「キャリア」とは?

関連ニュース

成長企業の人事、採用、評価制度はどう生まれたか——TechCrunch School #11:パネルディスカッション - 10月20日(金)11:08 

9月28日に開催されたイベント「TechCrunch School #11:HR Tech最前線(3) presented by エン・ジャパン」。HR Techをテーマにしたイベントとしては第3弾となる今回は、スタートアップをはじめとする成長企業の人材戦略にフォーカスし、キーノート講演とパネルディスカッションが行われた。この記事では、パネルディスカッションの模様をお伝えする(グロービス・キャピタル・パートナーズの高宮慎一氏が、ベンチャーキャピタリストの立場から、成長企業の組織・人事について語ったキーノート講演のレポートはこちら)。 パネルディスカッションに登壇したのは、サイバーエージェント 取締役 人事統括の曽山哲人氏、メルカリ HRグループの石黒卓弥氏、エン・ジャパン 執行役員 寺田輝之氏の3人。モデレーターはTechCrunch Japan副編集長の岩本有平が務めた。セッションは、登壇する3人が自己紹介も兼ねて、各企業の変遷と人事制度や施策の変化について、紹介するところからスタートした。 写真左からサイバーエージェント 曽山哲人氏、メルカリ 石黒卓弥氏、エン・ジャパン 寺田輝之氏 トップバッターはサイバーエージェントの曽山氏。曽山氏はサイバーエージェントの人事のトップとして10年以上にわたり指揮を執ってきた人物だ。曽山氏からは、サイバーエージェントの業績・事業の変遷と人事制度...more
カテゴリー:

ママ・パパの負担を軽減するお座り型の抱っこひも、BABY&Me(ベビーアンドミー)、Ribbon hakka kids(リボンハッカキッズ)にて販売開始 - 10月20日(金)10:30 

[Baby&Me株式会社] ■BABY&Me(ベビーアンドミー) について ●人間工学に基づいた設計により“真似できない、楽さ”を実現 [画像1: https://prtimes.jp/i/23522/9/resize/d23522-9-328745-5.jpg ] ヒップシートキャリアBABY...
カテゴリー:

中学生、重機やドローン操作を体験 秋田市の道路工事現場 - 10月20日(金)08:51 

 秋田市の豊岩中学校(沢木裕校長、28人)の1年生9人が19日、同市浜田と同市下浜羽川を結ぶ国道7号のバイパス「下浜道路」(6・2キロ)の工事現場を見学した。同校のキャリア教育の一環。生徒は小型無人機…
カテゴリー:

ダニエル・ダリューさん死去 - 10月20日(金)08:40 

ダニエル・ダリューさん(フランスの女優)が17日、仏北部ボワルロワの自宅で死去、100歳だった。30年代から女優として活躍。今世紀に入ってからも活動を続け、女優としてのキャリアは約80年に及んだ。
カテゴリー:

木村拓哉が2018年1月クールでボディーガードに! 井上由美子と13年ぶりの再タッグでシングルファーザー役 - 10月20日(金)06:00 

テレビ朝日系では、木村拓哉が主演を務めるオリジナルドラマ「BG~身辺警護人~(仮)」(2018年1月スタート、毎週木曜夜9:00-9:54)の放送が決定。木村は、武器なしの丸腰で命の盾となるボディーガードを演じる。 【写真を見る】2017年1月クールの「A LIFE」(TBS系)で共演した浅野忠信は、「(木村拓哉は)同じ男として嫉妬してしまうほどの魅力」と語る 脚本は、ドラマ「緊急取調室」シリーズ(2014年ほかテレビ朝日系)、「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」(2014年フジ系)、「GOOD LUCK!!」(2003年TBS系)などを手掛けた井上由美子が担当。木村とは、「エンジン」(2005年フジ系)以来、13年ぶりにタッグを組む。 “民間ボディーガード”という特殊な立場の人々を題材に、警視庁のSPや一癖も二癖もある警備対象者たちなど、さまざまな人々の思惑が交錯する濃密な人間ドラマで、完全オリジナル作品となっている。民間ボディーガードとは、あくまで民間人のため、SPのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持つことはできない。丸腰で依頼者の命の盾となり、常に危険と隣り合わせの“究極のサービス業”だ。 ボディーガード役は初めてという木村が演じるのは、過去の出来事をきっかけにボディーガードの世界から身を引いていた島崎章(しまざきあきら)。民間警備会社に身辺警護課が新設されることを機に、これま...more
カテゴリー:

父は宮沢和史 俳優デビューした宮沢氷魚「憧れは阿部寛」 - 10月20日(金)11:00 

「大好きな作品、しかも、注目される続編でデビューできることは、本当にうれしいです。初めて綾野剛さんにお会いしたときは、あまりの感動で心臓が止まるかと思いました!」 そう語るのは、ドラマ『コウノドリ』(TBS系・金曜22時〜)の第2シリーズで研修医・赤西吾郎を演じる宮沢氷魚(23)。今も伸び続けているという184センチの長身を生かし、モデルとしてキャリアを積んできた。そこへ舞い込んだのが、念願のドラマ出演。 「撮影は楽しいし、演じていて気持ちいい。今まで感じたことのないような高揚感です」(宮沢・以下同) 父は、元『THE BOOM』の宮沢和史。演じる役柄に、父と同じ芸能界に入った自分との共通点を感じているという。 「赤西は、高名な産婦人科医の父と同じ医師の道に進みましたが、産科の専門医になるかどうか決めかねている。まるで自分の分身のようで。僕自身が日々、父に対して抱いている感情を素直に投影すればいいのかなあと思いました。父からは、『失敗するのは当たり前なんだから、堂々と、自信を持ってやれ!』と励まされて。うれしかったですね」 目指したい理想の役者像、夢は? 「阿部寛さんの大ファンなんです。阿部さんが、自分にしかできない役というのを確立されたように、『宮沢氷魚にしか演じられない』と言われるような役者になるのが夢です。そしていつか、得意の英語力を生かして、世界で活躍できるスタ...more
カテゴリー:

ECファッキンWの隠し玉クリス・ジェリコ――フミ斎藤のプロレス読本#115【ECW編エピソード07】 - 10月20日(金)08:51 

 199X年  「クリス・ジェリコって知ってるか?」  ポール・ヘイメンは、どうだ、すげえだろ、エッヘンと胸をはった。かれこれ1年がかりで連絡をとりつづけて、やっとつかまえた“秘密兵器”なのだという。  カナダ・カルガリー出身の25歳で、キャリアは5年。髪はブロンド。カルガリーのレスラーだから、コスチュームはもちろん革のベストとロングタイツ。  ホームリングはいまのところジャパンのインディー系団体。ようするに、WARのリングで闘っているライオン・ハートである。  ECファッキンWが探していたのはロウ・タレントraw talent(才能の原形)。まるっきりのルーキーではなくて、すでに何年かのリング経験を積んでいるプロフェッショナル。  アメリカでの露出はできるだけミニマムで、仕事ができて、グッド・ルッキング。でも、そんなおあつらえ向きのレスラーなんてなかなかいやしない。  ポール・Eは、ジェリコのパブリシティー・フォトをながめてはウキウキしたり、うっとりしたりしていた。  カルガリー・スタイルの最高傑作といえばダイナマイト・キッドと“ヒットマン”ブレット・ハートに決まってる。もちろん、クリス・ベンワーもかなりすごい。  カルガリーから出てくるボーイズはハードワーカーで知られている。みんな、どういうわけかロングタイツに“お星さま”をつけている。  ジェリコはカルガリ...more
カテゴリー:

ヨーロッパ、5年先には一般航空と格安航空の壁は消滅する!? - 10月20日(金)08:44 

 人口5億人を擁するヨーロッパの航空業界は、各国を代表するフラッグキャリアなどの一般航空に加え、30数社の格安航空が利用客の奪い合いで凌ぎを削っている。  燃料となる石油価格の下落が航空料金の価格競争をより激化させており […]
カテゴリー:

人を動かすには人間力と実行力がすべて。東レ経営研究所・元代表取締役にインタビュー - 10月20日(金)08:30 

※2010/11/10掲載記事の再掲です チームを率いるポジションになったときまずは何をすればよいのだろうか? リーダーの仕事はこれまでとはまったく次元の違うもの。そのために不可欠なスキルとそれを鍛えるためのメソッドを聞く。 ●チームを率いるために発信した“10箇条” 入社当時は、上司から「君の将来が心配だ」と言われる劣等生であったにも関わらず、気がつけば、同期の中でも断トツの出世頭となっていた。 代表取締役にまで昇り詰めたキャリアの中で培った仕事論、人生論は複数の書籍にまとめられているが、佐々木氏は自身の躍進の秘訣を「素直さ」だと述懐する。 「私の唯一良かった点は、常に学習する姿勢を持っていたことでしょう。20代のころはミスというミスをほとんどやり尽くし、上司からも怒られてばかりでした。それでも腐らず、素直に反省し、計画的に実践と修正を繰り返すことだけは怠りませんでした。資質というのは人それぞれですが、良い習慣をきちんと実行することで才能は超えられると私は思っているんです」 良い習慣は才能を超える。これは佐々木氏が頻繁に用いるフレーズの一つだ。そしてそれは、チームを率いるようになって以降の佐々木氏自身が、金科玉条として部下に伝えてきたメッセージでもある。 キャリアの中で独自に作り上げ、成長の拠り所としてきた“仕事の進め方10箇条”を、佐々木氏は課長就任時に部下に向け...more
カテゴリー:

木村拓哉、ボディーガード役で1月期ドラマ主演、井上由美子とタッグ - 10月20日(金)06:00 

木村拓哉が、2018年1月からスタートする木曜ドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』(テレビ朝日、毎週木曜21:00~)で主演し、自身初となるボディーガード役を演じることがわかった。これまで検事、パイロット、医師とさまざまな役を演じては、その役柄に息を吹き込み、ドラマだけでなく演じる役までもが大きな話題を呼んできた木村だが、今回は13年ぶりに脚本家・井上由美子とタッグを組み、ボディーガードという役で新境地に挑戦する。井上といえば、『白い巨塔』(2003年フジテレビ)、『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(2014年フジテレビ)、『緊急取調室』シリーズ(2014年~テレビ朝日)などで知られる人間描写の名手。木村の主演作では過去に『GOOD LUCK!!』(2003年TBS)、『エンジン』(2005年フジテレビ)を手がけ、社会現象を巻き起こすほどの反響を呼んだとあって、期待が高まる。本作のタイトルにもなっているBG=ボディーガードという職業は、日本において、警護する職業として一般的によく知られているSP(セキュリティーポリス)。彼らのように拳銃や殺傷能力の高い武器を持てない、あくまでも民間人に過ぎないが、クライアントの依頼は絶対であり、どんな状況でも護らなければならない危険と隣り合わせの職業だ。そんな男たちの熱く、泥臭い戦いの日々が鮮烈に、そしてリアルに描かれる。木村が演じる島崎章(しまざき...more
カテゴリー:

もっと見る

「キャリア」の画像

もっと見る

「キャリア」の動画

Wikipedia

キャリアキャリアーキャリヤー

career carrier 電気・通信

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる