「キャラ立ち」とは?

関連ニュース

山田涼介、泣くシーンで苦戦。村上虹郎や寛 一 郎とも共演 - 09月22日(金)17:02 

東野圭吾原作の同名小説をHey!Say!JUMPの山田涼介主演で映画化したファンタジー『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が9月23日(土)から公開される。本作で、共に行動する3人組を演じた山田涼介、村上虹郎、寛 一 郎にインタビュー。廣木隆一監督の現場について話を聞いた。 【写真を見る】門脇麦の熱唱シーンにも話題沸騰/[c]2017「ナミヤ雑貨店の奇蹟」製作委員会 同じ児童養護施設で育った矢口敦也(山田涼介)、小林翔太(村上虹郎)、麻生幸平(寛 一 郎)は、とある理由で女性起業家の家へ盗みに入る。逃走した3人は空き家となっていたナミヤ雑貨店に忍び込むが、32年前に書かれた1通の手紙が突如届き、その手紙に返事を書いたことから奇蹟が生まれていく。 山田は「実質1か月半くらいの撮影期間、ほとんど3人一緒にいました」と2人と顔を見合わせる。「虹郎は当時19歳だったけど、すごく堂々としていました。寛ちゃんは見た目とは裏腹にすごく人見知りで、かわいい弟みたいな印象を受けました」。 村上は「僕は、最初『Hey!Say!JUMPの山田涼介だ!』と思いました」と笑う。「寛ちゃんについては共通の知り合いが多かったので、仲間意識がもともとあって。シャイだと聞いていましたが、寛ちゃんから話してくれてうれしかったです」。 寛 一 郎が「山田くんは、あまりベラベラしゃべるタイプではなくて、いい意味で壁がある人で、徐々にし...more
カテゴリー:

「キャラ立ち」の画像

もっと見る

「キャラ立ち」の動画

Wikipedia

キャラ立ち(キャラだち)とは、自らの個性を際立たせ、1つの独立したキャラクターとして他者に認識させることである。キャラクターの確立。印象の強化でもある。この表現は、虚構世界(物語)の登場人物という意味での「キャラクター」にも、現実世界における対人関係のための性格という意味での「キャラクター」にも使用される。

概要

誰が最初に使った言葉かははっきりしないが、1970年代に劇画原作者小池一夫が漫画の方法論として提唱し、「漫画はキャラクターを立てなきゃダメ」と劇画村塾で教えたことによって、漫画業界に広く知られるようになった。

漫画アニメーションにおける登場人物の構造分析、関西を中心とするお笑いタレントによる個性の顕在化を示す語としての使用等から一般化したと思われるが、現在では、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる