「クランクアップ」とは?

関連ニュース

野村周平&黒島結菜&平祐奈の共闘を支えた深川栄洋監督の魔法の言葉 - 03月26日(日)07:00 

 河野裕氏の人気小説シリーズを、野村周平、黒島結菜、平祐奈の共演で実写映画化した「サクラダリセット 前篇」(2部作)が、3月25日に公開される。さまざまな要素を盛り込んだ、緻密なストーリー構成で人気を博した小説が原作とあって、演じる俳優陣にとっては課題の多い現場だった。野村、黒島、平は、どのように作品と対峙したのか? 3人の“共闘”の裏には、メガホンをとった深川栄洋監督の“魔法の言葉”があった。  本作は、住人の半数が特別な能力を持つ不思議な街・咲良田(さくらだ)が舞台。体験したことは決して忘れない“記憶保持”の能力を持つ高校生・浅井ケイ(野村)と、世界を最大3日分巻き戻す“リセット”の能力者・春埼美空(黒島)が、2年前に死んだ同級生・相麻菫(平)を救おうと奮闘する姿を描く。  全く異なる能力を持つ個性豊かなキャラクターと同様、キャスト3人の性格も対照的だ。10~20代の若手俳優の多い現場を引っ張ったのは、底抜けに明るい主演俳優・野村。ヒロインを務めた黒島は、19歳とは思えぬ落ち着きを見せ、無邪気なキャラクターの18歳・平は現場の癒し担当だった。  個性の異なる3人に対し、深川監督は演出方法を変えていたという。「1人1人に話し方を変えて伝えてくださるんです」(平)、「いろんな言葉をくれた」(黒島)と説明。「同じことを、いろんな言葉で表現されるので、理解するのが難しいこともあっ...more
in English
カテゴリー:

『真昼の悪魔』クランクアップに田中麗奈が大粒の涙 - 03月25日(土)16:00 

女優の田中麗奈演じる女医・大河内葉子の身も凍るような悪魔の所業が大きな話題となっている東海テレビ制作・フジテレビ系連続ドラマ、オトナの土ドラ『真昼の悪魔』が3月25日(土)にいよいよ最終回が放送される。先日、クランクアップを迎え、スタッフの大きな拍手に包まれた、主演の田中からは大粒の涙が溢れた。 主人公・葉子を演じた田中は、「とても強烈な役だったので、葉子にお別れするのは寂しいです。葉子の人生に夢中になった、幸せな2ヶ月間でした」と話す。「彼女が自分の人格に疑問を持って苦しんでいるという人生だった。彼女を通じてその人生を体験できることができ、自分自身の人生も深くさせてくれたような感じがします」と感慨深く語った。 そして撮影最終日のラストシーンは、とても気持ちの入った演技で終了。「今までピンと張った何かが解れた瞬間だと思いました。」と葉子の感情を引きずりながら流した涙はとても美しく、葉子として生きた2ヶ月間はとても充実していたと語った。 その悪魔の医師・葉子に苦しめられる、葉子の患者で小説家志望の難波役を演じた中村蒼は、「難波は葉子と出会って振り回されてから、性格的に波のある人間になったので、僕自身も(演じるうえで)いろいろと振り回されました(笑)」と話す。また、ドラマの撮影時に自身の誕生日を迎えたことについて、「ドラマの現場でお祝いをして頂きました。3月4日という僕の誕生...more
in English
カテゴリー:

大野智、衝撃の「鼻にダンゴムシ」事件 - 03月25日(土)15:05 

 7月1日から嵐の大野智が主演する映画『忍びの国』が公開される。今年は他にも、10月に松本潤と有村架純のW主演による『ナラタージュ』、11月には二宮和也主演の『ラストレシピ~麒麟の舌の記憶~』と、立て続けに嵐メンバーの出演映画が公開となる。  大野の映画は、すでにクランクアップしており、年明けにはビジュアル映像が解禁された。大野にとっては初挑戦となる時代劇。伊賀最強の忍びを演じるとあって、アクションシーンが多かったようだ。  今ではおっとりとしたイメージの強い大野だが、子どもの頃は好奇心旺盛で、本人いわく「落ち着きのない子ども」だったそうだ。ケガをするのは日常茶飯事。父親がこぐ自転車の後ろに乗っていると大野はすぐ寝てしまうため、父親に「寝るなよ。ちゃんと足を広げておけよ」と、何度も注意されていた。それにもかかわらず眠ってしまい、後輪に足を巻き込まれて、15針を縫う大ケガをしたことがある。  母親から「缶詰のフタは危ないから、触っちゃダメ」と言われていたのに、触って大ケガをしたこともあった。「ダメと言われるとやりたくなる」そうで、夕食の並んだ食卓で逆立ちをして、そのままひっくり返り、食事を台なしにしたことも。  また、当時の大野は「イジくると丸くなる」ダンゴムシが好きで、丸くなったダンゴムシを鼻の中に入れたことがあるとテレビで告白している。鼻に入れたダンゴムシは中で元に戻ってしまった...more
in English
カテゴリー:

田中麗奈、大粒の涙!「真昼の悪魔」クランクアップ - 03月25日(土)08:00 

フジテレビ系にて放送中の“オトナの土ドラ”「真昼の悪魔」(毎週土曜夜11:40-0:35)。3月25日(土)の最終回を目前に控え、主演の田中麗奈がクランクアップした。 【写真を見る】「葉子に振り回された」中村蒼もクランクアップ/(C)東海テレビ ラストシーンの撮影では、田中が気持ちを込めて演じきり、スタッフから大きな拍手が起きた。「今までピンと張った何かがほぐれた瞬間だと思いました」と語り、主人公・葉子の感情を引きずりながら涙を流した。 また、葉子の患者で小説家志望の難波を演じた中村蒼は「難波は葉子と出会って振り回されてから、性格的に波のある人間になったので、僕自身も(演じる上で)いろいろと振り回されました(笑)」とコメント。 さらに、神父役を演じた伊武雅刀は「神父役はとても面白かったです。神聖な人格をベースにして演じるのが難しかったですが、終わってみると、とても充実感のある役でしたね」と振り返る。 最終話では、葉子が大倉孝二演じる大塚と結婚し、娘も生まれた3年後の姿から始まる。 見どころについて、中村は「見てくださっている方の今までのもやもやが、きっとすっきりすると思います。でも、最終回だからといって穏やかには終わらない、最後もちゃんと『真昼の悪魔』らしい衝撃的なシーンもあるので、楽しんでもらえたらいいなと思います」とアピール。 最後に田中は「今まで作品を見続けてくれた方が最終話...more
in English
カテゴリー:

福山雅治×役所広司、初共演作の公開日決定! - 03月24日(金)12:00 

福山雅治と役所広司が初共演し法廷バトルを繰り広げる是枝裕和監督の最新作『三度目の殺人』の公開日が9月9日(土)に決定した。 第66回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞、2013年に全国公開し、国内興行成績32億円の大ヒットを記録した『そして父になる』から是枝監督と2度目のタッグとなる主演の福山演じる弁護士・重盛に対峙する殺人犯・三隅を、是枝組初参加の名優・役所が演じることが大きな話題となり、2人の初共演にますます注目が集まる本作。 また、第2弾キャストとして、物語の鍵を握る少女で被害者の娘役に、『海街diary』以来、是枝作品2作品目の出演となる広瀬すず、被害者の妻役に斉藤由貴、重盛と事件解明に奔走する司法修習の同期弁護士に吉田鋼太郎、重盛の事務所に所属する若手弁護士に満島真之介、重盛の弁護士事務所の事務員に松岡依都美、本事件の担当検察官に市川実日子、重盛の父親役で、30年前に三隅が関わった事件の裁判長だった橋爪功と、日本映画界を代表する名優たちが本作を彩る。 1月17日に北海道にてクランクインした本作は、3月に無事クランクアップ。是枝監督が近年描いてきたホームドラマとは一転、かねてより挑戦したいと考えていたという法廷心理ドラマはどのような仕上がりとなるのか注目だ。 【関連リンク】 福山雅治×役所広司、初共演で壮絶法廷バトル! キンタロー。、ウェディングドレス着てもブスはブ...more
in English
カテゴリー:

土屋太鳳、亀梨和也の熱いエピソード披露 「松岡修造さんに会った時と同じような衝撃」 - 03月25日(土)16:26 

 映画『PとJK』の公開初日舞台あいさつが25日、東京都内で行われ、出演者の亀梨和也、土屋太鳳、高杉真宙、玉城ティナ、廣木隆一監督が登壇した。 本作は、仕事に真面目な警察官・功太(亀梨)と、ピュアで真っすぐな女子高生のカコ(土屋)が織り成すキュートな恋愛模様を描く。 亀梨は、初共演の土屋について「もともとテレビで見ていた印象と全く変わらない。真っすぐで、純粋で、人としてすごくちゃんとしている方」とした上で、「ちょっと天然というか、独特な空気感も魅力的な方」と絶賛。「会うたびに人としてすごく“きれいな気持ち”になって帰らせてもらっています」と語り、ほほ笑んだ。 対する土屋は「お会いするまではクールな印象が強かったのですが、実際にお会いすると、元気で優しくて、すごく面白くて…何というか松岡修造さんに会った時と同じような衝撃を受けました」と亀梨の印象を明かした。 まさかの例えに、会場が盛り上がりを見せる中、亀梨は「太鳳!きょうは元気か?」と大きな声を張り上げ“修造節”を披露した。 「こんな感じだったかな?」と首をかしげる亀梨だったが、土屋は「そんな感じです」と大きくうなずくと「熱い心を持った方なんだなと感動しました。すごい大先輩なので、私が相手役でいいのか…と迷いもあったのですが、どんな時も励ましてくださったし、優しくしかってくださったりもしました。頂いた時間と記憶は一生大切にします」と...more
in English
カテゴリー:

野村周平「映画の興行収入は初週が大事!」と観客に呼びかける - 03月25日(土)15:35 

河野裕の青春ミステリー小説を実写映画化した2部作の前編『サクラダリセット 前篇』(公開中)の初日舞台挨拶が3月25日、TOHOシネマズ 新宿で行われ、出演者の野村周平、黒島結菜、平祐奈、健太郎、玉城ティナ、恒松祐里と、深川栄洋監督が登壇した。共演者をイジり、深川監督に文句を言う野村は「映画の興行収入は初週が大事!」と観客への作品アピールも忘れなかった。 【写真を見る】平祐奈、「自分は野村よりの人間」と語る 同世代の出演者のみが登壇したことから、トークは和気あいあい。撮影初日は血だらけのシーンからだったということもあり、健太郎も黒島も「初日からこのシーンか…」と、そのときの心情を明かした。すると健太郎に対し、野村は「(スタッフへの)文句だ!」とヤジを飛ばし、からかう。そんな野村を慣れた様子で、健太郎は「これから頑張らないとな!と(思った)」と振り切った。恒松も「私もこの(初日の血だらけの)シーン」をあげると野村は「みんな文句ばっか!」と笑いとばす。 劇中に出てくる記憶保持能力から、撮影から今日まで忘れられないエピソードを披露。役作りのために人生初の金髪にした恒松は、その姿に自分自身で衝撃を受け忘れられなかったとそう。「学校にも金髪で行って、すごく楽しかった。下校途中でおじさんに“あ、ピカチュウだ”と言われた。そのとき、ポケモンGOが流行っていたからかな」と声を弾ませる。 玉城は撮影前...more
in English
カテゴリー:

【芸能】田中麗奈、“悪魔”とお別れ「寂しいです」 クランクアップに号泣 - 03月25日(土)08:50 

 女優・田中麗奈主演の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』(毎週土曜 後11:40~深0:35)がこのほどクランクアップを迎えた。技能も優秀な美人外科医だが、その裏では身の毛もよだつ残虐な事件を起こす“悪魔”大河内葉子を演じきった田中は、スタッフから拍手でねぎらわれると「とても強烈な役だったので、葉子にお別れするのは寂しいです。葉子の人生に夢中になった、幸せな2ヶ月間でした」と号泣しながら葉子として過ごした日々をかみ締めた。  最終日、ラストシーンの撮影では気持ちの入った演技で魅力した田中。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

田中麗奈、悪魔とお別れ「寂しいです」 クランクアップに号泣 - 03月25日(土)08:00 

 女優・田中麗奈主演の東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『真昼の悪魔』(毎週土曜 後11:40~深0:35)がこのほどクランクアップを迎えた。技能も優秀な美人外科医だが、その裏では身の毛もよだつ残虐な事件を起こす“悪魔”大河内葉子を演じきった田中は、スタッフから拍手でねぎらわれると「とても強烈な役だったので、葉子にお別れするのは寂しいです。葉子の人生に夢中になった、幸せな2ヶ月間でした」と号泣しながら葉子として過ごした日々をかみ締めた。 【全身ショット】白衣姿でドラマの会見に出席した田中麗奈  最終日、ラストシーンの撮影では気持ちの入った演技で魅力した田中。「彼女が自分の人格に疑問を持って苦しんでいるという人生だった。彼女を通じてその人生を体験できることができ、自分自身の人生も深くさせてくれたような感じがします」と感慨深げで、「今までピンと張った何かが解れた瞬間だと思いました」と肩の荷が降りたかのように大粒の涙を流した。  また、悪魔の医師・葉子に苦しめられる、葉子の患者で小説家志望の難波役を演じた中村蒼は、「難波は葉子と出会って振り回されてから、性格的に波のある人間になったので、僕自身も(演じるうえで)いろいろと振り回されました」と苦笑。葉子が感情を吐露する場所として通った教会の神父役を演じた伊武雅刀は、「神父さんは品行方正といいますか、神のしもべみたいな所もあるので、神聖...more
in English
カテゴリー:

亀梨和也の警察官姿に、土屋太鳳が「守ってくれそう」と惚れ惚れ! - 03月24日(金)11:00 

亀梨和也と土屋太鳳が、映画『PとJK』(3月25日公開)でピュアなラブストーリーを紡いだ。亀梨は「すごく輝いている女優さん」、土屋も「共演できると思っていなかった」と語るなど、共演できたことに感激しきりの二人。共に過ごした時間を経て感じたお互いへの印象とともに、本作の大事なモチーフともなった亀梨の制服姿について語り合ってもらった。 【写真を見る】土屋太鳳のフレッシュな制服姿!弾ける笑顔がキュートだ/[C]2017「PとJK」製作委員会 原作は、累計310万部を突破する大人気コミック。警察官の功太と、女子高生のカコとのピュアすぎる恋と結婚生活を描くラブストーリーだ。突然の恋から結婚へと激動の道のりを歩む二人だが、亀梨は土屋との共演について「ものすごく真面目な印象があって、今この時代にとても輝いている女優さん。キラキラしている方と共演させてもらえるのは、ありがたいなと思いました」と撮影前から、喜びを感じていたと言う。 土屋は「私はあまりテレビを見ないで育ったんですが、初めて見た学園ドラマが亀梨さんの出演されている『野ブタ。をプロデュース』でした。10歳くらいだったかな。なので、この方と共演させていただくという想像がなかったので、ご一緒できると聞いて本当にびっくりしました」と愛らしい笑顔を見せる。 亀梨は「10歳」という言葉に衝撃を受け、「ああ、そうか…。僕が18、19歳の頃だからそうな...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「クランクアップ」の画像

もっと見る

「クランクアップ」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 撮影...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる