「クランクアップ」とは?

関連ニュース

有村架純、セクシーな撮影風景公開 「美しいです!」「非の打ち所がない」と反響 - 02月20日(火)07:00 

 女優の有村架純が、17日に自身のインスタグラムを更新し、ベッドに横たわり撮影する様子を収めた写真を投稿。そのセクシーな姿に「ドキッとしました」と驚きの声とともに「美しいです!」「非の打ち所がない」と絶賛が寄せられている。【写真】「有村架純」フォトギャラリー 有村は、前日にも同じシチュエーションで撮られたと思われる写真を公開。ベッドから乗り出す有村にカメラを向ける撮影者も写っており、何らかの撮影の一幕であることがうかがえる。ピンク色のサテン生地の衣装に身を包み、有村は艶っぽいポーズと表情を見せている。ノースリーブのミニワンピースからすらりと伸びた美脚と腕が印象的だ。 写真を見たファンからは、「カスミンすてき!25歳の色気を感じてます!」「色気爆発破壊力ありすぎ」「魅惑的 美しすぎます」「ほっそいしめっちゃセクシーです」と反響が続々と寄せられている。引用:https://www.instagram.com/kasumi_arimura.official/ ■関連記事『ひよっこ』クランクアップ取材会フォトギャラリー有村架純プロデュース写真集先行カット<フォトギャラリー>有村架純、『ナラタージュ』インタビューフォトギャラリー有村架純が“恋に落ちたら”この可愛さ…! ラブストーリームービー公開
カテゴリー:

「満佐の優しさや愛情深いところは、吉之助に受け継がれています」西郷満佐(松坂慶子)【「西郷どん」インタビュー】 - 02月18日(日)20:50 

 薩摩藩主・島津斉彬(渡辺謙)の周辺で少しずつ時代が動き始める中、吉之助(鈴木亮平)が結婚。だがその一方、祖父・龍右衛門(大村崑)、父・吉兵衛(風間杜夫)、母・満佐が相次いで亡くなり、吉之助は文字通り西郷家の大黒柱となった。吉之助を愛情深く見守ってきた満佐を演じた松坂慶子が、クランクアップを迎えた心境や撮影の舞台裏を語ってくれた。 -撮影を終えた今のお気持ちを聞かせてください。  寂しいですね。7月の暑い最中に撮影が始まってから6カ月、どっぷり漬かった感じでしたから。満佐は四男三女のお母さんで、赤ちゃんもいましたし、第1回は子役も一緒だったので、アットホームな現場でした。西郷家は貧しい家なので、板の間に裸足で正座するシーンも多かったのですが、みんなで我慢大会をしながら子どもたちもよく頑張ってくれました。 -クランクアップはロケでしたが、スタジオでの撮影が終わった時の様子は?  西郷家のセットには木の上のツリーハウスみたいな場所があって、以前から「上らせてほしい」とお願いしていたんです。でも、スタジオの撮影が終わった日に、「今言うのも恥ずかしいな…」と思っていたら、スタッフが「上りますか?」と声を掛けてくれて(笑)。喜んで上ったら、子役たちも「私も、僕も」という感じになって、みんなで木の上から西郷家を眺めました。楽しかったです。 -大家族の西郷家を支える満佐を、どんな女性と考え...more
カテゴリー:

福山雅治、撮影で実弾を使いたいというジョン・ウー監督に「スケール感がすごい」 - 02月17日(土)13:56 

 俳優の福山雅治が17日、都内にて行われた主演映画『マンハント』の公開記念舞台挨拶に、共演の桜庭ななみ、池内博之とともに登壇した。福山はジョン・ウー監督とのエピソードをたっぷりと披露、「スケール感がすごかった」と何度も感心していた。【写真】映画『マンハント』公開記念舞台挨拶フォトギャラリー 本作は、西村寿行の小説を高倉健、中野良子、原田芳雄らで映画化した『君よ憤怒の河を渉れ』を、ジョン・ウー監督がリメイク。無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウをチャン・ハンユー、彼を追う、真実こそが正義と信じる刑事・矢村聡を福山雅治が演じ、二人を中心に繰り広げられる激しいアクション活劇となっている。 福山にとって初めてのガンアクション。“銃を持ち慣れていない”感を払拭するため、撮影に入る前から日常でも劇中で使用する銃を持ち歩いていたという。撮影では「回転している感じだとか銃口の向きだとか何度もやりましたね」と監督のこだわりに感心させられたという。福山はこの日の舞台裏で池内から「監督が『実弾で撮影できないかな』と言ってた」と聞き、「スケール感がすごいな」と改めて驚いたそうだ。 桜庭が監督と仕事をして驚いたこととしては、日本の作品だと最初に台本が出来上がっているところ、「1シーン撮るごとに監督にひらめきがどんどん湧いてきて」、その都度ひらめきで指示をされていたそうで、「毎日ドキドキワクワクしながら...more
カテゴリー:

福山雅治、ダンス披露に意欲「人生で一度くらいは踊りたい」 - 02月17日(土)12:50 

 歌手で俳優の福山雅治が17日、都内で行われた映画『マンハント』公開記念舞台あいさつに出席。『男たちの挽歌』や『ミッション:インポッシブル2』などで知られ、同作でメガホンをとったジョン・ウー監督の撮影秘話を語り、今後の意欲として“ダンス”への挑戦を掲げて観客を驚かせた。 【画像】大人の色気…シースルードレスでプレミアに参加した桜庭ななみ  共演の桜庭ななみ、池内博之と共に撮影を振り返り、池内が「監督がどこかのシーンで実弾を使用できないかって言っていたみたい。もちろん役者がいるところじゃないと思いますが」と明かすと、福山は「改めてジョン・ウー監督ってスケールが大きいなと思いました。結局やらなかったけれど、その発想とやってみたいっていう想像力は自由ですから、ピュアだしスケール大きい」と感嘆。  撮影中はどんどん台本が変わっていったといい、福山は「最初のシーンで僕はカーチェイスをしているっていうアクションだったけれど、撮影の許可がおりなかった。次にあがってきたのが、溶鉱炉でのシーン。カーチェイスから溶鉱炉かと思っていたら、最終的に今映画に使われているトラックにダイナマイトが仕掛けられているシーンに変わりました」と告白して驚かせた。  桜庭も、3日間撮影で拘束されるも一度も出番がなかったことや、撮影のために車の免許をとったのに運転シーンがカットされたことなど、裏話を披露。さらに、ク...more
カテゴリー:

香取慎吾「クソ野郎―」クランクイン&アップ!! 「ほぼ、僕です」と語るその内容とは - 02月17日(土)05:00 

■ 香取慎吾、映画デビューの少女に「僕どうでしたか」と聞いた結果… 【写真を見る】共演の11歳少女に「すごくうまい」と褒められる香取 4月6日に公開を迎える、稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が4つの物語を紡ぐ短編オムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』。1月下旬の時点でまだ撮影が始まっていないことを、やや自虐的に明かしていた香取慎吾だが、自身が主演する物語のひとつ「慎吾ちゃんと歌喰いの巻」がすでにクランクイン、そして無事クランクアップしていることが分かった。 1月29日の自身のTwitterで、衣装合わせを行ったことと、監督&脚本を務める山内ケンジと会ったことを明かしつつ、「ってまだ撮影してないんかーい?!」と締めくくっていた香取だったが、その後、2月7日Instagramで「#遂に #やっと #ようやく #映画 #クソ野郎と美しき世界 #慎吾ちゃんと歌喰いの巻 #撮影 #開始 #クランクイン」と撮入したことを報告。そして9日、「#祝 #クランクアップ #楽しかった !」と撮了した旨を投稿。そして花束を持った写真とともに「#てか #早っ !! #KUSOYARO」という投稿をし、わずか3日間の撮影だったことを明かしていた。 香取は、「皆さんから『撮影してるんですよね』『がんばってください』と言われていたのが、やっと始まった!と言えるようになって、この世界にもうちょっといたかったのですけれ...more
カテゴリー:

【オリコン】ヒュー・ジャックマン主演映画サントラがアルバムDL1位 - 02月20日(火)04:00 

 ヒュー・ジャックマン主演のミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック(2017年12月8日配信開始)が週間7539DLを記録し、2/26付オリコン週間デジタルアルバムランキング(集計期間:2月12日~18日)で前週18位から順位を上げ、初の1位を獲得した。 【写真】日本公開にあわせて来日したヒュー・ジャックマン  映画のサウンドトラックアルバムによる同ランキング1位獲得は、『ラ・ラ・ランド(オリジナル・サウンドトラック)』(16年12月配信)、『ワイルド・スピード アイスブレイク(オリジナル・サウンドトラック)』(17年4月配信)に次いで通算3作目となった。  本作は、昨年の『第89回アカデミー賞』で最多6部門を受賞したミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』の作詞作曲コンビが手がけたことでも話題の映画『グレイテスト・ショーマン』のオリジナル・サウンドトラック。日本では2月16日に公開されることを受け、主人公P.T.バーナム役のヒュー・ジャックマンが来日し、13日に都内でイベントを行うなどしてPRした。 【関連記事】 ヒュー・ジャックマン、登美丘高校ダンス部に感動(18年02月14日) ヒュー・ジャックマン「日本が大好き!」 笑顔の来日イベント (18年02月13日) 映画『グレイテスト・ショーマン』 クランクアップ映像公開 (18年01月25...more
カテゴリー:

福山雅治「人生に一度くらいは踊ってみたい」 - 02月18日(日)05:13 

ジョン・ウー監督が、日本でのオールロケを敢行し、高倉健主演でも映画化された原作「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」の再映画化に挑んだ映画「マンハント」の公開記念舞台あいさつが2月17日に都内で行われ、福山雅治、桜庭ななみ、池内博之が登壇した。 【写真を見る】福山雅治は「人生に一度くらいは踊ってみたいですね」と語った/(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved. 同作品は、チャン・ハンユーと福山がW主演を務め、謎のヒロイン・真由美を中国の歌姫チー・ウェイ、女殺し屋レインには韓国でアクション女優としても人気のハ・ジウォン、「ハードボイルド/新・男たちの挽歌」以来25年ぶりのジョン・ウー作品出演となる國村隼に加え、竹中直人、倉田保昭、斎藤工、桜庭、池内、TAO、田中圭といったアジアが誇る実力派俳優たちが出演している。 福山は「矢村刑事役をやらせていただきました福山雅治です」とあいさつ。MCから「今までで一番戦闘能力の高い“ましゃ”にドキュン!」という見た人の感想があると聞くと、「今までそもそも戦闘してこなかったので今回初めてに近しいんですけども、僕も実際に完成した作品を見てそう思いました」と語った。 「これまで拳銃を持つこともなかったので、回転している感じとか銃口の向きとか、監督のこだわりもあり何度も練習しまし...more
カテゴリー:

福山雅治、ジョン・ウー監督の規格外なスケール感を何度もアピール - 02月17日(土)13:35 

 世界的名匠ジョン・ウー監督がオール日本ロケを敢行した映画「マンハント」の公開記念舞台挨拶が2月17日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、主演の福山雅治、共演の桜庭ななみ、池内博之が舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】福山雅治、その他の写真はこちら  9日に封切られ、4日間の累計で観客動員約11万3000人、興行収入約1億3900万円を記録したサスペンスアクション。孤高の刑事・矢村(福山)が、身に覚えのない殺人事件の容疑者に仕立て上げられた国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)を追ううちに、共闘し真相を暴いていく姿を描いた。  劇中で披露される本格アクションの数々から、「今までで一番戦闘能力が高い役」と評価を受けた福山。ガンアクションに挑む際に「拳銃も今まで持ってこなかったですから、自分でも持ち慣れていない感じがあった。撮影前から、劇で使う銃を借りて持ち歩いたりしていました。携帯していました。家でも触ったり、なるべく馴染むようにしていました」と役づくりを告白し、観客を驚かせた。  さらに福山は、免許を取得して臨んだ水上バイクシーンに言及。「川の色がとても深い緑色だった。ここに入るのか、と」と苦笑し、「ネットでその川の水質を調べたら、人が入っても大丈夫な数値が出ていた。アクションチームが先に入って、何回かテストした後に『どうですか、今日の川は』と聞いたら、『ええ、...more
カテゴリー:

香取慎吾「歌いたい」とホンネ吐露!主演映画で歌を喰われた本人役 - 02月17日(土)05:00 

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾らが出演する4つの短編で構成されたオムニバス映画『クソ野郎と美しき世界』(4月6日公開)。香取が主演する『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』では、香取が“歌えなくなったアーティスト”として本人役を演じるとのこと。一体、どんな物語が展開するのか気になって仕方がない。本作の一端を探るべく、撮影現場に潜入。“慎吾の部屋”と名付けられたセットで目にしたのは、自らの描いた絵に囲まれて「この役はほぼ僕」とリラックスした笑顔を見せる香取だ。脚本の印象をはじめ「歌というのは僕にとって、ついてまわるもの」「歌いたい」と歌に対する本音までを語ってくれた。 【写真を見る】香取慎吾の絵がいっぱい!温かみに満ちた“慎吾の部屋” 山内ケンジが監督・脚本を務める『慎吾ちゃんと歌喰いの巻』は、歌を食べて生きる少女“歌喰い”(中島セナ)と、彼女に歌を食べられたアーティスト・香取慎吾の不思議な関係をつづる物語。主な舞台となるのは、“慎吾の部屋”。足を踏み入れるや、所狭しと飾られた大小さまざまな絵に圧倒される。これはすべて、画家としても活躍する香取が描いたもの。 香取は「香取慎吾役なので。とても楽です」とニッコリ。「個展もやったことがないので、いつもとは違う場所に自分の絵が集まっているのを見て『絵を描きたい!』と刺激も受けて。新たな経験をしています」と温かみに満ちた“自分の部屋”で、創作意欲を刺激され...more
カテゴリー:

ロバート・ロドリゲス監督&ミシェル・ロドリゲス、VRアクションでタッグ - 02月16日(金)11:00 

 ロバート・ロドリゲス監督が、POV(主観)ショットで撮影するバーチャルリアリティ・シリーズ「The Limit(原題)」に、ミシェル・ロドリゲスが主演していることがわかった。2人は、映画「マチェーテ」「マチェーテ・キルズ」でタッグを組んでいる。  米Deadlineによれば、ロドリゲス監督・脚本・制作の「The Limit」は、極秘組織によって遺伝子操作され、人間殺戮兵器となった主人公(ミシェル・ロドリゲス)が、組織に復しゅうを試みるという実写アクション。  1月末から米オースティンで撮影が行われ、既にクランクアップしているようだ。「The Limit」は、STXエンターテインメントが今年中頃にリリース予定のVRアプリ、Surrealで配信される。 【作品情報】 ・マチェーテ・キルズ 【関連記事】 ・【人物情報】ロバート・ロドリゲス ・【人物情報】ミシェル・ロドリゲス ・ジェームズ・キャメロン製作、ロバート・ロドリゲス監督の「銃夢」映画化にミシェル・ロドリゲス Photo by Gary Gershoff/WireImage、 Photo by Frazer Harrison/Getty Images
カテゴリー:

もっと見る

「クランクアップ」の画像

もっと見る

「クランクアップ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 撮影...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる