「ガラパゴス」とは?

関連ニュース

東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」 - 03月21日(火)14:00 

 米原発事業で7000億円に上る損失を計上する見込みの東芝は、決算の発表を再び延期すると発表した。東京証券取引所は東芝株を「監理銘柄」に指定し、いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。15年前には誰も想像できなかった、日本を代表する名門企業の崩壊を、予見していた作家がいる。  *** 『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として活躍していた。相場氏の最新刊『不発弾』のテーマは、「粉飾決算」。架空の巨大電機企業・三田電機に発覚した「不適切会計」の謝罪会見から物語は始まるが、財界総理を多数輩出した名門企業には「米原発事業での減損」「半導体部門の切り売り」の運命が待ち受ける。 『不発弾』の連載開始は2年前。なぜ相場氏は巨大電機企業の凋落を予見できたのだろうか。 ■経済事件の「デスノート」 「この作品は、僕の新聞記者としてのケジメです」と相場氏は語る。「兜町担当の記者だった20年ほど前、日本企業が本業とは関係のない海外企業を異常な高値で購入するケースが目立った時期がありました。その背景として、バブル崩壊で生じた負債を、のれん代(買収された企業の時価評価額と買収価額との差額)に紛れ込ませて粉飾するという手法があることを教えてくれた情報提供者がいた。それが今回の着想のきっかけです。東芝の会見にあった『不適切会計』という言...more
in English
カテゴリー:

日本人だけが過小評価!世界が注目する「ガラパゴス日本の独創性」 - イノベーション的発想を磨く - 03月18日(土)05:00 

アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本を対象にしたある調査によると日本は「自分は独創的だ」と考えている人の割合が突出して少ない。ところが同じ調査で「もっとも独創的な国はどこか」を問う質問に対しては、「日本」と答える人の割合が最も多かった。つまり、日本は世界からもっとも独創的な国だと思われている。だが、多くの日本人がそれをちっとも自覚していない。
in English
カテゴリー:

新宿の新名所は都会のガラパゴス?!数々の横丁を創ってきたチームが次に手掛けるのは 古民家七棟丸ごと飲食店街「ほぼ新宿のれん街」、3月17日に現る! - 03月10日(金)16:24 

[株式会社スパイスワークス] [画像1: https://prtimes.jp/i/20469/6/resize/d20469-6-174003-4.jpg ] 2008年以降、恵比寿、渋谷と主要な横丁の企画リーシングを前職で担当し、姫路のれん街を創り、街の活性化に一役買った株式会社Good mark...
in English
カテゴリー:

【ラジオ】オザケン、新作の“ゲリラ的”リリースの真相を語る - 03月09日(木)22:46 

DATE:2017.03.08 22:02 J-WAVEニュース J-WAVEで放送中の番組「SAISON CARD TOKIO HOT 100」(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。3月5日(日)のオンエアでは、小沢健二さんをゲストにお迎えしました。 (中略) 小沢さんは現在、ニューヨークに住んでいるのですが、日本に来ると「本当に楽しい」と思うそう。「離れているせいもあって、それで呑気なこと言ってるなとは分かりながら、でもこの『ガラパゴス』と言われる環境のなかですごく良いところがいっぱい残っているということは、帰ってくる度にいつも言いたいなとは思って...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【東芝】なぜ世界的名門企業が相次いで没落するのか?東芝問題の裏に隠された日本企業のガラパゴス化という大問題 - 03月04日(土)19:32 

http://blogos.com/article/211833/ 15年前、私は東芝の経営陣と公私両方の付き合いがありました。お世辞抜きにとても素晴らしい方々でしたし、人間的に尊敬できました。 東芝は本当に良いリーダーが居て良い企業でした。そんな東芝がこうなるとは驚きです。本当かと疑うほどです。 凋落組織は凋落のリーダーを生み出し、凋落のリーダーがさらに組織を凋落させる。これはあらゆる組織が凋落する際の軌跡です。 東芝の凋落は15年前から兆候がありました。東芝のある役員から「宋さん、当社には2千人も博士がいる。 人材の宝庫だか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

東芝崩壊を予見した男が語る「次にヤバイ企業」 - 03月21日(火)07:00 

 米原発事業で7000億円に上る損失を計上する見込みの東芝は、決算の発表を再び延期すると発表した。東京証券取引所は東芝株を「監理銘柄」に指定し、いよいよ上場廃止が現実味を帯びてきた。15年前には誰も想像できなかった、日本を代表する名門企業の崩壊を、予見していた作家がいる。  *** 『震える牛』『ガラパゴス』など社会問題に鋭く切り込む作風で人気を博す相場英雄氏は、かつて時事通信社で経済記者として活躍していた。相場氏の最新刊『不発弾』のテーマは、「粉飾決算」。架空の巨大電機企業・三田電機に発覚した「不適切会計」の謝罪会見から物語は始まるが、財界総理を多数輩出した名門企業には「米原発事業での減損」「半導体部門の切り売り」の運命が待ち受ける。 『不発弾』の連載開始は2年前。なぜ相場氏は巨大電機企業の凋落を予見できたのだろうか。 ■経済事件の「デスノート」 「この作品は、僕の新聞記者としてのケジメです」と相場氏は語る。「兜町担当の記者だった20年ほど前、日本企業が本業とは関係のない海外企業を異常な高値で購入するケースが目立った時期がありました。その背景として、バブル崩壊で生じた負債を、のれん代(買収された企業の時価評価額と買収価額との差額)に紛れ込ませて粉飾するという手法があることを教えてくれた情報提供者がいた。それが今回の着想のきっかけです。東芝の会見にあった『不適切会計』という言...more
in English
カテゴリー:

100歳を過ぎてから300頭以上の子孫を残し種を絶滅から救ったガラパゴス諸島の絶倫ガメ「ディエゴ」 - 03月13日(月)19:00 

独特の生態系を持つガラパゴス諸島では、何百年にわたって存続してきた種が残り数頭になり、絶滅するかどうかの瀬戸際に追い込まれることが多々あります。その中でも有名なのがガラパゴスゾウガメの亜種であるピンタゾウガメの「ロンサム・ジョージ」と、エスパニョーラゾウガメの「ディエゴ」です。どちらも1世紀近く生きた固体として絶滅の危機に類しましたが、近い亜種のメスをあてがわれながらも子孫を残さずに生涯を終えてしまったジョージと異なり、ディエゴはわずか1頭で300頭~800頭の子孫を残すことに成功し、自らの種族を救った絶倫ガメとして知られています。続きを読む...
in English
カテゴリー:

パン好きさん必読 「え? 西日本のメロンパンって...」 - 03月10日(金)08:00 

 2016年、3日間で約12万人の動員を記録したという、パン好きのパン好きによるパン好きのための祭典「パンのフェス」。全国から人気のパン屋が一同に集結し、さまざまな種類のパンを楽しむことのできる、日本最大級のパンフェスは、今年も横浜赤レンガ倉庫前イベント広場にて、3月3日から5日まで開催されました。  いまやフェスが開かれるほどの日本の多種多様なパン。そのなかでも"菓子パン"に注目したのが、本書『おかしなパン』です。  パンライターであり、パンの研究所「パンラボ」を主宰する池田浩明さんと、菓子・料理研究家の山本ゆりこさんが、あんぱん、クリームパン、メロンパン、ジャムパン、ブリオッシュ、シナモンロール、マフィンといった、いわゆる私たちが"菓子パン"と呼んでいるパンについて、その起源、オススメのお店や食べ方などを存分に語り明かしていきます。  日本における"お菓子なパン"は、いまから約140年前、1875年4月4日に、銀座木村家が"桜あんぱん"を誕生させたことにはじまります。「最初にパン屋を開店したとき、パンが売れなかったので、饅頭に寄せることで日本人がイメージしやすい食べ物にした」(本書より)とのこと。  しかし本書によれば、このあんぱんやクリームパンのように、具をパンのなかに入れたパンは、「饅頭の延長で日本的なパン」のため、海外ではあまり受け入れられないのだそう。いい意味で...more
in English
カテゴリー:

【社会】巣立った後も親のすねをかじる…これは人間に限った話ではない、ペンギンでも - 03月09日(木)07:29 

多くの親はよくわかっている。成人して自立した子どもたちが 家に戻ってくるのはお金を節約するため。そして、 あわよくば洗濯と食事にもタダでありつくためだと。 これは人間に限った話ではない。最新の研究によると、 ガラパゴスペンギンもまた、巣立ちの後でも親のすねをかじり、 食べ物をねだることが鳥類学の専門誌 「Wilson Journal of Ornithology」に発表された。 *+*+ NATIONAL GEOGRAPHIC +*+* http://natgeo.nikkeibp.co.jp//atcl/news/17/030800087/  VIPQ2_EXTDAT: default:vvvvvv:1000:512:----: EXT was confi...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

シチューをごはんにかける奴とは友達にはなれない - 03月04日(土)11:18 

家庭料理の定番「クリームシチュー」。 ルーで約7割のシェアを誇るハウス食品は昨年、インターネット上の特設サイトで「あなたはシチューとご飯、わける? かける?」と問いかけた。 全国から9万件以上の回答が寄せられ、結果は「わける派」が58%、「かける派」が42%。都道府県別でも、西日本では「わける派」、北東北、北関東、南日本などで「かける派」が優勢となるなど、地域ごとに特色が見られた。 あなたは「わける派」? 「かける派」?【大村健一/デジタル報道センター】 ◇食べ方がガラパゴス化 「主菜にな...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「ガラパゴス」の画像

もっと見る

「ガラパゴス」の動画

Wikipedia

ガラパゴス ''(Galápagos)''

;本来の意味

;比喩

  • ガラパゴス化 - 独自の進化を遂げた市場状態
    • ガラパゴスケータイ(ガラケー) - (主に日本の)独自の機能を持つ「フィーチャー・フォン」を揶揄するように呼称した携帯電話。ただし、。

;固有名詞

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる