「キノコ雲」とは?

関連ニュース

【フィリピン】マヨン山から巨大キノコ雲 危険な噴火迫る - 01月23日(火)07:49  newsplus

http://www.afpbb.com/articles/-/3159539 2018年1月23日 7:24 発信地:レガスピ/フィリピン 【1月23日 AFP】フィリピンで火山活動が最も活発なマヨン(Mayon)山から22日、巨大なキノコ雲が発生した。周辺地域には火山灰が降り注ぎ、日中も夜のような暗闇に包まれた。同域には危険な噴火が差し迫っているとして警報が出されており、住民数万人が避難している。  アルバイ(Albay)州レガスピ(Legazpi)にあるマヨン山は、2週間ほど前から火山活動が活発化。フィリピン火山地震研究所(Phivolcs)は最新情報で、数日以内に危険な...
»続きを読む
カテゴリー:

「キノコ雲」の画像

もっと見る

「キノコ雲」の動画

Wikipedia

キノコ雲(キノコぐも)は、大気中での熱エネルギーの局所的かつ急激な解放にともなう上昇気流によって生じる積乱雲の一種。

成因

キノコ雲の構造。局所的で強い上昇気流が、外気を巻き込み、キノコ状の構造を形成する。 熱気を一瞬で放出し、霧や煙をマーカーに用いると、爆発や燃焼によらずキノコ雲様の現象を作ることができる。 急激な上昇気流を起こす熱源としては核爆弾や大量の爆薬爆発、大量の燃料の急激な燃焼(爆燃)、火山の噴火などがある。キノコ雲の生成される要件は熱気の塊の急速な出現であり、爆発や燃焼は必ずしも必要ではない。

原子雲

アップショット・ノットホール作戦での核爆発 原子爆弾や熱核爆弾(水...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる