「キャッシュカード」とは?

関連ニュース

浜名湖切断2遺体で死刑=強殺罪など34歳男判決-静岡地裁 - 02月23日(金)13:42 

 浜松市の浜名湖で男性2人の切断遺体や骨が見つかった事件で、強盗殺人や死体遺棄などの罪に問われた宅地建物取引士川崎竜弥被告(34)の裁判員裁判の判決が23日、静岡地裁であった。佐藤正信裁判長は求刑通り死刑を言い渡した。 検察側は論告で、川崎被告の実家で押収された台車と軽トラックの荷台に被害者2人の血が付着していたことなどから、被告が犯人と主張。被害者を財産目的や口封じのために殺害したと指摘した。弁護側は、被告は金に困っておらず、2人とトラブルもなかったとして無罪を訴えた。川崎被告は一貫して「黙秘」と述べていた。 起訴状によると、川崎被告は2016年1月29日ごろ、元同僚の無職須藤敦司さん=当時(62)=を殺害して遺体を焼き、キャッシュカードなどを奪った上、須藤さんのマンション所有権を自分名義に変更。同年7月5日ごろ、北海道美唄市出身の工員出町優人さん=同(32)=を殺害して遺体を切断し、いずれも浜名湖周辺に遺棄したとされる。 【時事通信社】
カテゴリー:

還付金手続き名目で詐欺未遂疑い、3人逮捕 - 02月22日(木)21:09 

 還付金の手続きの名目でキャッシュカードなどをだまし取ろうとしたとして、20代の男3人が逮捕されました。
カテゴリー:

ONE PIECE(ワンピース)記念コラボ「オリジナルデザインキャッシュカード・デビットカード」の取扱開始について - 02月16日(金)14:20 

[株式会社ふくおかフィナンシャルグループ] [画像1: https://prtimes.jp/i/29076/20/resize/d29076-20-970548-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/29076/20/resize/d29076-20-385770-1.jpg ] ■期間  平成30年4月2日(月)~平成30年5月31日(木) ...
カテゴリー:

ATMでカード磁気データ修復 香川銀が順次導入 - 02月15日(木)09:45 

香川銀行は、磁気データが読み取れなくなったICキャッシュカードを現金自動預払機(ATM)で修復するサービスを14日始めた。
カテゴリー:

金融庁職員装いカード詐取 20歳の男逮捕 2/14 15:49更新 - 02月14日(水)15:49 

金融庁の職員などを装って電話をかけ、高齢の女性からキャッシュカードを詐取したとして、詐欺グループメンバーの20歳の男が逮捕された。警視庁は、他にも去年8月以降、都内を中心に約20人からカードを詐取し、1000万円ほどを引き出したとみて捜査。
カテゴリー:

仕事の失敗を自腹で立て替え借金150万…30代会社員の泥沼生活 - 02月23日(金)08:34 

 借金を巡る状況に変化が起きている。「カードローン」の人気が爆発、ネットで手続きが完結する借り方も浸透し、こっそり摘まむ人は後を絶たないのだ。しかし、いくらラクに借りられても、ハマれば待っているのは泥沼。果たして、隠れ借金リーマンはどのような生活を送っているのか? ここでは、のっぴきならない理由で借金を背負った男のシリアスな日常を紹介する。 ◆仕事での失敗を自腹借金で補う …林智也さん(仮名・30歳・独身・残債150万円) 「会社の同僚はみんなマジメだから、借金があるなんて口が裂けても言えません」と話すのは、イベント運営会社で働く林さん。現在、クレジットカードや消費者金融に約150万円の借金がある。 「仕事柄、結構な額の経費を立て替えたり打ち上げ代をもったりするんですが、担当イベントが赤字だと経費精算をしづらいんです。以前、赤字イベントの精算をしようとしたら、上司に『こんな赤字なのにふざけんな』と泣くほど説教されたのがトラウマで……。仕方なく借りて自腹で補ったんです」  手取り給料は月28万円。「もともと貯金をする習慣がなくて、カネを使うときは全部カードだった」という暮らしに急な出費が重なり、3枚あったカード限度額は瞬く間に満杯に。延滞が続いた末に支払い方法をリボ払いに変更。ついには消費者金融にも手を出した。 「今は月の支払いが8万円ほど。メシ代ももったいないので『悩み...more
カテゴリー:

【住吉会系】強盗で奪った金の取り分巡りトラブル? 組関係者2人、殺人容疑で逮捕状 - 02月17日(土)06:39  newsplus

 東京都港区の指定暴力団住吉会系の組事務所で昨年12月、男性(54)が死亡しているのが見つかり、警視庁は、男性を殺害したとして暴力団関係者2人について殺人容疑で逮捕状を取った。2人は別の事件で逮捕、起訴されており、18日にも再逮捕する。捜査関係者への取材でわかった。  捜査関係者によると、2人は本田千福(52)と佐々木寿夫(44)の両容疑者。昨年12月中旬ごろ、埼玉県内の路上や走行中の車内で、男性を殴るなどして殺害した疑いがある。  2人は同月12~13日、埼玉県内の貴金属買い取り店で男性店...
»続きを読む
カテゴリー:

カード詐取事件で無罪主張 「人民新聞」の代表取締役 - 02月16日(金)12:48 

他人が使う目的を隠し、銀行からキャッシュカードをだまし取ったとして、詐欺罪に問われた「人民新聞」(大阪府茨木市)の...
カテゴリー:

警官名乗る詐欺続発 浦添と糸満、計280万円被害 - 02月15日(木)06:30 

 浦添署は14日、浦添市に住む70代女性が警察官や官公庁職員などを名乗る男からキャッシュカード1枚をだまし取られ、口座から現金約80万円が引き出される窃盗(詐欺盗)の発生を発表した。糸満署も同日、同様の手口で糸満市の70代女性が約200万円が引き出される被害があったと発表した。浦添署には13日、...
カテゴリー:

警察官など装い80代女性からキャッシュカード詐取の疑い、男逮捕 - 02月14日(水)13:31 

 警視庁の警察官などを装い、80代の女性からキャッシュカード1枚をだまし取ったとして、詐欺グループの男が警視庁に逮捕されました。
カテゴリー:

もっと見る

「キャッシュカード」の画像

もっと見る

「キャッシュカード」の動画

Wikipedia

キャッシュカード()、またはATMカード(ATM card)、バンクカード(Bank card)は、金融機関が口座開設者に発行するカードで、ATMを操作する際の本人確認に供する。幅広く普及した磁気ストライプカードと、安全性を高めたICカードがある。

歴史

電算化が行われる以前より、日本においては預金通帳を介した取引が行われ、預金払戻しの意思確認は届出印の捺印に拠っているが、勘定処理の電算化、オンライン化により、口座開設者が自ら現金自動支払機 (CD) を操作して預金の引出を行う装置が可能になり、その際に認証に用いる媒体として預金通帳と届出印に代えてキャッシュカードと暗証取引が登場した。最初期のキャッシュカードは、カードに鑽孔した、パンチカードに近いものであった。1960年代以降、磁気ストライプカード挿入と4桁の暗証番号の打鍵で認証を行う方式は、現在もっとも普及している。取引内容も当初の預金払戻しに加えて、預入、振込、定期預金の預入、宝くじ購入など範囲が広がってきた。

一方で、犯罪に用いられる技術も高度になり、第三者がスキミングで偽造カードを作出して、預...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる