「ガイドライン」とは?

関連ニュース

【ネット】メディア・アクティビスト津田大介「日本のヘイト投稿対策ようやく始まった」「理想には程遠い」 - 08月21日(月)18:53  newsplus

ウェブを使った新しいジャーナリズムの実践者として知られるジャーナリストでメディア・アクティビストの津田大介氏。排他的コメントやヘイトスピーチへの対策が日本でも始まったことを報告し、今後の課題を指摘する。 *  *  * ネット上ではびこる他人への攻撃的な投稿やヘイトスピーチに対して、ようやく日本のプラットフォーム事業者も具体的な取り組みを始めた。 大きな変化があったのは、排斥的なコメントが大多数を占め長年存在が問題視されてきたヤフーニュースのコメント欄。6月以降、同じ文章を短期間に繰り返し投...
»続きを読む
カテゴリー:

イベント民泊普及に官民連携 周辺住民の空き部屋提供、パソナなど支援 - 08月21日(月)05:00 

 祭りやスポーツイベントなどが開催された際、周辺住民が自宅の空き部屋などを一時的に提供する「イベント民泊」で、官民連携の動きが加速している。背景には、観光庁が全国自治体に通達したイベント民活のガイドラインで、規制を緩和した動きがある。地方に国内外の宿泊客を呼び込み、消費拡大につなげるのが狙いで、民泊仲介サイトの運営事業者にとどまらず、異業種の人材派遣会社も自治体の支援に動き出した。地域活性化の新たな起爆剤として注目を集めそうだ。
カテゴリー:

【健康知識】「グルコサミン」は効かない! サプリメントの過剰摂取で副作用の危険も★3 - 08月19日(土)19:52  newsplus

テレビCMやドラックストアの店頭でよく見かけるサプリメント「グルコサミン」。実際に飲んでいる人も多い人気商品だ。 「グルコサミン」は、軟骨成分である「プロテオグリカン」や関節液の「ヒアルロン酸」の原料となる。 さらに、グルコサミンは軟骨成分の合成を助ける作用もあるため<グルコサミン=関節にいい>というわけだ。 また、関節部分の水分保持の働きをもつ「コンドロイチン」は、グルコサミンが元となる。 ちなみに、関節をスムーズに動かすのに必要なヒアルロン酸は、加齢とともに減少する。 関節の痛みや不調に対し...
»続きを読む
カテゴリー:

【健康知識】「グルコサミン」は効かない! サプリメントの過剰摂取で副作用の危険も - 08月18日(金)13:47  newsplus

テレビCMやドラックストアの店頭でよく見かけるサプリメント「グルコサミン」。実際に飲んでいる人も多い人気商品だ。 「グルコサミン」は、軟骨成分である「プロテオグリカン」や関節液の「ヒアルロン酸」の原料となる。 さらに、グルコサミンは軟骨成分の合成を助ける作用もあるため<グルコサミン=関節にいい>というわけだ。 また、関節部分の水分保持の働きをもつ「コンドロイチン」は、グルコサミンが元となる。 ちなみに、関節をスムーズに動かすのに必要なヒアルロン酸は、加齢とともに減少する。 関節の痛みや不調に対し...
»続きを読む
カテゴリー:

「見た目」をよくする基本は健康長寿、そしてアンチエイジング治療 日本美容皮膚科学会2017レポート(2) - 08月17日(木)17:16 

見た目を若々しく保つことは価値あること。心の持ち方でも加齢を防げます――。2017年 7月30日、大阪市で開かれた日本美容皮膚科学会のシンポジウムで、山田秀和・近畿大奈良病院教授 (皮膚科) が「見た目のアンチエイジングとは」と題して自身の考えを披露した。山田教授は同大アンチエイジングセンター副センター長で、学会会頭でもあり、これが事実上の会頭講演だった。 「見た目」も人間の資産になる 山田教授は英国の社会学者C・ハキム博士の「見た目は第4の資産」説を紹介した。財産など経済資産、学歴や資格などの個人資産、人脈などの社会資産、に次ぎ、美しさや魅力の「見た目」を第4資産とする。 欧米人は8月までは焼いた肌、9月からは元の白い肌と、魅力ある外見のため常に努力している。見た目は皮膚、容貌、体形で作られる。シワ、シミ、たるみ、皮膚感、美白、髪、骨、皮下脂肪などだ。基本である健康長寿には運動、食事、それに環境、精神が重要だ。大気、水、日光、化学物質などの環境も老化を遅らせる。さらには精神や心。明るく生活し、「ご機嫌でアンチエイジングをめざそう」と訴えた。 美白剤の原理と適切な使い方 続いて具体策。船坂陽子・日本医大教授(皮膚科)は美白剤の原理と適切な使い方を解説した。ハイドロキノンや白斑を引き起こして問題となったロドデノールなど成分は皮膚の色素細胞が作るメラニン色素の生成過程や、色素細胞の増殖...more
カテゴリー:

「子どもにプログラミングを教えるには」無料セミナー9/13 - 08月21日(月)17:15 

 IT関連専門メディアのインプレスは、9月13日に「子どもにプログラミングを教えるには~著者が語る!プログラミング教育を成功させるコツ~」を開催。プログラミング教育に関心がある人を対象とした無料セミナーだ。 「子どもにプログラミングを教えるには」は、プログラミング教育の最新トピックと課題、実践ノウハウを学べるセミナー。プログラミング教育の意義や最新動向を知りたい、プログラミングを子どもに教える必要がある、などプログラミング教育に関心がある人を対象としている。 講師は、日本初の子ども向けプログラミング教室「TENTO」の現役講師である竹林暁氏。竹林氏は東京大学大学院総合文化研究科言語情報科学専攻にて認知言語学を学ぶ。著書には「できるキッズ子どもと学ぶScratchプログラミング入門」がある。 竹林氏は、6月に全米最大の教育テクノロジーカンファレンス「ISTE 2017」を視察。セミナーではアメリカの教育現場に関する基調講演やセッション、プロジェクトの事例などの取組みを紹介する。日本でのプログラミング教育の現状を踏まえながら、海外の事例を紹介し、日本でどのようにプログラミング教育を進めるべきかを解説。日本のプログラミング教室での子どもたちについて、具体的な事例で紹介する。 セミナー終了後には、プログラミング教室で子どもたちは何を学び、どのように取り組んでいるのか、プログラミング教育の現...more
カテゴリー:

【政府】公文書判断、各省庁に責任者設置 加計、森友で見直し案 - 08月20日(日)23:21  newsplus

政府は関係書類を行政文書として保存する可否を判断する責任者を各省庁に設置する検討を始めた。学校法人「加計学園」や「森友学園」問題で公文書管理の在り方が問われたのを受け、責任の所在を明確化する狙い。 複数の省庁にまたがる記載は責任者同士が事実確認する仕組みを想定する。政府関係者が19日、明らかにした。ただ責任者の判断の妥当性を検証するのは困難で、恣意的に保存されないメモ扱いとなる懸念が残りそうだ。 有識者でつくる公文書管理委員会が進める公文書管理のガイドライン見直し案として浮上。政府は年内にガイ...
»続きを読む
カテゴリー:

【健康知識】「グルコサミン」は効かない! サプリメントの過剰摂取で副作用の危険も★2 - 08月18日(金)16:44  newsplus

テレビCMやドラックストアの店頭でよく見かけるサプリメント「グルコサミン」。実際に飲んでいる人も多い人気商品だ。 「グルコサミン」は、軟骨成分である「プロテオグリカン」や関節液の「ヒアルロン酸」の原料となる。 さらに、グルコサミンは軟骨成分の合成を助ける作用もあるため<グルコサミン=関節にいい>というわけだ。 また、関節部分の水分保持の働きをもつ「コンドロイチン」は、グルコサミンが元となる。 ちなみに、関節をスムーズに動かすのに必要なヒアルロン酸は、加齢とともに減少する。 関節の痛みや不調に対し...
»続きを読む
カテゴリー:

「実質0円」禁止響く MNP利用者数、150万件減 16年度 - 08月18日(金)10:05 

携帯電話番号を変えずにキャリアを変更できる「番号ポータビリティ」制度(MNP)の2016年度の利用者は、前年度よりも約152万件減少して468万件となった。この数字は12年度以降で最低。急激な減少の背景には、総務省が2016年度に策定した、MNP制度を利用した際の大幅な値引きを禁止するガイドラインがあるとみられる。 携帯電話の購入にも影響 MNP制度は、キャリアの競争と利用者の利便性の促進を目的に、総務省が2006年に導入した。制度が始まった06年度の利用者数は199万人で、ピークの13年度には657万人に達した。翌14年度は517万人に減少するものの、格安SIMの普及も手伝い、15年度には620万人に持ち直している。 しかし、MNP制度による顧客獲得競争が激化する中で、端末代金が「実質0円」になるなどの極端な値引きが行われるようになったため、16年4月、総務省はそれらを禁止。割引を受けない利用者との公平性の確保、格安スマホなどの新規事業者の参入促進なども目的としたガイドラインを策定した。 その影響で、MNP制度の利用者が大幅に減少したのに加えて、値引きが制限されたために新規端末の販売数も減少。15年度には前年比で678万件(複数番号の保有を含む)増えたのに対して、16年度の増加数は567万件にとどまった。 総務省が2017年8月4日に発表した。 ...more
カテゴリー:

ドメイン駆動設計のガイドライン: Capture - Embed - Protect - 08月17日(木)13:59 

ドメイン駆動設計のガイドライン: Capture - Embed - Protectドメイン駆動設計のガイドライン: Capture - Embed - Protect いいね | 作者: Jan Stenberg Jan Stenberg フォローする 5 人のフォロワー , 翻訳者 h_yoshida h_yoshida フォローする 0 人のフォロワー 投稿日 2017年8月16日. 推定読書時間: 1分未満 | 共有 |  後で読む マイリーディングリスト ソフトウェア設...
カテゴリー:

もっと見る

「ガイドライン」の画像

もっと見る

「ガイドライン」の動画

Wikipedia

ガイドライン()

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる