「クライマックス」とは?

関連ニュース

パCSも10月13日から=プロ野球 - 02月21日(水)19:19 

 パ・リーグは21日、今季のクライマックスシリーズ(CS)日程を発表し、レギュラーリーグ2位と3位が対戦するファーストステージ(3試合制)は10月13日から、その勝者と優勝チームが日本シリーズ進出を争うファイナルステージ(6試合制)は同17日からとなり、ともにセ・リーグと同じ日程となった。 [時事通信社]
カテゴリー:

【そだねー】カーリングの難問 日本選抜でチームを作らない本当の理由★2 - 02月20日(火)22:07  mnewsplus

2/20(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン カーリングの難問 日本選抜でチームを作らない本当の理由  カーリングの日本代表チームは、男子が「SC軽井沢クラブ」、女子が「ロコ・ソラーレ北見」。国内で勝ち抜いたチームが丸ごとオリンピックに出場するかたちだ。なぜ、各チームから優秀な選手を選ぶ「選抜」にしないのか。「カーリングはチームワークが大事だから」というだけでは片付けられない“本当の理由”を、カーリング取材歴9年で、今回も平昌五輪の取材を続けている竹田聡一郎氏が解説する。  * * *  平昌五輪も後半...
»続きを読む
カテゴリー:

【そだねー】カーリングの難問 日本選抜でチームを作らない本当の理由 - 02月20日(火)18:09  mnewsplus

2/20(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン カーリングの難問 日本選抜でチームを作らない本当の理由  カーリングの日本代表チームは、男子が「SC軽井沢クラブ」、女子が「ロコ・ソラーレ北見」。国内で勝ち抜いたチームが丸ごとオリンピックに出場するかたちだ。なぜ、各チームから優秀な選手を選ぶ「選抜」にしないのか。「カーリングはチームワークが大事だから」というだけでは片付けられない“本当の理由”を、カーリング取材歴9年で、今回も平昌五輪の取材を続けている竹田聡一郎氏が解説する。  * * *  平昌五輪も後半...
»続きを読む
カテゴリー:

【野球】<楽天> 17年度黒字達成 売り上げは球団創設時の倍に - 02月20日(火)00:11  mnewsplus

プロ野球東北楽天を運営する楽天野球団(仙台市)の2017年度決算(12月期)の営業損益が黒字となったことが18日、分かった。日本一など特別な要因がなかった年度に黒字を達成したのは、球団経営1年目の05年度以来初めて。観客増で球団創設当時から売り上げを2倍近くに伸ばし、球場改修費などを償却しても黒字を計上した。  球団への取材によると、17年度の総売り上げは138億円。スタンド増設などの積極投資が奏功し、主催試合で過去最高の年間177万人を動員した。 入場料、スポンサー、グッズ、球場内飲食など各...
»続きを読む
カテゴリー:

薬師丸ひろ子、新旧21曲で観客魅了 20年ぶり新アルバム収録曲も披露 - 02月19日(月)18:10 

 女優で歌手の薬師丸ひろ子が16日、東京・渋谷のBunkamura オーチャードホールで『薬師丸ひろ子コンサート2018』(3公演)のファイナルを迎えた。約2時間半にわたって新旧ヒット曲21曲を歌い上げ、優しく伸びやかな癒やしの歌声で満員の観客を酔わせた。 【ライブ写真】癒やしの歌声で観客を魅了  自身初の二部構成のライブは、スタンダードナンバー「A Lover’s Concerto」で幕を開けた。バイオリン2人、ヴィオラ、チェロのストリングス隊に、ベース、ドラムス、ギター、キーボードのリズム隊からなる8人の演奏を背に、ヒット曲「あなたを・もっと・知りたくて」「元気を出して」を歌唱。  さらに、主演映画『ナースコール』(1993年公開)の主題歌「コール」、自身初となるライブアルバム『Best Songs 1981-2017 ~Live in 春日大社~』(昨年6月発売)のスペシャルトラックとして井上陽水が書き下ろした新曲「めぐり逢い」などでも観客を魅了した。  15分の休憩を挟み、後半は大貫妙子と坂本龍一が共作した「DESTINY」で再開すると、「寒椿、咲いた」「ステキな恋の忘れ方」と続く。この日が誕生日だった故・高倉健さんと初共演した映画『野性の証明』(78年公開)から約40年。高倉さんとのほほ笑ましいエピソードを紹介すると、主題歌「戦士の休息」を歌いあげた。  穏やか...more
カテゴリー:

巨人・高木、864日ぶりの一軍マウンドに「感謝」 - 02月21日(水)16:30 

 巨人の育成選手・高木京介が21日、ヤクルトとの練習試合で、864日ぶりに一軍のマウンドにあがった。  2015年10月11日に行われたクライマックスシリーズファーストステージ阪神戦以来となる一…
カテゴリー:

武田玲奈「興奮しました」ドラマ「人狼ゲーム」を語る - 02月20日(火)19:59 

武田玲奈主演のドラマ「人狼ゲーム ロストエデン」の第6話場面写真が解禁された。 【写真を見る】演じる紘美について、武田玲奈は「真逆」と明かす/(C)2018「人狼ゲーム」製作委員会 第6話では、紘美(武田玲奈)が自称予言者の宇田川(米本来輝)から人狼と、都築(勧修寺保都)から村人と指名される。それは3回目の投票先が自分になったことを意味していた。紘美の処刑後、自称霊媒師の東(吉原拓弥)が正体を占い、うそをついていた方を次の投票で処刑する流れとなる。絶体絶命のピンチに、紘美はどう立ち向かうのか。 10人いた高校生たちは残り7人。いまだに誰が人狼なのか分からない展開で、役者全員の演技力が視聴者の推理を阻む。さらに、外の世界の刑事たちが捜査すればするほど謎は深まるばかり。命を賭けた人狼ゲームは、さらに過熱していく。一方、捜査は徐々に事件の真相に近付く。そして、予想を裏切る衝撃の展開が待ち受ける。 物語中盤となり、主演の武田がインタビューに応じた。初のドラマ化となった「人狼ゲーム」にどのような心境で臨んだのか。詳しく語ってくれた。 ■ “うれしい”と同時に“不安” ――ゲームの「人狼ゲーム」は知っていましたか? 知っていました。高校のときにも友達とみんなで遊んでいました。今回のドラマの撮影のときも、キャストのみんなでやりましたよ。 ――ゲームでは強い方ですか? 意外と強い方でした。人狼にな...more
カテゴリー:

大ヒット官能映画「フィフティ・シェイズ」シリーズ最終章、2018年秋に日本上陸! - 02月20日(火)09:00 

 全世界で大ヒットを記録した官能映画「フィフティ・シェイズ」シリーズの最終章「フィフティ・シェイズ・フリード」(ジェームズ・フォーリー監督)が、2018年秋にTOHOシネマズ シャンテほかで全国公開されることが決定した。  「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」(15)、「フィフティ・シェイズ・ダーカー」(17)に続くシリーズ第3弾。若き起業家にして巨大企業のイケメンCEO・グレイと、恋愛未経験の純粋なアナの特異な恋愛模様を過激につづり、全世界での発行部数が累計1億冊以上を記録したE・L・ジェームズ氏によるベストセラー小説の映画化がクライマックスを迎える。  1作目でグレイのゆがんだ愛の形を受け入れられずに去ったアナだが、2作目でグレイのアプローチを受け、関係を再スタートさせ、グレイの過去の女性たちや、執ように迫る上司といった障害を乗り越え、幸せを手に入れたが……。本作では、過激な官能世界はもちろん、最終章にふさわしい衝撃の展開が繰り広げられる。アナ役のダコタ・ジョンソン、グレイ役のジェイミー・ドーナンが続投するほか、新キャストとしてアリエル・ケベル(「新ビバリーヒルズ青春白書」「呪怨 パンデミック」)がアナとグレイの新居の設計を手がける建築家を演じる。  本作は、全米で2月9日に公開され興行収入3860万ドルで全米ランキング首位スタート。全世界オープニング興収は1億3690...more
カテゴリー:

大泉洋、初めて「映画ドラえもん」を観たと衝撃告白!のび太くんを「世界一尊敬している」と大絶賛 - 02月19日(月)20:26 

今年で38年目を迎える春休みの定番「映画ドラえもん」シリーズ。その最新作『映画ドラえもん のび太の宝島』(3月3日公開)の公開に先がけて19日、東京・スペースFS汐留で「大人だけの先行試写会」が開催。完成したばかりの本作をいち早く鑑賞する熱心なドラえもんファンを前に、ゲスト声優として出演している大泉洋とお笑いコンビ・サバンナの高橋茂雄、脚本を務めた川村元気が登壇した。 【写真を見る】まるでコンビ芸!?大泉洋と高橋茂雄の息の合ったやりとりに会場中が大爆笑 劇中でのび太たちの前に立ちはだかる海賊、シルバーの声を担当した大泉は冒頭から「失礼ながらドラえもんの映画を通らずにバラエティ番組ばかり見て育ってきた人間です」と「映画ドラえもん」シリーズを一本も観たことがないという衝撃の事実を明かした。 それでも、現在6歳になる愛娘からのゴーサインで出演を決めたという大泉は本作を観て「泣けるとは聞いていたけれど、初めてドラえもんの映画の良さを知った。これまでの作品も1年ずつ遡って観ていきたい」とコメント。それにはすかさず高橋が「年内に全部観てくださいよ」とツッコミを入れた。 そんな高橋は、昨年公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』にも古代語を喋る役柄として出演。これまで数多くのタレントが経験してきたゲスト声優だが、史上初となる2年連続の抜擢に「人間の言葉をしゃべる役に出世しました」...more
カテゴリー:

賀来賢人、10年ぶり月9出演!芳根京子主演『海月姫』で外国籍の実業家役 - 02月19日(月)17:15 

俳優の賀来賢人が、2月26日放送の連続ドラマ『海月姫』(フジテレビ系、毎週月曜21:00~)第7話に出演することが決定。月9ドラマに出演するのは、本人初の地上波ドラマ出演作でもある『太陽と海の教室』(2008年)以来、10年ぶりとなる。芳根京子主演の本作は、筋金入りの“クラゲオタク女子”の月海が、女装男子・蔵之介(瀬戸康史)とその弟・修(工藤阿須加)の凸凹兄弟に出会ったことをきっかけに、新しい自分や生き方を発見。さらに三角関係になり、一生縁がないと思っていた恋を知る様子がギャグを交えて描かれる、新感覚の“シンデレラ・コメディー”。2007年に映画『神童』で俳優デビューして以来、数々のドラマ、映画、舞台に出演し、実力、人気ともに若手トップの俳優へと駆け上がった賀来。そして2015年、劇団☆新感線の舞台『五右衛門vs轟天』に出演してからコメディーの魅力を知り、その後、福田雄一との出会いから、ムロツヨシや佐藤二朗などが名を連ねる福田組の常連になった。自身も「コメディーで一番になる」と公言するほど、今や、若手としては押しも押されもせぬコメディー俳優のトップを独走している。そんな賀来が演じるのは、香港やシンガポール、ソウルなどアジア各国でセレクトショップを展開する実業家、カイ・フィッシュ。最近は日本に力を入れており、ある日、最近出店した東京のセレクトショップの状況を視察しに来ていた際に、アパ...more
カテゴリー:

もっと見る

「クライマックス」の画像

もっと見る

「クライマックス」の動画

Wikipedia

クライマックス()

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる