「キャラクター」とは?

関連ニュース

『君の名は。』『進撃の巨人』など 名作サントラはアニメの枠を超える CREA 2017年3月号 - 02月26日(日)08:00 

二次元の世界に奥行きと輪郭を与え、時にキャラクターの心情を語り、時に深い感動を演出し、時に物語のミスリードすらも誘うアニメの劇伴。劇伴作家たちは幅広い音楽的な知識と経験で、実在しない世界の音を紡ぐ。
in English
カテゴリー:

UQモバイル三女で注目! 永野芽郁、映画プロデューサーが人気の秘密を明かす - 02月26日(日)06:50 

 いま話題沸騰中の若手女優・永野芽郁。そのきっかけは、深田恭子、多部未華子と共演したUQ mobileのCMだ。ベテランの2人に並んで圧倒的存在感を放つ女性を目にした人々が、“あの子は誰?”とネットから火がつき、一気に知名度が急上昇。だが、実は彼女、2009年に子役としてデビューして以降、そのキャリアは途切れることなく、今後も主演・出演作が目白押しという超売れっ子なのだ。そんな彼女の魅力はどこにあるのだろうか。【関連】「永野芽郁」フォトギャラリー 現在、永野は3月24日公開の主演映画『ひるなかの流星』を皮切りに、『PARKS パークス』(4月22日公開)、『帝一の國』(4月29日公開)、『ピーチガール』(5月20日公開)、『ミックス。』(2017年秋公開)等の公開が控えており、田舎育ちの女子高生や最強最悪な小悪魔女子高生、美人の卓球選手など、様々なキャラクターにふんする。  「永野さんは『俺物語!!』の演技で、ピュアでありつつしっかりした意思のある少女を絶妙に演じていて魅力的だったので、瀬田なつき監督と一緒にお会いし、リアルな女子高生でありながら、少し現実からもジャンプした世界を演じられる方と確信し、ハル役をお願いしました」と話すのが、『PARKS パークス』の松田広子プロデューサーだ。  また、『ピーチガール』での柏木沙絵役は、原作者が大絶賛!同作の新垣弘隆プロデューサーも、「沙...more
in English
カテゴリー:

激痛快感ホラー『ヘルレイザー 1,2,3 最終盤』発売! 収録された幻のお医者さんピンヘッドとは……? - 02月25日(土)23:30 

なんと心地よい痛みなんだ――。 初心者もマニアもこれを買っときゃ間違いない!今後の書い直しも必要なし!という、特典を山盛り詰め込んだキングレコードの“最終盤”シリーズに『ヘルレイザー』が登場。シリーズの中でも傑作と名高い1~3までが収録されたブルーレイボックス『ヘルレイザー 1,2,3 最終盤』が2/8に発売となった。 『ヘルレイザー』は、究極の快楽をもたらすというパズルボックスを解いてしまった人間が味わう激痛と恐怖を描いた、激しい人体損壊描写のある80年代ホラーの名作。小説家でもあるクライヴ・バーカーが原案・監督・脚本を兼任し、彼が製作総指揮に回った2、3でその独創的な世界が深く掘り下げられた。 近年クライヴ・バーカー自身が『ヘル・レイザー』をセルフリメイクするというニュースも出ており、今のうちに復習(または予習)しておきたい『ヘルレイザー』シリーズ。この最終盤は、2011年発売の『ヘルレイザー1,2,3』から格段に画質が向上した新HDニューマスター版の本編と、予告編以外は全て国内初となる523分にも及ぶ豪華特典映像を収録した。無駄な情報だが523分というと3時間40分の『ベン・ハー』を2回観るより長い。 この特典映像には、今シリーズの不動の人気キャラクター“魔道士・ピンヘッド”の意外な姿が収められているという。それは、未公開版ビデオケースに写真だけが使用され、熱狂的ファンの間...more
in English
カテゴリー:

【話題】やめられない中毒性! 大学生が一番長くプレイしたスマホゲームランキング - 02月25日(土)22:23 

手軽にどこでもプレイできるスマホゲーム。人気ランキングは入れ替わりが激しいですし、一度ダウンロードしてもすぐにやらなくなってしまう場合も多いですよね。 しかし一方で、一度ハマってしまったらなかなか抜け出せず長期間に渡ってプレイしてしまうゲームもあると思います。 今回はそんな中毒性のある、一番長期間に渡ってプレイしたスマホゲームについて大学生のみなさんに聞いてみました。 Q、今までで一番長い月日をかけてプレイしたスマホゲームを教えてください。 1位 LINE:ディズニーツムツム           ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「うがい手洗い、くちゅくちゅぺ」ウチの子、こうしました。 - 02月25日(土)21:30 

(C)赤星ポテ子 こんにちは。現在3歳の息子(タクゾー)を持つ、頑張れない・ゆるママ漫画家の赤星ポテ子です。 寒さが少し和らいできたとはいえ、まだまだ風邪やインフルエンザがはやっているこの時期。 感染予防のために、うがい・手洗いを教えたいのに苦戦して悩んでいるママも多いのではないでしょうか? いつの間にか簡単に出来ていた、うがい・手洗いも、幼い子に習得させるのは一苦労。 今回は、タクゾーがうがい・手洗いがどうやって出来るようになったのか、赤星家の体験を踏まえながらお話したいと思います。 ウチの子、こうしました~手洗い編~ (1)やりやすい環境を整えてあげる 大人もそうですが使いにくい物や環境は、やる気がなくなり毎日の習慣化させにくくなります。 子どものやる気を持続させるグッズを使って、手洗いをしやすい環境と道具を整えてあげましょう。 ●踏み台 キッチン・洗面台の高さに合う踏み台を側に置いておきましょう。 タクゾーは最近、手洗い・うがいをするときは自分で踏み台を用意するようになりました。 (C)赤星ポテ子 キッチンの上の棚に隠しているお菓子も見つけるようになり、隠し場所をどこに移すか困っている今日この頃です。 ●泡ハンドソープ 液体タイプの石鹸は、硬すぎて押し出せなかったり、固形石鹸は重くて大きすぎるので、小さいお子さんにとっては使いづらいです。泡タイプのハンドソープや、自動で出て...more
in English
カテゴリー:

バカリズム、次作は原作・脚本・主演すべて担当「できれば避けたかった」 - 02月26日(日)07:00 

 お笑いタレント・バカリズムが4月からスタートする読売テレビ系連続ドラマ『架空OL日記』の原作・脚本・主演を務めることが、わかった。同ドラマはバカリズムが2006年から3年かけて、ネット上にこっそり銀行勤めのOLのフリをしてつづっていたブログの書籍本(小学館文庫刊)をもとにちょっとズボラなOL・升野英知(バカリズム)とその周囲のOLたちで巻き起こるプチ事件や何気ない日常を描く。 【写真】バカリズム別カット  升野のほかには、ジムで腹筋が割れてスタッフに間違われたりする同僚・マキちゃん、天然すぎる後輩・サエちゃん、細かすぎる酒木法子先輩、そして男前な先輩・小峰様など個性的かつ「いそう」なキャラクターが登場。更衣室&休憩室で繰り広げられる上司の愚痴、美容・恋愛トークは、原作を読むと「本当に男性が書いているの?」と思うほど女心を把握していてリアリティたっぷり。  最近でも『黒い十人の女』や『住住』など脚本家として手腕をメキメキ発揮しているが、今回は主演も兼任。「スケジュールが大変だしセリフもたくさん覚えなければいけないので、できれば避けたかったのですが、この世界観を成立させるとなると、自分が演じる以外の方法がないのでとにかく頑張って面白くしようと思います」と意気込み。  「物語自体は、OLさんのほのぼのとした日常を淡々と描いたものなので、共感したりニヤニヤしたりしながら楽しんでも...more
in English
カテゴリー:

【社会】任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵害」「不正競争防止法違反」なのか分析 ★2 - 02月26日(日)02:59 

任天堂は2月24日、マリオなどのキャラクターの衣装を貸し出し、公道を走るカートのレンタル事業を運営する「株式会社マリカー」を、著作権侵害などを理由に、損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。 任天堂は、マリカー社が、客にカートをレンタルする際、「マリオ」などの著名なキャラクターのコスチュームを貸し出したうえ、 そのコスチュームが写った画像や映像を許諾なしに宣伝・営業に利用するなどしていると指摘。 こうした行為が、「不正競争行為および著作権侵害行為にあたる」と主張している。 一方で、マリカーは「複数の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

直木賞作家・森絵都さんに聞く10代におすすめしたい本とは? - 02月25日(土)23:05 

出版業界の最重要人物にフォーカスする『ベストセラーズインタビュー』。第87回に登場するのは作家・森絵都さんです。森さんの最新長編小説『みかづき』(集英社刊)は、「2017年本屋大賞」にもノミネート(発表は4月11日)されており、「王様のブランチブックアワード2016大賞」を受賞、評論家や作家、各メディアから絶賛の声が上がった感動巨編。昭和から平成の塾業界を舞台に、親子三代が奮闘を続ける、家族と教育をめぐる物語です。どんな世代でも必ず心を打つ風景が出てくる本作について、森さんにお話を伺いました。今回は最終回となる後編です。・前編はこちらから・中編はこちらから(インタビュー・記事/金井元貴)■森絵都さんが薦める「10代のうちに読んでおくといい本」――本作に限らず、森さんの小説を読むと強く感じるのですが、登場人物に感情移入しやすいと思うのですが、それは何故なのでしょうか。森:私も書いていて、(キャラクターに)感情移入しているところがあります(笑)。作中人物のせりふも、その立場に立ったつもりで書いているのが大きいのかもしれません。でも、その一方で人物を客観的に見る視点も持っていますね。――特に少年や少女の心の機微は毎回心を打たれます。森:でも、最近はちょっと描き方が違ってきていますね。デビューした頃はまだ20代半ばだったから、わりと肌感覚で10代の頃の心の動きを描けていたのですが、今はお母...more
in English
カテゴリー:

【社会】任天堂が「マリカー」提訴、本当に「著作権侵害」「不正競争防止法違反」なのか分析 - 02月25日(土)22:06 

任天堂は2月24日、マリオなどのキャラクターの衣装を貸し出し、公道を走るカートのレンタル事業を運営する「株式会社マリカー」を、著作権侵害などを理由に、損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。 任天堂は、マリカー社が、客にカートをレンタルする際、「マリオ」などの著名なキャラクターのコスチュームを貸し出したうえ、 そのコスチュームが写った画像や映像を許諾なしに宣伝・営業に利用するなどしていると指摘。 こうした行為が、「不正競争行為および著作権侵害行為にあたる」と主張している。 一方で、マリカーは「複数の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

恒例の京大「折田先生像」、今年はコウメ太夫になる 注意書き「どうか土曜日は破綻しないでください」 - 02月25日(土)21:00 

 国公立大学の2次試験が始まった2月25日、京都大学に毎年恒例の名物「折田先生像」が出現。今年はお笑い芸人の「コウメ太夫」の姿となっています。昨年はかわいらしい「カービィ」だったのに……チクショー! 【「京都太夫」を名乗る謎の告示】  折田先生像は、もともと京大構内に1997年まで設置されていた像で、旧制三高(現京大)の初代校長・折田彦市氏の功績をたたえる銅像。この銅像は学生による派手な落書きやいたずらの対象として有名で、銅像の撤去後も現在までさまざまな見た目のハリボテの像が「折田先生像」として設置されてきました。  今回の「コウメ太夫」は口を大きく開けて「チクショー!」と叫ぶ瞬間をとらえたような造形で、大きく見開いた目などが夜に見ると恐怖を覚えそうなインパクトです。一緒に置かれた注意書きの看板には「チャンチャカチャンな学風を築くために多大な功績を残した人です」「どうか土曜日は破綻しないでください」とネタを盛り込んだ内容が書かれ、名義には謹慎中の「狩野英孝」の名前が。  他にも注意書き看板の裏に「アイドルマスターシンデレラガールズ」のキャラクター・島村卯月が貼られていたり、その隣に京都大学ではなく“京都太夫”からの「告示」看板があったり、像の名前が「川田先生像」になっていたりと、いつも通りなカオス具合のようでした。  京大では折田先生像以外にも、こちらも恒例となりつつあるアニメ看板...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「キャラクター」の画像

もっと見る

「キャラクター」の動画

Wikipedia

キャラクターは、小説漫画映画アニメコンピュータゲームなどのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。

概説

人間動物のような生物や、生物を模したロボットに限らず、さまざまな道具、時には生物の器官、星や元素、さらには感情自然国家など、ありとあらゆる概念擬人化デフォルメを介する...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる