「ギャグ漫画」とは?

関連ニュース

アニメ「魔法少女 俺」に豊永利行、遊佐浩二、森久保祥太郎! 追加キャストが明らかに!! - 01月18日(木)19:00 

アニメ「魔法少女 俺」が2018年春に放送開始を予定。放送に向けて、豊永利行、遊佐浩二、森久保祥太郎ら追加キャストが発表された。 【写真を見る】本当はこうなるはずだった!?/(C)毛魂一直線・ふゅーじょんぷろだくと/魔法少女俺製作委員会 「魔法少女 俺」は、原作・毛魂一直線によるギャグ漫画。駆け出しアイドルユニット・マジカルツインで日夜、芸能活動に励んでいる卯野さきはある日、「大切な人を守りたい」と願い、魔法少女へと変身する。だが、その姿はなぜか“男の魔法少女”だった。 キャストに関しては、変身後のさき役・石川界人、変身後の桜世(さきの親友)役・羽多野渉、変身前のさき役・大橋彩香、変身前の桜世役・三澤紗千香がすでに明らかになっている。 さきが憧れる、トップアイドルの御翔桃拾役に豊永利行、桃拾とアイドルユニット・STAR☆PRINCEを組む兵衛役は遊佐浩二に決定。また、さき&桜世のマネージャー・矢茂小波を森久保祥太郎、さきの母・卯野さよりを久川綾、さきたちと魔法少女契約を結ぶマスコット・ココロちゃんを一条和矢が演じることになった。 なお、ティザーPVが公開されており、そこでココロちゃんの声を聞くことができる。(ザテレビジョン) 【関連記事】 ・立花理香、寿 美菜子、愛美らが登場! 女性声優が出演するラジオ番組 「My Girl meets Aこえ」2回目は、1月20日に放送!! ・...more
カテゴリー:

ジャンプ史上最強の「ツッコミキャラ」ランキング - 01月18日(木)11:30 

ギャグ漫画に欠かせない「ツッコミ役」。人気少年漫画誌であるジャンプではこれまでに数多くのギャグ漫画が連載されており、それに伴い魅力的な「ツッコミ役」が数多く生み出されてきました。 そこで今回は「ジャンプ最強のツッコみキャラクター」をアンケート、ランキングにしてみました。 ジャンプで1番の「ツッコミ役」とは、一体どの作品のどのキャラクターだったのでしょうか? 1位 志村新八 2位 斉木楠雄 3位 ウソップ ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『銀魂』の「志村新八」! 眼鏡を掛けた地味な青年のような外見の、『銀魂』の「志村新八」が堂々の1位に輝きました。 基本的に他の登場人物が総じてボケ側であり、彼がいないだけで展開がズルズルとボケ倒しになる事もしばしば。 アイドルオタクである点以外は基本的に地味な青年そのもの。「本体は眼鏡」というのが通説で、眼鏡以外の部分は「眼鏡掛け器」というのが一般的な認識のようです。 2位は『斉木楠雄のΨ難』の「斉木楠雄」! 全部モノローグでツッコむ、『斉木楠雄のΨ難』の「斉木楠雄」が2位を獲得しました。 そもそも劇中で口を使って喋っている描写がなく、すべてのセリフがモノローグ枠である事からツッコミもすべてテレパシーなどの超能力で行われている可能性があります。 3位は『ONE PIECE』の「ウソップ」! ツッコミ役なのか疑わしい、『ONE...more
カテゴリー:

『マジンガーZ』は男の子の夢を具現化した乗りもの! - 01月16日(火)10:45 

今なお世界中で愛され続ける伝説の作品が、45年の時を経て復活!1972年にスタートしたロボットアニメの“原点”にして“頂点”とも言われる『マジンガーZ』。その正統後継であり、完全新作のアニメ『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』がいよいよ1月13日より全国劇場にて公開される。その公開を記念して“アニメソングの帝王”“アニキ”こと水木一郎による『マジンガーZ』『グレートマジンガー』の主題歌スペシャルライブと、大のマジンガーファンとして知られるタレントの関根勤、田名部生来、水木一郎によるアニマックス×キッズステーション共同特番『劇場版 マジンガーZ / INFINITY劇場公開記念 「マジンガーZ これを観れば10倍楽しめるZ!」』が放送。番組内でたっぷり“マジンガー愛”を語った関根勤、田名部生来、水木一郎の3名が、収録後、インタビューに答えた。『マジンガーZ』の魅力は“フォルム”永井豪によるギャグ漫画『ハレンチ学園』以来、永井の大ファンだった関根は、初めて買ったレコードが『マジンガーZ』だったという。「とにかく曲が好きだったんですよ! 普通のレコードは歌手を思い出しますが、アニメソングの場合は、水木さんも浮かんでくるし、自分の好きな回の映像も浮かんでくる。自分が(主人公の)兜甲児になったような気分にもなれる。すごくマルチに楽しめるんです」。『マジンガーZ』にもっとも惹かれるの...more
カテゴリー:

「おそ松さん 第2期」第15話の先行カットが到着!開かないびんのふた、6人が協力した結果は…!? - 01月15日(月)12:00 

テレビアニメ「おそ松さん」より、第15話「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」ほかの先行カットとあらすじが到着しました。 第15話「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」ほか / (C)赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会 <第15話「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」ほか あらすじ>一松が手に取ったびんのふたが全く開かない。6人で協力した結果…。[脚本:松原秀、絵コンテ:金森陽子、演出:井ノ川慎太郎、作画監督:藤田正幸・柳瀬譲司・神戸環] 第15話「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」ほか は、1月15日(月・祝)25時35分のテレビ東京・テレビ愛知を皮切りに、テレビ北海道・テレビ大阪・AT-X・BSジャパンで放送。また、最新配信となるあにてれ・dTVの他、各配信サービスで配信されます。 テレビアニメ「おそ松さん」は、赤塚不二夫さんの名作ギャグ漫画「おそ松くん」を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描いた作品。2015年10月から2016年3月まで放送された第1期は、2016年度流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象ともいえる大ヒットに。放送から1年経った現在も、多岐に渡る商品化はもちろん、コンビニやJRAなどの大型コラボ、ゲームアプリや舞台化など多彩な展開が続いています。(WebNewtype) 【関連記事】 ・「...more
カテゴリー:

小林よしのり氏「河原乞食の吉本芸人風情がワイドショーで善人ぶって未熟な知識で政治語るな」 - 01月14日(日)14:35  news

2018/01/14 坂田超えが必要だ アホの坂田は飽きないし、ネタ以前のアホの真髄を極めた人間の可笑しさだ。 これは一代限りの芸で、誰も越えられない。 生身の人間でアホの坂田を超える芸人は出て来ないだろうから、 わしが漫画で坂田超えをしたいと思っている。 だからわしはギャグ漫画を描き続けなければならない。 最近、よしもとは芸人を抱えすぎて、活躍の場が足りなくなったのか、 ワイドショーのコメンテーターに売り込んだり、 政治評論家にしようとしたり、場を広げるのに躍起になっている。 もともと頭が悪いから...
»続きを読む
カテゴリー:

自分が最低だと思え。僕らを育ててくれた「漫画家」の名言まとめ - 01月18日(木)16:12 

子どもの頃は、毎日が新鮮で楽しかったはずなのに、大人って何でこんなにつまらないんだろう…。 そんな心の栄養が不足している皆さん、子ども時代の自分をワクワクさせてくれたり、成長させてくれたりした漫画のことをもう一度思い出してみませんか? 今回は「子ども時代に大好きだった漫画家の名言集」を独断と偏見でまとめさせていただきました! まずは『ゲゲゲの鬼太郎』でおなじみ、水木しげる先生の名言。戦争で片腕を失い、40歳になるまで売れなかったそうですが、それでもポジティブさを失わなかったのは、やはり「しないではいられないこと」があったからでしょう。 しないではいられないことを、 し続けなさい。#水木しげる — 漫画界の偉人・名言bot (@manga_ijin) 2018年1月17日 『アンパンマン』の産みの親、やなせたかし先生の名言。確かに、いいことばかりの毎日だったら、アンパンマンだって元気がなくなるし退屈しますよね。 無菌室で育った人間は、表に出たとたんに死んでしまう。バイキンと戦うことで免疫ができるしちょうどいいバランスで、バイキンと戦えている状態が健康なんですね。(作者/やなせたかし) — アンパンマン名言 (@anpanman_gengo) 2018年1月10日 『天才バカボン』『おそ松くん』などで知られる赤塚不二夫先生の名言。「酒と女性が大好きな陽気なおじさん」に見えますが、間...more
カテゴリー:

完璧すぎる劇中再現ー『スカイリム』に「ポプテピピック」パロディ逆輸入MODが誕生 - 01月18日(木)07:30 

アニメ放送も行われている大川ぶくぶ氏の4コマギャグ漫画「ポプテピピック」。同作に登場する『スカイリム』のパロディを逆輸入したファンメイドMODが誕生しました。
カテゴリー:

『おそ松』第15話、場面写真8枚公開! びんを手に持ち、一松は何を思う… - 01月15日(月)18:30 

 チョロ松が“クソダサい”茶髪デビューするという「チョロ松事変」で新年一発目を飾り、ネットをざわつかせた『おそ松さん』。本日放送の第15話では、「びん」「カラ松タクシー」「トッティクイズ」などのエピソードを放送する。【写真】『おそ松さん』第15話フォトギャラリー TVアニメ『おそ松さん』は、赤塚不二夫の名作ギャグ漫画『おそ松くん』を原作とし、主人公である6つ子たちがクズでニートというダメな大人になった姿を描く。2015年10月~2016年3月まで第1期が放送され、人気を博し、現在は第2期第2クールを放送中。  放送前に、8枚の場面写真が公開された『おそ松さん』第15話。放送エピソードのひとつ「びん」では、一松が手に取ったびんのふたが全く開かないため、6人で協力するが…というエピソードが描かれる。場面写真ではびんを見つめる一松や、びんを手に持ち、キメキメでポーズを取るカラ松の姿などが公開されている。  また、トド松が某○○生クイズを彷彿とさせる冠を頭にかぶった場面写真なども公開されており、これは「トッティクイズ」の一場面であるだろうと思われる。  公開された場面写真からも、『おそ松さん』らしさ全開の様子が伝わってくる第15話。アニメ『おそ松さん』は、テレビ東京ほかにて毎週月曜25時35分放送。 ■関連記事一松役「福山潤」フォトギャラリーカラ松役「中村悠一」フォトギャラリー舞台『お...more
カテゴリー:

【小林よしのり】もともと頭が悪いから芸人になったはずなのに、ワイドショーや政治評論で、善人ぶってる芸人を見ると、ムカムカする - 01月14日(日)15:04  seijinewsplus

https://www.gosen-dojo.com/index.php?key=jo3r9r0iv-1998 今日中に『おぼっちゃまくん』の作画を終わらせたい。 全何話になるか分からないが、まだまだこれは2本目だ。 コンテは今年になって3本目を描いた。 筆ペンの使い方に段々、慣れてきた。 これからはつけペンから筆ペンに移行したいが、 まだまだ細部の線はつけペンでなければ出せない。 使い始めの筆ペンは細い線も出るのだが、すぐに筆先が 緩んで、細い線が出なくなる。 新しい筆ペンに替えればいいのだが、まだインクが いっぱい残っているのに捨ててしまうのが...
»続きを読む
カテゴリー:

聖帝カレー!? 吉祥寺のカフェゼノンとソラゼノンで『北斗の拳 イチゴ味』とのコラボイベント開催 - 01月09日(火)18:44 

株式会社じぞう屋が運営する東京・吉祥寺の飲食店、カフェゼノンとソラゼノンが、世紀末ギャグ漫画『北斗の拳 イチゴ味』とのコラボイベントを開催する。今年で4回目となるこのイベントは、作品にまつわる展示や物販はもちろんのこと、「聖帝カレー」をはじめとするコラボメニューの数々が目玉となる。 【写真を見る】目玉のコラボメニュー 昨年は2店舗合計で1000食を突破し、店の皿が足りなくなる事件も発生した、この「聖帝カレー」(1080円)が2018年バージョンとしてパワーアップして再登場する。その他、北斗の拳キャラクター達をイメージしたメニューも。各メニューにはイベント限定の缶バッジキーホルダーや、ステッカーなどの豪華おまけ付きだ。ファン必見のこのイベント、仲間を誘って吉祥寺へ行こう。【ウォーカープラス編集部】(東京ウォーカー・末次延蔵) 【関連記事】 ・開店から8年目!吉祥寺の名物カフェ「カフェゼノン」が総来店客数80万人突破フェスティバルを開催 ・吉祥寺「カフェゼノン」が土日限定モーニング!元気で美味しい休日の朝食 ・稀勢の里に贈った「北斗の拳」化粧まわしが吉祥寺で期間限定公開 ・北斗の拳と阪神タイガースがコラボ!ケンシロウ風の金本監督が登場
カテゴリー:

もっと見る

「ギャグ漫画」の画像

もっと見る

「ギャグ漫画」の動画

Wikipedia

ギャグ漫画(ギャグまんが)は、読者を笑わせるギャグ描写を中心として描かれる日本の漫画のこと。コメディ漫画と同一視されてもいるが、現代日本においてコメディはほとんどが健全な笑いのイメージで使われ、またギャグは必ずしも笑顔(心の中だけでも)に誘導することは目的としていない。

歴史

「ポンチ絵」と呼ばれてきた明治期から、漫画という語が定着するようになった大正期の半ばから昭和に入って以降、長く漫画とは政治や世相を風刺して笑えるものという位置付けであった。大人漫画においても子供漫画においても、ギャグのある漫画と断るまでもなく、漫画にとって笑いは不可分な要素であり、笑いのない漫画は存在しなかったのである。

ところが、子供向け漫画において、1960年代の後半頃より笑いの要素をなくした劇画が登場。同時期に赤塚不二夫おそ松くんなど少年誌では笑いに特化した漫画が人気を呼ぶようになった。こうして、1960年代後半から1970年代初めにかけて、漫画が笑いの要素のない劇画とギャグ専門のギャグ漫画に分化。ギャグ漫画というジャンルが成立した。

それまでの漫画の主流であり、依然として笑いと不可分でユーモアやナンセンスの要素を強く持った大人漫画は、青少年向けのストーリー漫画と...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる