「ギリシャ神話」とは?

関連ニュース

「マジかよ」「恐ろしすぎる」 トイレで母親を襲った悲劇に、動揺の声 - 04月21日(土)12:12 

古代ギリシャ神話の研究家である、藤村シシン(@s_i_s_i_n)さん。 シチリアのレストランで起きた出来事をネット上に投稿し、周囲を驚かせています。 トイレに仕掛けられたワナ 藤村さんの母親が、レストランでトイレを利用...
カテゴリー:

オブジェのように飾って置きたくなる!積み重ねるとサボテンに変身するキュートなグラスセット - 04月15日(日)08:00 

毎日使う食器や家庭用品だからこそ、使い勝手やデザインにこだわりたいですよね♪ 使っていないときでもオブジェみたいに飾って置きたくなる、かわいいグラスセットをご紹介します! パーティーにもぴったり!飾れるグラスセット 6個のグラスを重ねて置くと、キュートなサボテンに大変身する「Saguaro(サグアロ)」。   DOIYさん(@doiydesign)がシェアした投稿 - 2017年 7月月26日午後11時03分PDT 美しい自然を彷彿させる、爽やかなグリーンカラーのグラスセットなのです!   DOIYさん(@doiydesign)がシェアした投稿 - 2017年11月月14日午前2時32分PST こちらのグラスセット「Hestia(ヘスティア)」は、積み重ねるとギリシャ神殿の柱になっちゃいます。   DOIYさん(@doiydesign)がシェアした投稿 - 2018年 2月月22日午前2時13分PST ギリシャ神話の「炉の女神」から名付けられている「ヘスティア」シリーズは、古代ギリシャの彫刻や建築物をモチーフにしているのだそう。   DOIYさん(@doiydesign)がシェアした投稿 - 2018年 2月月26日午前1時17分PST コップやプレート、栓抜きにロウソクなど、様々なキッチングッズがずらり...more
カテゴリー:

【河野太郎】「河野太郎外相」専用機、財務省からNG 1機80億円に難色 - 04月03日(火)14:52  seijinewsplus

 ギリシャ神話のイカロスから20世紀のライト兄弟に至るまで、人類にとって“空を飛ぶ”ことは長年の夢であり続けた。翻って東京は霞が関。河野太郎外相(55)もまた“飛ぶ”ことへのこだわりを捨てきれないでいる。  外務省担当記者の話。 「3月、就任200日を迎えた河野さんは訪問した国・地域が35。前任の岸田大臣は5年で50カ国・地域でしたから、河野さんの積極外交は歴代でも稀なのがよく分かります」  あまりの出張の多さに、 「外遊予算が足りないと省内で話題になっています。副大臣や政務官らと共にビジネスクラスに乗る秘...
»続きを読む
カテゴリー:

貴重なビンテージ作品登場!写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」【Art Gallery M84】 - 04月19日(木)09:00 

Jean Cocteau / The eternal return © Photo by Laure Albin-Guillot / G.I.P.Tokyo歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は、写真展ジャン・コクトー「オルフェの遺言」「悲恋」を開催中だ。今回の作品展は、Art Gallery M84の第71回目の展示として実施する企画展。フランスを代表する芸術家(詩人、小説家、劇作家、評論家としても著名)で画家、映画監督、脚本家としての活動も行ったコクトーに関わる写真作品を楽しめる。今回、貴重なビンテージプリントを含む「オルフェの遺言」「悲恋」の作品、約36点を展示している。「オルフェの遺言」は、コクトー芸術の創作力、コクトーのマジックを身近に体験しコクトーの幻想映像による写真作品だ。ピカソの紹介で交友が始まった写真家ルシアン・クレイグが撮影クルーの一員として加わり、40日以上も続いた南フランスでの撮影で、コクトーが撮影場面を自由に撮らせた。「悲恋」は、女性写真家ロール・アルバン=ギーヨが撮影した当時のプリント作品。フランスの30年代から40年代にかけて華々しくプロフェショナルな写真活動で有名な写真家であり、2013年パリのジュ・ド・ポーム美術館で大規模な回顧展で評価が蘇った。■映画「オルフェの遺言」と映画「悲恋」映画「オルフェの遺言」は...more
カテゴリー:

新入社員諸君へ! -Vol.1- 「雑談力を鍛えよう」 - 04月10日(火)06:00 

ビジネスには、雑談力が求められる。雑談といってバカにしちゃいけない。時には、あなた自身の武器にも、魅力にも、アピールポイントにもなり得るからだ。自然や建築物、文化、人名、経済……。多岐に及ぶ話題をおさえておくことは、あなたの知識になり必ず活きる時がくるはず。思わぬところで、得意先と意気投合してビジネスに直結することもあるだろう。逆に、知らないと無知を露呈してしまうことにもなりかねない。普遍的な要素を内包している雑談は、相手の年齢を問わずにできるコミュニケーションメソッドとも言える。まずは、世界三大河川や世界三大スープなど3つの事象モノ。この手の雑談を耳にする機会は数え切れない。僕個人の体験を振りかえると、この雑談を糸口にしてビジネスが速やかに運んだり、会食の席で意気投合したこともあるほど。雑談はある意味では芸。そう、芸は身を助けるのである。自分の中にコンテンツを増やすことを常日頃から心がけてみよう。世界三大河川「アマゾン川・ナイル川・ミシシッピ川」これは基本中の基本だろう。世界三大夜景「香港・ナポリ・函館」これも、王道で語られることが多い。しかしながら、新世界三大夜景も登場。それが、「香港・モナコ・長崎」だ。いずれにしても香港が圧倒的に強し。世界三大がっかり名所「シンガポールのマーライオン・ブリュッセルの小便小僧・コペンハーゲンの人魚姫」旅人の間では、結...more
カテゴリー:

「ギリシャ神話」の画像

もっと見る

「ギリシャ神話」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT ギリシア神話...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる