「クロエ」とは?

関連ニュース

クロエと二人三脚で役を構築!「彼女が目覚めるその日まで」原作者「とにかく力強い女優」 - 12月15日(金)15:00 

クロエ・グレース・モレッツが主演、シャーリーズ・セロンが製作を務め、発症率が300万人に1人ともいわれる「抗NMDA受容体脳炎」を発症した女性の闘病の日々を描いた「彼女が目覚めるその日まで」が、...
カテゴリー:

投資もAIを活用、自動で資産運用「ロボアドバイザー」とは - 12月15日(金)09:30 

 近年市場規模を拡大しているフィンテック(金融「finance」と技術「technology」をかけ合わせた造語)のひとつに「ロボアドバイザー」がある。ロボアドバイザーとは、人工知能(AI)などを活用し、オンライン上で資産配分の助言や自動運用などを行うサービスのことだ。10年ほど前にアメリカで生まれたサービスで、現在、日本でも市場規模を拡大している。今注目の集まるロボアドバイザーとはどのようなものなのか、その特徴や利用する際の注意点をお伝えする。 今さら聞けない「投資信託」って何? ■ロボアドバイザーはどんなしくみなのか  ロボアドバイザーは、サービス内容によって「アドバイス型」と「投資一任型」の2つに大別できる。どちらも、投資目的や年齢などいくつかの項目に答えるだけで、その人のリスク許容度に応じた理想的な資産配分や金融商品を提示してくれることに変わりはないが、アドバイス型では買い付けは自分自身で行うのに対し、投資一任型では、運営会社に口座を開いて買い付けやリバランスといった運用管理まで一任できる。前者は無料で利用できるが、後者は資産残高の1%程度の運用管理手数料がかかるものが多い。  今まで、資産運用を一任するサービスとしては、金融の専門家からのアドバイスをもとに運用するサービス・ファンドラップが一般的であった。しかし、ファンドラップの最低投資金額は数百万円からの場合が多...more
カテゴリー:

物忘れに幻覚、幻聴…誰にでも襲いかかる原因不明の病の正体とは? - 12月14日(木)17:30 

突然ですが、「まだまだ自分は若いから病気のことは気にしなくても大丈夫」と思っていませんか? そこで、誰にでも起こりうる原因不明の病に襲われた若い女性を描いた注目作をご紹介します。その作品とは……。衝撃の実話を映画化した『彼女が目覚めるその日まで』!【映画、ときどき私】 vol. 131 憧れていたニューヨーク・ポスト紙で働く21歳のスザンナ。1面を飾る記者になる夢へと着実に進みながら、ミュージシャンのスティーヴンとも付き合い始め、まさに仕事も恋も順風満帆だった。 ところが、突然物忘れがひどくなり、重要な取材でもまさかの大失態。次第に幻覚や幻聴にも悩まされ、全身がけいれんする激しい発作を起こしてついに入院することに。検査結果では「異状なし」と診断されるものの、症状が悪化して会話もできなくなったスザンナは、医師たちから精神科への転院をすすめられてしまう。しかし、スザンナの心の叫びを感じ取った両親と恋人だけは諦めなかった……。 本作は2012年に全米でベストセラーとなったノンフィクション『脳に棲む魔物』を映画化した作品ですが、その経緯を少しでも多くの人に知って欲しいという思いを抱えたある方にお話を聞いてきました。それは……。 原作者であるスザンナ・キャハランさん!今回描かれているのは、おそらくほとんどの人が聞いたことのない「抗NMDA受容体脳炎」という急性脳炎のひとつといわれている病気。...more
カテゴリー:

『gifted/ギフテッド』で涙した人必見!心をじんわり温かくさせる、『パディントン2』ら話題の感動映画3本 - 12月13日(水)20:10 

才能を秘めた姪とその叔父との生活を描く『gifted/ギフテッド』や、"それ"の恐怖に力を合わせて立ち向かおうとする少年少女の姿が涙を誘う『IT/イット "それ"が見えたら、終わり。』など、予想以上に"泣ける"要素たっぷりの良作が映画界では話題沸騰中! そんな中、年末年始にかけて、涙なしでは観られない新作映画が続々と公開に。今回は年納めや年初めにぴったりの(!?)心をじんわり温かくさせる、話題の感動ムービーに注目!【関連記事】家族、青春、オフビート系、お仕事系、進化型...見ておくべきヒューマンドラマまとめ 1."人生"とは何かを問いかける感動ストーリー『ルージュの手紙』(公開中)自由奔放で多くの男性と付き合い、お酒とギャンブルが大好きな母・ベアトリス(カトリーヌ・ドヌーブ)と、生真面目で他人に尽くすが融通の利かないところもある助産師で娘のクレール(カトリーヌ・フロ)。真逆な性格で血の繋がらない母と娘は、とある出来事をきっかけに、30年振りに再会を果たす...。互いを受け入れ、ベアトリスの古い秘密が明らかになることによって、失われた年月を取り戻すように距離を縮めていく。"愛と自由の国"フランス・パリを舞台に、互いの生き方を見直していく二人の姿を描いた本作は、心も温まり、じんわり涙してしまうはず。2.壮絶な闘病を描いたノンフィクション『彼女が目覚めるその日まで』(12月16日(土)公...more
カテゴリー:

「エクソシスト」のモデルも同じ病だった?「彼女が目覚めるその日まで」本編映像 - 12月13日(水)14:30 

ジャーナリストのスザンナ・キャハラン氏によるベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」を、シャーリーズ・セロン製作、クロエ・グレース・モレッツ主演で映画化した「彼女が目覚めるその日まで」の新たな本編映像...
カテゴリー:

クロエと二人三脚で役を構築!「彼女が目覚めるその日まで」原作者「とにかく力強い女優」 - 12月15日(金)15:00 

 クロエ・グレース・モレッツが主演、シャーリーズ・セロンが製作を務め、発症率が300万人に1人ともいわれる「抗NMDA受容体脳炎」を発症した女性の闘病の日々を描いた「彼女が目覚めるその日まで」が、12月16日に全国公開される。映画.comはこのほど、映画の原作となったベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」の著者で、本作の製作も担当したスザンナ・キャハラン氏にインタビューを行い、映画の舞台裏やモレッツ、シャロンとの仕事ぶりに迫った。  17歳でニューヨーク・ポストにインターンシップとして入ったキャハラン氏は、ワシントン大学卒業後同紙に入社し、報道記者として日々の業務に打ち込んでいた。そんな折、2009年・24歳のときに突如として原因不明の病気に陥る。当時は抗NMDA受容体脳炎が広く認知されておらず、キャハラン氏は約7カ月間に及び、パニックや躁鬱(そううつ)状態、幻覚や幻聴、全身のけいれんなどと闘った。  07年に名前が与えられるまで、抗NMDA受容体脳炎は“悪魔つき”や精神の病とされ、映画「エクソシスト」のモデルとなった少年もこの病だったと指摘されている。映画ではモレッツがキャハラン氏本人を演じ、キャハラン氏の想像を絶する壮絶な体験を、全身全霊で表現している。  インタビュー中も笑みを絶やさず、快活な話しぶりが印象的なキャハラン氏は、初めて完成品を見た当時を振り返り、「なんだかちょ...more
カテゴリー:

スマートフォンやタブレットの高速充電を実現する先進的なワイヤレス充電ICを発表 - 12月15日(金)09:20 

[STマイクロエレクトロニクス] [画像: https://prtimes.jp/i/1337/825/resize/d1337-825-816331-0.jpg ] 多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、高速充電に対応した...
カテゴリー:

世界でも稀な病気にかかった新聞記者が語る、自身の経験と映画化に込めた想い - 12月14日(木)12:56 

「キック・アス」シリーズのクロエ・グレース・モレッツ主演映画『彼女が目覚めるその日まで』(12月16日公開)でスポットが当てられた病「抗NMDA受容体脳炎」。この病気の恐ろしいところは身体の機能だけでなく、人格さえも奪われてしまう点だ。 【写真を見る】クロエ・グレース・モレッツが壮絶な闘病シーンに挑んだ/[c]2016 ON FIRE PRODUCTIONS INC. 本作の原作であるノンフィクションの闘病記「脳に棲む魔物」(KADOKAWA刊)を手掛けたスザンナ・キャハランが来日。この病の217人目の患者となった彼女は、ある使命感を胸にペンを取ったそうだ。 実は、『エクソシスト』(73)の悪魔に取り憑かれた少女リーガンのモデルとなった少年も、この病の典型的な症例だったと指摘されている。突然、感情がコントロールできなくなり、幻覚や幻聴などに襲われ、次第に人間性が崩壊。昏睡状態を経て死に至ることもある恐ろしい病だ。 映画化が実現するきっかけとなったのは、オスカー女優のシャーリーズ・セロンがプロデューサーとして名乗りを上げたことだ。「直接のやりとりはメールだけだったけど、シャーリーズが『あなたの本に興味があります。すごく良かった』と連絡をしてくれたの。うれしかったのは、彼女が後日、雑誌のインタビューで『あなたのヒーローは誰ですか?』と質問された時、何人か名前を挙げた中に私の名前が入って...more
カテゴリー:

「エクソシスト」のモデルも同じ病だった?「彼女が目覚めるその日まで」本編映像 - 12月13日(水)14:30 

 ジャーナリストのスザンナ・キャハラン氏によるベストセラー回顧録「脳に棲む魔物」を、シャーリーズ・セロン製作、クロエ・グレース・モレッツ主演で映画化した「彼女が目覚めるその日まで」の新たな本編映像が、公開された。モレッツの体当たりの熱演を収めている。 ・「彼女が目覚めるその日まで」本編映像はこちら!  ニューヨークポスト紙で記者として働いていたスザンナ(モレッツ)は、当時は原因不明の病とされていた「抗NMDA受容体脳炎」に倒れてしまう。感情がコントロールできなくなり、強迫観念や幻覚、幻聴に悩まされ、さらには突然わめき散らすなど変わり果てたスザンナに家族や恋人はショックを受けるも、スザンナと共になんとかして治療法を探ろうとする。  発症率が300万人に1人ともいわれる抗NMDA受容体脳炎は、2007年になってようやく正式名称が付けられた病だ。ごく最近まで“悪魔つき”や精神の病とされており、映画「エクソシスト」のモデルになった少年も、この患者だったのではないかと指摘されている。「8年越しの花嫁 奇跡の実話」(12月16日公開)のモデルとなった女性も抗NMDA受容体脳炎と闘った1人であり、今でも年間1000人がこの病を発症しているという。  映像では、我を忘れたスザンナが病室を抜け出し、病院のスタッフに取り押さえられる姿が生々しく描かれている。名女優イザベル・ユペールと共演するニ...more
カテゴリー:

パワーMOSFET、ゲート・ドライバ、保護回路を内蔵し、小型化、設計簡略化、組立合理化を実現するフル・ブリッジSiPを発表 - 12月13日(水)09:20 

[STマイクロエレクトロニクス] [画像: https://prtimes.jp/i/1337/824/resize/d1337-824-167837-0.jpg ] STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、600V/8Aの単相パワーMOSFETフル・ブリッジを搭載した小型(13 x 11mm)のシステム...
カテゴリー:

もっと見る

「クロエ」の画像

もっと見る

「クロエ」の動画

Wikipedia

クロエ (Chloe,Chloë,Chloé ) は、ヨーロッパ系の女性名。

実在の人物

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる