「クロマグロ」とは?

関連ニュース

【悲報】 日本人によるマグロの乱獲が止まらない。 「豊漁だから仕方ない」 - 04月23日(日)18:53 

クロマグロ 漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず  すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。 西日本の近海を中心に豊漁のためだ。 漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。 https://mainichi.jp/articles/20170422/k00/00m/020/089000c ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

クロマグロ、あと1トンで「漁獲枠」上限に - 04月21日(金)20:30 

クロマグロ、あと1トンで「漁獲枠」上限に:水産庁によると、30kg未満の太平洋クロマグロの漁獲量が、国際合意で決められた上限に迫っている。...
in English
カテゴリー:

【漁業】なぜ日本はクロマグロの漁獲枠を守れないのか? - 04月20日(木)12:20 

昨年から、クロマグロの国別の漁獲枠が導入されました。日本は去年の7月から今年の6月までの漁獲を、30kg未満の未成魚は4008トン、30kg以上の成魚は4882トン以下に抑えることに合意したのですが、漁獲量が超過することが確実な情勢です。このような事態になったのは、漁業者のモラルよりは、むしろ、漁獲規制の仕組みに問題があると筆者は考えます。 現行の漁獲規制とその問題点 まず、日本の漁獲規制の仕組みについて説明します。水産庁は日本を6つのブロックに区切って、漁獲枠を配分しました。さらに、主要な県には県ごとの枠を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ホンマグロのシーズン到来 那覇・泊漁港で水揚げ始まる - 04月20日(木)07:30 

 ホンマグロ(クロマグロ)の水揚げが那覇市の泊漁港で始まった。産卵で沖縄近海に近づく6月末までがホンマグロのシーズンで、ゴールデンウイークのころが水揚げの最盛期になるとみられる。  泊漁港では19日朝、糸満から南西の沖合で釣れた最大391キロの巨大マグロ9本が水揚げされた。現在は県外への出荷が主だ...
in English
カテゴリー:

【食】クロマグロ、月内にも日本の漁獲量上限超え 海外から批判必至★2 - 04月19日(水)08:00 

クロマグロ、漁獲量上限超え 海外から批判必至 月内にも小型魚の罰則強化へ  資源の枯渇が懸念されている太平洋クロマグロについて、国際合意で決められた30キロ未満の小型魚の漁獲量が、月内にも上限を超えることが16日、分かった。  超過分だけ次年度の漁獲枠が差し引かれる。  国内の沿岸部で違法操業などが相次いで発覚していることもあり、規制を求める海外からは、日本の資源管理の姿勢に批判が集まることになりそうだ。  太平洋クロマグロの資源量を回復させるため、国際機関の中西部太平洋まぐろ類委員会(WC...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

クロマグロ:漁獲枠突破へ 日本、規制提案守れず - 04月21日(金)21:29 

 すしネタや刺し身に使われる太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)の漁獲量が、国際合意に基づく日本の年間漁獲枠の上限を週明けにも超える見通しとなった。西日本の近海を中心に豊漁のためだ。漁獲枠は資源保護のため、日本の提案で設定されたが、旗振り役自らが規制を守れない事態に、国際社会から批判を浴びそうだ。
in English
カテゴリー:

マグロの漁獲上限超える見通し 規制強化される可能性も - 04月21日(金)19:23 

 絶滅の恐れがあるとされる太平洋クロマグロ(本マグロ)の幼魚(重さ30キロ未満)の日本での漁獲量が、国が2015年に設けた年間の上限4007トンの枠を突破する見通しだ。欧米が、より強い規制を求める可能…
in English
カテゴリー:

ホンマグロのシーズン到来 那覇・泊漁港で水揚げ始まる - 04月20日(木)07:30 

 ホンマグロ(クロマグロ)の水揚げが那覇市の泊漁港で始まった。産卵で沖縄近海に近づく6月末までがホンマグロのシーズンで、ゴールデンウイークのころが水揚げの最盛期になるとみられる。  泊漁港では19日朝、糸満から南西の沖合で釣れた最大391キロの巨大マグロ9本が水揚げされた。現在は県外への出荷が主だ...
in English
カテゴリー:

本マグロの水揚げ始まる 泊漁港 - 04月19日(水)11:20 

 本マグロ(クロマグロ)の県内最大の漁獲高を誇る那覇市の泊漁港で、本マグロの水揚げが始まっている。産卵で沖縄近海に近づく6月末までがシーズンで、大型連休が水揚げの最盛期になるとみられる。  泊漁港では19日朝、糸満から南西の沖合で釣れた最大391キロの巨大マグロ9本が水揚げされた。那覇地区漁業協同...
in English
カテゴリー:

クロマグロを漁獲量規制対象に追加 - 04月19日(水)05:00 

 政府は18日、資源量が低迷する太平洋クロマグロの保護を強化するため、法律に基づいて年間漁獲量に上限を設ける制度の対象に、クロマグロを追加することを決めた。関係する政令の改正を閣議決定した。来年1月以降に適用する予定。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「クロマグロ」の画像

もっと見る

「クロマグロ」の動画

Wikipedia

クロマグロ(黒鮪、学名:''Thunnus orientalis'')は、スズキ目サバ科に分類される海水魚の一種。

日本沿岸を含む太平洋の熱帯・温帯海域に広く分布する大型魚で、重要な食用魚である。生鮮魚介類として流通する場合にはホンマグロの名称も用いられる。このほか地方名としては、シビクロシビ(各地)、ハツ(高知)などがある。また、特に幼魚を指す地方名としてヨコヨコワ(近畿・四国)、メジメジマグロ(中部・関東)、シンコヨコカワヒッサゲなどもある。 また、国際自然保護連合(IUCN)はクロマグロを絶滅危惧種とした。すしネタ等に使われ、日本の消費量が世界一であり、厳しい漁獲制限が進められている。 分類上では大西洋産のタイセイヨウクロマグロ ''T. thynnus'' と同種、またはタイセイヨウクロマグロの亜種 ''T. t. orentalis'' とする見解もある。

特徴

成魚は全長3 m・体重400 kgを超え、日本沿岸で漁獲されるマグロ類としては最大種である。体型は太短い紡錘形で、横断面は上下方向にわずかに長い楕円形をしている。体表は小さながあるが、目の後ろ・胸鰭周辺・側線部は大きな硬い鱗で覆われ、「胸甲部」と呼ばれる。

体色は背中側が濃紺、体側から腹...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる