「キャッシュカード」とは?

関連ニュース

ネット銀行、何で選ぶ? 「金利」&「サービス」を紹介 - 04月28日(金)10:40 

 超低金利が続く現状においては、ネット銀行も賢く利用したいものである。そこで今回は、ネット銀行における注目の金利やサービスなど、最新情報をピックアップして紹介する。 知って賢く利用! 主要銀行の最新「ATM引き出し利用手数料」 ■適用金利トップクラスは通常の15倍!  2016年2月に導入されたマイナス金利の影響もあり、昨年の秋ごろまでは、10年を超える満期の国債まで利回りがマイナス状態にあった。日銀の金融政策の効果もあり2017年4月現在では、10年満期の国債の利回りはプラスになっているが、それでも利回りは年0.01%とゼロ近辺で推移している(2017年4月21日現在)。  ネット銀行は、基本的に店舗を持たないことで人件費を抑え、金利やサービスを充実させている。金利面で比較してみると、1年満期の定期預金金利では、住信SBIネット銀行「円定期預金」は0.02%、じぶん銀行「円定期預金」は0.05%、ソニー銀行「円定期預金」は0.05%、イオン銀行「スーパー定期」は0.1%、大和ネクスト銀行「円定期預金」は0.1%などとなっている。  店舗型の一般的な銀行における預金金利も、普通預金金利が年0.001%、定期預金金利が1年満期で年0.01%といった水準である。100万円を1年間預けても、普通預金で10円、定期預金で100円(いずれも20.315%の税引前)しか利息がつかない...more
in English
カテゴリー:

【在日中国人犯罪】男性を泥酔させ現金20万円を盗んだ容疑、中国籍の女ら逮捕 東京・台東区 - 04月23日(日)18:38 

泥酔させた男性のキャッシュカードでATMから現金20万円を引き出して盗んだとして、中国籍の女ら2人が警視庁に逮捕されました。 逮捕されたのは中国籍の呉炎英容疑者(49)ら2人で、先月、東京・台東区のコンビニエンスストアのATMで会社員の男性(58)のキャッシュカードを使い口座から現金20万円を引き出し、盗んだ疑いが持たれています。 呉容疑者らは飲食店で男性に酒を飲ませて泥酔させたうえ、飲食代を支払わせるためATMに連れて行き、犯行に及んだということです。 取り調べに対し、呉容疑者は黙秘している...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

男性を泥酔させ現金盗んだ容疑、中国籍の女ら逮捕 - 04月23日(日)18:02 

 泥酔させた男性のキャッシュカードでATMから現金20万円を引き出して盗んだとして、中国籍の女ら2人が警視庁に逮捕されました。
in English
カテゴリー:

「銀行協会」職員装いカード詐取未遂の疑い、男逮捕 - 04月23日(日)12:07 

 百貨店の社員や「銀行協会」の職員を装い、女性からキャッシュカードをだまし取ろうとしたとして、無職の男が警視庁に逮捕されました。
in English
カテゴリー:

【金融】カードで振り込み、70歳以上は千円まで 茨城県信組、高齢顧客の預金を詐欺被害から守るために - 04月21日(金)23:52 

茨城県信用組合(本店・水戸市)は、高齢顧客の預金をニセ電話詐欺などの被害から守るために、キャッシュカードによるATM利用の振り込みの限度額を千円にする、と発表した。 年齢が70歳以上で、キャッシュカードによるATM振り込みを過去1年以上していない預金者が対象という。 実施は24日からで、提携先金融機関のATMでも制限される。 対象となる口座は個人事業主を含め、3月末で約8万7千あるという。 千円を超すATM振り込みをしたい場合は、平日の営業時間内にキャッシュカードと届け出印、本人確認書類(運...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

百貨店装いカード詐欺、新たな手口に警視庁警戒 - 04月25日(火)11:05 

高齢者らが大手百貨店の店員などを装った人物に銀行のキャッシュカードをだまし取られ、現金を引き出されてしまう被害が東京都内で急増している。警視庁は、おれおれ詐欺など特殊詐欺の新たな手口とみており、注意を呼び掛けている。 「あなた名義のクレジットカードで買い物をした人がいます」。突然に鳴った電話で、有名百貨店の店員を名乗る人物が説明を始める。身に覚えのない内容に驚く被害者。動揺を見透かしたように...
in English
カテゴリー:

【東京】男性を泥酔させ現金盗んだ容疑、中国籍の女ら逮捕 - 04月23日(日)18:18 

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170423-00000031-jnn-soci TBS系(JNN) 4/23(日) 18:15配信  泥酔させた男性のキャッシュカードでATMから現金20万円を引き出して盗んだとして、中国籍の女ら2人が警視庁に逮捕されました。  逮捕されたのは中国籍の呉炎英容疑者(49)ら2人で、先月、東京・台東区のコンビニエンスストアのATMで会社員の男性(58)のキャッシュカードを使い口座から現金20万円を引き出し、盗んだ疑いが持たれています。  呉容疑者らは飲食店で男性に酒を飲ませて泥酔させた...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

泥酔させた男性のカードで現金おろす 上野 4/23 12:23更新 - 04月23日(日)12:23 

東京・上野で先月、酔った男性に声をかけ店に連れて行き、さらに酒を飲ませて泥酔させ、男性のキャッシュカードでATMから現金を引き出したとして中国人の呉炎英容疑者と無職の岩井恵容疑者が逮捕された。上野では同様被害が去年1月から約3000万円に。
in English
カテゴリー:

手帳型スマホケースに注意! クレジットカードが使えなくなったという相談が相次ぐ - 04月22日(土)09:44 

手帳型スマホケースに注意 カードの磁気情報に影響も スマートフォンの手帳型のケースに、クレジットカードやキャッシュカードを保管していたところ、 磁気情報が損なわれて使用できなくなったという相談が増加していることが、カード会社や金融機関への 取材でわかりました。手帳型のケースには磁石が付いているものが多く、カード会社は、使い方に 注意してほしいと呼びかけています。 複数のカード会社や金融機関によりますと、クレジットカードやキャッシュカードの磁気情報が 読み込めなくなり、使用できなくなったという...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ATM不正 逮捕の中国人「生活苦しくて」 4/21 23:39更新 - 04月21日(金)23:39 

他人のキャッシュカードで現金の不正引き出しを繰り返していたとみられる中国人の孫軼群容疑者が逮捕された。「闇サイト」を通じて遠隔で指示を受けていたという。孫容疑者は、「生活が苦しくて、スマホで裏バイトの仕事を探した」と容疑を認めている。
in English
カテゴリー:

もっと見る

「キャッシュカード」の画像

もっと見る

「キャッシュカード」の動画

Wikipedia

キャッシュカード(Cash card、またはATMカード、ATM card、バンクカード、Bank card)は、金融機関が口座開設者に発行するカードで、ATMを操作する際の本人確認に供する。幅広く普及した磁気ストライプカードと、安全性を高めたICカードがある。

歴史

電算化が行われる以前より、日本においては預金通帳を介した取引が行われ、預金払戻しの意思確認は届出印の捺印に拠っているが、勘定処理の電算化、オンライン化により、口座開設者が自ら現金自動支払機 (CD) を操作して預金の引出を行う装置が可能になり、その際に認証に用いる媒体として預金通帳と届出印に代えてキャッシュカードと暗証取引が登場した。最初期のキャッシュカードは、カードに鑽孔した、パンチカードに近いものであった。

1960年代以降、磁気ストライプカード挿入と4桁の暗証番号の打鍵で認証を行う方式は、現在もっとも普及している。取引内容も当初の預金払戻しに加えて、預入、振込、定期預金の預入、宝くじ購入など範囲が広がってきた。

一方で、犯罪に用いられる技術も高度になり、第三者がスキミングで偽造カードを作出して、預...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる