「クランクアップ」とは?

関連ニュース

EXILE主演映画『たたら侍』ハリウッドで高評価「侍は刀を抜かないときが最強」 - 05月23日(火)11:00 

5月22日(月)放送の「週刊EXILE」(TBS系)で、劇団EXILEの青柳翔が主演、AKIRA、小林直己が出演する映画「たたら侍」(公開中)の現場を、貴重映像を交えて紹介。カメラが長期密着した様子を伝えた。 【写真を見る】30kgの甲冑を身に着け、馬に乗って大立ち回りを披露したAKIRA アメリカ・ハリウッド・エジプシャンシアターで行われた「たたら侍」のプレミア上映会に、映画のエグゼクティヴ・プロデューサーを務めるHIRO、AKIRA、小林、青柳が参加。会場には、現地の映画関係者ら600人が集結した。 舞台挨拶で青柳は「日本の美しい景色を丁寧に切り取った映画になっているので、ぜひ最後までお楽しみください」とコメント。 小林は流暢な英語で「この映画のテーマは“侍の真意とは?”という問いかけです。侍は職業ではありません。侍は戦士でもありません。侍とは精神なのです。武士道と呼ばれる精神。この精神は、より良き生き様を目指してもがく中で役立つことがあります」と作品が伝えたい普遍的なテーマを熱く語った。 映画を見終えた観客らは、「優れたサムライ映画であるだけではなく、戦いのシーンが見事。侍は刀を抜かないときこそ最強だと…感動しました」「撮影法が最高でした。強さを持って生きるというメッセージが気に入った」とコメント。 上映会を終えたHIROは「海外の方は反応がシビアなので、自信にもなったし、今...more
カテゴリー:

【芸能】木村拓哉SMAP解散絡め作品批判「全然構わない」 - 05月20日(土)11:31 

 開催中の第70回カンヌ映画祭で、特別招待作品に選ばれた木村拓哉(44)主演映画「無限の住人」(三池崇史監督)が、公式上映された。木村はレッドカーペットを歩き、作品上映を終えて大歓声を浴びた後、日刊スポーツなどの取材に応じ、率直な今の気持ちを語った。  タキシード姿の木村は、上映直後に2300人の観客からスタンディングオベーションを浴びると、席から立ち上がって、少し照れくさそうに笑った。うなずきながら三池監督、杉咲花(19)と続けてガッチリ握手し、ホッとしたような表情を浮かべた。三池監督の手を...
»続きを読む
カテゴリー:

『KCON』が開幕 K-POPアーティスト集結にファン熱狂 - 05月19日(金)23:06 

 CJ E&Mが主催する世界最大級の韓流フェスティバル『KCON 2017 JAPAN』が19日、千葉・幕張メッセで開催された。 【写真】ファン熱狂!BTOB、ASTROらも登場  ライブイベント『KCON 2017 JAPAN×M COUNTDOWN』には、JUNHO(From 2PM)、SF9、BTOB、ASTRO、PRISTIN、DAY6、VICTON、Apeaceら人気K-POPグループが多数出演し、鮮やかな照明に照らされたステージや花道をところ狭しと駆け巡る。客席との距離も近く、至近距離のパフォーマンスにファンも熱狂した。  レッドカーペットイベントにもTRITOPS、NOUGHTYBOYS、A-JAX、ナムグン・ミン、プリスティンらが参加。駆けつけた多くのファンからは、黄色い歓声が何度も沸き起こり、ハングル文字で書かれたボードも多く掲げられていた。  今年で3回目を迎える同イベントは、韓国のポップ、ドラマ、ビューティー、映画、料理、ファッションなどを一つの会場にまとめ、幅広い年齢層のファンが韓国の多様な文化を経験できるようプログラムを構成。国内外のアーティストを含め出演者60組、300人以上が参加する歴代最大規模となる。  同イベントは、あす20日、21日も同所で開催される。 【関連記事】 WINNER、4人体制で初ライブ 新曲含む9曲熱唱「これからもトッ...more
カテゴリー:

健太郎、初主演「デメキン」撮影現場で見せた座長としての気迫と覚悟 - 05月19日(金)19:00 

俳優の健太郎が長編映画初主演を果たした「デメキン」の撮影現場が、2017年2月末に千葉・君津市のアクアスタジオで報道陣に公開された。クランクアップ間近だった撮影の合間を縫い、健太郎が取材に応じた...
カテゴリー:

山崎賢人主演『斉木楠雄のΨ難』、楠雄の超絶バカップル両親に田辺誠一&内田有紀 - 05月19日(金)06:00 

 山崎賢人主演映画『斉木楠雄のΨ難』の第3弾キャストが発表され、楠雄の“超絶バカップル”な両親を、田辺誠一と内田有紀が演じていることが明らかになった。内田は撮影を振り返って「田辺さんと手を取り合って演じることが出来て幸せでした」と語っている。【関連】『斉木楠雄のΨ難』ポスターフォトギャラリー 2012年より「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載中の累計発行部数500万部を超える異色の大人気ギャグコメディを福田雄一監督が実写化した本作。劇中では、普通に生きたいと思っているのに、とんでもない超能力を持っている主人公・斉木楠雄(山崎)が、ワケありのクラスメートたちに囲まれながら高校生活を送る姿が描かれる。 楠雄を「パパの次にかわいい」と断言するママ・斉木久留美を演じる内田は、「可愛くて大好きなキャラクターを福田監督の下、田辺さんと手を取り合って演じることが出来て幸せでした。撮影の合間には監督がご自身の奥様のお話をして下さってその顔がとても幸せそうで、素敵で、、、そんな奥様思いの福田監督の作品ですから観てくださった方は必ず幸せな気持ちになれると思います。是非ご期待ください!」とコメント。 一方、生まれながらに超能力を使える楠雄を「僕に“恋の魔法”をかけたママの子供なら当然」と受け入れるパパ・國春を演じる田辺は、「いやー、最高にシュールでぶっ飛んだ原作、賢人君はもう楠雄そのものだし、ずっとご一...more
カテゴリー:

ウルヴァリンヒュー・ジャックマンが来日 成田空港にファン400人が出迎え - 05月22日(月)19:20 

 俳優のヒュー・ジャックマン(48)が22日、映画『LOGAN/ローガン』(6月1日公開)のプロモーションのため来日。千葉・成田国際空港に到着すると、ファン400人以上の大歓声で迎えられた。 【写真】丁寧にファンサービスするヒュー・ジャックマン  人気シリーズ『X-MEN』において最高の人気を誇る“ウルヴァリン”ことローガンは、2000年代以降のアメコミ映画の隆盛をけん引してきた孤高のヒーロー。同作では、ジャックマンが17年にわたり9度演じてきたウルヴァリンを“卒業”することが発表されている。日本公開に先駆け、全米では3月3日に公開され、3日間で8530万ドル(約97億円)を記録。全世界では6億ドル(約650億円)を突破し、「ウルヴァリン」シリーズの中でもNo.1を記録している(※BoxofficeMojo調べ)。  1年7ヶ月ぶりの来日となったきょうはジャックマンを出迎えようと、到着ロビーからあふれんばかりにファン400人以上が集結。午後3時20分、ついにジャックマンがファンの前に姿を現すと、「ヒュー!」「I LOVE YOU!」という悲鳴にも似た大きな歓声が沸き、なかには感極まって感嘆の声をもらすファンも。  “親日家”として知られるジャックマンは「私は日本に来られてとてもうれしいです。ありがとうございます!」と流ちょうな日本語でコメントし、集まったファンに握手やサイン...more
カテゴリー:

山本美月×伊野尾慧、意外な高校生活を暴露!? 恋エピ&キラキラしてないリアル体験 - 05月20日(土)06:50 

 映画『ピーチガール』出演に際してのインタビュー中、満足のいくシーンについて話が及ぶと、山本美月は間髪入れず「海のシーン」と答え、呼応するように伊野尾慧も「うん、うん」と頷いた。なぜなら、「一番『ピーチガール』らしい、キラキラしたシーンだから。あんなにキレイに撮れているなんて思わなかったんです」と、目をうるませた。少女漫画の映画化が相次ぐ邦画界で、90年代を代表する作品のW主演となった山本と伊野尾は、想像を絶するほどのプレッシャーを乗り越え、クランクアップを涙で迎えたという。激動の撮影の1ヵ月は、いかほどのものだったのだろうか。【関連】「山本美月」インタビューフォトギャラリー 上田美和が手掛けた1300万部という驚異的な発行部数を誇る、大ヒット同名コミックの実写映画化『ピーチガール』。肌が黒く髪も茶色いという派手な外見から、遊んでいるように見えるもも(山本)は、実はピュアな女子高生で、一途にとーじ(真剣佑)に片思いをしている。しかし、学校一のモテ男・カイリ(伊野尾)に好意を寄せられたことから、小悪魔な沙絵(永野芽郁)も交えて、複雑な恋の四角関係が幕を開ける。 とにもかくにも原作の雰囲気を大切にすべく、山本は「読んでいて、ももちゃんの笑顔が印象的だったので、幸せな笑顔を全開にしようって。少しでも原作に近づけようと意識しました」と、役作りについて話した。当然、原作をしっかり読んだと話す...more
カテゴリー:

健太郎、初主演「デメキン」撮影現場で見せた座長としての気迫と覚悟 - 05月19日(金)19:00 

 俳優の健太郎が長編映画初主演を果たした「デメキン」の撮影現場が、2017年2月末に千葉・君津市のアクアスタジオで報道陣に公開された。クランクアップ間近だった撮影の合間を縫い、健太郎が取材に応じた。 ・【フォトギャラリー】「デメキン」撮影現場写真  同作は、お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が自らの不良時代をつづった小説を実写映画化。10年からは「ヤングチャンピオン」(作画:ゆうはじめ)で漫画版が連載され、コミックが累計発行部数170万部を突破した人気作だ。幼少期からギョロっとした二重まぶただったために“デメキン”と呼ばれ、周囲からいじめられていた佐田正樹が、福岡最大勢力の暴走族を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。「アルカナ」「猫侍」の俊英・山口義高監督がメガホンをとり、「14の夜」で健太郎とタッグを組んだ足立紳が脚本を担当している。  撮影現場を度々訪れていた佐田本人から「(当時の)リアルな気持ちを教えてもらった」という特攻服姿の健太郎は、身も心も“伝説の総長”そのもの。「佐田さんが楽しく生きてきた人生をないがしろにしてはいけない」という強い思いを抱えながら、キャラクターと同化していった。「正樹はただ強いだけではなくて、人を惹きつける魅力があるんです。だから総長にもなれたはず」と分析し、演技をするうえで「愛らしさを重視しました。ケンカをした後に見せる笑顔を大事...more
カテゴリー:

山本美月&真剣佑、高校時代の恋ってどんなもの?「全力の恋愛は素晴らしい」 - 05月19日(金)10:00 

女子高生を中心に一大ブームを巻き起こした上田美和の人気コミックの実写化が実現。映画『ピーチガール』(5月20日公開)となってスクリーンに登場する。山本美月、伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)、真剣佑、永野芽郁といった注目の若手キャストが共演し、恋のドキドキを繰り広げることでも話題だ。そこで山本と真剣佑を直撃!思わず胸キュンしてしまったシーンについて語り合ってもらった。 【写真を見る】山本美月と真剣佑が仲良くピーチを持って登場! 本作は、見た目は派手だが内面は超ピュアなヒロイン・もも(山本)を中心に、学校一のモテ王子・カイリ(伊野尾)、ももが中学の頃から思いを寄せるとーじ(真剣佑)、ももに敵意を燃やす小悪魔女子・沙絵(永野)が巻き起こす恋の騒動を描くラブストーリー。 色黒で茶髪のギャル風女子高生という自身のイメージを覆す役柄にチャレンジした山本は、「私にギャル役をいただけたというのが意外でした。原作を読んでみると、ももはとても純粋な女の子。恋愛する女の子を全身全霊で演じられたらと思いました」との意気込みで臨んだ。 野球一筋の硬派なさわやか男子・とーじに扮したのが真剣佑。「神徳(幸治)監督からは、まっすぐな芝居でいてくれと言われました。それに集中するだけでした。とにかくとーじはもものことしか考えていないまっすぐな男の子。その気持ちを忘れずにももと向き合いました」と真摯な眼差しを見...more
カテゴリー:

【芸能】<SKE48のエース松井珠理奈>プロレスで強い気持ち芽生える「嫌なこと、辛いことがあっても負けたくない」 - 05月19日(金)01:20 

SKE48のエースとして、そしてAKB48グループの中心メンバーとして活躍する松井珠理奈(20)。 ハリウッドJURINAとして、ドラマ「豆腐プロレス」(テレビ朝日系)での熱い演技が注目を集めている。 収録は4月下旬に終了。2016年の12月から役作りの一環として本格的なトレーニングに着手し、約5カ月間にも及ぶ長丁場を無事に乗り切った。 その表情は晴れ晴れとしている。 そんな彼女へのインタビューを2回に分けて紹介する。「前編」は、過酷な収録の日々を振り返りながら、思い出深い出来事やこの経験が...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「クランクアップ」の画像

もっと見る

「クランクアップ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 撮影...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる