「クラスノヤルスク」とは?

関連ニュース

サーカスを脱走したピューマに攻撃された女性 厚着のおかげで軽傷 関係者「賠償金払うから警察呼ぶな」 - 01月13日(土)17:25  news

サーカスから脱出したピューマが女性を攻撃する事件が起きた。 11日(現地時間)、ロシアのメディアによるとロシアのクラスノヤルスクで巡業公演中サーカス、 「The Dovgalyuk Dynasty」のピューマ一匹が脱出した。 脱出したピューマは、サーカス公演場付近の駐車場をうろついたあと近くの切符売り場の前で入場券を 買っていた女性Aさんを攻撃した。Aさんはピューマが後ろから攻撃したため為す術が無かった。 ピューマは鋭い歯で噛みつき、爪で引き裂いた。しかし、Aさんは、着ていた厚い冬のコートのおかげで 大怪我をせずに...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】日本でモデルになりたい 単独飛行していたハカス共和国の女子中学生(14歳)が拘束される - 01月13日(土)08:21  newsplus

https://jp.sputniknews.com/life/201801124461892/ ハバロフスク空港で東京行きの飛行機に乗り込もうとしていた14歳の中学生が警察によって拘束された。ロシア内務省極東連邦管区交通課のサイトが11日に明らかにした。 女子中学生は渡航目的について、日本のモデルエージェンシーに登録し、働くためと説明し、電話に出た中学生の両親もこの事実を確認した。中学生はハカス共和国の首都アバカンからクラスノヤルスクへ、そこからハバロフスクまで一人で飛行機で移動していた。 中学生は一切の許可書を携帯していなかったため、...
»続きを読む
カテゴリー:

「クラスノヤルスク」の画像

もっと見る

「クラスノヤルスク」の動画

Wikipedia

人口

クラスノヤルスク市街とエニセイ川 1923年に60,400人ほどだった人口は、1939年に190,000人に、1959年には412,000人に、1970年には648,000人へと増加した。1989年には912,600人に達したが、以後はソ連崩壊後の不況で人口は伸び悩み減少傾向になった。しかし、2000年以降は人口が増加し始め、2012年に100万人に到達し、ロシア14番目の百万都市となったシベリアのクラスノヤルスク、百万人都市へ 2012年4月18日 ロシアの声

クラスノヤルスクの人口のうち多くを占めるのはロシア人だが、その他の人口の多い民族にウクライナ人タタール人ドイツ人ベラルーシ人も含まれる。さらに、中央アジア諸国からの職を求めての移民により、タジク人ウズベク人などが増え、不法移民も一部に見られる。

また中国人商人の往来も多く、他の移民と異なり比較的裕福な地区で地元企業と協力関係を結んで商売や事業を行うなどしている。中国人商人の集まるバザールや交易地区なども市内には現われている。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる