割り当てる2018~20年のミナミマグロの年間総漁獲枠を、16年会合で合意した6165トンに据え置くことを確認した。科学委員会が最新の資源評価で、前回と比べ状況が悪化していないと判断したことから、漁獲枠を削減する必要がないとの見方で一致した。世界全体の総漁獲枠も1万7647トンのままとすることで合意した。ミナミマグロはクロマグロと並ぶ高級マグロ。
カテゴリー:

【FISCOソーシャルレポーター】個人投資家株番長:株番長注目のクロマグロ養殖関連銘柄 - 10月11日(水)12:47 

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家株番長氏(ブログ「株番長の注目銘柄」)が執筆したコメントです。
カテゴリー:

もっと見る

「クロマグロ」の画像

もっと見る

「クロマグロ」の動画

Wikipedia

クロマグロ(黒鮪、学名:''Thunnus orientalis'')は、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。

日本沿岸を含む太平洋熱帯温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる。

寿司ネタ、刺身等に使われ、日本の消費量が世界一であるが、資源の減少により厳しい漁獲制限が進められている。国際自然保護連合(IUCN)はクロマグロを絶滅危惧種とした。

分類上では大西洋産のタイセイヨウクロマグロ ''T. thynnus'' と同種、またはタイセイヨウクロマグロの亜種 ''T. t. orentalis'' とする見解もある。

名称

地方名としては、シビクロシビ(各地)、ハツ(高知)などがある。また、特に幼魚を指す地...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる