「キャスター」とは?

関連ニュース

17歳のフレッシュアイドル・京佳、1st写真集の未収録カット解禁 - 05月23日(火)06:30 

 アイドルグループ・夢みるアドレセンスの京佳(17)が、22日発売の『週刊ヤングマガジン』第25号(講談社)の巻末グラビアに登場。今月19日に発売した1st写真集『Thankyouka!!!』から、フレッシュな水着姿など未収録カットを厳選公開した。 【写真】セブ島で撮影!口いっぱいに頬張るキュートな京佳  ティーンファッション誌モデルを中心に2012年に結成された「夢アド」メンバーの京佳は、13年9月には「講談社ミスiD2014」個人賞(今泉力哉賞)を受賞、DJとしても活動するなど、注目を集める17歳。  今回のグラビアは、南国セブ島で撮影された写真集から、特別カットを解禁。たわわな胸に圧倒されるビキニカットやはにかんだ笑顔でカメラを見つかるカットなど、身長155・バスト82・ウエスト60・ヒップ85センチのフレッシュなボディの魅力が凝縮されている。  同号の表紙と巻頭グラビアには、SUPER☆GiRLSの浅川梨奈(18)が登場。大人っぽい色気を感じさせる黒い水着のカットや、挑発的なポーズでカメラを見つめるカットなど、官能的な体を惜しげもなく披露した。  巻頭カラー漫画は、村田ひろゆき氏の『ネオンさん』。 【関連記事】 【写真集カット】白肌まぶしい!海で豊満ボディを披露した京佳 【写真】一糸まとわぬ姿を披露した夢アド・京佳 【写真】ビーチに寝そべり…泉里香、決意を込め...more
カテゴリー:

フジモン、生放送中に2度も鼻ほじる? - 05月22日(月)22:10 

AbemaTVのニュース専門チャンネルAbemaNewsチャンネルにて、旬な話題・流行を原宿駅前のスタジオから若者目線で届けるニュース番組『原宿アベニュー』が5月17日に放送され、水曜キャスターとしてモデルの大川藍、水曜コメンテーターにはFUJIWARAの藤本敏史、テレビ朝日の紀真耶アナウンサーが出演した。 注目すべき気になるニュースを紹介する『原宿ヘッドライン』のコーナーでは、漫画誌『週刊少年ジャンプ』の、今年1月から3月の平均発行部数がおよそ40年ぶりに200万部を下回ったというニュースを取り上げた。 『週刊少年ジャンプ』の愛読者だという藤本は「俺は小学校5年生の時から読んでますね。35年、ジャンプと共に歩んできた。毎週欠かさず、完全に習慣になってるね」と振り返り、その後も藤本は連載されていた漫画作品について熱く語っていた。 また、黄金時代と呼ばれる1994年頃には最高653万部を記録していたという発行部数が約3分の1に減ってしまった原因が、電子書籍の普及と少子化だと言われていることについて、藤本は「昔、子供が毎週楽しみにしてたんですけどね。今はおっさんしか読まへんらしいね」と、少し悲しそうな様子を見せ、「なんか寂しいなー。もっと頑張って欲しいなー」と、エールを送った。 次に、今世の中でバズっているトピックスを深掘りする『バズトピ』のコーナーでは、受動喫煙対策法案を...more
カテゴリー:

棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」報道番組に初出演! - 05月22日(月)15:00 

新日本プロレスの棚橋弘至選手とブシロード木谷高明会長が、5月28日(日)放送の『津田大介日本にプラス』マンスリースペシャル(CSテレ朝チャンネル2、10:00)に出演。同番組は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介がメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組だ。今回は、“プロレス女子”も急増、画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者である2人に、大復活の秘密について、「リング上と経営改革」という2つの視点から迫る。カリスマ、アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど、1980年代にテレビのゴールデンタイムで視聴率20%を超え、圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。それが今、29歳のIWGPヘビー級王者、プロレス界にカネの雨を降らせる男・オカダ・カズチカ、制御不能のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也、新日本プロレスを冬の時代から支え続けたエース・棚橋選手……といった人気レスラーが集結し、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れ客などが急増、売上高もどん底だった時期から3倍増(32・4億円)にまでV字回復した。その理由はなにか?番組では、新日本プロレスの春の後楽園ホール大会、両国国技館大会の激闘を取材。そこで、プロレスを観に来る女性客、...more
カテゴリー:

フジテレビ『夢大陸』女子PR隊は若手美女ズラリ!宮司・永尾・海老原・久慈アナに一新 - 05月22日(月)12:31 

フジテレビ夏の社屋イベント『お台場みんなの夢大陸2017』が、7月15日(土)から8月31日(木)にかけて開催されることが決定。今年も、フジテレビ男女アナウンサーがPR隊として、活動することが明らかになり、男女14名のアナウンサーがコメントを発表した。昨年は、男性アナウンサー9人が「オマツリ男アナ9人衆」として、和太鼓パフォーマンスなど、体を張ってイベント全体を盛り上げ、女性アナウンサー4人は「みんなの夢大陸PR隊」として、47日間の開催期間中のPR活動に一役買った。今年は、女性アナウンサー陣のメンバーを一新。昨年の生野陽子、山﨑夕貴、三田友梨佳、永島優美に代わり、入社3年目の宮司愛海、2年目の永尾亜子、そして今年入社した新人アナウンサーの海老原優香、久慈暁子といった若手にバトンタッチ。一方、「オマツリ男アナ9人衆」は、「オマツリ男アナ10人衆」にパワーアップ。渡辺和洋、倉田大誠、中村光宏、榎並大二郎、谷岡慎一、生田竜聖、酒主義久、大村晟、内野泰輔の9人に、入社2年目の藤井弘輝が加わることになった。昨年、好評だった和太鼓パフォーマンスでは、新曲発表を予定している。6月上旬に開催を予定している制作発表では、新人アナウンサーの海老原、久慈を含め、「みんなの夢大陸PR隊」の面々が登壇する予定だ。■「みんなの夢大陸PR隊」コメント宮司愛海(入社3年目)「この度、初めてPR隊に就任しました、...more
カテゴリー:

住谷杏奈、人妻の妖艶色気を披露 夫のHGも「脱ぎ過ぎじゃない?」 - 05月22日(月)11:30 

 お笑い芸人・レイザーラモンHGの妻でタレントの住谷杏奈(33)が、22日発売の『週刊プレイボーイ』23号の袋とじグラビアに登場。温泉旅館を舞台にした撮影で大人の色気と2児の母とは思えない美ボディを大胆に披露し、衝撃的な手ブラカットにも挑戦した。 【写真】住谷杏奈&夫・レイザーラモンHGのラブラブ2ショット  住谷はグラビアアイドルとして活動後、2006年8月にHGと結婚。2人の子どもに恵まれ専業主婦をしていたが、家計の悪化のため一念発起して石けんのプロデュース業に乗り出すと、大ヒットして年商6億円の実業家に。先月にはこれまでのサクセスストーリーやビジネス論、美ボディの秘密などをつづった著書『ANNA論 -住谷杏奈の人生変えちゃう! 一発逆転の発想法』を発売した。  今回のグラビアは、著書の発売記念イベントで「今度は妖艶な人妻グラビアに挑戦してみたい」と発言したことから実現した。「グラドル時代はZ級だったので、週プレさんに出たくても出られなかったんです。だから、週プレさんのグラビアを飾るのが夢だったんです」と感激しながら撮影に臨み、夫のHGも「脱ぎ過ぎじゃない?」と驚くほどの大胆さで人妻の妖艶さを表現している。  なお、本誌に掲載しきれなかったアザーカット数十点で構成する電子写真集「週プレnet EX」(税込み1080円・閲覧可能期間7日間)も同時発売された。  同号には...more
カテゴリー:

「テレビを見ないとバカになる」という投稿に騒然 「価値観の違い」の声も - 05月23日(火)05:30 

TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock娯楽や日常会話の話題の中心を担ってきた「テレビ」だが、一方で、動画サイトにはじまるネットの普及により「テレビは見ない」という人も増えてきた。人それぞれ扱いや捉え方の違うテレビだが、今、とある投稿が注目されている。■「テレビを見ないとバカになる」という同僚女性話題を呼んでいるのは、はてな匿名ダイアリーに投稿された「『テレビ見ないとバカになる』という言葉を聞いて驚愕した」というエントリー。投稿主によれば、同僚女性から「テレビ見ないからみんなバカになるんですよ。そういう人は芸能人の話にも疎いし、話に厚みがないじゃないですか」と言われたという。投稿主は、その同僚女性が、テレビを観ない人をバカにしているということに驚いた様子。というのも、投稿主の家庭では、「テレビを見るとバカになる」という教えから、テレビは1日1時間しか許されていなかったとのこと。また、友人たちもテレビを観ない人ばかりだったため、「テレビ=くだらないもの」という認識。読書や勉強をしていたほうがいいという考えだったという。■価値観の違いを強く実感投稿主は、「テレビを見る=バカになる」という認識は持っておらず、たまにテレビを見ることもあるようだ。しかし、同僚女性が言うような「テレビを観ると賢くなる」という主張には賛同できないとした。この経験から投稿主は、「自分が当たり前だと思...more
カテゴリー:

棚橋弘至選手「インテリな部分が出てしまいました」報道番組に初出演! - 05月22日(月)15:51 

新日本プロレスの棚橋弘至選手とブシロード木谷高明会長が、5月28日(日)放送の『津田大介日本にプラス』マンスリースペシャル(CSテレ朝チャンネル2、10:00)に出演。同番組は、“ソーシャル・メディアのカリスマ”津田大介がメインキャスターを務めるテレビ朝日制作の報道番組だ。今回は、“プロレス女子”も急増、画期的改革を断行し、大復活した新日本プロレスの立役者である2人に、大復活の秘密について、「リング上と経営改革」という2つの視点から迫る。カリスマ、アントニオ猪木が設立し、ちびっ子のヒーローとなった初代タイガーマスクなど、1980年代にテレビのゴールデンタイムで視聴率20%を超え、圧倒的人気を誇ったものの、2000年代に主力選手の相次ぐ退団や総合格闘技ブームなどで“冬の時代”を迎えた新日本プロレス。それが今、29歳のIWGPヘビー級王者、プロレス界にカネの雨を降らせる男・オカダ・カズチカ、制御不能のIWGPインターコンチネンタル王者・内藤哲也、新日本プロレスを冬の時代から支え続けたエース・棚橋選手……といった人気レスラーが集結し、“プロレス女子”と呼ばれる女性ファン、家族連れ客などが急増、売上高もどん底だった時期から3倍増(32・4億円)にまでV字回復した。その理由はなにか?番組では、新日本プロレスの春の後楽園ホール大会、両国国技館大会の激闘を取材。そこで、プロレスを観に来る女性客、...more
カテゴリー:

新キャスター3名のWEB特別トーク 5 5/22 12:45更新 - 05月22日(月)12:45 

「日テレNEWS24」の新キャスター3名によるスペシャルトーク。5本目では貴重な“私服姿”を写真で披露してくれます。お互いのオフショットで盛り上がった後に出てきたのは、ヒミツのお題「30秒ぴったり読み」。キャスターの実力が試されます!?
カテゴリー:

フジテレビ『夢大陸』女子PR隊は若手美女ズラリ!宮司・永尾・海老原・久慈アナに一新 - 05月22日(月)12:25 

フジテレビ夏の社屋イベント『お台場みんなの夢大陸2017』が、7月15日(土)から8月31日(木)にかけて開催されることが決定。今年も、フジテレビ男女アナウンサーがPR隊として、活動することが明らかになり、男女14名のアナウンサーがコメントを発表した。昨年は、男性アナウンサー9人が「オマツリ男アナ9人衆」として、和太鼓パフォーマンスなど、体を張ってイベント全体を盛り上げ、女性アナウンサー4人は「みんなの夢大陸PR隊」として、47日間の開催期間中のPR活動に一役買った。今年は、女性アナウンサー陣のメンバーを一新。昨年の生野陽子、山﨑夕貴、三田友梨佳、永島優美に代わり、入社3年目の宮司愛海、2年目の永尾亜子、そして今年入社した新人アナウンサーの海老原優香、久慈暁子といった若手にバトンタッチ。一方、「オマツリ男アナ9人衆」は、「オマツリ男アナ10人衆」にパワーアップ。渡辺和洋、倉田大誠、中村光宏、榎並大二郎、谷岡慎一、生田竜聖、酒主義久、大村晟、内野泰輔の9人に、入社2年目の藤井弘輝が加わることになった。昨年、好評だった和太鼓パフォーマンスでは、新曲発表を予定している。6月上旬に開催を予定している制作発表では、新人アナウンサーの海老原、久慈を含め、「みんなの夢大陸PR隊」の面々が登壇する予定だ。■「みんなの夢大陸PR隊」コメント宮司愛海(入社3年目)「この度、初めてPR隊に就任しました、...more
カテゴリー:

メシウマ、ウジテレビ田中大貴アナが消えた。コンプラ違反。長谷川豊と良い犯罪者の巣窟だね - 05月22日(月)09:00 

スポーツキャスターとして着実に実績をつんできたフジテレビアナウンサーの田中大貴。 ところが、金銭がらみの「コンプライアンス違反」が原因で、 この4月に報道局が制作する『ユアタイム』からひっそりと姿を消していた。 フジテレビ社員といえば、マスコミ業界のなかでもトップクラスの高給を誇る。 しかし、それ以上のステータスを手に入れるためか、あるいは手に入れた 後は維持するためか、お金への執着は昔から強かったようだ。 「田中アナは30歳で渋谷区の高級住宅街に一軒家を建てました。 まわりには多くの芸能人が...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「キャスター」の画像

もっと見る

「キャスター」の動画

Wikipedia

キャスター ()

caster/castor caster

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる