「クラウドファンディング」とは?

関連ニュース

子どもの帰宅をLINEで通知「Qrioただいまキット」予約販売開始 - 01月17日(水)19:15 

 Qrioは2018年1月17日、子どもの帰宅をLINEで知らせる見守りサービス「Qrioただいまキット」の予約販売を開始した。2月13日までの予約販売期間中は、初回限定割引価格9,870円(税込)で受け付けている。販売開始は2月下旬の予定。 Qrioただいまキットは、「Qrio Smart Tag」を持つ子どもが帰宅すると、家に設置している「Qrio Hub」が検知し、子どもの「ただいま」をLINEで知らせるサービス。帰宅時だけでなく、子どもが家を出たときの「いってきます」のメッセージや時刻もLINEで通知される。 子どもの「ただいま」をきっかけに夫婦間の育児分担のコミュニケーションを円滑にし、母親だけでなく父親も積極的に育児に参加することを促進するべく、Qrioはこれまで培ってきた既存製品や技術力を活用し、「Qrioただいまキット」を開発した。おもなターゲット層である、小学生を持つ共働き世帯の母親は、家族や「ママ友」らとのやり取りにLINEを活用している人が多いことから、通知媒体をLINEにしたという。 Qrio Smart TagとQrio Hubをセットにした「Qrioただいまキット」を購入すれば、月額費用不要で使用できる。「Qrio ただいまキット」のアプリをダウンロードし、「Qrio Hub」をコンセントに差し込み、重さ10グラムの「Qrio Smart Tag」を子ど...more
カテゴリー:

クラウドファンディング版“ライブコマース”「CAMPFIRE Fireball」1月22日から提供開始 - 01月17日(水)17:33 

動画でライブ配信しながら物を売る、ライブコマース。中国の動画配信プラットフォームでの成功を得て、2017年には日本でも続々と各社の参入が始まっている。国内の先駆者によれば「猛烈に売れるのは100人もいないのでは」との声もあるが、新たなECのスタイルとして注目を集めていることは間違いない。 今日、クラウドファンディングサービス「CAMPFIRE」から発表された、分散型ライブファンディング機能「CAMPFIRE Fireball」は、ライブコマースのクラウドファンディング版、と言えば分かりやすいだろうか。CAMPFIREのプロジェクトオーナーが配信するライブ動画上にリアルタイムで支援金額やコメントを反映・表示させ、双方向コミュニケーションも可能となるこの新機能は、1月22日から提供開始される。プロジェクト掲載者であれば誰でも、無料で機能を利用することができる。 対応するライブ配信ソフトは「OBS(Open Broadcaster Software)」と「Wirecast」、動画配信プラットフォームは「YouTube Live」「ニコニコ生放送」「SHOWROOM」「LINE LIVE」「FRESH!」「Facebook Live」「Twitch」「Periscope」への対応が確認済みだ。 実はCAMPFIREでは2017年2月に、動画ストリーミングとチャットを組み合わせた似たような...more
カテゴリー:

大阪府島本町とエフバイジーがふるさと納税制度を活用したガバメントクラウドファンディングで提携、同時に3つのプロジェクトを開始 - 01月17日(水)17:06 

[株式会社サーチフィールド] 大阪府島本町は、株式会社サーチフィールドが運営する使いみちで選ぶふるさと納税「エフバイジー」と提携し、3つのガバメントクラウドファンディングプロジェクトを開始しました。 今回開始するプロジェクトは、...
カテゴリー:

ふるさと納税でファンディング!? 各自治体取り組む寄付の魅力 - 01月17日(水)16:00 

故郷や応援したい地方に寄付ができるふるさと納税は、実質自己負担2,000円で税金対策になり、返礼品をもらえるとあって活用しないと損! とはいえ、'17年4月に総務省が豪華な返礼品を控えるよう“お達し”を出したことで、返礼品の還元率が寄付額の3割以下に制限され、パソコンや自転車などの高額商品、金銭類似性が高い商品券やプリペイドカードなどがNGに。 「確かに一部で変更はありましたが、より使いやすく、魅力は依然高まっています。昨年4月から大きく変わったのは、自治体側が税金の使い道をより明確にするようになったこと。返礼品もこれまでのようにお得感だけでなく、地域の魅力をアピールするものを増やしたり、寄付者目線になっていたりするんです」 そう教えてくれたのは、日本最大級のふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」を企画運営するトラストバンクの宗形深さんと田中絵里香さん。'08年4月にふるさと納税がスタートして、ちょうど10年。返礼品の特徴も大きく変化しているという。 「ふるさと納税のいいところは、寄付金として納める税金の使い道を、自分の意思で決められることです。これまでも“子育て支援”や“高齢者ケア”“環境保全”などの項目から選べたのですが、最近、さらにパワーアップして、具体的なプロジェクトへの寄...more
カテゴリー:

Hカップ白川未奈 夢の写真集に向けクラウドファンディング支援呼びかけ - 01月17日(水)15:36 

 Hカップグラビアアイドルの白川未奈が、16日のアメブロにて、AbemaSPECIALチャンネルで配信されているバラエティ番組「妄想マンデー」での、オリジナル写真集企画のメンバーに選ばれたことを報告した。  これは番組の2周年を記念して、オリジナル写真集を制作するという企画。MCの今野杏南はカメラマンとプロデュースに初挑戦するということで、「日本一ムラムラするグラドル写真集を作りたい!」と意気込んでいる。  また写真集に参加できる選抜メンバーはファンの投票によって決定され、白川は「皆様の沢山の投票のおかげです。本当にありがとう しかもね、白川未奈の投票応援コメント、熱いコメントが多かったみたいで。 スタッフさんから、「いや~白川のファンは熱くて感動したわ。本当愛されてるね~」て言われちゃった! それ聞いて、写真集決まった喜びと、みんなの愛の深さに感動して、またまた泣きそうになった(最近本当に涙腺が....)」と、デビュー当時からの夢であった紙媒体写真集の決定と、ファンの愛情に感激。  紙媒体の写真集にたどり着くまで5年半かかったという白川。10日にAbema TVで放送された「タカトシのバラエティだろ~が!!」の企画「ほろ酔い美女グランプリ美酒乱」に出演した際、自分の“崖っぷち”具合に号泣した姿が話題となった。  というのも白川は、昨年12月26日に30歳となったが...more
カテゴリー:

JDSoundがまたやった!「パフォーマンスが突き抜けている」フルデジタルなポータブルスピーカー『OVO』の威力 - 01月17日(水)19:00 

いい音聴いてますか? 今回はガジェット通信らしく、フルデジタル・ポータブルスピーカー『OVO』(オヴォ)を紹介したいと思います。『OVO』は主にパソコンやスマートフォン、タブレットでの視聴用として開発された小型スピーカーなのですが、とにかく“全ての音域が格段に聴きやすい”のが特徴です。 見た目は横幅24㎝、約6㎝の幅を持ったごく普通のコンパクトなスピーカー。しかし実際に聴いてみると結構な音圧! それでいて高音、低音、そして人の声などの中音域のそれぞれにおいて「どんな音が鳴っているのか」をストレスなく把握できる解像感がとにかく格別です。 例えるなら、よく合うメガネやコンタクトを付けたときのような気持ちよさ、アナログ放送から地デジに代わった時の快感に匹敵します。カセットテープ世代であればノーマルテープとメタルテープほどの違い、という言い方でもわかっていただけるのでは。PCスピーカーと『OVO』ではその位の違いが感じられました。 映画であれば効果音やBGMのエッジを際立たせつつも、セリフが全く奥に引っ込まないですし、音楽であればボーカルも含めたそれぞれの楽器が、どの位置で何を奏でているかがとにかくクリアです。これは普通のスピーカーよりもステレオの分離性能が高いことも手伝っているようです。 これまでPCで観ていたYouTube配信やNetFlixなどの映像コンテンツ、しまい込んでいたm...more
カテゴリー:

大阪府柏原市、市制60周年を記念した市民協働プロジェクトにふるさと納税を活用したガバメントクラウドファンディングをエフバイジーにて展開 - 01月17日(水)17:06 

[株式会社サーチフィールド] 大阪府中河内地域に位置する柏原(かしわら)市は、平成30年に市制60周年を迎えます。その節目を記念して、市民と一緒につくる記念事業の数々が計画されています。 [画像: https://prtimes.jp/i/27837/32/resize/...
カテゴリー:

クラウドファンディングで日本最高金額を調達した東北発ベンチャーJDSoundの新たな挑戦。映像視聴に革命をもたらすUSBバスパワー方式デジタルスピーカー、OVO - 01月17日(水)17:00 

A4サイズのDJシステム「GODJ Plus」プロジェクトにて当時のクラウドファンディング日本国内金額となる5300万円を調達した株式会社JDSound(宮城県仙台市 代表:宮崎晃一郎)が、映像視聴に最適なUSBバスパワー方式のデジタルスピーカープロジェクトにてクラウドファンディングに挑戦致します。
カテゴリー:

キンコン西野がスナック経営開始 代表・小谷が早速通帳紛失 - 01月17日(水)16:00 

お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(37)が、自身が考案したスナックの完成を公式ブログで発表した。店名は「キャンディ」で、SHOWROOM代表の前田裕二氏(30)と共同で運営するという。 ブログには、完成したばかりの店内の写真が。レトロな木のテーブルや椅子に、ランプがぼんやりと光る幻想的な雰囲気だ。西野の絵本『えんとつ町のプペル』に出てくるような世界観を目指したという。 店の住所はファンクラブ会員以外には非公開で、看板も出さない。ただ、店を見つけた人が飛び込みで入ることはできるようだ。ファンクラブには、現在も月額500円から入会が可能。開店資金は、西野がクラウドファンディングで集めた。 「キャンディ」運営会社の代表取締役には、ちょうど「ゴロゴロしていた」という芸人・ホームレス小谷(34)を就任させることに。銀行口座を開設し、カードと通帳を小谷に渡して、準備完了。ところが口座に会社の資本金を振り込んだ直後、小谷がカードと通帳を紛失してしまったという。大事には至らなかったようだが、「スタート前に失敗している珍しいスナック」と自虐した。 ときどき、西野がお忍びで飲んでいることもあるらしいスナック「キャンディ」。見つけることができれば、直接西野と議論もできちゃうかも?【関連記事】キンコン西野“髪切り対決”に嘆き「ハンサムを返してくれ」キングコング西野「はれのひ」被害者のために成...more
カテゴリー:

沼津にラブライブ!デザインのマンホールを設置する企画、開始約30時間で2200万円達成 - 01月17日(水)15:09 

マンホールイメージ ソニー企業株式会社が企画した、沼津市に新しい観光スポットを創生する「ヌマヅノタカラプロジェクト」では、ラブライブ!サンシャイン!!のオリジナルデザインのマンホールを沼津市各所に設置するためのクラウドファンディングを行っているが、開始からわずか30時間ほどで、目標額の2217万円を突破している。 ラブライブ!マンホールを市内各所に設置することで、訪れるファンの市内の回遊性の向上を計る「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト」。マンホールは9箇所に設置され、それぞれラブライブ!サンシャイン!!に登場する、私立浦の星女学院のキャラクター9人のオリジナルデザイン。みかんや海、富士山など、舞台となっている静岡、沼津、内浦を思い起こさせるモチーフが散りばめられている。制作は、マンホールの老舗・長島鋳物株式会社による至極の逸品になる予定。支援額10万円(限定30口)のコースでは、マンホールを制作する長島鋳物を訪れて工場見学ができ、Aqoursマンホール色差し体験も可能になっている。ほかにも、約500gのミニマンホールやマンホールキーホルダー、めぐりパネルなど、出資額に応じた特別返礼品が用意されている。 ミニマンホール 「沼津市×ラブライブ!サンシャイン!!ヌマヅノタカラプロジェクト」URL:https://first-flight.sony.com/...more
カテゴリー:

もっと見る

「クラウドファンディング」の画像

もっと見る

「クラウドファンディング」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる