「クイズ」とは?

関連ニュース

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します - 01月18日(木)11:42 

Google ウェブマスター向け公式ブログ: ページの読み込み速度をモバイル検索のランキング要素に使用します+1 ボタン 2 AMP 11 API 2 App Indexing 8 First Click Free 1 Google プレイス 2 Merchant Center 8 NoHacked 4 Search Console 94 イベント 14 ウェブマスターガイドライン 51 ウェブマスタークイズ 2 ウェブマスターツール 83 ウェブマスターフォーラム 6 オートコンプリート 1 お知らせ...
カテゴリー:

戌年の今年はタレント犬が更なる飛躍 ネコブームに待ったをかける? - 01月18日(木)08:40 

 2018年は戌年。昨年(酉年)末には「猫の推計飼育数が953万匹(前年比2.3%増)、犬の892万匹(前年比4.7%減)を逆転した」ことが大きく報道されたが、ソフトバンクのCMでおなじみ、“お父さん犬”のカイ君をはじめ、エンタメ界ではまだまだ犬が“百獣の王”なのだ。実際、日本では、その忠誠心に篤い性格や元気で活発な姿が古来より愛され続けている。戌年の今年は、猫、さらにはパンダを凌駕して犬たちの逆襲がはじまり、再び“タレント犬”の大活躍が見られるのだろうか!? 【写真】お気に入りはどの子? テレビや雑誌で大活躍のタレント犬たち ◆おなじみのタレント犬も新春仕様 正月から“犬推し”状態  この正月、もはやタレント犬界のボスとも言えるソフトバンクのお父さん犬は「スキージャンプする」、「お屠蘇で酔っぱらう」などの“新春仕様”で登場する活躍を見せた。また、電子コミックサイト『めちゃコミック』のCMでも、腹巻姿で人気のフレンチブルドッグ「めちゃ犬」が、家族でコタツを囲んでミカン…という愛らしい団らん姿を披露。さらに、アーティスト・aikoの年始CM「aiko new year CM」でも、aikoが犬たちとかけっこする姿が収められるなど、犬は十二支の中でも“人間の意思に沿って演技できる”動物と言われるだけあって、年頭から工夫を凝らした演出作品が多く見られた。  また、NHKでも人気動...more
カテゴリー:

ムササビの誕生日を予想して当てよう! 「空飛ぶムササビウォッチング」 ペア招待券プレゼントキャンペーン│応募期間:2018年2月1日~3月14日 - 01月17日(水)16:00 

軽井沢で自然観察ツアーを開催している「ピッキオ」は、主催する「空飛ぶムササビウォッチング」のペア招待券をプレゼントするキャンペーンを2018年2月1日~3月14日に実施します。春は野生のムササビの出産シーズンです。赤ちゃんの誕生日を予想して応募する、クイズ形式の企画です。
カテゴリー:

南北軸厳選50問クイズ 当選者決まる - 01月17日(水)10:20 

四国新聞社など中四国の5地方紙が元日付の特集で共同掲載した「南北軸厳選50問クイズ」の当選者が決まった。
カテゴリー:

数学を使うことなく直感的にファインマンのクイズを見事に解く動物たち - 01月17日(水)06:00 

かの有名な物理学者リチャード・P・ファインマンが出した数学的なパズル「ファインマンのクイズ」を、直感的に解いてしまう動物がいるそうです。続きを読む...
カテゴリー:

【テレビ】<TBS>緑茶はお祝いのお返しにNG? お茶屋が番組の内容に反論!「おい全国ネットでなにわけわからんことゆうとんねん」 - 01月18日(木)08:53  mnewsplus

17日、お茶屋である「老舗茶屋四代目 お茶の川村園」が、16日放送の「この差って何ですか? 2時間SP」(TBS系)で紹介されたお茶に関するマナーについてTwitter上で反論し、注目を集めている。 番組では、外国人が戸惑う日本の贈り物文化について取り上げ、「お祝いのお返しに贈ってはいけない物」をクイズ形式で紹介した。その中で、緑茶と紅茶のどちらを贈ってはいけないかという問題では、正解が「緑茶」だった。 冠婚葬祭などのマナーにまつわる本を多数執筆しているマナー講師によると、緑茶は葬式のときに手土産として使われる...
»続きを読む
カテゴリー:

SNSで話題となったボートレースのポスター 漢字のアンビグラムを制作した野村一晟(ノムライッセイ)氏に話を聞いてみた - 01月17日(水)16:00 

このデザインめっちゃ感動した、、何回もiPhone上下ひっくり返してみてしまう、すごい https://twitter.com/MurakamiYutaro/status/952437631320604672 ある『Twitter』ユーザーがツイートしたボートレースのポスター。 唐津競艇場で1月24日から開催される『G1全日本王者決定戦(開設64周年記念)』のポスターなのですが、ポスターを逆さまにすると「挑戦」という文字が「勝利」に、「最強」が「戦場」に変化するという仕掛けになっています。こうした文字のことをアンビグラムと言います。 このアンビグラムをデザインしたのは、富山在住の画家兼アンビグラム作家、野村一晟(ノムライッセイ)氏。美術講師の顔も持つ同氏に制作時のエピソードなどを聞いてみました。 ボートレースのポスターで使われた「挑戦⇔勝利」「最強⇔戦場」のアンビグラム制作時間は、「漢字の選定作業含め10時間くらい。アンビグラムを制作する作業そのものは2時間くらいです」とのこと。「“戦い”といったキーワードをもとに、西広(福岡の広告代理店)の担当者さんと単語を50個くらい出し合った」そうです。アンビグラムを制作する上で苦労する点については、「逆さまにして違う単語となる“組み合わせ”を探すのが難しい。パズルみたいな作業です」との回答。 同氏は、「大学(富山大学)3年の時に見た映画『...more
カテゴリー:

人類滅亡確定 - 01月17日(水)12:28  news

アリババ(Alibaba)とマイクロソフトが開発した 人工知能(AI)は読解力テストで人間よりも 優れた結果を出した。だが、自然言語処理にはまだ難しい課題が残っている。 スタンフォード大学のクイズ(SQuAD=質問と回答のペアで構成されたデータセット)は、 500件のウィキペディア(Wikipedia)の記事に基づき作られた、単語と文章の読解力をテストするものだ。 たとえば、「第50回スーパーボウルのハーフ・タイム・ショーで、どのグループが主役だったか?」 といった問題が出題される。 クイズの結果、人間のスコアは82.304...
»続きを読む
カテゴリー:

「トドメの接吻」で連ドラ初出演! 山本亜依が芝居に懸ける思い - 01月17日(水)07:00 

キスをされると殺されてしまい、タイムリープを繰り返すという謎のドラマ「トドメの接吻」(日本テレビ系)で、主人公のホスト・旺太郎(山崎賢人)がターゲットにするお嬢様・美尊(新木優子)の乗馬仲間・小柳奈々子を演じるのが、山本亜依。アイドルとして2年間活動している間に、お芝居への思いが募り、女優の道へ飛び込んだ22歳だ。 【写真を見る】連続ドラマへの出演は初となる山本/撮影=カノウリョウマ ――もともとお芝居に興味があったそうですが、何かきっかけが? 中学生の時の文化祭の学級劇がすごい本格的で、劇団出身の方の指導の下、半年ぐらい掛けて準備したんです。戦争が題材で、最後に私が「戦争はいやだー!」って叫んで幕が降りるというお芝居だったんですけど、その後、「心に響きました」というお便りをいただいたりして、お芝居で人の心を動かすことができるんだって思って、子供ながらにすごくうれしくて。それからずっと心のどこかにお芝居への憧れがあったんです。その後、アイドルに挑戦できたことで、お芝居への思いがさらに募っていきました。 ■ アイドルを卒業し、本格的な芝居へ挑戦 ――そうして、'16年にAKB48を卒業され、'17年は1月から立て続けに舞台に3本出演。これは相当なチャレンジだったのでは? はい。アイドルを卒業してから初めて本格的なお芝居に挑戦したので、頑張ろうという覚悟が固まりました。でも、きちんとお...more
カテゴリー:

阿部寛&阿部サダヲ、街頭インタビューで言われ放題「生クリームをそのまま…」 - 01月17日(水)05:00 

俳優の阿部寛が、1月17日(水)19時から放送の『笑ってコラえて!新年SP』(日本テレビ系)の「スペシャルゲストクイズ」コーナーに登場する。スタジオゲストが街頭インタビューでのイメージ調査などのヒントからスペシャルゲストを予想する人気コーナー「スペシャルゲストクイズ」。イメージ調査では、「生クリームをそのまま食べてそう」「毎朝乾布摩擦やってそう!」などの意見が飛び出す。また、阿部自身が、人一倍こだわりが強いという私生活のマル秘エピソードを初告白する一幕も。もう一人の「スペシャルゲスト」は、俳優の阿部サダヲ。街頭インタビューでは、「お肌ツルツル!“歌舞伎パック”をしてそう!」「家のベランダに“巣箱”がありそう!」といった憶測が飛び交う。そんな中、本人撮影の「今一番のお気に入り写真」をテレビで初公開。まさに、“奇跡降臨のビックリな1枚!”だというが、一体どんな写真なのか。さらに、スタジオでは、無茶ぶりモノマネにも挑戦。司会の所ジョージが思わず唸ったモノマネは必見だ。また、“人は、突然クイズを出されるとなぜか素直に答えてしまう”という習性を利用して街行く人々の人生をグイグイ掘り下げていく“悪魔のようなコーナー”「山里亮太の“人生はクイズだ!”の旅」では、「としまえん」と「十条銀座商店街」へ。山里亮太の「軽佻浮薄」なキャラが良い方向に作用して、3回目となる今回も絶好調。見事に行き交う人々の...more
カテゴリー:

もっと見る

「クイズ」の画像

もっと見る

「クイズ」の動画

Wikipedia

クイズ (quiz) の英語での意味は、to question (someone) と to test the knowledge と、これらの名詞としての意味であり、日本語では後者の「知識を問う問題」(any set of quick questions designed to test knowledge)の意味で使われている。テレビ番組で、出題者が既知の事実に対して質問をし、解答者がその質問に答えるという遊び、あるいはその質問の意で使われることが多い。英語のquizがそのままカタカナ語として使われている。

なお、推理クイズ判断力クイズなどのように、思考力を問う問題に対して「クイズ」の表現を使うのは、誤用である。

概要

解答者の答えが出題者の用意していた答えと一致すれば正解、一致しなければ不正解である。

多くの場合、解答者は複数いて、正解数や、正解することで得られる得点を競う。狭義には知識を問うものをクイズというが、思考力を問うパズルや言葉遊び、なぞなぞなどもクイズの一種とみなされることがある。本来は教師が生徒に対して行う簡単なテストを意味し、アメリカでは現在もこの意味でも使われる。

日本では当初、本来は隠してある物を言い当てる遊びを指す「当てもの(あてもの)」を訳語として使用した時期もあり丹羽美之 「第3章 クイズ番組の誕生」クイズ文化の社会学 石田佐恵子・小川博司...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる