「キャリアウーマン」とは?

関連ニュース

上川隆也&山本耕史&ブルゾンちえみ、「ジオストーム」声優を経てキャリアに変化? - 01月20日(土)19:00 

 地球のあらゆる気候をコントロールする人工衛星の暴走が、異常気象と地球規模の大災害を引き起こすディザスター(大災害)超大作「ジオストーム」(公開中)。斬新な設定に加えて、寒波や熱波、地割れ、大洪水、竜巻といったディザスター映画の要素を“全部乗せ”した本作の日本語吹き替え版には、声優経験も豊富な実力派の上川隆也、テレビ・映画・舞台と幅広く活躍する山本耕史、そして昨年文字通り“旋風”を巻き起こしたお笑いタレント・ブルゾンちえみが参加し、個性的なキャラクターたちに命を吹き込んでいる。  上川が演じるのは、宇宙ステーションの生みの親であり、国際的な対策チームのリーダーを任される主人公ジェイク(ジェラルド・バトラー)。「家族や仲間たち、何より自分が作り上げた宇宙ステーションに対する思い入れの強さが印象的なキャラクターですね。クライマックスで迫られる“ある決断”も、潔くて心の中で思わず『あっぱれだな』と。しかも、バトラーさんがカラッと演じているんですよ。その大きな持ち味を、日本語でいかに表現するかが課題でした」と振り返る。  「かぐや姫の物語」「ファインディング・ドリー」などアニメ作品の声優を務めた経験はあるが、実写の吹き替えは初めて。「自分なりの色付けがしやすいアニメに比べると、実写は演じている役者さん、今回であればバトラーさんの演技や感情に“寄り添う”要素が強かった」と明かし、「最優先...more
カテゴリー:

高橋一生、宣伝スタッフの名前を連呼 長澤まさみ、長風呂で汗を拭かずに我慢 - 01月20日(土)14:53 

 映画『嘘を愛する女』の初日舞台あいさつが20日、東京都内で行われ、 出演者の長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督登壇した。  本作は、5年間一緒に暮らしていた恋人の全てが偽りだったことが分かったキャリアウーマンが、真実を探し求めるミステリータッチのラブストーリー。  長澤と高橋は『世界の中心で、愛をさけぶ』以来14年ぶりの共演。高橋が「長澤さんが相手役を務めてくださったのは光栄だと思っております」と語ると、長澤は「引っ張ってくれる人で、撮影をしているときも、宣伝活動をしているときも、頼りになる兄貴でした」と返した。  この日は、映画にちなんで、それぞれが自身について「〇〇を愛する男/女」を発表するコーナーが開催された。  高橋は本作のプロモーション活動を通して男性の宣伝スタッフ「豊澤さん」の情熱に感化されたことを振り返り、「宣伝を愛する男」と発表すると、「大きな宣伝活動は初めてで、豊澤さんに宣伝活動の大事さをたたき込まれ、感銘を受けました」と説明した。  高橋は、その後も熱く宣伝活動の大切さを語り、「豊澤さん」の名前を連呼すると、長澤が「好きなの?」と思わず突っ込んで笑いを誘った。  一方、長澤は「長風呂」と発表し、「長いときは、1時間半入っていました」と明かした。特に「(流れる)汗を拭かずに、落ちてかゆいけど、それでどこまで我慢するのかにはまって...more
カテゴリー:

長澤まさみ、入浴時の奇妙な趣味告白 高橋一生は宣伝活動LOVE! - 01月20日(土)13:34 

 長澤まさみが主演し、高橋一生が共演したラブサスペンス「嘘を愛する女」が1月20日、全国285スクリーンで封切られ、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた初日舞台挨拶に、長澤と高橋をはじめ、共演のDAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、長編映画デビューを飾った中江和仁監督が登壇。長澤は「映画は見た人たちが登場人物を育てていく。(公開初日に)手が離れて終わりなんじゃなくて、見てもらった人たちの思いで完成するんじゃないかと最近は考えています。自信を持って見ていただきたいと思える作品になりました。ぜひ映画館で見ていただけたら嬉しいです」と思いの丈を述べていた。 ・【フォトギャラリー】長澤まさみ&高橋一生、その他の写真はこちら  2015年に開催された「TSUTAYA CREATORS'PROGRAM FILM2015」で初代グランプリに輝いた企画を映画化。キャリアウーマンの川原由加利(長澤)が、運命的な出会いで結ばれた恋人・小出桔平(高橋)がついた大きな嘘に翻ろうされる姿を描いた。DAIGOが公開初日の心境をお馴染みの“DAI語”で「TK(=とても感謝)」と語ると、高橋も続いて「SU」とニッコリ。MCから意味を問われた高橋が「『素晴らしく嬉しい』です」と説明すると、DAIGOは「一生さんが言ってくださって嬉しいです。これで2018年もアルファベット押しでいける(笑)。ありがとうござい...more
カテゴリー:

長澤まさみ、高橋一生めぐり川栄李奈を強烈ビンタ?「気持ちを込めさせてもらった」 - 01月20日(土)12:56 

 女優の長澤まさみ(30)、川栄李奈(22)が20日、映画『嘘を愛する女』の公開初日舞台あいさつに登壇。劇中で長澤は、川栄に強烈なビンタをお見舞しているが、川栄は「うれしかった」と笑顔を見せた。 【写真】水色のロングドレスで登場した川栄李奈  高橋一生(37)のひげを川栄がそるシーンがある。これについて川栄から「うれしいって、おっしゃってましたよね」とバラされた、高橋は「ひげそってもらうなんて人生でない。女性の方にそってもらうのは初めての体験。ゾリゾリされている感じはたまらなかった。いい経験をさせてもらった」とにんまりだった。  一方、長澤は川栄にビンタを食らわせる。川栄は「痛かったです。痛かったですけど、長澤まさみさんにビンタをしていただくという貴重な体験をさせてもらった」と、ご機嫌で「本当に、ありがとうございました。うれしかったです」と満面の笑みだった。ただ、高橋の恋人役だった長澤は「ひげそってうれしい。ひげそられてうれしい。ムキーみたいな。気持ちを込めさせていただきました」と冗談交じりに語り会場を笑わせると、直後に「痛かったと思う。ごめんね」と川栄を気遣っていた。  同作は、新たな才能の発掘を目指し2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM2015』で、応募総数474本の中から初代グランプリを勝ち取った企画を映像化。食品メーカ...more
カテゴリー:

川栄李奈、女優躍進の理由「私、地味なので」 挑戦したいのはサイコパスな役 - 01月20日(土)07:20 

 2015年にAKB48を卒業して以降、映画、ドラマ、舞台、CMと年々、女優としての存在感を増し続けている川栄李奈。そんな彼女が2018年最初の映画として出演するのが『嘘を愛する女』だ。今回は本作で謎のゴスロリ女子大生・心葉(ここは)を演じた川栄が撮影秘話や、自身が大好きだと語るホラー映画に対する偽らざる願望を明かしてくれた。【写真】川栄李奈、『嘘を愛する女』インタビューフォトギャラリー 『嘘を愛する女』は大手食品メーカーに勤めるキャリアウーマン・川原由加利(長澤まさみ)が、同棲中の恋人・小出桔平(高橋一生)の嘘に翻弄されながらも、真実に近づくさまを描くラブストーリー。本作について川栄は「『嘘は人生に必要なのか』と問う映画」と表現。「すごく難しい作品だと思いました。由加利と桔平のラストシーンは、すごく考えさせられます。題名の通り“嘘を愛する女”を素敵だと思う人もいれば、『え〜!』っと驚く人もいるはず」と解説する。 川栄演じる心葉は、高橋扮する桔平に恋するゴスロリ女子大生。「オファーを受けたときに『ゴスロリのストーカーです』って言われて『なんだか面白そう!』って興味津々でした。彼女は、ここぞというときは由加利にもしっかり主張する、強めのストーカーでしたね」と語り、強いインパクトを残すゴスロリ衣装には「重かったです」と笑う。「フリフリのワンピースでボリュームがすごくて、さらにその上にフ...more
カテゴリー:

毎日を楽しむヒケツ。人生ってすごく楽しいステージです - 01月20日(土)17:19 

「私って綺麗なあの子の引き立て役みたい・・・」そんな風に感じたことはありますか?容姿が綺麗だと、性格が明るいと、みんなの中心になれることは事実。でも、あなたの人生の主役はあなただと、毎日意識していますか?世界の中心は「自分」そう、世界の中心はあなたなんです。人生ってちゃんと主役がいて、その主人公は色んな経験を経て、例えば結婚したり、キャリアウーマンとして活躍したりしながら、その人生を謳歌するんですね。その人生をどんなものにするかは「主人公の選択」によります。決して他人に決められるものではありません。それを違う言葉で言い換えるなら、「自分の人生は自分が舵を取って幸福なものにも出来るし、不幸なものにも出来る」ということなんです。「人と比べても意味がない」と知ると楽ちん!自分はどのポジションにいるかを常に他人と比較して決めてはいけません。あなたがいる場所は、先ほどお話ししたように世界の中心です。そこからあなたのストーリーを紡いでいくのがあなたの仕事、役割です。例えば「○○ちゃんは資格もすごい持っているし、顔も可愛いし、幸せなんだろうな・・・それに比べて私は仕事も平凡、彼氏もいないし・・・」というような思考回路は今日で捨てましょう。誰かをうらやんだり、どうせ私は・・・のような考え方は自分を不幸にしかしません。どうせ一回の人生なら、楽しくポジティブに生きる方がオトクです!仕事が平凡でも、学校...more
カテゴリー:

高橋一生、長澤まさみとの共演作公開初日にDAI語で喜びを表現 - 01月20日(土)13:50 

 長澤まさみと高橋一生が、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督とともに、20日に都内で実施された映画『嘘を愛する女』の公開初日舞台挨拶に出席。高橋は初日を迎えた思いをDAIGO独特のアルファベット言葉“DAI語”で「SU」と表現し、長澤は高橋について「頼りになる兄貴でした」と語った。【写真】『嘘を愛する女』公開初日舞台挨拶フォトギャラリー 一流企業に勤める完璧なキャリアウーマンの川原由加利(長澤)が、恋人である小出桔平(高橋)の大きな嘘に翻弄される姿を描く本作。主演の長澤は「今回演じた役っていうのは、今の自分に近い等身大の女性だったと思うんですけど、そういう役と出会えたことが、本当に良かったなと思います」としみじみ。また「キャラクターを作っていくうえでは、たくさん監督から指導いただいてできたと思うので、本当にそれぞれの思いが詰まった良い映画に、良いキャラクターになったんじゃないかなと思っています」と作品の仕上がりに自信をのぞかせた。 イベントでは、DAIGOが公開初日の気持ちを「TK(とても感謝)」と“DAI語”で表現。するとなぜか高橋も“DAI語”を披露する展開になり、高橋は「僕はSUです」と発表。「すばらしくうれしいです」と思いを明かし、「見てくださったお客さんに、何か届いたんじゃないかなと信じられるような、皆さんの迎え入れ方だったので、心から嬉しいなという初日。もう...more
カテゴリー:

高橋一生のヒゲ剃り初体験を川栄李奈が奪う!長澤まさみも「ムキー!」と嫉妬!? - 01月20日(土)13:32 

新たな才能を発掘する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM 2015」グランプリ受賞企画を映画化した『嘘を愛する女』の初日舞台挨拶が1月20日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、長澤まさみ、高橋一生、DAIGO、川栄李奈、吉田鋼太郎、中江和仁監督が登壇。長澤が嫉妬の思いを込めて、川栄をビンタしたことを明かした。 【写真を見る】長澤まさみはウエストチラ見せ!川栄李奈は美脚チラ見せドレスで登場 本作は一流企業に勤めるキャリアウーマンの女性(長澤)が、恋人(高橋)の大きな嘘に翻弄される姿を描く大人のラブストーリー。長澤と高橋が『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、14年ぶりに映画共演を果たした。長澤は「引っ張っていってくれる人。撮影をしていても宣伝活動をしていても頼りになる兄貴でした」と高橋への信頼感を吐露した。 劇中、心葉役の川栄李奈が高橋演じる桔平のヒゲを剃るシーンもあるそう。高橋は「剃っていただきました。女性の方に剃ってもらうなんて初めての体験。自分の(本当の)ヒゲではないとはいえ、ゾリゾリされている感じはたまらなかったですね。いい経験をさせていただきました」とニンマリ。川栄は「私も男性のヒゲを剃るなんて経験はないのでうれしかったです」と照れ臭そうに語っていた。 また川栄は長澤演じる由加利からビンタをされるシーンもあり、「痛かったです!」と激白しつつも、「...more
カテゴリー:

吉田鋼太郎、昨年10月に飼い始めた愛犬のために引っ越し「ものすごくお金が…」 - 01月20日(土)12:35 

 俳優の吉田鋼太郎(59)が20日、映画『嘘を愛する女』の公開初日舞台あいさつに登壇。昨年10月に飼い始めた愛犬のために引っ越すことを明かした。 【写真】長澤まさみ&高橋一生の“恋人ショット”公開  イベントではタイトルにかけ、愛するものをフリップに書いて発表した。吉田が記したのは「犬」。理由を問われると「去年の10月から犬を飼い始めた」と明かした。もともと猫派で、妻からの「犬を飼いたい」という提案を散歩などを理由にして反対していたとう。最終的には賛同して、アルマちゃんを迎え入れて「飼い始めてみると、すごいかわいくて。犬中心の生活をしています」とメロメロだった。  犬種はポーチュギーズ・ウォーター・ドッグで「中型犬の大きい方」という。ただ、そのサイズが原因で大きな問題が…。「マンションの規約を読むと40センチ以上の犬を飼ってはいけないという規則があった。2年前に契約が変わっていたらしく。規約って、よく読まないじゃないですか」と苦笑い。  「結局、家を引っ越さなきゃいけない状況になってしまった」と愛犬が理由で転居が決まるという驚きの事実を明かした。「敷金、礼金とものすごくお金がかかってしまった」と頭をかいたが、アルマちゃんについて話す吉田の目尻は下がりっぱなしだった。  同作は、新たな才能の発掘を目指し2015年に開催された『TSUTAYA CREATORS’ PROGRA...more
カテゴリー:

【長澤まさみと高橋一生in名古屋】「その時出会った相手が大切であればいい」 - 01月20日(土)07:00 

長澤まさみと高橋一生が共演する話題のラブストーリー「嘘を愛する女」が本日公開を迎える。実在する新聞記事に着想を得た嘘のようなホントの話のエピソードを、名古屋に訪れたふたりに語ってもらった。 【写真を見る】共演経験のあるふたりだけに息もぴったり 本作で長澤まさみが演じる由加利は、業界の第一線で活躍するキャリアウーマン。中江監督からのオーダーは「すごく嫌な女性で」だったのだとか。「『嫌な』って言葉の裏には傲慢さや自分本位ということがあったり。協調性のないひとに当てはめられやすい言葉だけど、仕事や生きていく上では悪いことではない。でもそこにおごりもあって、由加利にはそういうところがあると思って演じていました」 そんな彼女が直面する事態は相当ヘビー。5年も同棲し、そろそろ結婚も…と考えていた矢先に、彼がくも膜下出血で倒れ意識は不明。しかもその素性は名前も、職業も全て嘘だったのだから。そんなミステリアスな男、桔平を演じたのが高橋一生。あえて「事前のプランニングはせず、現場で感じた雰囲気を大切にした」と明かし、撮影を「役者の芝居を尊重してくれる贅沢な現場でした」と振り返る。 彼の嘘が判明し、吉田鋼太郎扮する探偵も巻き込みながら桔平が過ごしたと思われる瀬戸内へと舞台を移す。「穏やかな海や広い空も魅力的ですけど、夕焼けの海にたたずむ灯台はとても綺麗でした。劇中にはいろんな灯台が登場するんですけど、...more
カテゴリー:

もっと見る

「キャリアウーマン」の画像

もっと見る

「キャリアウーマン」の動画

Wikipedia

キャリアウーマン(女性長期賃金労働者)とは、専門的な職務遂行能力を生かして長期に仕事に就く(キャリア)女性であり、企業における管理職志向が強いと考えられている。専門分野で就労する女性をこう呼ぶこともある。長期にわたりキャリアを重ねた女性に対して使用された言葉であり、社長夫人が取締役に名を連ねたような勤務実態の無い形では使用されなかった。1970年代頃からよく使われるようになった言葉であるが、現在では女性がキャリアを持つことを特別視する言葉であるためあまり使われなくなった。

キャリアウーマンという考え方

日本の企業は従来より、女性従業員に対しコピーやお茶汲みなどの雑務を任せるなど、女性の仕事は寿退社(結婚による退職)までの花嫁修業と考えられていたが、1980年代に男女雇用機会均等法が制定され、女性に対する労働上の差別をなくすための法改正が行われた。それ以降、さらなるキャリアアップを望み、有能な成績を持つ女性が多く職場社会で長期に雇用されている。オフィスでの事務作業だけでなく、自動車整備士や鉄道運転士などこれまで女性の就労例が少なかった現業職に女性が就くことが増えている。

かつては企業などで男性より優秀な実績を上げている女性が...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる