「キャッシュカード」とは?

関連ニュース

【銀行】りそな、70歳以上のカード振り込みに制限 詐欺対策 一定額以上で画面で窓口誘導 - 12月11日(月)23:52  newsplus

りそなホールディングス(HD)は来年1月20日から、70歳以上の顧客を対象に、現金自動出入機(ATM)でのキャッシュカードを使った振り込みを制限する。振り込め詐欺対策の一環。同様の動きは地方銀行などにあるが、大手行では初。りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行の顧客のうち、70歳以上で、過去3年間、ATMからキャッシュカードで振り込んだことがない人が対象。  一定額以上を振り込もうとすると、画面に窓口に行くよう案内が出る。行員が対応し、詐欺でないことが確認できれば制限を解除する。制限の対象と...
»続きを読む
カテゴリー:

北九州銀行:北九州市内9カ所にATM新設 - 12月08日(金)20:04 

 北九州銀行(北九州市)は8日、同市内のスーパーなど商業施設9カ所に店舗外現金自動受払機(ATM)を新設すると発表した。キャッシュカードなしで指認証だけでも利用できるATMで、今月12日から来年2月にかけて順次設置する。店舗空白地域に設置することで、顧客の利便性を向上させる狙い。
カテゴリー:

エボラブルアジア、セブン銀行と協業 日本在住外国人に国内・海外航空券販売 - 12月05日(火)22:12 

エボラブルアジアは、セブン銀行と協業し、日本在住の外国人に対して多言語で国内・海外航空券の販売を開始する。 利用者の約6割が日本在住外国人であるスマートフォン・タブレット向けアプリ「SEVEN BANK Money Transfer」に多言語の航空券販売サイトのリンクを設置する。利用者の多くはクレジットカードを所有せず、セブン銀行が発行するデビットカードを利用している。デビットカード決済にも対応した航空券販売サービスを多言語で提供することで、利便性の向上を見込む。 セブン銀行は全国各地に23,000台以上のATMを設置し、利用できる提携金融機関は600社以上に及ぶ。海外で発行したクレジットカードやキャッシュカードによる日本円の引き出しなどもできる。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

【座間9遺体】「金目当て」動機に疑問 若い女性説明つかず - 11月19日(日)23:34  newsplus

神奈川県座間市のアパートから9人の遺体が見つかった事件で警視庁捜査1課は20日、死体遺棄容疑で逮捕した白石隆浩容疑者(27)を殺人容疑で再逮捕する。捜査関係者によると、白石容疑者は「金目当てだった」などと供述しているという。だが、多額の現金を所持しているとは考えにくい若い女性ばかりが標的にされた点など「動機は釈然としない」(捜査幹部)。捜査1課は20日以降、一連の事件の全容解明を本格化させる。  ■不可解な動機  白石容疑者は当初、「金目的だった。楽して生活したかった」と供述した。実際に最初の...
»続きを読む
カテゴリー:

イオン銀行が「指紋+静脈」の認証サービスを開始! イオン銀行のATMなら、キャッシュカードや通帳が なくても、入出金や振込などの銀行取引ができる! - クレジットカードおすすめ最新ニュース - 12月10日(日)11:00 

イオン銀行が、「指紋+静脈」の生体認証サービスを始めたことで、イオン銀行ATMでの取引時にキャッシュカードや預金通帳、暗証番号などが不要に! さらに、いまなら、指紋認証システムに登録すると、携帯クリーナーとクリアファイルのセットがプレゼントされるほか、Webアンケート回答すると、500 WAONポイントを獲得できるキャンペーンも実施中! そのほか、イオンで最も得するクレジットカード「イオンカードセレクト」も紹介!
カテゴリー:

偽の警察手帳使いカード盗んだ疑い 17歳少年逮捕 - 12月06日(水)15:01 

偽の警察手帳を示して警察官を装い、埼玉県の69歳の男性のキャッシュカードを盗んだとして17歳の少年が逮捕されました。
カテゴリー:

「タカシマヤプラチナデビットカード」が発行開始! プラチナカードなのに審査不要で申し込めるうえに、 高島屋では最大10%分のポイントが貯まってお得! - クレジットカードおすすめ最新ニュース - 12月02日(土)11:00 

高島屋で最大10%分のタカシマヤポイントを獲得できるデビットカード「タカシマヤプラチナデビットカード」が登場! 「タカシマヤプラチナデビットカード」は、ソニー銀行のVisaデビット付きキャッシュカード「Sony Bank WALLET」と高島屋の優待サービスが一体になったカードで、プラチナカードにもかかわらず審査不要で申し込める! そのほか、「タカシマヤプラチナデビットカード」に付帯する、お得な特典も解説!
カテゴリー:

【社会】「1年前に廃屋で死体らしきものを見た」。白骨遺体の発見を通報した男を逮捕。岐阜県中津川市 - 11月15日(水)10:53  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171115-00005389-gifuweb-l21 ◆遺体男性名義で口座開設   岐阜県中津川市で昨年11月、廃屋の押し入れの中の布団袋から白骨化した 男性の遺体が見つかった事件に絡み、男性になりすまして口座を開設したとして、 県警が15日にも、遺体発見を通報した下呂市出身の男(50)=別の事件で服役中=を 詐欺の疑いで逮捕する方針を固めたことが14日、捜査関係者への取材で分かった。 関係者によると、2人は自殺サイトを通じて知り合った可能性がある。 県警は、男が男性の死亡した経緯...
»続きを読む
カテゴリー:

「キャッシュカード」の画像

もっと見る

「キャッシュカード」の動画

Wikipedia

キャッシュカード()、またはATMカード(ATM card)、バンクカード(Bank card)は、金融機関が口座開設者に発行するカードで、ATMを操作する際の本人確認に供する。幅広く普及した磁気ストライプカードと、安全性を高めたICカードがある。

歴史

電算化が行われる以前より、日本においては預金通帳を介した取引が行われ、預金払戻しの意思確認は届出印の捺印に拠っているが、勘定処理の電算化、オンライン化により、口座開設者が自ら現金自動支払機 (CD) を操作して預金の引出を行う装置が可能になり、その際に認証に用いる媒体として預金通帳と届出印に代えてキャッシュカードと暗証取引が登場した。最初期のキャッシュカードは、カードに鑽孔した、パンチカードに近いものであった。1960年代以降、磁気ストライプカード挿入と4桁の暗証番号の打鍵で認証を行う方式は、現在もっとも普及している。取引内容も当初の預金払戻しに加えて、預入、振込、定期預金の預入、宝くじ購入など範囲が広がってきた。

一方で、犯罪に用いられる技術も高度になり、第三者がスキミングで偽造カードを作出して、預...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる