「クリープハイプ」とは?

関連ニュース

クリープハイプ・尾崎世界観の赤裸々日記第二弾『苦汁200%』3月16日発売決定! - 02月14日(水)18:01 

尾崎世界観(クリープハイプ) 5月11日(金)に約4年ぶりに日本武道館公演「クリープハイプのすべて」が発表されているクリープハイプ。そのVo/Gt尾崎世界観の自意識過剰の日々をまとめた赤裸々日記の第二弾『苦汁200%』の発売が決定した。 真夜中三時過ぎに聞こえる女性の泣き声にいつか泣かせたあの人を...
カテゴリー:

クリープハイプ尾崎世界観、エッセイ「苦汁100%」が“200%”になって再び書籍化 - 02月14日(水)18:00 

尾崎世界観(クリープハイプ)の著書「苦汁200%」が3月16日に文藝春秋より刊行される。
カテゴリー:

尾崎世界観、自意識過剰な日々まとめた日記第二弾『苦汁200%』 - 02月14日(水)18:00 

クリープハイプの尾崎世界観(Vo&G)が、自意識過剰な日々をまとめた赤裸々日記の第二弾『苦汁200%』を3月16日に発売する。
カテゴリー:

逃れられない芸能人の宿命、エゴサーチとのそれぞれの向き合い方とは? - 02月14日(水)08:40 

 エンタテインメントの世界は“人気”が出ればその存在感も上昇し、ひとたび落ちれば、たちまち“消えて”しまうシビアな世界。芸能人と呼ばれる人にとって、周囲の反応、とりわけ一般の人々が自身に抱いている印象というのは常に気になるところだろう。ところが、近年はSNSの浸透により、知らなくてもよかった“反応”までもが本人の目に触れる機会が急激に上昇。その“反応”との向き合い方いかんでは、今後の芸能活動を大きく左右する可能性すらあるのだ。 【比較写真】どっちが本人?ウィル・スミスに扮したさかなクン ◆ネットの“匿名性”が“刺激物”へと変化 芸能人の悩みのタネに  魚類学者でタレントのさかなクンが先日、自身のFacebookを更新した際、「(声が)うるさい」「耳障り」「雑音」といった批判的な書き込みに対して、真摯に受け止めるとしながらも「悩みすぎたら熱が出た」と胸の内を吐露し、ネットユーザーを心配させる事態となった。  改めて言うまでもなく、ネットの世界では“匿名性”がまかり通る。ゆえに辛辣な意見が野放し状態となっている。加えて、拡散などによってそれらの“刺激物”がこれまで以上に目に留まりやすくなっているのが実情だ。  自分の名前を検索する“エゴサーチ”を行うタレントは少なくない。『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で“エゴサーチ芸人”というくくりが成立したり、その行為自体がテーマとなっ...more
カテゴリー:

「クリープハイプ」の画像

もっと見る

「クリープハイプ」の動画

Wikipedia

クリープハイプCreepHyp)は、日本の4人組ロックバンド

メンバー 現メンバー

; 尾崎世界観(おざき せかいかん)

; 小川幸慈(おがわ ゆきちか)

; 長谷川カオナシ(はせがわ かおなし)

; 小泉拓(こいずみ たく)

旧メンバー

; 西田裕作(にしだ ゆうさく)

2008年に脱退。現在The Cheseraseraで活動。

; 美代一貴(みしろ かずき)

西田と同じく2008年に脱退し現在The Cheserasreaで活動。 

何度もメンバーチェンジを繰り返しており、他の旧メンバーは明らかではない。

略歴
  • 2001年 - 尾崎が地元の友達と3ピースバンド・クリープハイプを結成。
  • 2008年 - 当時のメンバー(西田・美代)の2人が脱退し、尾崎1人のユニットとなる。
  • 2009年 - 小川・長谷川・小泉の3人が加入、活動を本格化させる。
  • 2011年 - 音楽専門誌やテレビ、ラジオへの露出が相次ぐようになる。
  • 2012年 - 4月18日にアルバム「死ぬまで一生愛されてると思ってたよ」を発売しメジャーデビュー。
  • 2013年 - 尾崎がSMAP「ハロー」の作詞・作曲を手掛ける。7月24日、メジャー2ndアルバム「吹き零れる程のI、哀、愛」を発売。
  • 2014年 - 3月12日発売のベストアルバムクリープハイプ名作選がレコード会社がバンドおよび事務所に一切伝えずに制作されたものが明らかになり、ビクターからユニバーサル...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる