「カーチェイス」とは?

関連ニュース

あの名作を「#ハリウッドが創ったら」、きっと大変なことになる(笑) 9選 - 08月20日(日)15:32 

あの名作を、もしもハリウッドが手がけていたら…(笑) Twitterで話題のハッシュタグ「#ハリウッドが創ったら」より、思わずクスリとくる呟きの数々をご紹介します! 1. #ハリウッドが創ったら金田一耕助シリーズは、犯人捜しの過程でカーチェイスと銃撃戦がある。— はぁとふる売国奴(田中圭一)日東ほ03a (@keiichisennsei) 2017年8月14日 2. 北の国からを #ハリウッドが創ったら 舞台がアラスカになって、親父役がブルース・ウィリスで元軍人設定でアザラシとか食ってたりする— ゆうす湖♨️ (@yousko_2nd) 2017年8月14日 3. #ハリウッドが創ったらセーラー戦士に黒人が居る黄色人種も居る男もいるタキシード仮面がケツアゴ変身シーンは着替えるだけムーン・ティアラ・アクションを食らった敵が大爆発— 小四方 (@disk_112) 2017年8月14日 4. #ハリウッドが創ったらアンパンマンとバイキンマンは親子。バイキンマンはかつてイースト菌だった。— 山中あきら (@chiku012) 2017年8月14日 5. ベトナム帰還兵の寅さんが行く先々でマドンナに恋をし、爆破し、葛飾柴又で大佐を救出するアクション喜劇。決め台詞は「hot core...more
カテゴリー:

期待の新人アンセル・エルゴートが舞台挨拶でオスカー俳優との驚きのエピソードを披露! - 08月19日(土)15:40 

全米では公開から5週連続で興行収入ランキングのベスト10入りを果たし、1か月半かけて興行収入が1億ドルを突破する息の長いヒットを記録中のエドガー・ライト監督の最新作『ベイビー・ドライバー』。日本公開の初日を迎えた19日、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に、現在来日中のアンセル・エルゴートが登壇した。 【画像を見る】これが世界を沸かせた『ベイビー・ドライバー』ポーズ! 本作は、幼少期の事故の後遺症で耳鳴りが止まらない主人公ベイビーが、強盗の運び屋として裏社会に手を染めていく姿を描いたクライム・アクション。耳鳴りを解消するために彼が聴く音楽に合わせて、台詞やアクションが展開するという異色な作りに、全米をはじめ、すでに公開されている47か国では口コミで話題が広がっている。 「こういう作品に関われたことをとても嬉しいと思う」と笑顔を浮かべたアンセル。「撮影現場でも、出来上がった作品を初めて観たときも、特別な作品だと思った。こんな作品を作り出せるエドガー・ライト監督は天才であり、素晴らしいビジョンの持ち主だよ」と、これまで『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)などの話題作を手がけ、最近ではマーベル・シネマティック・ユニバースにも関わっているイギリスの俊英を大絶賛した。 さらに「今のハリウッドは超大作のシリーズ作品や原作ものが多い中で、本作のようなオリジナル映画が成功することで、もっとハリウッド...more
カテゴリー:

盟友サイモン・ペッグも大絶賛! 『ベイビー・ドライバー』エドガー・ライト監督インタビュー - 08月19日(土)08:00 

『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホットファズ 俺たちスーパーポリスメン!』『ワールズ・エンド 酔っ払いが世界を救う』などのエドガー・ライトが脚本・監督を務めた映画『ベイビー・ドライバー』(8月19日公開)。 天才的なドライビングセンスを買われ、犯罪組織のゲッタウェイドライバー(逃がし屋)として従事する通称ベイビー(アンセル・エルゴート)は、デボラ(リリー・ジェームズ)と出会ったことで犯罪現場から足を洗うことを決意。しかし、組織のボス(ケヴィン・スペイシー)に彼女の存在を嗅ぎ付けられ……。 完璧なプレイリストが揃った『iPod』から流れる楽曲に合わせてギアを入れ、エンジンを吹かし、銃撃戦を繰り広げる――カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』とも評される今作。世界から称賛されたロックンロール・カーチェイス・アクションで本格的ハリウッド長編映画デビュー作を飾ったエドガー・ライト監督にインタビューを行った。 長年の構想が実現 ――今作も非常に素晴らしかったです! 『ショーン・オブ・ザ・デッド』でクイーンの『ドント・ストップ・ミー・ナウ』のメロディに合わせてゾンビをやっつけるシーンがありましたが、その頃には既に『ベイビー・ドライバー』の構想が? ライト監督:もっと以前の、僕が21歳の頃から構想していたんだ。言われた通り、『ショーン・オブ・ザ・デッド』や『スコット・ピルグリム』、『ワールズ・エンド...more
カテゴリー:

『ベイビー・ドライバー』 エドガー・ライト監督、1シーン長回しに28テイク! - 08月17日(木)23:48 

『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(08)や『スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団』(11)など、エッジの効いた作風で知られるエドガー・ライト監督が、本格的にハリウッド進出を果たした『ベイビー・ドライバー』(8月19日公開)。カーアクションと音楽を一体化させた勝負作は、アクション映画の新機軸を打ち出した! 来日した監督を直撃し、この快作の舞台裏について話を聞いた。 【写真を見る】ブレイク必至!ベイビー役の新鋭アンセル・エルゴート アンセル・エルゴート演じる“ベイビー”は、そのベイビー・フェイスからは想像できない天才ドライバーで、裏組織の逃がし屋を務めている。ある日、運命の女性デボラ(リリー・ジェームズ)と恋に落ち、闇の世界から足を洗おうとするが、最後の強盗計画で窮地に追い込まれてしまう。 ベイビーは交通事故の後遺症で耳鳴りが止まらず、常にiPodで音楽を聴いている。エドガー・ライト監督はその設定を逆手に取り、彼が聴いている音楽と劇中のアクションをシンクロさせるという離れ業を披露した。 「21歳の頃から本作の構想はすでに始まっていた。音楽に対してシーンを振り付けていくことがもともと好きで、これまでの作品でも少しずつやってきたことなんだけど、いつか『ベイビー・ドライバー』のような作品を作りたいという気持ちがあったんだ」。 まずは、ジョン・スペンサー・ブルース・エク...more
カテゴリー:

音楽映画にハズレなし!ノーミュージック・ノーワークな“逃がし屋”のプレイリストが熱い - 08月16日(水)17:04 

楽曲に合わせたセリフやシーンの構成で“カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』”とも評された映画が、8月19日(土)から公開される。その名は『ベイビー・ドライバー』。『...
カテゴリー:

【映画コラム】カーチェイス版の『ラ・ラ・ランド』か!?『ベイビー・ドライバー』 - 08月19日(土)17:20 

 犯罪組織の天才ドライバーが、恋した女性のために足を洗おうとする姿を描いたクライムアクション『ベイビー・ドライバー』が公開された。  犯罪者の逃走を手助けする「逃がし屋」をしているベイビー(アンセル・エルゴート)。彼は子どものころに遭った事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、音楽を聴くことで耳鳴りが消え、天才的なドライビングテクニックを発揮するのだ。  監督は『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(07)などのエドガー・ライト。本作は、無類の映画マニアとしても知られるライトが、その本領を遺憾なく発揮した一作だと言えるだろう。  ます、逃がし屋といえば、同じ小説を基に映画化しながら全く違った映画になったウォルター・ヒル監督、ライアン・オニール主演の『ザ・ドライバー』(78)とニコラス・ウィンディング・レフン監督、ライアン・ゴズリング主演の『ドライヴ』(11)が思い浮かぶが、スピード感やカースタントの点では本作の方が勝っているかもしれない。  また、本作は、犯罪を描いているにもかかわらず、スタイリッシュな映像、音楽と一体化したカーチェイス、音楽のビートに合わせて銃声が響くといったミュージカル的な要素から、欧米では“カーチェイス版の『ラ・ラ・ランド』”とも称されているという。  さらに、『俺たちに明日はない』(67)を思わせる、ベイビーと...more
カテゴリー:

極悪人イ・ビョンホンが絶叫!韓国史上最大規模の詐欺事件を描く「MASTER」予告編 - 08月19日(土)11:30 

 「ターミネーター:新起動 ジェニシス」「マグニフィセント・セブン」など世界的に活躍するイ・ビョンホンが、韓国史上最大規模の金融投資詐欺事件の主犯を演じたクライムアクション「MASTER マスター」の予告編とポスターが、公開された。 ・「MASTER マスター」予告編はこちら!  ヒット作「監視者たち」を手がけたチョ・ウィソクがメガホンをとり、巧みな話術と綿密な計画で民衆から金を巻き上げる投資会社のチン会長(イ)と韓国警察の知能犯罪捜査班のし烈な頭脳戦を描く本作。「群盗」「華麗なるリベンジ」のカン・ドンウォンが警察の知能犯罪捜査班のリーダー、キムに扮するほか、「チング 永遠の絆」「二十歳」で知られるキム・ウビンがチン会長の部下パク役で出演する。  韓国で金融投資詐欺事件を起こして逃亡中のチンは自らの死を偽装し、東南アジアで詐欺ビジネスを再開。チンを逮捕するべく、キムはかつてチンの部下だったITの天才パクを仲間に引き入れ、大規模な捜査に乗り出す。  予告編とポスターでは、チン、キム、パクといった3者の頭脳戦にスポットが当てられており、追う者と追われる者の攻防や裏切りのドラマを描いたスリリングな物語が展開。狂気をみなぎらせ、血走った目でこちらを威嚇(いかく)し、うなり声を上げるイの怪演も強く印象を残す内容だ。韓国映画史上初となるフィリピンでのロケが行われ、実際の警察車両や警官も...more
カテゴリー:

スバル車、プリウス、フジロック。『ベイビー・ドライヴァー』監督エドガー・ライトの偏愛 - 08月18日(金)12:00 

今年のSXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)でもひときわ話題をさらったカーチェイス・ムーヴィー『ベイビー・ドライバー』を引っさげ、当代きっての“オタク監督”エドガー・ライトが緊急来日。披露してくれたそのオブセッションを、自身のインスタグラムに残された日本滞在の記録とともに紹介する。
カテゴリー:

音楽映画にハズレなし!ノーミュージック・ノーワークな逃がし屋のプレイリストが熱い - 08月16日(水)17:04 

楽曲に合わせたセリフやシーンの構成で“カーチェイス版『ラ・ラ・ランド』”とも評された映画が、8月19日(土)から公開される。その名は『ベイビー・ドライバー』。『ショーン・オブ・ザ・デッド』(04)や『ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!』(07)などのエドガー・ライト監督が、愛する女性のために危険なミッションに挑む犯罪組織の“逃がし屋”ベイビーの活躍を描くカーアクションだ。 【写真を見る】『シンデレラ』(15)のリリー・ジェームズが、ベイビーが恋する運命の女性に扮する 子供のころの事故の後遺症で耳鳴りに悩まされ続けている、主人公のベイビー(アンセル・エルゴート)。音楽を聴くことで耳鳴りがかき消され、天才的なドライビング・テクニックを発揮するという彼の、超ハイテンションな“プレイリスト”が、ひたすら熱い!! クラシックなアメリカンポップスとSFアクションが融合した『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズや、ツボを押さえたJ-POPが彩るサブカル系恋愛ドラマの『モテキ』(11)など、気の利いた選曲やミュージカル的演出の光る音楽映画は、多くのヒットを飛ばす傾向にある。本作も全編を通じて50s~70sから現代に至るまで、ロック&ソウルを中心とした幅広い年代の楽曲を巧みに盛り込んだ、まさに“ハズレなしの音楽映画”の大本命なのだ! イヤホンにサングラスでクールに決めた音楽マニアのベ...more
カテゴリー:

エドガー・ライト監督、情熱と本物志向で作り上げた「ベイビー・ドライバー」 - 08月16日(水)16:00 

 「ショーン・オブ・ザ・デッド」や「ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!」で世界中の映画ファンの心をつかんだエドガー・ライト監督が、4年ぶりの新作「ベイビー・ドライバー」を引っさげ来日。アクション映画と音楽、情熱を注ぎ続けたふたつのファクターを全編にわたり融合させた、会心の一作について語った。  映画の主人公は、銀行強盗の逃走車を運転する青年、通称ベイビー(アンセル・エルゴート)。幼い頃の事故の後遺症で耳鳴りに悩まされているが、お気に入りのプレイリストが入ったiPodさえあれば、天才的なドライビング技術を発揮する。一度は犯罪組織から足を洗ったベイビーだが、恋人デボラ(リリー・ジェームズ)の存在を元ボスにかぎつけられたことで、再び強盗計画に担ぎ出され逃走車のハンドルを握る。  本作の白眉は、音楽とアクションの連動。「音楽は、自分にインスピレーションを与え、モチベーションを高めてくれるもの」というライト監督は、劇中の出来事を楽曲で駆動させ、そのリズムに登場人物たちの動作までシンクロさせた。撮影現場では、俳優が装着したイヤーピースやヘッドフォン、あるいは大音量のスピーカーで、必ず該当の楽曲を再生したという。「役者たちが撮影時に実際に耳にした楽曲を、観客が聴くというのは大きなポイント」というように、音楽で物語と登場人物、さらに観客までも結びつけたことになる。  22年前、ジョン...more
カテゴリー:

もっと見る

「カーチェイス」の画像

もっと見る

「カーチェイス」の動画

Wikipedia

カーチェイス(英:car chase)とは、自動車と自動車で行われる、壮烈な追跡デジタル大辞泉「カーチェイス」。逃走しようとする車と、それを追跡しようとする車とのレースのこと。

現実社会

「カーチェイス」とは、公道での車の追跡劇と逃走劇について使われることが殆どである。以下、公道でのカーチェイスについて説明する。

米国では何らかの犯罪を起こした犯人(加害者)が、逮捕を免れるために自動車を使って逃走し、一般道や高速道路などを走行(爆走)し、それを警察車両(や被害者の車両)が追跡するということは頻繁に起きている。またそうした様子を上空から録画するための装置を備えたヘリコプターも多数存在しており、米国のテレビニュースでは頻繁にそうした様子が放送されている。また、そうした映像が世界各国の放送局に配信され放送されており、お馴染みのものとなっている。米国ではこうした映像を撮影するビジネスが(テレビ局とは異なる個人事業として)成立している。ヘリの操縦が卓越した人とカメラマンがチームを組み専用のヘリを所有し、ヘリ下部にアクリルのドームに収まったリモコン・カメラを装備。警察無線を傍受しつづけ、(カーチェイスなどの)事件発生の情報を傍受した直後に離陸、現場上空に急行し、上空から目視で車を追跡しつつカメラ撮影を行い、撮影終了後はすぐにテレビ局に映像データを持ち込み、それを高値で買い取ってもらうというシステムである。

盗難車を追跡し] 一般に、カー...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる