「キャラ立ち」とは?

関連ニュース

マツコとイタリアのマツコが初対面、「神回」と話題に - 07月14日(金)16:00 

7月13日、フジテレビ系バラエティー番組「アウト×デラックス」に“イタリア版マツコ”のプラティネット(62)さんが登場。初めてマツコ・デラックス(44)と対面した。 プラティネットさんは歌手業のかたわら、テレビ・ラジオ司会者としても人気のマルチタレント。女装家で体型も近いことから、マツコも以前から気になってwikipediaで調べていたという。「みんなのニュース」出演のため来日し、その“ついで”ということで破格のギャラでの共演が実現した。 この日は白髪に前髪の一部を緑色に染めたヘアスタイルに、青いワンピースで出演。登場後、突然大きなパルメザンチーズを取り出してかじりだし、マツコたちを驚愕させた。あまりのキャラ立ちぶりにマツコは「丸腰では来ないのね」とタジタジ。 山里亮太(40)が「ジブリの映画に出てませんでしたか?」とツッコむと、視聴者もツイッターで「湯婆婆にしか見えない」「ハウルの荒地の魔女では」と大興奮。ボディランゲージで下ネタを繰り出すなど、言葉の壁を超えて盛り上がる2人に「見てるだけで幸せになる」「勢いありすぎてチャンネル変えられない」「芸人より面白い」と反響が飛び交った。 その後、プラティネットさんはマツコに「世界中を笑顔にするために私たちの仕事があるのよ」「今、私たちは変に見られるけどこの先そんなことは...more
カテゴリー:

吉沢亮インタビュー「モザイクがだいぶ薄くて…」柳楽優弥と笑いを堪えた『銀魂』撮影現場 - 07月12日(水)11:00 

2003年から週刊少年ジャンプで連載され、今も老若男女に愛され続けている空知英秋原作の人気漫画を、福田雄一監督(「勇者ヨシヒコ」シリーズ等)が超豪華キャストで実写化した映画『銀魂』。 本作で、江戸の治安を預かる真選組のドSな一番隊隊長・沖田総悟を演じるのが俳優の吉沢亮だ。キャラクタービジュアルが発表されると、その再現度の高さがたちまち話題になった"歩くイケメン彫刻"こと吉沢に、沖田という人物について、撮影現場での裏話、そして『銀魂』という作品の魅力について語ってもらった。 ■沖田との共通点は「Sなところ(笑)」 ーー原作漫画は、もともとご存知でしたか? 吉沢:もともとジャンプ作品は大好きなんですけど、『銀魂』はジャンプの中でも異彩を放っていたのであえて触れてこなかったんです。出演が決まってから読ませていただきました。 ーー読んでみて、いかがでしたか? 吉沢:すごく面白かったです。小・中学生が大好きそうなくだらない下ネタが満載で(笑)、パロディのようなものも多く、非常に際どいところをついているなと。どの世代の方にも楽しんでいただけるような魅力が詰まった作品だと感じました。 ーー個性的なキャラクターが多い作品ですが、吉沢さんが演じられた沖田はまた異質なキャラクターですね。 吉沢:そうなんです。他のキャラクターは、その場でボケたり突っ込んだりということが多いんです...more
カテゴリー:

「キャラ立ち」の画像

もっと見る

「キャラ立ち」の動画

Wikipedia

キャラ立ち(キャラだち)とは、自らの個性を際立たせ、1つの独立したキャラクターとして他者に認識させることである。キャラクターの確立。印象の強化でもある。この表現は、虚構世界(物語)の登場人物という意味での「キャラクター」にも、現実世界における対人関係のための性格という意味での「キャラクター」にも使用される。

概要

誰が最初に使った言葉かははっきりしないが、1970年代に劇画原作者小池一夫が漫画の方法論として提唱し、「漫画はキャラクターを立てなきゃダメ」と劇画村塾で教えたことによって、漫画業界に広く知られるようになった。

漫画アニメーションにおける登場人物の構造分析、関西を中心とするお笑いタレントによる個性の顕在化を示す語としての使用等から一般化したと思われるが、現在では、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる